前場の日経平均は続落。今晩の米リスクイベント(FOMC議事録・エヌビディアの決算)を前にしたポジション整理需要に加えて、先物需給の売り傾斜を重石に軟調に寄り付くと、前引けにかけても38,700円を挟んで弱含んで推移。東証主力株は売り優勢。9983 ファストリ、8035 東京エレク、4063 信越化学などが指数を圧迫。

big (7)

中小型株も覇気はなく、9099 C&Fロジ、8281 ゼビオ、6753 シャープ、4011 ヘッドウォータース、5242 アイズ、3664 モブキャスト、3350 メタプラネットなどが局所的に物色される構図。

□ 午後の展望 : 模様眺め

38,600−38,900円レンジでの様子見色の強い流れが本線。弱テクニカル中小型株は投げ売りの連鎖に要注意。

■ 午後の戦略 : イベントシフト+アルファ!

日経平均の「39,000円超えによる騰勢アップ」ムードは消沈。今晩の米リスクイベント(FOMC議事録・エヌビディアの決算)次第では再度38,000円台前半までの軟化も懸念される環境のため、弱テクニカル銘柄の売却を中心に2割+アルファの余力確保を優先。

その上で、少なからぬ米リスクイベントの買い材料化 & 米利下げ見込みによる中長期上昇トレンドを念頭に、ターゲットを絞った押し目買いスタンスを邁進。

★ 9107 川崎汽船 : 先週末2,350円付近での軽め利確後、2,2●0円付近までの買い直しスタンスを継続。

☆ 6800番台スポット銘柄 : 本日の逆行高も肩の力を抜いて、ターゲットプライスでの買い増し狙いを継続。

☆ 6400番台スポット銘柄 : 一段安での買い増し狙いを継続。

※ ☆★Sラボ新規買い対象は現在3銘柄まで集約中。柔軟性を高めて「エヌビディアの決算後」へ。

5/21−31スタートコースの新メンバー募集中!
    ※ 今なら5月分の参加費は無料です
4343aquab02-001 

〇 7172 JIA 
5/16 1,300円 → 5/21 1,444円 +134 11.1%上昇
新規買い対象としては一旦取り下げましたが、お伝えしてきた業績良化トレンドやディーラー筋のテコ入れ期待、株価なりのチョウチン資金の流入などを考慮し、ご提案当初から参加いただいている方向けに1,1●0円までの買い直し方針で継続注力中。

【ウォッチ銘柄】

△▼ 4011 ヘッドウォータース
今朝方触れた銘柄群では、こちらが寄りから一時6%上昇。勝負は明日。

では 午後もよろしくお願いします!☆
     
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村