おはようございます。

昨晩のNY株式市場は休場。ナイトセッションの日経先物は前日比150円安の38,340円で取引を終了しているため、本日は38,250−38,600円をコアレンジとする様子見色の強い展開が本命視されます。引き続き、先物における6月SQ値(38,535円)の上値抵抗感 → 昨日の10日線ワンタッチ後の売り直しによる38,000円付近までの下振れをリスクシナリオとして念頭に。

★ 本日の戦略 : ‘森’を熟視した引き気味の強気!

連日お伝えしている日経平均のチャート、裁定買い残やSQに絡めた先物需給などの不安定化に加えて、欧州政局の不透明感、米経済への懐疑心、ロシアと北朝鮮の軍事同盟、都議選での蓮舫リスクを嫌う外資系の売りなどに起因する下押しへの警戒を優先。

本日も2割程度の余力維持・手仕舞い条件の徹底を優先しつつ、ストレス玉に関しては買値に固執しすぎない段階的売却を進めてください。

先週以降の逆張り方針(日経高局面でのポジション縮小策)により地合い悪化への耐性を高めていただいた方は、ターゲットと条件を絞った押し目買いスタンス継続によりトレンド陽転への布石を継続。

★☆Sラボ銘柄も★☆3銘柄、●〇2銘柄の対応を丁寧に。

【ウォッチ銘柄】

△▼ 3997 トレードワークス
SCSK(9719)との資本業務提携を発表。岡野バルブ(6492)、fonfun(2323)などとともに割り切り対象でケア。

△ 4403 日油、7721 東京計器 etc
ロシアと北朝鮮の軍事同盟により地政学的リスクが高まっています。7011 三菱重工、7013 IHI、7012 川崎重工などが本筋つとなりますが、この辺の投資妙味の高さにも注目。薄商いでは 7224 新明和、〜(略)〜などもケア。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

『 リスクを直視し、肌に合う対処法を準備! 』

では 本日もよろしくお願いします!☆