本日の日経平均は続伸。テクニカル要因(前日の10日線ワンタッチ後の戻り売り)主導で軟調に寄り付くと、10時半ごろに38,263円(−307)まで下落。午後に入ると米ナスダック先物の騰勢を追い風にハイテク株に押し目買いが入り、一日の高値圏で取引を終了。

東証主力株は売り優勢。6857 アドバンテスト、6762 TDK、8035 東京エレク、4063 信越化学など半導体の一角が指数を押し上げる格好。 

日経平均 38,633円 +62、Topix 2,725 −3
日経先物 38,610円、為替 158.16円/ドル
NYダウ先物 38,851ドル −8

テクニカル : 直近レンジ内の推移にて特段の方向感は生じず。「38,200−38,900円レンジのボックス相場継続」優位の形状。

big (3)

中小型株は 9072 ニッコン、6707 サンケン電気、9722 藤田観光、4369 トリケミカル、6871 マイクロニクス、5384 フジミインコーポレーテッド、5253 カバー、192A インテ、5246 Elements、4593 ヘリオス、9338 インフォリッチ、4199 ワンダープラネット、7083 AHC、4893 ノイルイミューン、6659 メディアリンス、3993 PKSHA、7997 くろがね工作所、6670 MCJなどに短期資金が流入。

big (4)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】

△▼ 6571 QBネット
24年6月期末配当予想を22円から27円に上方修正。3853 アステリア、4819 デジタルガレージ、4570 免疫生物研究所、3656 KLabなどとともに割り切り対象でケア。

△ 2644 GX半導日株 etc
半導体セクターは個別の売買難易度が高いので、この辺を押し目買い数週間から数か月スパンの回転目標で継続注視。

〇 6807 日本航空電子
5/13 + 5/20 ≒ 2,450円 → 6/20 2,627円 +177 7.2%上昇
半導体・電子部品関連は物色の二極化が鮮明になっています。こちらは想定よりも時間が掛かった分、ここからも丁寧に利を膨らませたいところ。本日●割程度まで利確を進めていただいたら、明日からは2,5●0円付近までの押し目買い直しで対応予定です。

big (8)

■ 後記 : 明日も2割程度の余力維持、手仕舞い条件の徹底、ストレス玉の縮小を福とする守備的スタンスを優先。
上記のようにメジャーSQを起点とする先物主導の下ブレリスクは軽減されているため、既に相応の下押しに耐えられる体勢が整っている方は、今晩のNYタイムにて「米マクロ指標が米経済の停滞を示唆 → FRBの利下げ期待を建て前にNY株・日経先物が大幅高」で推移する場合には、明日は好トレンドい持ち株の買い増し・上昇時の売りすぎ注意 + スピード感重視の★☆新銘柄への派生による軽めの強気度アップへ!

    (今晩の会員サークルより)

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらも是非!☆
   
人気ブログランキング

6/21−30スタートコースの新メンバーさん募集開始!
   
4343aquab02-001 
※ 今なら6月分の参加費は無料です。