本日の日経平均は反落。前日のNY株はダウが反落、ナスダックが最高値更新とマチマチの経過を辿ったものの、今晩の米リスクイベント(5月CPI、FOMC)を前にしたポジション整理、週末のメジャーSQに絡めた先物需給の弱気傾斜がネックとなって売り優勢でスタート。もっとも、売り一巡後は押し目買いが下支えとなり概ね38,800円台で動意欠しく経過。東証主力株はエネルギー関連が買われた他は売り優勢

日経平均 38,876円 −258、Topix 2,756 −20
日経先物 38,950円、為替 157.17円/ドル
NYダウ先物 38,805ドル +11

テクニカル : 月初からのレンジ内の推移により特段の方向感が生じず。引き続き、上値は39,200円付近を軽め、39,600円台を強め、下値は38,700円付近と38,500円付近をそれぞれ強めの抵抗帯としてケア。

big (16)

中小型株は 9166 GENDA、7342 ウェルスナビ、9235 売れるネット、5242 アイズ、5026 トリプルアイズ、3902 MDV、4384 ラクスル、1980 ダイダン、6659 メディアリンス、4059 まぐまぐ、3223 SLD、2776 新都、3856 Abalanceなどに短期資金が流入。

東証スタンダード・グロース指数ともに「短期的な上値は重いものの、押し目買い優位」のテクニカル形状を維持。

big (17)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】

△▼ 5032 ANYCOLOR
25年4月期経常益予想は前期比19.9%増の148億円、5期連続の過去最高益更新見通し。2751 テンポス、3539 JM、3760 ケイブ、6091 ウエスコ、3458 CRE、8771 イー・ギャランティなどとともに割り切り対象でケア。

△ 3923 ラクス
野村証券が昨日付のレポートでレーティングを中立から買いに格上げ。目標株価の引き下げ(2,600→2,300円)や地合い悪化により朝高後に値を消していますが、押し目買いスイング狙いで注目。ザラ場中の1,730円割れは手仕舞い優先。

〇 6407 CKD
半導体製造装置・FA向け制御機械大手。5月10日発表の24年3月期経常益はコロナ特需の反動により前期比38%減となりましたが、今期は34%増の急回復を予想。3月竣工の北陸新工場、年内予定の東北第二工場・マレーシア工場、北陸新工場などの稼働による利益率向上を背景に、業績良化トレンドは26年3月期まで継続する可能性大。

会員サークルでは5/20からの参戦後、5/27日柄ロス回避を目的に新規買い対象からは外しましたが、継続注力中。明日もマイルドな上下も脱力対応、3,3●0円超えでは一部利確へ。

big (23)

■ 後記 : 今晩のNY株式市場は、朝方発表される5月消費者物価(CPI)、昼過ぎのFOMCの結果、15時過ぎのパウエルFRB議長の会見内容を睨んだ波乱含みの展開へ。メインシナリオは、CPIを経たインフレ鈍化期待の剥落、FOMCでの利下げ先送り懸念の高まりによる「債券売り(金利上昇)・株式売り」の軟調地合いを想定。予想レンジは38,400−38,800ドル。前日終値38,747ドル。
楽観シナリオとしては(FOMCでの利下げに積極的な指針は期待しにくいため)リスクイベント通過による買い安心感 → 39,000ドルトライをケア。

〜(略)〜

今晩の日経先物に極端な変化がなければ、明日も「今週のヤマ場は週末の日銀会合。イベント通過による買い材料視を本命視しているものの、金融引き締め方針により売り材料視されるケースへの油断は禁物」を念頭に置いた突っ込み買い・吹き値売りの逆張りスタンスを継続。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れ様でした。

「GENDA、CKD、日本航空電子見てるよ!」・・・こちらも是非!☆
   
人気ブログランキング