前場の日経平均は反落。前日の(米CPIに加えて)先物主導の上値追いの反動により売り優勢で寄り付くと、10時前には38,539円(−380)まで下落。売り一巡後はテクニカル要因(5日線を意識した押し目買い)が下支えとなり、38,700円台後半まで反発。東証主力株は高安マチマチ。昨日同様に先物主導の日経平均の乱高下への過剰反応は限定的に。

中小型株は 6800 ヨコオ、7383 ネットプロ、7408 ジャムコ、6640 I−PEX、7689 コパ、6030 アドベンチャー、1514 住石HD、3776 BBT、6016 ジャパンエンジンなどに短期資金が流入。東証グロース指数は年初来安値更新後に下げ渋る展開。

□ 午後の展望 : 押し目買いが下支え

昨日の大幅高や週末を意識した良識的な調整ムードを継続しつつも、米リスクイベント(PPI・CPI)通過・テクニカル良化気配が支えとなるしっかりとした推移が本線。

■ 午後の戦略 : 続・地合い良化・物色の二極化シフト!

2割程度の余力維持、(特に東証グロース銘柄の)手仕舞い条件の徹底により下押しリスクに備えたら、(1)地合い良化対応ポジション、(2)物色の二極化進展を意識した好トレンド銘柄主体の押し目買い・上昇時の売りすぎ注意方針を継続。

★ 9107 川崎汽船 : 予定通り2,300円台半ばでの一部利確を計っていただいたら、押しは2,1●0円までを買い下がる方針を継続。

☆ 3186 ネクステージ : 2,900円付近は脱力対応。

☆ 昨日からの新スポット銘柄 : 本日の逆行高も追撃からご検討ください。

☆ 6000番台スポット銘柄 : 一段安での買い増し狙いを本線に、動意含むようなら順張り追撃。

   (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内


その他の★☆Sラボ銘柄も従来戦略を踏襲。

【ウォッチ銘柄】

△ 4176 ココナラ
昨日の好決算も高寄り後に値を消す展開。3月以降の調整トレンドによる戻り売りバイアスの増幅、東証グロース需給の軟化がネックに。GS氏の方では利確後の乗り換えを主戦略としているようですが、410円割れは売られすぎ ≒ 割り切り買い妙味の大きい状況と判断。MonoAi(5240)も継続注視。


では 午後もよろしくお願いします!☆
     
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村       


■ ご注意ください :SNS・ブログ・メール等でのる当方のなりすましの報告をいただいています。有料掲示板(Sラボ会員サークルGS・勘助会員サロン)への参加費以外で皆様との金銭のやり取りは一切致しておりません。ご留意ください。