前場の日経平均は小幅に反発。NY株高よりも(米長期金利に呼応した)ドル円の軟化を嫌気して売り優勢で寄り付くと、10時ごろには33,179円まで下落。売り一巡後は押し目買いが下支えとなって33,400円台を回復。東証主力株は売り優勢。6920 レーザーテック、6098 リクルート、8035 東京エレク、9983 ファストリなど値がさ株が指数をサポート。

中小型株は 3778 さくらインターネットが連騰した他、9995 グローセル、3962 チェンジ、6228 JET、1418 インターライフ、2160 GNI、3237 イントランス、7074 247などに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 模様眺め ± ドル円

決めて不足による33,200−33,500円レンジの持ち合いが本線。軟勢を強めているドル円なりの一段安も軽めに警戒。

■ 午後の戦略 : 騰勢一服後の過不足調整!

買い方優位の趨勢に順じた強気スタンスと、日経平均の騰勢一服気配・テクニカル不安に備えたリスク管理を並行。

攻撃面では(1)東証主力系でのマイルドな上昇波動狙いに比較した(2)中小型株での短期回転狙いへの傾斜方針を丁寧に。

ディフェンス面では、3割程度の余力維持、手仕舞い条件の徹底、ストレス玉の大胆な縮小に加えて、近似テクニカル銘柄の集約を意識したいところ。

★ 7003 三井E&S
11/21 506円 → 11/29 552円 +43 8.4%上昇
現在の会員サークルでは唯一の(1)タイプとして対応中。540円台での一部利確 → 昨日520円付近までの買い直し...と展開。

24年3月期業績の上方修正(11/8)、低PBR(0.4倍台)、水素・パワー半導体・ドローンなど多彩な切り口を内包。地合い悪化に注意しながら、マイルドな上昇波動狙いを継続!

big
☆ 4180 Appier : 1,700円台での一部利確後、1,5●0円付近をメドとした買い直し方針を継続中。☆ 昨日からの5000番台、☆ 9000番台も公開が近そうです。

【ウォッチ銘柄】

△ 4192 スパイダープラス
ポート(7047)とともに継続注視中。10日線をサポートラインとした反発によテクニカルが良化。バルテス(4442)も割り切り対象でケア。

では 午後もよろしくお願いします。

「さくらインターネット、三井E&S見てるよ!」
・・・こちらも是非!☆
         

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村