☆Sラボ&ウォッチ銘柄

本日の戦略 : イベントリスクと地肩の強さの両備え!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は反落。注目の米10月個人消費支出(PCE)はエネルギーと食品を除くコア指数の前年同月比はコンセンサス通りの5.0%で、9月の5.2%から伸びが鈍化。FRBが重視するコア物価指数の伸びも前月比+0.2%にとどまり、コンセンサスの+0.3%を下回った事で12月FOMCでの利上げ幅縮小(0.75% → 0.5%)期待をサポート。株価は前日の急騰(737ドル高)の反動や翌日の11月雇用統計を前にしたポジション縮小により売り先行でスタートしたものの、5日線が控える34,100ドル台半ばでは押し目買いが下支えに。

ナスダックも利確優位で推移したものの、米長期金利の3.56%までの低下を追い風に、直近高値圏で持ち合う格好。

NYダウ 34,395ドル −194、ナスダック 11,482 +14
米10年債利回り 3.517% −0.184、為替 135.33円/ドル
NY原油 81.35 +0.80、日経先物 28,010円 −240

big

□ 本日の展望 : 売り優勢も底堅く


NYタイムの日経先物安に順じた売り優勢の展開をベースとしつつも、前日のパウエル講演に続いて米10月PCEデフレーターも「FRBの利上げピッチ鈍化期待」を支持する内容となったため、引けにかけては押し目買いが下支えとなるしっかりとした推移が予想されます。想定レンジは27,850〜28,300円。

★ 本日の戦略 : イベントリスクと地肩の強さの両備え!

(1)米雇用統計後の下押し対策 : 今晩の米11月雇用統計に起因する日米株価指数の下ブレ、テクニカルと市場マインドの軟化による個別株の連鎖的投げ売りリスクなどに備えるべく、3割+アルファの余力維持、手仕舞い条件の徹底による守備固めを優先。

(2)10月序盤からの順張り強気スタンス : リスク管理イメージを整えたら・・・、売り材料視することも可能だったパウエル講演、10月PCEデフレータに対するトータルでの好意的評価、5日線をサポートラインとしたNYダウの好テクニカルなどが示す「地肩の強さ」に追随すべく、好トレンド中小型株の押し目買い・上昇時の売りすぎ注意スタンスを邁進していきたいところ。
  
【ウォッチ銘柄】

△ 9517 イーレックス
(直近のお問い合わせを踏まえ)市場の期待に比べて本業面での将来性は低いと判断。高値買いにより塩漬けされている場合は、現状の流れの良さを生かして買い増しにより買値を引き下げ、上昇時に売りやすい体勢を整えるのがおススメ。その後、上昇トレンド形成時は半数を残して、半数を回転重視。下落時は20日線(2,460円)割れに売りの逆指値を打って再・塩漬け化を回避。

△ 6526 ソシオネクスト
(こちらもお問い合わせから)11月前半までの東証主力・主役クラス中小型への見直し買い一巡により、年末に向けてはIPOも狙い目。売り場にお悩みの方は、「高値近辺での売り抜け」にこだわるよりも、上昇時は肩の力を抜いて傍観し、高値から1割下がったら売る...のような方針がおススメ。現状であれば高値7,180円の1割安水準である6,460円割れに逆指値の売り注文を打つ。

『 腰を落とし、背筋を伸ばして柔軟に構える! 』

では 本日もよろしくお願いします。
    
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村      

★☆Sラボ銘柄も現在の新規買い対象4銘柄を丁寧に!

☆ 4493 サイバーセキュリティ : 月曜2,200円付近での利確 → 2,040円付近までの調整過程で買い直し完了 → 昨日2,120円付近での再利確の後、本日も押しは2,0●0円までを買い向かいながら、続伸時はターゲットプライスにて3−5割の利確へ。

★ 7000番台主力株 : 11月発表された9月中間期営業益は10期ぶりに黒字化を達成。世界的な景気後退リスクが付きまとう中での株高局面において、当テーマはディーラー筋の格好の的になりうる環境です。

☆ 4200番台スポット銘柄 : 高値圏での持ち合い過程を丁寧に拾い、小動意とともに追撃へ!

