本日の日経平均は反落。手掛かり材料難の中、今晩の米5月雇用統計を意識した38,600円台をコアレンジとする持ち合いに終始。東証主力株はセクター別の特色の乏しい高安マチマチの構図。

中小型株も覇気はなく、ウォッチ銘柄でおなじみの 4107 伊勢化学、6255 エヌピーシーの他、6016 ジャパンエンジン、7357 ジオコード、4970 東洋合成、5216 倉元製作所、3350 メタプラネット、3133 海帆、4894 クオリプス、4073 ジィ・シィ企画、7073 ジェイック、6522 アスタリスク、5597 ブルーイノベーション、4893 ノイルイミューン、4370 モルビスなどに短期資金が流入。

日経平均 38,683円 −19、Topix 2,755 −2
日経先物 38,650円、為替 155.67円/ドル
NYダウ先物 39,027ドル +72

big (1)

■ 後記 : 今週の展望(6/2)にて「 5/31を転換点とする堅調地合い」想定レンジを先週末終値38,487円に対して強気の38,400−39,200円と見通した今週の日経平均は38,343 − 39,032円で推移≒概ね想定内の経過に。

売買戦略としては、週間展望の強気具合とは異なり、「6月半ばのリスクイベントも視野に入れた強弱折衷策」をベースに、好トレンド銘柄の育成とストレス玉の縮小方針を継続 → (当たり障りのない戦略だけに)概ね有効に機能。※ 日々のご提案内容としては、米マクロ経済を不安視した水曜38,343円までの急落局面を“勝負どころ”捉えた強気対応は有効だったかと思います。

来週は日米中銀会合を睨みながらの推移となりますが、週末のメジャーSQに絡めた先物でのトリッキーな乱高下 ≒ トレンド性の低い突発的な急騰・急落も想定されるだけに、週末中に全体的なビジョンと戦略、持ち株の取捨選択と新規買い候補をしっかりまとめたうえで、来週のマーケットに対峙していってください。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内


来週のNY株展望は明日、日本株展望は日曜の更新予定です。

週末も応援よろしくです!☆
   
人気ブログランキング 

来週の売買戦略(抄)は日曜15時の無料メルマガを参照ください。

     
mglogo_c3