前場の日経平均は急反発。エヌビディアの好決算による買い安心感の高まりを背景に買い優勢で寄り付くと、10時過ぎには38,900円台まで上昇。東証主力株はハイテク株を中心に概ね堅調。中小型株は3153 八州電機、6315 TOWA、6871 マイクロニクス、6254 野村マイクロ、2330 フォーサイド、9812 テーオー、3133 海帆、3911 Aimingなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 利確優位もしっかりと

明日からの3連休や節目の39,000円を意識した利確優位の推移が本線。先物主導の乱高下 ≒ 38,500円割れ・39,000円超えも念頭に。

■ 午後の戦略 : 良識的な連休シフト!

買い優勢で迎える3連休となりますので、2割程度の余力確保を優先しつつ、好トレンド銘柄の押し目買い・上昇時の売りすぎ注意スタンスを邁進。

★ 7241 フタバ産業 : 1,100円付近にて利確を進めたら、地合い良化対応ポジションとして継続注視。

☆ 3655 ブレインパッド : 先週火曜1,450円台までの上昇過程で5割程度を利確 → 水曜1,330円台までの押し目買い直し...と展開中。午後も1,3●0円までの押し目買い直しスタンスを継続。

昨日の10日線ワンタッチからの切り返しにてテクニカルが厚みを増していますので、本日は1,440円付近で取引を終え、週明けに騰勢を強める流れが理想的。

  
 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします!☆
  
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村