前場の日経平均反発。FOMCの(米長期金利の急落に比較した)ドル円の下げ渋り、米ハイテク株高を好感して寄り付き直後に39,252円(+375)まで上昇。買い一巡後はテクニカル要因(39,200円付近の上値抵抗感)、明日の日銀会合の結果待ちによるポジション整理に押され、10時半現在 前日終値近辺で推移中。金利敏感セクターや素材関連が売られた一方、半導体・機械セクターの一角が堅調。

中小型株は 5032 AnyColor、3458 CRE、3923 ラクス、4894 クオリプス、5253 カバー、5240 MonoAi、7095 Mcabee、4073 GC企画、4564 OTSなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 模様眺め

明日の日銀会合の経過待ちによる38,800−39,200円レンジの様子見ムードが本線。薄商いを利用した先物主導のブレには要注意。

■ 午後の戦略 : 柔軟性を確保して日銀会合へ!

寄りからの上振れ局面をストレス玉の縮小による逆張りで対応していただいたら、引けにかけては今晩の米5月生産者物価(PPI)や明日の日銀会合に絡めた下押しに備えるべく、2割程度の余力維持を意識しながら継続予定銘柄のサポートへ。

【ウォッチ銘柄】

△ 3923 ラクス
昨日の下落局面を買い向かっていただいた方は、軽め利確を挟みつつ、1,820円付近までの押し目買い直しによるスイング狙い継続がおススメ。

△ 5892 YOTORI
リベンジ狙いは2,350円超え後の打診買いがおススメ。

△ 7180 九州FG、8308 りそなHD
お持ちの方は日銀会合後の買い余力を残しながら、現値も軽め追撃が妙手。

  (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内


では 午後もよろしくお願いします。
  
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村