おはようございます。

先週末のNYタイムにて、NYダウは最高値を更新、日経平均は前日比50円安の38,690円で取引を終了。週末中の市場環境に目立った変化はなかったため、本日は28,600−38,900円をコアレンジとする直近高値圏での持ち合いが本命視されます。

big (7)

★ 本日の戦略 : テクニカルに応じた取捨選択!

大枠としては、4月前半の下落過程での日経レバ(1570)を中心視した買い下がり、日銀会合中(4/25)の強気度アップ、米CPI後(5/16)での更なる踏み込み強化スタンスを継続。

(1)東証主力株での日経上値模索への対応、(2)好トレンド銘柄での物色の二極化への対応...のバランスに配慮したポジショニングにて押し目買い・上昇時の売りすぎ注意を邁進しつつ、弱テクニカル銘柄に関しては段階的売却にて下押しリスクをケア。

【ウォッチ銘柄】

△▼ 5852 アーレスティ
24年3月期経常益は前期比27倍で着地。今期も36%増を予想。2329 東北新社、8769 アドバンテッジリスクマネジメントなどとともに割り切り対象でケア。

△ 5889 アイウェア、2970 グッドライフ etc
断続的に触れてきた日本電子材料(6855)に続くべく、業績トレンドとテクニカルが良好な東証スタンダード銘柄を押し目買いスイング狙いでケア。湖北工業(6524)、理経(8226)も継続注視。東証グロースの割り切り対象では、引き続きMonoAi(5240)、ココナラ(4176)をケア。

       (会員サークルより >>Sラボ参加案内

『 規律と戦略でリスク回避、ビジョンと脱力でチャンスを活かす! 』

では 本日もよろしくお願いします!☆
        
   

<<Sラボ銘柄戦略(抄)>>
月末にかけての日経平均は(A)38,000円台後半での値固め後の39,500円トライ、(2)38,000円台前半から半ばでの持ち合い継続、(C)トレンド陰転による38,000円割れ...の3パターンが想定されます。現状でのそれぞれの確率は、A:B:C = 5:4:1と想定。
(A)日経連動タイプ・東証主力系でのポジションの土台固め。※ ★ 川崎汽船、☆ 6000番台を中心に、日経レバ(1570)、野村HD(8604)などをケア。

(B)持ち合い下での個別物色の二極化対策 ≒ 好トレンド中小型株での短期回転狙い。 ※ ☆ 3186 ネクステージ、☆ 7000番台で対応中。

(C)リスク管理 : 手仕舞い条件の徹底、水曜のエヌビディアの決算前の2割程度の余力確保を中心視。(特に東証グロース系の)弱テクニカル銘柄の段階的売却も丁寧に。

△ 1570 日経レバ 
4月前半から半ばにかけての地合い悪化局面(逆襲狙い第一ステージ)を突っ込み買い筆頭候補として取り組んだ後、リバウンド初期(逆襲狙い第二ステージ)も地合い良化シフトの中核として複数回の回転売買(押し目買い・戻り売り)で対応。

日経平均が4月序盤の40,500円水準から37,000円付近まで3,500円程度下落した後、現状でも半値戻しに留まる状況を踏まえれば、最低限の役割を果たしてくれたかと思います。こちらの値動きが肌に合う方や安値玉を保有されている方は「突っ込み買い・上昇時の脱力対応」で継続的にご注目ください。

★☆Sラボ戦略としては、先週後半から“物色の二極化”を念頭に置いた個別株での効率アップに軸足を移すべく、乗り換え優先で対応中 → 本日からは(A)タイプと(B)タイプのハイブリッド型の☆ 新スポット銘柄の仕込みを開始!

□ 頻繁には株価をチェックできない

□ 4月以降、イメージと株価が乖離してきた

□ 空想や理想論ではなく、現実に即したビジョンを持って売り買いしたい

みんなで一緒に「令和の正攻法」で堂々と!

5/21−31スタートコースの新メンバー募集開始!
   
4343aquab02-001 
※ 今なら5月分の参加費は無料。本日(5/20)中にお手続きいただいた方には、スタート期間を前倒しし、本日中にID・パスワードをご連絡させていただきます。お急ぎの場合はお手続き後にお声をおかけください。