☆ 6200番台スポット銘柄 : こちらも火曜1,500円台前半で追撃 → 1,500円台後半での軽め利確 → 直近1,460円までの調整過程で概ね買い直し完了...と良好に経過中。目先の押しも1,4●0円付近までを買い下がりながら、続伸時は軽め利確へ。


       (会員サークルより


☆6200番台はこちらで公開中!
    


米雇用統計後の趨勢とディーラー筋の目線に合わ、週明けからは大胆な銘柄入れ替えを含む戦略の更なる踏み込みを予定しています。よかったらみんなで一緒に!

12/1−10スタートコースの新メンバーさん募集開始!
   
4343aquab02-001  

※ 本日の「午後の戦略」は打ち合わせのためお休みさせていただきます。ご了承ください。
     
             

東京市場(12/1) 日経高も個別はマバラ

本日の日経平均は反発。前日のNY株がパウエル講演を買い材料視して急騰した流れを受けて寄り付き直後に28,233円(+454)まで上昇すると、引けにかけては米リスクイベントを意識したポジション整理に押され、概ね28,200円台で持ち合う展開に。東証主力株は(日経高に反して)売り優勢。中小型株も全般的には覇気がなく、先物に比べた個別需給のひ弱さ・「日経先物高 ≠ 個別株高」を示唆。

日経平均 28,226円 +257、Topix 1,986 +0
日経先物(12月限)28,250円、為替 136.39円/ドル
NYダウ先物 34,618ドル +19

big (9)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】

△ 4593 ヘリオス
ユニバーサルドナーセル(免疫拒絶反応を抑えた他家iPS細胞)を住友ファーマ(4056)へ提供する試料提供契約を締結。6663 太洋工業、7777 3Dなどとともに割り切り対象でケア。

☆ 月曜からの新スポット銘柄
11/28 1,490円 → 11/29 1,575円 +85 5.7%上昇
11/14発表の中間決算は悪材料視されたものの、〜(略)〜、中間期配当の再投資が意識される中での予想配当利回りの高さ(配当予想利回り 3〜4%)、主役クラス中小型株への物色一巡感によるバリュー株への資金流入余地(PBR0.8%台)などを背景に、テクニカル改善が顕著に。

big (15)

会員サークルでは月曜参戦後、火曜1,500円台前半で追撃 → 1,500円台後半での軽め利確 → 直近1,460円までの調整過程で概ね買い直し完了...と経過。明日の押しも1,4●0円付近までを強気に対応していく予定です。

銘柄名は今だけこちらで公開中!☆
      


■ 後記 : 今晩のNY市場は、前日の急騰の反動による利確優位の推移が本線。想定レンジは昨日終値34,589ドルに対して売り優勢の34,300〜34,700ドル。朝方発表される10月PCEデフレータがインフレ傾向の緩和を示唆する場合には34,800ドル超えが視野に入る一方、高インフレ継続を示唆するようなら34,000ドル付近までの急落に警戒。
明日の日本市場はNY株同様の波乱含みの推移へ。NY株高に反した本日の覇気のない経過、明晩の米11月雇用統計への警戒感などを踏まえれば、(1)NY株高 → 日経高 → 個別の一部が堅調、(2)NY株安 → 日経安 → 連鎖的投げ売りによる個別全面安...を念頭に。

     (会員サークルより >>Sラボ参加案内


では 本日もお疲れさまでした。

「メルカリ、M&Aセンターみてるよ!」・・・こちらも是非!☆

     
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村             

本日の戦略 : 2023年を見据えた正攻法で対応!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は大幅続伸。注目のパウエルFRB議長の講演における「12月FOMCでの利上げピッチ減速」示唆を好感。10月以降の戻り高値を更新。朝方発表された重要マクロ指標は、米7−9月期実質GDP改定値が年率換算で速報値の+2.6%から+2.9%に上方修正された一方、ADP雇用報告における民間部門の雇用増は市場予想(20万人)を下回る12.7万人で着地するマチマチの結果に。個別では、マイクロソフト、アップル、セールスフォースなどハイテク株が指数高を牽引。ナスダックも急騰。ハイテク株や感謝祭の売り上げは好調だったアマゾンを中心に主役クラスが全面高.

