前場の日経平均は反発。前日の欧州政治不安、日銀のタカ派方針を建て前とした先物需給の売り傾斜による暴落の反動に加えて、NY株高を追い風に買いが先行。買い一巡後に38,322円まで押される場面もあったものの、前引けにかけて騰勢が復活。

東証主力株は半導体・自動車・機械など外需系の一角を中心に買い優勢。

中小型株は 9722 藤田観光、7238 曙ブレーキ、3252 地主、6769 ザイン、3683 サイバーリンクス、6627 テラブロープ、4592 サンバイオ、9338 インフォリッチ、6696 トラースOP、7083 AHC、6046 リンクバルなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 買い優勢も「38,500円の壁」に要注意

NY株先物やドル円に異変はないため、38,300円台後半から38,600円台前半レンジでの堅調地合いが本線。6月SQ値(38,535円)の呪縛による突発的なブレ、特に38,200円割れまで売り直されるシーンをリスクシナリオとして念頭に。

■ 午後の戦略 : 突っ込み買い → 戻り売り → 静観!

全体戦略 : 昨日の暴落過程を「先物需給の一過性のブレ」とした継続予定の突っ込み買いで対応 → 本日前場38,000円台半ばまでのリバウンド過程をポジション縮小で対応した後、日経平均のテクニカルの変化・38,500円付近の上値抵抗感を確認しながら、明日以降の戦略調整を計るスタンスで。

【ウォッチ銘柄】

△ 5240 MonoAi
連日のストップ高から一転してストップ安。短期上昇一服による再軟化に注意が必要ですが、昨日の買い越し数量に対する前場の出来高の乏しさを踏まえれば、「700円台で戻り売りを消化した後の騰勢復活」も視野に。目先で780円付近まで切り返すなら割り切り買いが妙手。

△ 3923 ラクス
スイング狙いで継続注視中。先週木曜1,830円水準から本日前場1,970円台までの上昇により、4日で7%超上昇。戻り売りバイアスが高めの2,000円付近が更なる上値追いへの正念場。

△ 6072 地盤ネット、1813 不動テトラ、4825 WNI
本日寄り前の会員サークル・ウォッチ銘柄。水害関連をスイング狙いで継続注視。

△ 9743 丹青社、5889 アイウェア
こちらは昨日からの会員サークル・ウォッチ銘柄。押し目買い・スイング狙いで継続注視。

では 午後もよろしくお願いします。
  
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村