本日の日経平均は反発。前日のNY株安を重石に33,182円(−171)で寄り付いたものの、根強い「FRBの利上げサイクル終了期待」を背景とする押し目買いが下支えとなると、10時台には33,593円(+239)まで上昇。引けにかけては祝日前のポジション整理が重石となつつも概ね33,000円台半ばでしっかりと経過。

東証主力株は買い優勢。決算後のエヌビディア株の軟勢を嫌気して半導体セクターは軟調に推移。


中小型株は 1890 東洋建設、7241 フタバ産業、6228 ジェイイーティ、4882 ペルセウス、4598 デルタなどに短期資金が流入。

日経平均 33,451円 +97、Topix 2,378 +10
日経先物(12月限)33,440円、為替 148.75.円/ドル
NYダウ先物 35,183ドル +35

big

※ 明日の朝にNY概況、金曜朝に「本日(11/24)の戦略」をアップさせていただきます。

では 本日もお疲れさまでした。

「GENDA、T&S、さくら見てるよ!」・・・こちらも是非!☆   
   。
人気ブログランキング