NYダウ 34,589ドル +737、ナスダック 11,468 +484
米10年債利回り 3.631% −0.115、為替 138.04円/ドル
NY原油 80.55 +2.35、日経先物 28,370円 +330

big (7)

□ 本日の展望 : 買い優勢 ± 先物需給

パウエル講演後の日経先物高に追随した堅調スタート後、引けにかけては(メジャーSQ月)月初の特殊需給を加減した推移へ。想定レンジは28,100〜28,500円。個別株は東証主力株に短期資金が向かう一方、中小型株全般では高安マチマチの推移が予想されます。

★ 本日の戦略 : 2023年を見据えた正攻法で対応!

日米株式市場は、直近の楽観シナリオとして触れた「FRB要人のタカ派発言を建て前とする押し目形成 → パウエル講演後の騰勢回復」優位で展開中。よって、先週のFOMC議事録後を“潮目の変化”の起点と捉えた大局強気スタンスの継続が本線。本日も好トレンド中小型株主体のポジショニングにて押し目買い・上昇時の売りすぎ注意スタンスで臨んでください。

ただし、今晩の米11月PCEデフレータ(インフレ指標)、明晩の米11月雇用統計などに絡めた下振れリスクに変わりはないため油断は禁物!ストレス玉 ≒ 直近の調整過程で買い増し意欲の湧かなかった弱テクニカル銘柄に関しては「日経高 ≠ 個別全面高、物色の二極化」を念頭にポジション縮小、余力拡充を計るのがおススメ。

※ 目先で予想される荒い展開を踏まえれば、下がっても様子見・上がっても様子見の「無策の静観」はハイリスク。現値から乖離していても良いので指値を打ち、「動くべき時に動く」癖をつけるのが2023年を見据えた正攻法。

【ウォッチ銘柄】

△ 7063 Birdman
年初の株式2分割を発表。4813 ACCESS、3109 シキボウ、3992 ニーズウェル、2652 まんだらけなどとともに割り切り対象でケア。

    (会員サークルより
 >>Sラボ参加案内

『 難局ではズームアウトで視野を広く! 』

では 本日もよろしくお願いします!☆
    
   

本日の戦略 : 米リスクイベントへの備え → 押し目買い!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は小幅に反発。前日のブラード・セントルイス連銀総裁による利上げ長期化示唆、中国でのゼロコロナ政策への抗議デモ拡大懸念が重石となった一方、33,600ドル台では押し目買いが下支えに。セクター別では金融や景気敏感セクターが堅調に推移。ナスダックは金利上昇を嫌気して続落。

NYダウ 33,850ドル +1 、ナスダック 10,983 −65 
米10年債利回り 3.751% +0.050、為替 138.76円/ドル
NY原油 78.20 +0.96、日経先物 27,980円 −80

big

□ 本日の展望 : 持ち合い継続 ± 先物需給

10月前半以来の「3日続落」によるテクニカルと市場マインドの軟化、
週末の米雇用統計まで連日続く米リスクイベントへの警戒感などが重石となる28,000円付近の持ち合いが本線。10:30発表の中国11月製造業PMI、来週末のメジャーSQを視野に入れた先物需給なりの下押しには要注意。想定レンジは27,700〜28,200円。

★ 本日の戦略 : 米リスクイベントへの備え → 押し目買い!

日米株は米リスクイベント(今晩のADP雇用報告、明日のISM指数、PCEデフレータ、週末の雇用統計など)に絡めた上値追い再開も期待されますが、テクニカル軟化気配を踏まえれば無理は禁物。手仕舞い条件の厳しめ設定 & 徹底、ストレス玉の大胆な縮小、東証主力株軽視などによるリスク管理を優先。

その上で、今月上旬同様に米リスクイベントがポジティブ効果をもたらす場合に備え、テーマ性、テクニカル形状、グロース銘柄とプライム・スタンダード銘柄との分散などに配慮しながら、流動性高めの好トレンド中小型株をポジションの中核に据えた押し目買い狙いを邁進していきたいところ。

慎重派の方は通常よりもやや多めの余力残しで週末の米雇用統計を迎えるのがおススメ。

【ウォッチ銘柄】


△ 2982 ADワークス
22年12月期経常益が会社予想を小幅に上回る前期比3割弱増の8億円強になる見通しとの報道。3814 アルファクス、6034 MRTなどとともに割り切り対象でケア。

△ 3915 テラスカイ、3858 ユビキタス
昨日急動意銘柄を押し目買い短期回転狙いで注目。

『 丹念にリスクを回避し、チャンスに備える! 』

では 本日もよろしくお願いします。
     

★☆Sラボ銘柄 :
☆ サイバーセキュリティ(4493)など新規買い対象4銘柄を中心に昨夕の戦略を踏襲。足元の騰勢を生かしながら、来週以降への備えも並行!

