■ 今週の展望 : 買い優勢も上値重く!

約2週間で3,000円近い上昇による良識的な利確バイアスを重石としつつ、米インフレ鈍化・FRBの利上げ終了思惑(を背景とする 海外投資家の日本株買い越し傾向。11月第2週は現物先物合計で1.12兆円の買い越し、前週は0.21憶円の買い越し)が底上げ要因となるしっかりとした推移が本線。想定コアレンジは33,200−33,900円。

楽観シナリオとしては、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏による週明けの大量保有報告書提出 → 5,6月の三菱商事(8058)など資源セクターを中心とした日本株の活況 → 34,000円超え...に期待。

リスクシナリオとしては、米FOMC議事録やFRB要人による利上げ継続示唆、個人消費の停滞による米年末商戦への警戒感の高まり、テクニカル要因(米長期金利の短期的な売られすぎ、日経平均の買われすぎの反騰)などに起因する32,000円台後半までの下押しを念頭に。

big (6)

中小型株に関しても、東証グロース指数のテクニカル良化に順じた“物色の正常化”が本線。ただし、横並びで買われる地合いは先週前半で終了しており、今週からは買われる銘柄と放置される or 地合い頼みの銘柄の“二極化進展”が予想されます。

big (7)

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内


お休み中も応援よろしくです!☆
  
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


以上を踏まえた今週の売買戦略は15時配信の無料メルマガをチェック!
     
mglogo_c3