おはようございます。

昨日のNY株式市場は続伸。朝方発表の週間新規失業保険申請件数(21.2万件、市場予想22万件)が示した労働市場の底堅さ、NY連銀&フィラデルフィア連銀2月製造業景況指数の前月比改善など良好なマクロ指標に加えて、米長期金利の4.30%水準での騰勢一服気配も追い風に終日堅調に推移。米1月小売売上高(前月比−0.8%)は市場予想(−0.3%)を下回ったものの、天候要因による一過性のものとして悪材料視されず。個別では金融株、景気敏感セクターが指数高を牽引。

ナスダックは小幅に続伸。バフェット軍団の保有株減少が伝わったアップルが続落した他、アルファベット、エヌビディア、AMDが売られた一方、テスラ、メタ、TIなどが指数をサポート。

NYダウ 38,773ドル +348
ナスダック 15,906 +47
米10年債利回り 4.243% −0.023
為替 149.98円/ドル
NY原油 78.03 +1.39
日経先物 38,570円 +430

big (22)

□ 本日の展望 : 買い優勢

NYタイムを38,500円台で終えた日経先物なりの続伸スタート後、引けにかけては良識的な利確売りを重石としながらも、買い方優位の展開が予想されます。想定レンジは38,350−38,700円。個別に関しては、東証主力株の一角と好決算銘柄への局所物色継続が本線。

★ 本日の戦略 : 続・「物色の正常化・二極化」対策!

圧倒的買い方優位の趨勢に順じた強気スタンスを継続。ターゲットは、ディーラー好みの流動性高め・好トレンド銘柄の押し目買い・上昇時の売りすぎ注意に注力。

※ ストレス玉は段階的ポジション縮小により、(1)トレンド陰転力を有する来週水曜のFOMC議事録・エヌビディアの決算前(2/21大引け時点)の3割程度の余力確保、(2)決算シーズン明けによる来週からの物色の正常化を見越した好ムード銘柄への乗り換え...の双方に備える構えで。

【ウォッチ銘柄】

△ 2685 アダストリア
イトーヨーカ堂で販売の衣料品開発・販売に本格関与。昨夕触れたダイドー(2590)などの他、3641 パピレス、2788 アップル、3777 FHTとともに割り切り対象でケア。

△ 9565 GLOE
テクニカル良化気配に順じた(2,500円台前半での撤退後の)リベンジ狙いでケア。旧Sラボ銘柄では好業績発表直後に伸びを欠いた41●●も1,900円超え確認後の順張り買い対象で注目。

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

『 ビジョンと戦略で‘衝動’と上手に付き合う!』

では 本日もよろしくお願いします。
    


☆ 本日からの新スポット銘柄 : Hennge(4475)の利確とストレス玉の戻り売りにより余力を高めたら、本日からは「真の環境関連」に派生!

2/11−20スタートコースの新メンバーさん募集中!
    
4343aquab02-001