☆Sラボ&ウォッチ銘柄

午後の戦略 : ポジションの過不足を調整して週末へ!

前場の日経平均は反発。前日の(ファンダメンタルズ軽視)先物主導の下振れの余韻にて28,546円(−162)まで下落したものの、ナスダック反発を好感した半導体セクターの反発、中国恒大による社債利払いの一部償還、NYタイムの日経先物28,500円割れによる自律反発ムードなどを背景に、10時半ごろには28,989円(+280)まで急反発。前引けにかけては28,900円を挟んで売り買いが交錯する展開に。

東証主力株は高安マチマチ。8035 東京エレク、9984 ソフトバンク、6857 アドバンテスト、6367 ダイキン、2413 エムスリーなどが指数高を牽引。

中小型株は 3996 サインポスト、2395 新日本科学、1518 三井松島、6522 アスタリスクなどに短期資金が流入。総じて昨日の売られっぷりに対するリバウンドは限定的な印象。

□ 午後の展望 : リバウンド優勢 ± 先物需給

前場同様のリバウンド基調がベースとなりますが、昨日からの先物主導の乱高下リスク、日経売り直しに際しての個別全般の連鎖的投げ売りには警戒したいところ。

■ 午後の戦略 : ポジションの過不足を調整して週末へ!

買い優勢ながらも不安残しの全体需給、個別全般の底上げ期待の低さ≒物色の二極化傾向を念頭に、弱テクニカル銘柄の大胆なポジション縮小と継続予定銘柄の押し目買いスタンスを邁進。

☆ 6619 ダブルスコープ:901円までの調整過程で買い直しは概ね完了。更なる下押しに警戒しつつ、リバウンド局面は懐大きく取り組んでください。☆ MSOL(7033)も3,400円台後半は脱力トレードを継続。

★ 2127 日本M&Aセンター : 昨日3,350円までの調整過程での買い直し → 本日3,515円台での一部利確後、引き続き押しは3,2●0円までを強気、一段高に際しては売りすぎない勇気で対応。

★ 昨日からの新主力銘柄 : 昨日からの日経急落を利用して仕込みを終えたら、リバウンド初期も買い増しの是非からご検討ください。

【ウォッチ銘柄】
△ 7379 サーキュレーション
勘助氏注力中。地合いなりの調整を経て上値模索ムードを高めています。割り切り度高めの即転狙いでケア。GS氏のFronteo(2158)も上昇トレンド継続中。

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では午後もよろしくお願いします。
    
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村        

東京市場(10/21) 突発的な先物需給の乱れ

本日の日経平均は急落。前日までの5日で1,000強の上昇による利確売りバイアスに加えて、NY市場での米長期金利の上昇を嫌気したハイテク株安を重石に軟調に寄り付くと、29,100円台で前場の取引を終了。午後に入ると、3週間ぶりに取引を再開した中国恒大集団株の暴落、国内衆議院選における自民党情勢の不安、先物への仕掛け売りなども逆風となり、一日の安値水準で取引を終了。

東証主力株は概ね軟調。8035 東京エレク、9983 ファストリ、9984 ソフトバンク、6857 アドバンテスト、6098 リクルートなどが指数の足かせに。

中小型株も日経安なりに売りが拡散する中、1400 ルーデン、3936 グローバルウェイ、7373 アイドマ、3996 サインポスト、3681 ブイキューブ、2359 コア、4344 サーバーワークスなどに短期資金が流入。

日経平均 28,708円 −546、Topix 2,000 −21
225先物(12月限)28,730円、為替 114.05円/ドル
NYダウ先物 35,382ドル −95 

big (8)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 2395 新日本科学
22年3月期経常益予想を32億円から46億円に上方修正。マネパ(8732)、SE H&I(9478)、タカラバイオ(4974)などとともに割り切り対象でケア。

〇 1570 日経レバ 
昨日の16,500円超えをきっかけにご提案としては手仕舞い優先としていますが、本日の「15,700円割れ」は直近までの買い直し条件としてきた価格帯。決算シーズン入りによる個別株の売買難易度の高まりを踏まえれば、継続的取り組みも妙手。次は15,200円割れをメドに余力残しの買い増しへ。

