前場の日経平均は小幅に続伸。先週末のNY市場は波乱なく通過したものの、先週後半のテクニカル不安(38,000円台後半の上値の重さ)が足かせとなって売り優勢でスタート。10時過ぎに節目の38,000円を割れまで軟化すると、前引けにかけては38,200円台を回復。東証主力株は不動産・建設セクターを中心に売りが優勢。

中小型株は 6768 タムラ製作所、5949 ユニプレス、6787 メイコー、7721 長野計器、6640 I−PEX、1518 三井松島、7408 ジャムコ、3655 ブレインパッド、6222 島精機、6875 メガチップス、6407 CKD、6016 ジャパンエンジン、4970 東洋合成、9828 元気寿司、2743 ピクセル、6946 アビオニクス、5216 倉元製作所、4347 ブロードメディア、2599 ジャパンフーズ、2788 アップルインターナショナル、7018 内海造船、7689 コパ、157 グリーンモンスター、6181 タメニーなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 続・38,000円台前半の持ち合い

決め手不足の中ら、38,000円台前半で売り買いが交錯する展開が本線。

■ 午後の戦略 : 決算目前の弱テクニカル・グロース銘柄は慎重に

(1)日経連動タイプ、(2)短期回転狙いのバランスに配慮したポジショニングにて押し目買い・上昇時の売りすぎ注意で臨むスタンスを継続。

東証グロース銘柄に関しては、相対的な需給不安が継続していますので、特に決算目前の弱テクニカル銘柄に関しては「決算前の半数売却」を軸に慎重に対応したいところ。

☆ 本日からの新スポット銘柄 : ●,420円付近での買い増し狙いを本線に、●,500円台半ばも追撃へ。

その他の☆★Sラボ3銘柄、日経レバ(1570)は従来戦略を踏襲。

   (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】

△ 4080 田中化研
先週木曜の決算での悪材料出尽くし → 長期下値切り上げトレンド入りに期待。

△ 3858 ユビキタスAI
勘助氏注目中。先週の急騰過程での利確後は距離を空けているようですが、本日の騰勢には地肩の強さが見受けられます。GS氏のMonoAi(5240)も顔つきが変わってきました。

● 7180 九州FG
決算は無難に冴え通過すれば、直近の金融セクター高への追随が本線。ただし、会員サークルでは(好雰囲気に流されず)セオリー通り決算前の半数売却て対応。

では 午後もよろしくお願いします!☆
  
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村