12/1−10スタートコースの新メンバーさん募集開始!
   
4343aquab02-001   
※ 本日中にお手続きいただいた方には、スタート期間を前倒しして本日中にID・パスワードをお送りします。

              

東京市場(11/29) 不穏な空気で米イベントラッシュへ

本日の日経平均は続落。前日のハイテク主導のNY株安を重石に9時台に27,899円(−262)まで下落すると、引けにかけては節目やNY株先物の底堅さを意識した買い戻しが下支えとなり、28,000円付近で持ち合う展開に。

東証主力株は売り優勢。5541 大平洋金属、3092 ZOZO、4612 日本ペイント、3099 三越伊勢丹、5713 住友鉱山などは前日比3%超上昇。

中小型株は 4422 VALUENEX、9227 マイクロ波化学、4591 リボミック、3911 Aiming、4891 ティムス、9561 グラッドキューブ、7273 イクヨ、7711 助川電工、2666 オートウェーブ、4541 日医工、3687 フィックスターズ、6058 ベクトル、3915 テラスカイなどに短期資金が流入。
 
日経平均 28,027円 −134、Topix 1,992 −11
日経先物(12月限)28,060円、為替 138.59円/ドル
NYダウ先物 33,938ドル +67

big (6)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】

△ 4251 恵和
年初からの株式2分割を発表。4592 サンバイオ、8068 菱洋エレクトロなどとともに割り切り対象でケア。

☆ 4493 サイバーセキュリティ
11/17 2,023円 → 11/28 2,212円 +189 9.3%上昇
昨日の一部利確直後の押しは必要悪。明日も2,0●0円までを丁寧に買い直しつつ、反発時は売りすぎない勇気で!

big (8)

☆ 昨日からの新スポット銘柄
会員サークルでは、主役クラス中小型株への物色一巡感によるバリュー株への資金流入余地+アルファに触れながら、昨日から参戦。本日までの5%高後、明日も押しは積極的に。

■ 後記 : 「金融株や割安株ブームは上昇相場の末期症状」とお伝えしている経緯に加えて、日経平均
のテクニカル悪化気を配念頭に、明日も手仕舞い条件の徹底を中心に、ストレス玉の大胆な縮小、東証主力株軽視などを継続。その上で、継続予定銘柄に関しても売買条件の厳しめ設定により、早めの見切り、買いそびれ回避を意識していってください。

     (今晩の会員サークルより)

では 本日もお疲れさまでした。


「ValueNexみてるよ!」・・・こちらも是非!☆

     
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村             

午後の戦略 : 米リスクイベント前のポジション調整!

前場の日経平均は続落。前日のNY株安を嫌気して寄り付き早々に27,899円(−262)まで下落したものの、節目を意識した押し目買い、月末月初の特殊需給の買い傾斜などが支えとなり、10時ごろには28,000円付近まで反発。

東証主力株は売り優勢。中小型株は 4541 日医工、6058 ベクトル、3687 フィックスターズ、7273 イクヨ、7711 助川電工、9227 マイクロ波化学、4591 リボミック、4937 WAQOO、4891 ティムスなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 28,000円付近の持ち合い

前場の下げ渋りを引き継いだ27,900−28,100円レンジの持ち合いが本線。引き続き、実質メジャーSQ月入りによる先物主導のブレには要注意。

■ 午後の戦略 : 米リスクイベント前のポジション調整!