★ 2127 日本M&Aセンター
10/14 3,300円 → 10/20 3,470円 +170 5.1%上昇 
「総悲観には至らない疑心暗鬼な市場ムード」は当銘柄にとって追い風。コロナ第六波が来ようがFRBがテーパリングを開始しようが、世界的なM&A増加はメガトレンド。あとはスピード感と売買手法の問題でしょう。本日3,470円までの上昇過程での一部利確後、明日の調整局面も3,2●0円付近までをメドに押し目買い直しを計る方針です。

big (9)

■ 後記 : 本日の急落はテクニカル調整の範疇を逸脱しており、国内衆議院選における自民党の苦戦、米長期金利の上昇による景気回復期待の後退、中国恒大リスクのどれをとっても説明が困難な下落 ≒ (ファンダメンタルズを度外視した)先物主導の下振れと捉えるのがスマート。

先物主導の下振れを値ごろ感で対応するのは得策ではありませんので、明日は「悩んだら買いは様子見、手仕舞いは実践の脇を締めたスタンス」で臨んでください。

もっとも、地合いに反する弱テクニカル銘柄の週内売却は当初からの予定事項であり、本日安値28,700円水準も直近お伝えした当面の買い下がりメド ≒ 想定範囲内の下落。日米企業決算の本格化やFOMC前に30,000円を超えてしまう展開に比べれば、現状での28,000円レベルまでの下落は年末までを見通した場合にプラスに寄与するとみています。

明日は「如何にそのチャンスを生かすか!」に配慮しながら繊細かつ大胆に。

〜(略)〜 

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れさまでした。

お帰り前にこちらも是非!☆
     
  

午後の戦略 : 続・騰勢一服中の取捨選択!

前場の日経平均は反落。直近5日で1000円強の上昇による利確バイアス、米長期金利の騰勢への警戒感などを重石に29,055円(−200)まで下落すると、前引けにかけても概ね29,100円台で弱含む展開に。東証主力株は高安マチマチ。8035 東京エレク、6098 リクルート、6857 アドバンテストなどが指数安を主導。

中小型株は様子見ムードが濃い中 3996 サインポスト、3681 ブイキューブ、5698 エンビプロ、3936 グローバルウェイなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 続・日柄調整

29,050〜29,300円レンジでの持ち合い継続が本線。「米10年債利回りの1.7%への急接近」に起因する利確ラッシュ → 29,000円割れも念頭に。

■ 午後の戦略 : 続・騰勢一服中の取捨選択!

リバウンド相場後の一服感を利用して、売却予定銘柄と継続予定銘柄の再検討、それぞれに応じた戦略調整を計りたいところ。今週末に中国恒大のドル建て債の利払いに絡む山場を迎えるため、売却予定銘柄は週内の手仕舞いによる余力拡充 → 週明けの突っ込み買いや乗り換えによるリカバー狙いに駒を進めるイメージがおススメ。

★ 2127 M&Aセンター
10/14 3,300円 → 10/20 3,470円 +170 5.1%上昇 
3,470円までの上昇過程で一部利確を計ったら、押しは3,●●0円までを丹念に買い直してください。一段高に際しては売りすぎに注意しながら追加利確へ。

☆ 7033 MSOL
予定通り3,400円台半ばまでの押し目買い直しの後、現値は腰を据えて臨みつつ、反発時も懐大きく対処してください。

〇 3998 すららネット: 先高期待に変わりはありませんが、全体戦略で触れている「好地合いに乗り切れない持ち合い商状」に該当しているため、乗り換えも視野に柔軟に対応。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では午後もよろしくお願いします。
    
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村        

本日の戦略 : 騰勢一服中に持ち株を取捨選択!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は続伸。好決算のベライゾン、ユナイテッドヘルス、トラベラーズが買われた他、原油市況や過去最高値を更新したビットコインが示す「金融資本のプラスのリスク志向」を追い風に終日堅調に推移。ハイテク株に関しては長期金利の騰勢がネックとなり、ナスダックは小幅に反落。

NYダウ 35,609ドル +152、ナスダック 15,121 −7
米10年債利回り 1.655% +0.023、為替 114.32円/ドル
NY原油 83.87 +0.91、日経先物 29,270円 −10

big (5)

□ 本日の展望 : 29,000円台前半の持ち合い

直近5日で1,000円強の上昇に対するテクニカル調整(持ち合いによる日柄調整)が本線。想定レンジは29,050〜29,450円。米長期金利の騰勢を嫌気したNY株先物主導の下押し → 29,000円割れもリスクシナリオとして念頭に。

★ 本日の戦略 : 騰勢一服中に持ち株を取捨選択!

