前場の日経平均は続落。今晩の米1月個人消費支出における物価指標(PCEデフレータ)を前にしたポジション整理売り優位で寄り付くと、38,876円(−331)まで下落した後、10:35現在は39,100円水準で底堅く推移中。東証主力株は海運・保険セクターを除いて売りが優勢。

□ 午後の展望 : 模様眺め

今晩の米PCEデフレータを前にした38,900−39,200円レンジの様子見色の強い展開が本線。月末月初の特殊需給の売り傾斜による38,800円割れもリスクシナリオとしてケア。

■ 午後の戦略 : ストレス玉の縮小で博打を回避!

週初からの予定通り「木曜大引け時点での2,3割の余力確保」を徹底。低位株の騰勢に絡めれ触れたように、中小型株需給にも不透明感が漂いつつあるため、ストレス玉の大胆な縮小もご検討ください。

では 午後もよろしくお願いします!☆
    
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村