図2

こんにちは、町塚です。

先日、突然の結婚報告をブログにてさせて頂きましたが、
3月親族+地元でご縁のある人を中心とした「ちょっと変わった結婚式?」を開かせて頂きます。(ちなみに、関東の方々との場は、来年秋ごろ別に実施する事を予定してます)

今日は、
式にお呼びしたい人、結婚やパートナーシップについて考えられている人に対して、

①結婚式というものについて考えた事
②ちょっと変わった結婚式の内容について

お伝えしたいと思い、
この記事を書いています。

もしかしたら、本当に久しぶりのご縁でこの記事を読んでくれている人もいると思います、
読んでくれてありがとう。

記事の目次--------------------------------------------
1.地元静岡で結婚式をやる事になった経緯
2.そもそもなぜ結婚式を挙げるのか
3.結婚式のコンセプトは何か
4.ちょっと変わった結婚式って何?
-----------------------------------------------------------

■1.地元静岡で結婚式をやる事になった経緯
あ、祖父母がめっちゃ心待ちにしてくれてるじゃん!

元々はどうしようと思っていたかというと、

二人とも、関東に本拠地がある関係で、
お世話になっている人の多くをお呼びできる、湘南・鎌倉に
今までのご縁のある方をお呼びし、みんなで作るお祭りみたいな
賑やかな場を作るイメージをしていました。

ただ、お家とお家の結婚として、
お互いの親族へのあいさつ回りをしていた時に、
私の祖父祖母が大変祝福してくれ、結婚式を心待ちにしてくれているという事を発見。
(先に考えておけという話なのですが・・)

気持ちに応えたい、
でも、祖父祖母は、ご高齢で遠出も難しい・・
ので、親族のための地元婚が浮上。

「どーしようかな?」

そこで更にピンときたのが、
大学時代から地域活性化の文脈で関わらせて頂いてる
地元、静岡の世界遺産”三保の松原”の存在。

ぷらこん
(共同代表を務めさせてもらっていた三保プランコンテストのサイト)
様子
(当日の様子)

自分が元々共同体表を務めさせてもらっていた
学生向けの地域活性化プランコンテスト”三保プラコン”にて
昨年の最優秀賞を獲得したプランが、

1.父なる大地を象徴とする富士山 2.母なる海を象徴する太平洋 3.永遠を象徴する松

の3つがあるここ

「三保の松原を結婚式の聖地にする」

といったものでした。

hapyou
(プランを起案してくれた4人の発表の様子)

当時、一緒に運営していた仲間の名づけのストーリーや
第1回目の参加者がたどり着いたプラン、もしかしら自分の未来?ともつながって感動して涙をしたことを今でも覚えています。

そこで、三保プラコンでお世話になっている
三保地域の事なら何でもご相談役の”宮城島さん”に相談させて頂いて、
他にも佐野さんという地域のご活動家、一緒に運営してくれる住吉の力添えもあり、
とんとん拍子で3月に実施する事になりました。

そのため、今回の経緯から、3月の結婚式は
図3

①両家のご親族の繋がりを深める
②今の時代にあった結婚の在り方を発信する事で、三保を結婚式の聖地にする事に貢献する
③地元の土地や人とのつながりを更に深める


この3つにフォーカスした場です。


■2.そもそもなぜ結婚式を挙げるのか
永遠の愛に繋がるのは、”夫婦を基盤としたコミュニティの豊かさ”ではないだろうか?

今の時代にあった結婚の在り方を考えるにあたり、
「そもそも何故人は結婚式を上げるのでしょうか?」
という問いに向き合ってみました。

特に最近は、セルフメイドの結婚式、事実婚や夫婦別姓、ポリアモリー等
”形に囚われない自由さ” ”過度に盛大にしない等身大さ” が尊重されている今において、
そもそも結婚式なんていらないのではないか?という声もあるかと思います。
(結婚しなくても幸せになれるこの時代に~という、ゼクシィのCMもありましたね(笑)

まず、僕が率直に感じたのは、
「永遠の愛を誓う」という言葉の重さです。

ookii


僕個人の信条として、
・今を生きることを大事にする
・愛はDoing(愛するという行為)ではなくBeing
(その瞬間そこにあったり、流れたり、生まれるもの)
と思っているので、

・今ではなく、永遠を
・そして、結果論としての永遠ではなく、永遠を約束する

という事は、非常に今の自分にとっては、
とにかくなんかものすごい大きい事といった感覚がありました。

そこででできたのが
「じゃあ、何があれば永遠を約束できるのか、永遠の愛は何によってつくられるのか」
という問いです。

これは僕の仮説ですが、
「自分達だけにとどまらない、土地や人との豊かなつながりが永遠を作るのではないか?」
と考えています。


そもそもパートナーシップも、夫婦も、そして夫婦が恵まれる様々な人とのご縁も
常に影響しあい、変化をします。

また、時間を重ねて行く上で
試練も、各自の至らなさを知る場面も数多くあるでしょう。

その中で、
基盤となるパートナーシップの繋がりを保ち続けるのは、
”夫婦を基盤としたネットワーク全体の強さ”だと思います。

何かあった時に夫婦にとどまらず広い人間関係で補完しあえて、
かつ全体として、柔軟に変化し続けられるような。

b39_8153

(イメージは豊かな生態系を持つ森?)