(1)弱テクニカル銘柄の大胆なポジション縮小 : 乗り換えによる効率アップ、週末(24日)に迫る中国恒大のドル建て利払い期限に絡めた混乱、29,000円台後半での乗り換えによる新規銘柄の高値掴みリスクの三点を念頭に、直近の好地合いにおいて低空飛行を続けていた銘柄に関しては大胆なポジション縮小を計りたいところ。

(2)流動性高めの好テクニカル銘柄の押し目買い・上昇時の売りすぎ注意 : 持ち株内の環境や半導体などテーマ性の分散、高安値時期や10日線の傾きなどを基準とするテクニカル形状の分散、売買タイミングの分散などを意識。

★2000番台銘柄を含む★☆Sラボ新規買い対象4銘柄も昨夕の戦略を踏襲。本日からは、月末以降を見据えた★ 新Sラボ主力銘柄の仕込みを開始!

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

『 背筋を伸ばした平常心でチャンスを迎える!』

では 本日もよろしくお願いします! 

★2000番台銘柄はこちらで公開中です
   
 
  

東京市場(10/20) 29,500円際からの利確賛成ムード

本日の日経平均は続伸。直近の好地合い、連日のハイテク株主導のNY株高を好感して9時台に29,489円(+273)まで上昇すると、引けにかけては節目の29,500円を意識した先物での利確売りが重石に。東証主力株は高安マチマチ。海運・非鉄・半導体セクターが軟調に推移した一方、9984 ソフトバンク、9983 ファストリ、6762 TDK、6305 日立建機などが指数高を牽引。

中小型株は 2315 CAICA、7808 CSランバー、6522 アスタリスク、2158 Fronteo、4485 JTower、7082 ジモティー、4397 チームスピリット、3663 アートスパーク、6668 ADプラズマ、4434 サーバーワークス、5491 日本金属などに短期資金が流入。

日経平均 29,255円 +40、Topix 2,021 +1
225先物(12月限)29,280円、為替 114.55円/ドル
NYダウ先物 35,306ドル −17 

big

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 7885 タカノ、3604 川本産業
ともに22年3月期経常益予想を上方修正。前者は吹き値待ちの空売り、後者は割り切り買いでケア。

△ 2158 Fronteo
GS氏注力中。本日は医学論文検索AIの開発を材料視して一時2,300円台まで上昇。好テクニカル+材料の破壊力。

〇 4980 デクセリアルズ
5日ぶりの反落も上昇トレンドは継続。ここからは☆★新規買い対象と天秤にかけながら。

★ 2000番台主力銘柄
10/14 3,300円 → 10/20 3,455円 +155 4.6%上昇 
会員サークルでは☆ ダブルスコープ(6619)、☆ MSOL(7033)にて短期的なリターンを探求する一方、先週木曜からはメガトレンドに則った数週間スパンの取り組みに着手。

今年1−9月期実績は前年同期比2.4倍の95兆円。今後、FRBのテーパリング開始により債券・株式・不動産などの騰勢が鈍る場合でも、企業間の格差拡大を背景とするM&Aの増加はメガトレンド化が必至とみています。目先の押しも丹念に。

big (4)

■ 後記 : 保有銘柄数の増やしすぎにより1銘柄当たりの株数が少ない状況では、上昇時の売り場判断が難しくなります。依然として紛れの多い相場つきだけに、保有銘柄を極力絞り込むことで1銘柄当たりの株数を増やす「上昇時に売りやすい体勢作り」も意識してください。

    (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れさまでした。

★ 2000番台銘柄は間もなくこちらで公開!☆

  
  

午後の戦略 : 銘柄入れ替えは29,000円台前半中に!

