本日の日経平均は急反発。NY株高を好感して買い優勢で寄り付くと、10時台には日銀副総裁による「マイナス金利金利解除後も利上げを急がない」旨の発言を受けて先物に大口買いが散発。連日お伝えしてきたテクニカル要因(煮詰まり感の高まりによる値を飛ばしやすい形状)に加えて、ドル円の騰勢も追い風に14時ごろには36,959円(+836)まで上昇。

東証主力株は買い優勢。9983 ファストリ、9984 ソフトバンク、6857 アドバンテスト、8035 東京エレクなどが指数高を牽引。もっとも、東証プライム全体では値上がり銘柄率は3割程度にとどまり、先物主導の日経高を印象付ける構図。

日経平均 36,863円 +743、Topix 2,562 +12
日経先物 36,930円、為替 148.62円/ドル
NYダウ先物 38,781ドル +7

日経平均のテクニカルは、「5日・10日・20日線の36,000円付近への集中が煮詰まり感を示唆。急落時は35,000円台半ば、急騰時は37,000円トライは視野に」とお伝えしてきた通りの展開に。右肩上がりに転じてくる5日線をサポートラインとする上昇トレンドへの移行が見込まれます。

big (4)

中小型株は 5240 MonoAi、6779 日本電波工、4064 日本カーバイド、1814 大末建設、3179 シュッピン、1514 住石HD、2330 フォーサイド、2216 カンロ、4107 伊勢化学、7601 ポプラ、5285 ヤマックス、4414 フレクト、9235 売れるネット、4444 インフォネットなどに短期資金が流入。東証スタンダード指数は持ち合い継続、東証グロース指数は逆行安。

big (5)

【ウォッチ銘柄】

△▼ 7552 ハピネット
24年3月期経常益予想を62億円から86億円に上方修正。3744 サイオス、1885 東亜建設、3992 ニーズウェル、4719 アルファシステムズ、7129 ミアヘルサなどとともに割り切り対象でケア。

△ 7180 九州FG
本日引け後の決算を受けてPTSは前日比4%強のマイナスで経過中。先高見通しに変化を与える内容ではなかったために、お持ちの方は日柄を分散しながら直近売却分の買い直す方針がおススメ。

△ 5805 SWCC、3093 トレファク
ともに外資系主導のテコ入れが期待されます。引き続き、スイング狙いで注目。三菱マテリアル(5711)は決算に配慮しながら。別途、好テクニカルの飯野海運(9119)も継続注視。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

■ 後記 : 今晩のNYタイムに異変がなければ、明日も買い方優位(売り方不利)の形成に順じた強気スタンスを継続。ただし、一部の銘柄が本日の日経高に呼応した傍ら、テクニカル悪化銘柄も散発しているだけに、個々のテクニカルに応じた売買戦略も抜かりなく。

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらも是非!☆ 
     
人気ブログランキング