おはようございます。

昨日のNY株式市場は反発。注目の4月生産者物価(PPI)は前月比で市場予想の+0.3%を上回る0.5%で着地。しかし、3月分の下方修正により趨勢としては「マイルドなインフレ」にとどまった事で買いが先行。先週末までの8連騰の反動や翌日の4月消費者物価(CPI)を意識した利確売りに加え、パウエルFRB議長のインフレ長期化懸念を嫌気して13時台に39,300ドル台まで売られたものの、引けにかけて騰勢を回復。

ナスダックは続伸にて過去最高値を更新。テスラや主要半導体株が指数高を牽引。

NYダウ 39,558ドル +126
ナスダック 16,511 +122
米10年債利回り 4.441% −0.040
為替 156.45円/ドル
日経先物 38,600円 +290

big

□ 本日の展望 : 買い優勢 ± 先物需給

米PPIを経て騰勢を示した日経先物なりの堅調スタート後、引けにかけては今晩の米4月CPIを意識した様子見色の強い展開が予想されます。想定レンジは38,400−38,800円。先週同様の38,000円台後半での先物での戻り売りバイアスの高まり、市場の様子見ムードを利用した買い仕掛けによる39,000円トライ...も念頭に。

★ 本日の戦略 : 売りすぎない勇気!

米PPIとCPIの結果と市場の反応が真逆となるケースは少ないため、今晩の米CPIはマイルドなインフレ示唆 → NY株は上昇トレンド内の上下、日経先物は強含みの推移...が本命視されます。

先週同様の「38,000円台後半の壁」に伴う日経平均のテクニカル不安には数日の日柄が要されるため、好トレンド銘柄は買い条件内の強気(+売りすぎ注意)で対応する一方、ストレス玉や決算目前銘柄のポジション縮小により2,3割の余力を維持する構えで臨んでください。

● 1570 日経レバ : 28,000円超えでは軽め利確へ。※ 日経平均が終値で29,000円を超えてくる場合には☆★個別株での効率アップを計るべく、こちらへの積極度は下げていく予定です。

★ 9000番台主力銘柄 : 日米経済の安定感に伴う景気敏感セクターの上昇余地拡大、日経レバに続く地合い良化シフトの拡充 + アルファを念頭に、本日も押しは2,1●0円までを買い下がるスタンスで。

銘柄は今だけこちらで公開中!☆
      
人気ブログランキング

【ウォッチ銘柄】

△ 4251 恵和
旧Sラボ銘柄。24年12月期1Q経常益は前年同期比7.8倍。昨夕触れた日本精密(7771)などとともに割り切り対象でケア。4177 i−plug、7305 新家工業、5027 エニマインド、6658 シライ電子なども同様。

△ 6524 湖北工業、4680 ラウンドワン etc
それぞれタイプは異なりますが、〜(略)〜が期待されます。順張りスイング狙い(堅調時の買い、軟調時の売却、回転メドは1,2週間に設定)でケア。

△ 8308 りそなHD
政策保有株を今後6年で3分の1に削減すると発表。サプライズ性は乏しいものの、市場が改めて買い材料視するなら順張りスイング狙いでケア。

△ 6269 三井海洋開発
三井E&S(7003)による株式売却により、流通株式の比率が改善。プライム市場の上場維持基準に適合。
      (会員サークルより

では 本日もよろしくお願いします。

『 人とのつながりで自分を強化する!』

5/11−20スタートコースの新メンバーさん募集中!
   
4343aquab02-001