前場の日経平均は続伸。直近のテクニカル良化、前日のNY株高などを追い風に買い優勢で寄り付くと、10時ごろには29,489円(+273)まで上昇。前引けにかけても29,400円を挟んで堅調に推移。東証主力株は買い優勢。9983 ファストリ、9984ソフトバンク、6762 TDK、8035 東京エレクなどが指数高を牽引。

中小型株は 5491 日本金属、4434 サーバーワークス、4046 大阪ソーダ、8698 マネックス、3663 アートスパーク、6668 ADプラズマ、4485 JTower、7370 Enjin、2315 CAICA、7808 CSランバーなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 買い優勢

節目の29,500円を意識した利益確定売りが上値の重石となりつつも、29,300円付近では押し目買いが下支えとなるしっかりとした推移が本線。

□ 午後の戦略 : 銘柄入れ替えは29,000円台前半中に!

日経30,000円トライを念頭においた強気スタンスを継続。好トレンド銘柄に関しては押し目買い・上昇時の売りすぎ注意で臨みつつ、29,000円台後半での新規買いは必要最小限にとどめたいため、直近の堅調地合いにて伸びを欠いている銘柄は29,000円台前半中の乗り換えをご検討ください。※ 弱テクニカル銘柄の売却は株価ではなく、日柄をメドに実行するのがおススメ。

☆ 6619 ダブルスコープ : 昨日950円にかけての5割程度の利確 → 920円までの押し目買い直しの後、ここからも(売りすぎに注意しながら)8●0円までの押し目買い直しに注力していきたいところ。

   (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

〇 1570 日経レバ : 持ち株の多くが「日経高を追い風にできていない・・・」とお感じの方は、“急がば回れ”感覚にてそれらを軒並み売却 → 押しを待ってエントリーも妙手。

では午後もよろしくお願いします。
    
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村        

本日の戦略 : 30,000円水準でのポジションをイメージ!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は反発。朝方発表された9月住宅着工、P&Gの決算はコンセンサスを下回ったものの、日用品・医薬品大手のJ&Jの好決算がメルクやアムジェンなどヘルスケア関連株に好影響を与えた他、ダウ構成銘柄のトラベラーズも決算が市場予想を上回って買いが先行。11時過ぎに35,400ドル台半ばまで上昇すると、引けにかけても堅調に推移。

ナスダックは5日続伸。「10年債利回りの大幅高」によるネガティブ要素を‘景況感の改善’が凌駕する格好。引け後のネットフリックスの決算は強弱マチマチの結果に。

NYダウ 35,457ドル +198、ナスダック 15,129 +107
米10年債利回り 1.637% +0.053、為替 114.33円/ドル
NY原油 82.96 +0.52、日経先物 29,350円 +90

big (7)

□ 本日の展望 : 堅調地合い継続

NYタイムを29,350円で終えた日経先物にサヤ寄せした堅調スタート後、引けにかけては押し目買いと利確売りが交錯する持ち合い商状入りが本命視されます。想定レンジは29,150〜29,450円。

昨日の東証1部の出来高が10億株を割り込んだように実需筋は日米決算の本格化を前に様子見ムードを強めている耐ため、先物での短期筋主導で乱高下する場面も念頭に。リスクシナリオとしては、「中国の中堅不動産・新力控股のデフォルト」による中国恒大懸念のデフォルト懸念の高まりを利用した先物での仕掛け売り → 29,000円割れに軽めに警戒。

★ 本日の戦略 : 30,000円でのポジションをイメージ! 