自分ごとを増やすと人生が楽しくなるといいますが、
”自分たちごと”を広げ、深めていく事が豊かな夫婦人生に繋がるのではないでしょうか?

まとめますと、
永遠の愛を誓う結婚式を上げる意味の仮説は、

結婚式を機会に、自分事から自分達事へのシフトの価値を体験する事
だと思っています。

■3.結婚式のコンセプトは何か
結婚式のコンセプトはeien

結婚式のコンセプトはeien
栄縁(栄ある縁が永遠を作る)です。

そのため、
地縁や血縁、人との縁を存分に感じられる結婚式にしようと考えています。

自由さを求めるあまり、形や責任、繋がりとが希薄になってしまいがちなこの時代で
結婚やパートナーシップについて、真摯に向き合っている人、悩んでいる人、考えている人が沢山いると思います。(自分達も含めて)

だからこそ、自分たち夫婦は率先して試みに取り組み、
1事例として発信します。

私達の取り組みを1事例として、
「結婚式を機に、自分はとの何との縁(絆)を深めたいのか」
そういった事を考えて頂ける機会になったら幸いです。


■4.ちょっと変わった結婚式って何?
土地、地域の人、家、地元の食、地元の仲間とのつながりを深めるといった視点から結婚式をリデザイン

では、eienというコンセプトに対して、
ちょっと変わった結婚式って、具体的には何をするのでしょうか?

キーワード的にいくつか変わっているところを上げてみると

・披露宴でなく参加型食事会、司会はおらず、夫婦がファシリテーションする
・きらびやかなウェディングケーキよりも、地元の食材を使った食事
・土地との繋がりを育むため、世界遺産三保の松原に松を植樹させて頂く
・神前式は地域の通りすがりの人含めて誰でも参加できる
・コンセプトムービーを作っていただき、結婚の在り方の1つとして発信

こんな感じです。
どんな印象をお持ちになられますかね(笑)?

2部構成なので、1部2部に分けて
もう少し詳細に説明しますね。

第一部は土地、地域の人、家の縁を深める神前結婚式です。

流れとしては、
羽衣の松という地元の伝説に則って、富士山や松、海を感じられる三保の松原(浜辺周辺)からスタートし、

a0188405_16404135


そこから地域の方々もOKの参列で神の道を歩み、

20171113111014main
(写真は、三保プランコンテストで出されたアイデアを地元の会社さんが事業化してくださった第一歩目としての模擬結婚式の写真です 詳細はこちら)

御穂神社で神前の誓いをするという流れ

s_DSC07770


(松の植樹は服装の関係もあり、いつやるか検討中)


また、参加対象は、通りすがりも含めて誰でも参加オーケーとしています。
昔は結婚とか出産て、地域全体のお祝い事だったと思うんですよね。

個人的には通りすがりの人が
即興で参列に加わってくれたりすると嬉しいなと思っています。

第二部は血縁、地元の食、地元の人との縁を深める参加型食事会です。

第1部のオープンかつどんな大人数でもOKな場ですが、
第2部は、招待させて頂いた人だけ、人数は合計で40人程度の場です。
(一度にちゃんと深い繋がりを作るには人数の限度があり、今回は直感的にお呼びしたいなと思った人と強い参加希望を出してくれた人がいたら、その人達と場を共にできたらと思います)

まず、会場を三保の松原から清水駅すぐ近くのホテルクエストに移します。
参加型食事会なので、こだわっているのは、食事と会の形です。

まず、食事に関しては、
地元の食材を出す事、食事という皆さんがアクセスできる場を作る事を理念に掲げられているホテルクエストさんに、

地元の食材を使った、みんなで囲える大食卓
といったテーマでお願いをさせて頂いています。

s_0044
ホテルクエストさんは地元食材を使った、からだ想いの静岡イタリアンをお出ししてくださります)

ただ、どうしても食材が静岡の食材に偏ってしまうので、
もしかしたら、奥さんの出身である宇治のお茶などをウェルカムドリンクで出させて頂くかもしれません。(奥さんという言葉に呼びなれてない・・・)


会の形に関しては、
僕ら二人が司会(ファシリテーション)をさせて頂き、
血縁のある親族と、地元でご縁があった人たちが関係性を育む場になる事を意図して、
食事会をデザインさせて頂きます。

