本日の日経平均は反発。前日の欧州政治不安や日銀銀会合でのタカ派決着(思惑)を建て前とした先物主導の大幅安の反動に加えて、NY株高を追い風に買いが先行。11時台に38,519円(+416)まで上昇すると、午後は38,400円を挟んで持ち合う展開に。東証主力株は買い優勢。5714 DOWA、6762 TDK、4689 LINEヤフー、4755 楽天、7011 三菱重工、3401 帝人、4021日産化学、6368 オルガノなどが前日比3%超上昇。

日経平均 38,482円 +379、Topix 2,715 +15
日経先物 38,400円、為替 157.98円/ドル
NYダウ先物 38,835ドル +17

日経平均のテクニカルは、5日線・6月SQ値(38,535円)に上値抵抗を示した陰線引けにより、昨日安値(37,950円)での底打ち感は限定的。

big (4)

中小型株は 直近のウォッチ銘柄で取り上げてきた 5889 アイウェアの他、9722 藤田観光、7238 曙ブレーキ、6779 日本電波工、6997 ケミコン、9517 イーレックス、4980 デクセリアルズ、6769 ザイン、6627 テラブロープ、3683 サイバーリンクス、7214 GMB、9235 売れるネット、9338 インフォリッチ、6696 トラースOP、7095 Macbee、6046 リンクバル、4167 ココペリ、7083 AHC、6026 GMOテックなどに短期資金が流入。

big (5)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】

△ 3778 さくらインターネット
昨日の寄り前コメントで触れたように「流動性高め・再起動待ち中小型株の仕込み狙い」で継続注視。引け後の材料(子会社が情報・システム研究機構 国立情報学研究所から「令和6年度大規模言語モデル構築向けクラウドサービス 一式、総額約 27.9億円を受注)にサプライズ性はありませんが、マイルドに動意づくなら買い増しへ。引け後のIR関連ではギグワークス(2375)を割り切り対象でケア。

ラクス(3923)は押し目買いスイング狙いで継続注視。

〇 6807 日本航空電子
継続中のSラボ銘柄(新規買い対象としては除外中)。コネクター大手。4/24発表の今期経常益見通しは前期比8.4%増のマイルドな内容にとどまりましたが、自動車向け需要に加えて、AI普及に絡めた半導体関連需要の回復を背景とする〜(略)〜が見込まれます。

big (10)

昨日の日経暴落に耐え、本日の日経反発で動意を示したように風向きが良化。明日からは買い下がりメドを2,4●0円に修正。続伸時は2,6●0円にかけて(本日分を含めて)5割程度を利確 → 押し目買い直しへ。

   
(今夕の会員サークルより >>Sラボ参加案内

■ 後記 : 今晩のNY市場は、朝方発表される5月小売売上高、鉱工業生産などのマクロ指標なりに寄り付いた後、明日の休場前した様子見色の強い展開へ。マクロ指標は弱めの内容が予想されますが、直近の経済指標の悪化に際して(インフレ鈍化期待ではなく)シンプルに嫌気されるシーンが増えているため、弱含みでスタートした後に持ち直す展開が本線。想定レンジは38,500−38,900ドル。前日終値38,778ドル。

明日の日本市場は、NYタイムに異変がなければ、6月SQ値(38,535円)を意識した先物需給なりの波乱含みの展開へ。38,700円を超えてくるようならリバウンドに拍車がかかりやすい反面、再度38,000円付近まで売られるようなら投げ売り加速に要注意。

では 本日もお疲れ様でした。

「ラクス、不動テトラ、アイウェア見てるよ!」・・・こちらも是非!☆
   
人気ブログランキング