日経平均がメインシナリオとしている30,000円水準まで上昇した際に、ポートフォリオが「直近買った銘柄と弱テクニカル銘柄ばかり」な状況では不安定な売買を強いられます。

よって、現状の好地合いにおいても一向にテクニカルが上向かない銘柄群に関しては、(早売りリスクを負って)現況での大胆な売却 → 乗り換えをご検討ください。同様に、「余力の空けすぎ → 乗り換え先の高値掴み」を回避すべく、好トレンド銘柄に関しては売りすぎない勇気での対応を継続。

☆ 6619 ダブルスコープ 
10/6 835円 → 10/19 952円 +117 14.0%上昇
広義の環境関連としては昨日動意を示したレノバ(9519)、イーレックス(9517)などより優位な状況が続いています。乗り換えよりも押し目買いの算段を重視。

〇 1570 日経レバ
「日経平均は上がると思うけど、持ち株は冴えない動向が続くのかな・・・。個別株に乗り換えるのも怖いし・・・。」とお感じの方は、今からでもこちらへの資金集約が妙手。

【ウォッチ銘柄】

△ 8771 イーギャランティ
11月から法人向けの後払い決済サービスを開始。年内に20行程度の地方銀行と提携見込みとの報道。

△ 4819 デジタルガレージ
関連企業が野村HD(8604)と資本業務提携し、機関投資家などの法人に代わって暗号資産の保管や管理を担うカストディ(資産管理)事業で協業する方針との報道。

△ 3776 BBT、3778 さくらインターネット
政府は昨日、データセンターの国内整備を検討する有識者会議の初会合を開催。データセンターの拡張は日本経済の生命線の一つなだけに、中長期目線で継続注視。

『 サスティナブル(持続可能)な投資スタイル!』

では 本日もよろしくお願いします! 
   

10/21−31スタートコースの新メンバーさん募集開始!

みんなで一緒に、定石重視の逆襲+アルファ狙いを!
  
4343aquab02-001
 
※ 本日中にお手続きいただいた方へは、スタート期間を前倒しして本日中にID・パスワードをご連絡させていただきます。月初からの乱高下により、直近からお付き合いを始めていただく方が増えています。ご入金確認後には速やかにご連絡させていただく予定ですが、お急ぎの場合はお手続き後にご一報いただけると助かります。

           

東京市場(10/19) 半導体セクター主導の堅調地合い

本日の日経平均は反発。ハイテク主導のNY株高を好感して堅調に寄り付くと、引けにかけても押し目買い・出遅れ層の飛び乗り買い・先物での仕掛け買いなどが支えとなって、28,100円付近から28,200円台半ばレンジでしっかりと推移。東証主力株は売り優勢。

中小型株は 1407 ウエストHD、7826 フルヤ金属、6522 アスタリスク、4385 メルカリ、9245 リベロ、4889 レナサイエンス、7373 アイドマ、2158 Fronteo、5759 日本電解、3856 Abalance、3034 クオール、9519 レノバ、6532 ベイカレント、9115 明治海運などに短期資金が流入。

日経平均 29,215円 +190、Topix 2,026 +7
225先物(12月限)29,260円、為替 114.06円/ドル
NYダウ先物 35,156ドル +23

big

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
〇 4980 デクセリアルズ
4日続伸にて終値で2,200円台を回復。明日も5日線や10日線を意識した押し目買い直しと☆★新規買い対象の押し目買いを天秤にかけながら・・・!

big (3)

☆ 7033 MSOL
10/11 3,520円 → 10/12 3,830円 +310 8.8%上昇
プロジェクトマネジメント支援事業の好調さ、積極的なM&A政策などを背景に将来的な企業価値増幅が期待されます。直近は出遅れ銘柄のリバウンドが目立つ相場つきとなっていますが、高値持ち合い銘柄の優位性を踏まえれば、ターゲットプライスまでを泰然と買い下がり、上昇時の売りすぎない勇気で取り組みたいところ。

big (6)

★☆ 新規買い対象は現在4銘柄。★ 主力2000番台、☆ 本日からの新銘柄は明日も押し目買い、小動意も買い増し、一段高を小口売却...スタンスを継続。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れさまでした。

お帰り前にこちらも是非!☆
     
  

午後の戦略 : 好トレンド銘柄は腰を据えて!