17439725_1318100688278616_314475348_n
(参考として、以前、町塚と土肥(奥さん)が主導になって開かせてもらったシェアハウスの住人のご家族を呼んで、繋がる家族参観の様子 あいまいえ家族参観を行いました~家族の新しい形~

なので、何となく観客として見てるだけというよりかは
僕らから他己紹介させてもらったり、少し自分の事を話してもらう等
食事会自体をみんなで作っていく場になると思います。

心が震え、未来への希望を感じられるような
いい機会、ご縁を一緒に作れましたら幸いです。

そして、元パタゴニアでワークルでお世話になっている大宮恭治さんのお力を借りて、
この結婚式の準備や当日の様子を1つのコンセプトムービーにまとめて
今の時代における、結婚式の1つの在り方として発信させて頂く予定です。

自分達夫婦が、豊かなつながりの価値を体験し、
それを発信する事で、


結婚式を機に夫婦として何を自分達ごととするのか


について向き合う時の
1つの参考になったらいいなと思っています。

あ、会の日程は、2018年3月4日(日)で

図1

予定は、上記になります。

うっかり色々抜けがちな夫婦かつ、結婚式に関して色々な関わり方があると思いますので、

「誘われてない怒!参加したい」
「こう誘われたけど、もっとこう関わりたい」
「今回は遠慮しとく」

等、お気持ちにあった関わりで、

一緒に新しい結婚式の在り方
「豊かなつながりで、永遠の愛にチャレンジする」私達夫婦の試み
お助け頂けたら嬉しいです。


PS:秋@関東の場はまた違った試みにチャレンジしようと思っていますので、乞うご期待












こんにちは、町塚です。

唐突ですが、私来年2月から
2拠点生活(鎌倉、日本橋)から1拠点生活(鎌倉)に戻ります!


ご存知の方も多いと思いますが、
元々は、平日は日本橋、土日は北鎌倉の2拠点生活でした。

ライフスタイル


平日は東京で早くて効率的なライフスタイル、
土日は鎌倉でゆっくり丁寧なライフスタイル

といった2つのライフスタイルの使い分けが、しっくり来ていて、
とても気に入っていました。

しかし、人生は急に変化するもので、
今、里帰中のパートナーと年内生まれる予定の子供が
来年2月に戻ってくる予定なので、

生活環境は北鎌倉1拠点に絞る事にしました。
(働く環境は、鎌倉中心を意図しつつ、流れに身を委ねながら調整する予定です。)

そこで、本日の目次です。
=================================
◆1.ワークスタイルを抜本的に短時間型に変えなければ(汗)経験談募集
◆2.人生を豊かにする繋がりのある家、あいまいえの新住人募集
============ =====================

■1.ワークスタイルを抜本的に変えなければ(汗)経験談募集



まず、「なぜ生活拠点を鎌倉1拠点に絞る事にしたのか」ですが

それは
①子どもの幼少期は移動が激しいのは難しいので必然的に1拠点
②絞る拠点を考えると、人、自然、文化的な繋がり的にも生活・教育環境的にも最適
③子どもと奥さんは1拠点、自分だけ2拠点にすると、家に帰らないパパになりそう

だからです。

父は経営者で
いつも19:00過ぎくらいには帰って来て、
良く自分に関わってくれていた影響もあるのか

「帰らない日が続く父だったら嫌だろうな」
「一緒の時間を毎日ちゃんと取りたい」

と思い、決めました。

なので、必然的に
ホームを北鎌倉にして必要な時に東京に通う形式にシフトです。


ただただ・・・


これがかなり大きなシフトが必要で、まじで大変(怖)

前提として、仕事柄、対面での折衝が大事にされるのですが、

今までは
・0700や22:00から対面のセッションが東京である、
・休養が必要なとき以外は、土日も含めほとんど働いている
・そして、今まで日本橋の拠点に来てくださる事が多く、移動コストが少ない働き方
でした。

つまり、移動コスト低い長時間型

そこから
短時間型労働
・都内の人と会う時の対面の移動コストが非常に高い

ワークスタイルのシフトが必要になりました。

どうしよ・・・?

「困った顔 無料素材」の画像検索結果


今は何となく方針として、

シフト2

なんとなく
労働時間を減らす、緊急度が高く自分が出向かなければいけない内容を減らすために

・プロフェッショナリティ(生産性)や創造性の高い仕事によりフォーカスする事
・現場の最前線スタイルから、もう少しバランスを変えて、一歩引いた役割を増やしていく

あたりを考えているのですが、
経験もTIPSも少ないため、仕事も父親業もうまく両立されている経験談やお知恵のある方のお話をとても渇望していますmm

渇望


この課題は、同じ価値観を持つ同世代も今後抱えるようになってくると思うので、
皆様から学びを得て、今の時代のいい家族と仕事の事例となれたらと思っておりますので、
お知恵をくださる方がいれば、是非お話を伺わせてください。

◆2.人生を豊かにする繋がりのある家、あいまいえの新住人募集


そして、同時に、
1拠点に戻るという事は、日本橋の拠点である
あいまいえ住人も卒業するという事ですので、
(あいまいえには、ワークルの関係者と同じ通う人としての関わりになります)

この度、2月から住む新住人を募集します!