今晩のパウエルFRB議長の討論会における発言、米11月消費者信頼感指数などに起因する下押しに備えた3割程度の余力維持、手仕舞い条件の徹底を優先しつつ、好トレンド中小型株は押し目買い・上昇時の売りすぎ注意による地合い良化シフトを継続。

〜(略)〜

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】

△ 4169 EneChange、4422 VALUENEX
割り切り対象で継続注視。近似テクニカル銘柄の増やしすぎ、材料株全般の商い低下傾向 ≒ 地合い悪化への耐久性低下には要注意。

では 午後もよろしくお願いします。
     
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村        
 

本日の戦略 : 短期上昇波動の7,8合目イメージで強気継続!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は急反落。中国でのゼロコロナ対策への抗議活動拡大による世界景気の悪化懸念を‘建て前’に軟調にスタートすると、ブラード・セントルイス連銀総裁による一段の利上げ示唆も重石となり、引けにかけて一本調子で下げ幅を拡大。ダウ構成銘柄はボーイング、3Mなど景気敏感セクターを中心にほぼ全面安。ナスダックは続落。

NYダウ 34,849ドル −497、ナスダック 11,049 −176
米10年債利回り 3.686% −0.015、為替 138.90円/ドル
NY原油 77.24 +0.96、日経先物 28,080円 −80

big (7)

□ 本日の展望 : 売り優勢 ± 月末・月初需給

NY株安を嫌気して売り優勢で寄り付いた後、引けにかけては押し目買いが下支えとなる底堅い推移が本命視されます。想定レンジは27,900〜28,250円。本日からの実質12月 ≒ メジャーSQ月入りとなるため、先物での特殊需給、特に利確ラッシュによる下押しには要注意。

★ 本日の戦略 : 短期上昇波動の7,8合目イメージで強気継続!

中長期スパンでは「FRBの利上げピッチ鈍化」主導の強気スタンスを継続。ただし、NYダウのテクニカル悪化(高水準でのMACD陰転)、連日お伝えしている地銀株やバリュー株人気が示唆する上昇相場の最終局面リスクなどを踏まえれば、短期的には「10月以降の上昇トレンドは7,8合目に到達」イメージでの対応が正攻法。

よって、攻撃面では テーマ性、テクニカル形状、グロース銘柄とプライム・スタンダード銘柄との分散などに配慮した流動性高めの好トレンド中小型株狙いを継続しつつ、手仕舞い条件の徹底、余力の空けすぎによる乗り換え先の高値掴み回避、東証主力株軽視などで下押しに備えたいところ。※ 買い方優位の趨勢に変わりはないため、値ごろ感での積極的な空売りはハイリスク。

★☆Sラボ銘柄も昨夕の戦略を踏襲。★☆先週以降の新規提案3銘柄にとっては、目先のマイルドな地合い悪化は必要悪と捉え、事前戦略を丹念に遂行していってください。

  
 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】

△ 5380 新東
年初からの株式2分割を発表。3911 Aiming、4412 サイエンスアーツ、9211 エフ・コード、6584 三櫻工業などとともに割り切り対象でケア

『 部分的ではなく、全体的な‘最適’を目指す! 』

では 本日もよろしくお願いします!☆
  
   

東京市場(11/28) 地銀株の騰勢は要注意サイン!

本日の日経平均は続落。先週末の米ハイテク株安や週初需給の軟化を受けて10時台に28,046円(−236)まで下落すると、引けにかけては節目を意識した押し目買いが下支えとなって28,100円台の持ち合いに移行。東証主力株は売り優勢。

中小型株は 4541 日医工、3687 フィックスターズ、8595 ジャフコ、6196 ストライク、7298 八千代工業、6245 ヒラノテクシード、6838 多摩川HD、4575 キャンバス、2195 アミタ、4418 JDSC、4937 WAQOOなどに短期資金が流入。

日経平均 28,162円 −120、Topix 2,004 −13
日経先物(12月限)28,160円、為替 138.05円/ドル
NYダウ先物 34,201ドル −155

big

☆ 4493 サイバーセキュリティ
11/17 2,023円 → 11/28 2,212円 +189 9.3%上昇
本日は2,200円台まで買われた後に、中小型株全般に倣って利確売りに押される展開。3割強の利確後、明日の押しは2,0●0円までの買い直す方針です。

big (2)

■ 後記 : 2023年を見据えた中長期スパンでは「FRBの利上げピッチ鈍化によるリスクオン相場」が主流になると判断。ただし、昨日のウォッチ銘柄で取り上げた地銀株にてお伝えしたように、国内金融株に象徴される割安株物色ムードの高まりが上げ相場の最終局面リスクを示唆。短期的には「10月以降の上昇トレンドは7,8合目に到達」イメージを持って上下双方のブレに備えたいところ。

★☆Sラボ新規買い対象4銘柄は、押し目買いによる仕込み重視で!

