本日の日経平均は続落。前日のNY株は冴えないマクロ指標がインフレ鈍化・利下げ期待を高めて堅調に推移したものの、副産物としての米長期金利の軟化がドル円を押し下げて軟調にスタートすると、10時台には38,343円(−492)まで下落。ドル円の切り返しが先物での売り方の買戻しを誘発して38,500円台を回復する場面もあったものの、午後は概ね38,400円台で弱含む展開に。

東証主力株は売り優勢。8035 東京エレク、6920 レーザーテック、6857 アドバンテストなど半導体セクターが指数の足を引っ張る構図。

日経平均 38,431円 −406、Topix 2,748 −38
日経先物 38,430円、為替 155.56円/ドル
NYダウ先物 38,861ドル +74

テクニカル : 3日ぶりに5日・10日線以下に転落し、5月末からの短期リバウンド基調に黄色信号が点灯。38,000円を深く割り込むシーンに要警戒。

big (6)

中小型株は 7071 アンビス、7606 ユナイテッドアローズ、6810 マクセル、6927 マクセル、5216 倉元製作所、3350 メタプラネット、6704 岩崎通信機、5597 ブルーイノベーション、4893 ノイルイミューン、4888 ステラファーマ、4175 Colyなどに短期資金が流入。
東証グロース指数のテクニカルは、反落ながらも10日線上を維持。反騰トレンド入り期待を継続。

big (7)

【ウォッチ銘柄】

△▼ 3544 サツドラ
24年5月期経常益予想を10億円から13億円に上方修正。4593 ヘリオス、4881 ファンペップ、4441 トビラシステムズなどとともに割り切り対象でケア。

△ 8923 トーセイ
勘助氏注力中。小幅ながらも逆行高。2,400円台前半の上値抵抗感が注目されます。

△ 8604 野村HD、9107 川崎汽船
日経急落時の逆張り対応として、日経レバ(1570)と近似感覚で継続注視。

〇 6807 日本航空電子
日経暴落下でも陽線体質を維持。きっかけ待ちの様相。

■ 後記 : 「米景況感の悪化によるドル円の軟化を伴う全体需給の悪化」は利下げによる株高トレンド入りへの吉兆であり、“勝負どころ”と判断。

来週末のメジャーSQまで連続する国内外の重要イベント、システム売買特有の下方オーバーシュートリスク、市場マインドの懐疑心などを踏まえれば強引な勝負は避けたいため、以下のイメージにて退路を確認しながら腰を据えてマーケットに対峙したいところ。

〜(略)〜

☆★Sラボ銘柄 : 明日もマイルドな上昇波動+アルファ狙いの3銘柄、ハイボラ銘柄の値幅狙いの計4銘柄への布石を丹念に!

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れさまでした。

お帰り前にこちらも是非!☆
   
人気ブログランキング