本日の日経平均は反発。先週末の米5月雇用統計後の米長期金利高 ≒ ドル円高を好感して外需系が買われた他、国内金利上昇による金融セクターの騰勢、週初の先物需給の買い傾斜なども追い風に。個別では 3864 三菱製紙、6501 日立、4186 東京応化、8750 第一生命、6920 レーザーテック、8630 SOMPO、4506 住友ファーマなどが前日比3%超上昇。

日経平均 39,038円 +354、Topix 2,782 +27
日経先物 39,000円、為替 157.04円/ドル
NYダウ先物 38,848ドル −9

テクニカル : 月初からのレンジ内の推移により特段の方向感が生じていないものの、5日・10日・20日が集約している38,700円付近からの上放れ気配が買い方優位を示唆。引き続き、39,200円付近を軽め、39,600円台を強めの上値抵抗帯としてケア。

big

中小型株は 9678 カナモト、9692 シーイーシー、5535 ミガロ、2931 ユーグレナ、186A アストロスケール、4893 ノイルイミューン、3905 データセクション、7073 ジェイック、7083 AHC、4881 ファンベップ、7014 名村造船、6736 サン電子、4107 伊勢化学、5216 倉元製作所、6659 メディアリンクス、7357 ジオコード、5820 三ツ星などに短期資金が流入。

東証スタンダード指数のテクニカルは、右肩上がりに転じた10日線からの上放れによりテクニカル良化が顕著に。グロース指数も上値下値を切り上げ、底堅い形状に。

big (1)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】

△▼ 5572 リッジアイ
24年7月期経常益予想を1.02億円から1.5億円に上方修正。2695 くら寿司、2929 ファーマフーズ、4054 日本情報クリエイト、4441 トビラシステムズなどとともに割り切り対象でケア。

△ 7180 九州FG、8308 りそなHD、1615 NF銀行業
金利高メリットで継続注視。8750 第一生命、8630 SOMPOなど保険セクターも同様。

★ 9501 東京電力
東証主力系仕手株として継続注力中。陽線での950円超えにてテクニカルは劇的に良化。小康状態はターゲットプライスまでを丹念に買い下がるスタンスで。

big (3)

■ 後記 : 明日の日本市場は、先物での仕掛け買いも加味した本日の大幅高の反動に加えて、日米中銀会合前のポジション整理需要が重石となる方向感の乏しい流れが本線。週末のメジャーSQに絡めた(ファンダメンタルズに変化がない中での)突発的なブレには要注意。
〜(略)〜

明日も「週末の日銀会合前の乱高下は逆張り」スタンスの継続が本線。39,000円台ではストレス玉・弱テクニカル銘柄の機械的なポジション縮小・継続予定銘柄の育成に注力しつつ、38,000円台半ば(以下)では継続予定銘柄の買い増し・弱テクニカル銘柄の手仕舞い条件の徹底を軸に対応。
  
   (会員サークルより >>Sラボ参加案内


では 本日もお疲れ様でした。

「名村造船、地盤ネット見てるよ!」・・・こちらも是非!☆
   
人気ブログランキング