      (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れさまでした。

「ビリングシステム、Fronteoみてるよ!」・・・こちらも是非!☆

     
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村             

本日の戦略 : 退路を明確にして強気スタンスを邁進!

おはようございます。

先週末のNY株式市場は感謝祭明けの短縮取引の中、水曜のFOMC議事録を経た「FRBの利上げピッチ鈍化期待」を支えに3日続伸。日経先物は28,360円(+30)で返ってきているため、本日は28,200〜28,450円レンジの強含みの推移をベースとしながら、週初需給を加減した推移が予想されます。

big (5)

★ 本日の戦略 : 退路を明確にして強気スタンスを邁進!

株式市場は“今週の日本株展望”で触れたように堅調地合い継続が本線となりますが、月末月初の特殊需給・メジャーSQなどを主要因とする(ファンダメンタルズに明確な変化がないままの)下押しにも注意したいところ。

よって、9月下旬の「26,000円割れは下方オーバーシュート」からスタートし、10月序盤のリスクイベント、先週のFOMC議事録などをきっかけに段階的に強気度を上げてきた経緯を踏まえ、今週も流動性高めの好トレンド中小型株をポジションの中核に据えた押し目買い・上昇時の売りすぎ注意方針を邁進しつつ、手仕舞い条件の徹底、保有銘柄数の増やしすぎや飛び乗り買いを控える構えでトレンド陰転をケア。

※ 銘柄選別は、テーマ性、テクニカル形状、グロース銘柄とプライム・スタンダード銘柄との分散などに配慮。また、東証主力軽視スタンスもそのまま。

【ウォッチ銘柄】

△ 3496 アズーム
12/26を基準日とする株式2分割を発表。2334 イオレ、4936 アクシージア、8595 ジャフコなどとともに割り切り対象でケア

△▼ 8377 ほくほく、8360 山梨中央銀行 etc
低PBR物色の矛先として地銀株の騰勢が鮮明に。押し目買い → 2週間以内の手仕舞い対応で注目。※ 国内金融株への資金流入は「上げ相場の最終形態」と考えています。よって、「10月以降の上昇トレンドは7,8合目に到達」イメージでマーケットに対峙してください。

△ 3031 ラクーン
10/31 1,230円 → 11/21 1,354円 +124 10.0%上昇 
会員サークルでは先週前半に完全利確をご提案済み。ただし、こちらでもお伝えしてきた好背景に加えて、テクニカル面での過熱感は皆無なため、ラクーンの値動きが肌に合う方は、1,270円付近までを買い下がった強気継続もおススメ。

値動きが比較的マイルドな旧Sラボ銘柄からはメルカリ(4385)、ラクスル(4384)、日本M&Aセンター(2127)も継続注視。

では 本日もよろしくお願いします。

まだまだこれから!☆
     
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村

★☆ Sラボ戦略の経緯

10月序盤 : 26,500円以下を下方オーバーシュートと捉え、1570 日経レバでの「逆襲狙いの土台固め」とともに、6619 ダブルスコープ(5日で10%上昇)に注力。
  ↓
10月半ば : 日経の上値の重さを念頭に「中小型株主体で資産底上げ」に傾斜。 1447 ITBOOK(即日16%高)、4384 ラクスル(11月半ばまでに23%上昇)、4475 Hennge(11月半ばまでに27%上昇)の順に仕込み開始。
  ↓
10月後半 : 米イベントリスクに備えて「大胆な銘柄整理、余力拡充」を優先。9434 日本通信、3762 テクマトリックスを外しつつ、4431 スマレジへ派生 → 4日で16%上昇
  ↓
11/9 :  米中間選挙後の需給環境の変化、上昇波動第三波入りに備えるべく、日経連動タイプの補完を目的として、4385 メルカリに参戦 → 4日で16%上昇
  ↓
11月第3週 : 日経平均のテクニカル調整局面入りを前提に、週初にメルカリ、ラクスルを完全利確提案。決算シーズン明けによる“物色の潮目の変化”に触れ、4260 ハイブリッドに参戦 → 2日で23%上昇
  ↓
11月第4週 : 前週から持ち越したサイバーセキュリティ(4493)、ラクーン(3031)、KOA(6999)を回転させながら、☆★新Sラボ2銘柄に派生。

