前場の日経平均は続伸。前日の米ハイテク株・ドル円の騰勢を好感して寄り付き早々に39,346円(+276)まで上昇すると、買い一巡後は利確売りに押されて39,100円付近まで軟化。東証主力株は高安マチマチ。昨日に続き、非鉄・エネルギー関連が堅調に推移。

中小型株は 7014 名村造船、4107 伊勢化学、1663 K&O、5595 QPS研究所、9519 レノバ、3856 Abalance、9562 ビジネスコーチ、5026 トリプルアイズなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 高値持ち合い

前場同様に39,000円台序盤で強含む展開が本線。

■ 午後の戦略 : 続・好トレンド銘柄の売りすぎ注意!

更なる地合い良化と物色の二極化に備えた好トレンド銘柄の押し目買い・上昇時の売り注意スタンスを継続。東証グロースに多数存在する弱テクニカル銘柄に関しては「リバウンド序盤の大胆なポジション整理 → テクニカルの変化を確認しながら株数の強弱を計る」スタンスで対応。

☆ 7172 JIA
5/16 1,300円 → 5/21 1,444円 +134 11.1%上昇
4月末に発表した24年12月期1Q決算は、主力のオペレーティング・リース事業の成長を背景に純利益が前年同期比6.8倍に急拡大。特に航空機リース事業の更なる発展を見込んだ〜(略)〜が期待されます。午後からは1,3●0円付近を下値メドとする押し目買い直しスタンスで。

big (8)

★ 川崎汽船、☆新規買い対象2銘柄は従来戦略を踏襲。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします!☆
     
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村