前場の日経平均は反発。前日のNY市場におけるハイテク株の堅調さを追い風として9時台に29,246円まで上昇すると、買い一巡後も概ね29,100円台でしっかりと推移。東証主力株は売り優勢。8035 東京エレク、9983 ファストリ、9984 ソフトバンクが日経値上がり寄与度上位を独占 → 前場の日経高は「先物での短期筋による仕掛け買い」色が強いため、突発的な下押しには警戒したいところ。

中小型株は 3034 クオール、6532 ベイカレント、9519 レノバ、6522 アスタリスク、9245 リベロ、4485 JTower、1407 ウエストHD、6324 ハーモニック、7826 フルヤ金属などに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 続・直近高値圏での持ち合い

中国株も落ち着いたスタートを切っているため、29,000円付近から29,300円にかけての底堅く上値の重い展開が本線。

■ 午後の戦略 : 好トレンド銘柄は腰を据えて!

買い方優位の趨勢に順じた強気スタンスを継続。売却予定銘柄に関しては大胆なポジション縮小を計りつつ、継続予定の好トレンド銘柄に関しては「余力の空けすぎ → 乗り換え先の高値掴み」リスクも念頭に売りすぎない勇気で対応してください。

☆ 本日からの新スポット銘柄:寄りから既に5%上昇していますが、背後関係を踏まえれば未だ仕込みレンジ!

☆ 6619 ダブルスコープ:850円近辺での追加利確後も(上記好トレンド銘柄の売りすぎない勇気を念頭に)8●0円付近までの押し目買い直しに注力してください。☆ MSOL(7033)も再動意待ちの〜(略)〜!

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】 
△ 2158 Fronteo
GS氏注力中。GS氏の方では9月下旬以降、乃村工藝社(9716)、アドウェイズ(2489)、KeePer技研(6036)、Fronteoと展開。10月上旬の地合い悪化もほぼ無傷で通過。◎昨日からの新銘柄も既に7%上昇中!

では 午後もよろしくお願いします。

    
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村        

本日の戦略 : 積極的な乗り換えは今のうちに!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は小幅に反落。中国7−9月期GDP(前年同期比+4.9%)が示した中国景気の停滞ムードを嫌気して9時台に35,035ドル(−258)まで下落したものの、主要企業の決算への期待や節目を意識した押し目買いが下支えとなり、午後は概ね25,200ドル台で底堅く推移。ナスダックは4日続伸。GAFAM、コストコ、AMD、テスラが買われて節目の15,000p台を回復。

NYダウ 35,258ドル −36、ナスダック 15,021 +124
米10年債利回り 1.591% +0.015、為替 114.30円/ドル
NY原油 82.44 +0.16、日経先物 29,060円 +150

big (21)

□ 本日の展望 : 直近高値圏での持ち合い

NY株が先週後半の騰勢を維持したため、押し目買いや出遅れ層の飛び乗り買いが下支えとなる一方、本格化する日米企業決算を意識したポジション整理需要や直近の大幅高による利確バイアスが重石となる直近高値圏での持ち合いが本線。想定レンジは28,850〜29,200円。

★ 本日の戦略 : 積極的な乗り換えは今のうちに!

“体勢の建て直し”を目的とした売却予定銘柄の逆張りスタンスと、“年末高への布石”を意識した流動性高めの好トレンド銘柄をポジションの中核とする順張りを継続。

「11月FOMC(11/2,3)前の30,000円超えは上方オーバーシュート」を前提とした場合、29,000円台後半は脱力トレードで対応したいため、「ストレス玉の大胆な縮小 → 積極的な乗り換えは今のうちに!」も意識して取り組みたいところ。

〜(略)〜

【ウォッチ銘柄】
△ 4446 Link−U
芳文社と新規マンガ配信サービスに関し業務提携。インバウンドテック(7031)、Abalance(3856)などとともに割り切り対象でケア。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

『 自分に合った戦略のコーディネート!』

では 本日もよろしくお願いします! 
   
 
  
会員制サークル・S研究所
一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!
 ↓ ↓


会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
Sラボ関連

■ GS・勘助ブログ


S教授のメルカリ
読了済の書籍の一部を出品中!

S家の書庫
義父が遺してくれた書籍類
Archives
記事検索
携帯でブログを♪
QRコード
Profile

S教授

48歳 ファイナンシャルプランナー
趣味:テニス、行動心理経済学
信条:令和の時代は、企業情報よりも投資家動向を重視するトップダウン戦略こそ正攻法! 

  • ライブドアブログ