☆★ 今週のSラボ銘柄戦略 : 材料株物色は主役クラスから穴狙いへと変質 ≒ 売買難易度が高まっていると判断。よって、手仕舞い条件の厳しめに設定により不用意な勝負を避けつつも、月初からのスマレジ、ラクーン、メルカリ、ハイブリッドテクノなどの飛躍を生かすべく、要所では踏み込みを強めていく予定です。

☆ 本日からの新スポット銘柄
ディーラー筋のテーマ物色と割安株傾斜ムードに加えて、中間配当の再投資に絡めた予想配当利回りの高い銘柄に派生!現時点での☆★新規買い対象は4銘柄にまで厳選中

□ 好調だと思ってたのに、資産はあまり増えていない。

□ 綱渡りの売り買いが続いている。。。

□ 日々の株価に気持ちを左右されたくない。。。

みんなで一緒に正攻法による布石を進めてください!

11/21−30スタートコースの新メンバーさん募集中!
   
4343aquab02-001     

東京市場(11/25) 「上昇トレンド第三波」継続

本日の日経平均は反落。前日の28,500円ワンタッチや週末リスクを意識して終日軟調に推移。もっとも、28,200円台ではFRBの利上げピッチ鈍化期待を背景とする押し目買いが下支えに。東証主力株は高安マチマチ。2801 キッコーマン、4021 日産化学、9766 コナミなどが指数をサポート。

中小型株は 2195 アミタ、4591 リボミック、4395 アクリート、4418 JDSC、4978 リプロセル、6579 ログリー、6338 タカトリ、7859 アルメディオ、6337 テセック、6721 ウィンテスト、6614 シキノハイテック、 3446 ジェイテック、3030 ハブ、4481 ベース、2767 フィールズ、7266 今仙電機、3962 チェンジなどに短期資金が流入

日経平均 28,283円 −100、Topix 2,018 −0
日経先物(12月限)28,330円、為替 138.66円/ドル
NYダウ先物 34,247ドル +36

big

【ウォッチ&Sラボ銘柄】

△ 7373 アイドマ
勘助氏注力中。続伸にて節目の5,000円を突破。上場来高値が射程圏に。

△ 4417 グローバルセキュリティ、2158 Fronteo、4475 Hennge

週初のメルマガで触れた「短期回転狙いの東証グロース銘柄」ではこの辺が大幅高。先週の急騰過程で利確提案済みのVALUENEX(4422)も騰勢復活。

次回のメルマガは11/27(日)15時配信予定です
     
mglogo_c3 

☆ 4493 サイバーセキュリティクラウド
11/17 2,023円 → 11/25 2,148円 +125 6.1%上昇
先週2日で23%高を果たしたハイブリッドテクノ(4260)の代替銘柄として参戦。昨日2,030円付近での追撃後、本日は2,100円台半ばまで上値を切り上げてきました。寄りから乗っていただいた方でも相応の含み益になっているのでは。

big (1)

ポテンシャル以上に地合いの恩恵が大きい上昇劇だけに、(以下の観点からも)来週も脇は締めつつ、伸ばせる利益を丁寧に伸ばしていきたいところ。

■ 後記 : 日経平均のテクニカルは28,000円付近のボックス上抜けにより28,000円台後半までの一段高を視野に入れる良型。来週は米中を中心に月末月初の重要マクロ指標の発表が続くため 突発的なトレンド陰転に警戒しつつ、値ごろ感での早売りや余力の空けすぎなど足元の騰勢に反した売り買いにも注意しながら駒を進めたいところ。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 今週もお疲れさまでした。

良い週末をお過ごしください。

「サイバーセキュリティ、Henngeみてたよ」・・・こちらも是非!☆
    
   
会員制サークル・S研究所
一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!
 ↓ ↓


閲覧だけのご参加もOK。独自の銘柄分析の公開もOK。メンバー様の中からの有力分析者の誕生も期待しています。
Sラボ関連

■ GS・勘助ブログ


S教授のメルカリ
読了済の書籍の一部を出品中!

S家の書庫
義父が遺してくれた書籍類
Archives
記事検索
携帯でブログを♪
QRコード
Profile

S教授

48歳 ファイナンシャルプランナー
趣味:テニス、行動心理経済学
信条:令和の時代は、企業情報よりも投資家動向を重視するトップダウン戦略こそ正攻法! 

  • ライブドアブログ