前場の日経平均は反発。ドル円の上昇を追い風に9:20ごろに38,477円(+298)まで上昇すると、買い一巡後は今晩の米4月生産者物価(PPI)を意識したポジション整理が重石に。東証主力株は高安マチマチ。

中小型株は 1518 三井松島、6235 オプトラン、5726 大阪チタニウム、9997 ベルーナ、5253 カバー、9235 売れるネット、6030 アドベンチャー、5240 MonoAi、9341 GENOVA、4011 ヘッドウォータース、2780 コメ兵、3776 BBT、4760 アルファ、6659 メディアリンクスなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 模様眺め


38,000−38,400円レンジの方向感の乏しい流れが本線。個別株も「好材料物色とそれ以外の弱含みの推移」継続が本線。

■ 午後の戦略 : 良識的なイベントシフト

お伝えしているように米インフレ指標はトレンド転換要因にはならないとみていますが、煮詰まり感の高まりによって下振れリスクを内包しているテクニカルを踏まえれば無理は禁物。2,3割の余力維持、ストレス玉の売却などリスク管理を優先しながら、ターゲットと条件を絞った“逆襲狙いの第二・第三ステージ戦略”を邁進してください。

【ウォッチ銘柄】

△ 5240 MonoAi
GS氏注力中。テクニカル良化中の◎4000番台も押し目買いスイング狙いでケア。

△▼ 4259 エクサウィザーズ、9338 インフォリッチ、5591 AVILEN、3133 海帆
このチャート形状の決算目前グロース銘柄の決算跨ぎは博打。お持ちの方は選択するリスクを決断・対応へ。

では 午後もよろしくお願いします!☆
  
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村