2.1 シェアハウスコミュニティは住まいのコミュニティ3.0だ

時代の変遷と共に
住まいや暮らしは変化していきますが、
自分は下記のように住まい・暮らしのコミュニティが変遷していくと見立てています

コミュニティ


まぁ、昔は息苦しかったし
最近は、手触り感がない生き方というか寂しかったから
両者のいいとこどりの時代になるという感じですね(笑)


また、
ますます変化や複雑性が増す、色んな選択肢が増える等、
時代の恩恵を受けて、

住まいや暮らしにおいて、
誰と住むかを大事にする傾向は、今後ますます加速していくでしょう。

*誰と住むというのは、必ずしも1つ屋根の下だけではなく、ご近所さんも含まれると思っています

2.2 あいまいえは人生を豊かにするつながりのある家

そんな中で、あいまいえは一言でいうと
人生を豊かにするつながりのある家です。

コミュニティ3.0として、
どんな価値観や文化的特徴を持っているかなというと4つくらいあって
(これは私見です。また、あくまで価値観なので、人によって合う合わないはあります)

①自分との繋がり(自己内観や自己発見)を大事にしている
Ms8vwscqsxjretgracbs

人や組織に関わる事を生業にしていたり、そこに興味を持っている人や大事にしている人、
そして、人生探求をしている人が多いので。

年齢に関わらず、
人生をちゃんと見つめたい時期の人にとってはとてもいい環境だと思います。


②人との繋がりを大事にしている
図1

シェアハウスのコミュニティスペースがワークルの拠点となっている事もあり
本当に多様な人が肩書や立場をこえて、繋がる場になっています。

自分自身、「繋がりや縁に助けられてここまで来れてるな」
という事を骨身にしみるまで感じているので

人との繋がりを増やしたい、深めたい人にとってはいいと思います。 

③命との繋がりを大事にしている

食にこだわりのある住人がいたり、
マインドフルネスやっている住人がいたり、
アートやっている住人がいたりする等、

それぞれの個性で命と向き合っている人が多い気がします。
あいまいえの日常_170320_0001

*写真は家族茶碗

④生きると働くと暮らすの繋がりを大事にしている
働くと、暮らすの境目があいまいな人が多いです。
土日も休むというよりは、アクティブだし、プライベートで取り組んでいる事が仕事に活きる事や仕事になる事もあるし、仕事でやっている事が日々の暮らしの中でも大事にされている事があるみたいな感じです。
*あいまいえという名前の由来は、働くと暮らす、都市と地方、人と人等色んな境界があいまいな家というものです。

人生を豊かにするつながりを大事にしている家かなぁと思います(#^.^#)

家のスペックについてはこちらをご覧ください。


このような方募集しています!

・多様な人とのつながりが、人生を豊かにすると思っている方
・オーナーシップを持った生き方をしたい方
・公私混同、働くと暮らしの境界があいまいな方
・年次に関わらず、自己探求、自己発掘が重要な人生のフェーズの方

◎募集条件

----------------------------------------

シェアメイト(予定):男性4名・女性2

入居時期:2018年2

募集期限;第一次募集1131

家賃:56万円前後 ドミトリーか個室によって値段が変わります

共益費:5,000

部屋のタイプ:男性の場合➡ドミトリータイプ 
       女性の場合➡個室タイプ

設備:135㎡・5LDK・築18年・清潔感のある新しい作りの物件

初期費用;家賃の2か月分程度

12月末までの契約時に初期費用+初月家賃が必要になります。

半蔵門線「水天宮前駅」徒歩5

浅草線「人形町駅」徒歩8

東西線、日比谷線「茅場町駅」徒歩7


----------------------------------------

是非お声がけくださいー(#^.^#)


会社繋ぎ



こんばんは、寒くなりましたね。

先日、転職の支援を始めたとブログにて
書かせて頂きましたが、お繋ぎ出来る会社さんが増えてきたので、
分かりやすいように一覧記事を作成してみました!

前提として、転職支援の目的が

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
オーナシップを持った個人自分が惚れる”いい企業”が共に120%活きるご縁を結ぶ事で
      ↓
誰もが自分だけのワクワクした人生を歩める社会を作る
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ためにやっているので、ご紹介するのは、

その①
ヒト(社員一人一人のキャリアや人生)とコト(会社が掲げている理念や目標)の両方にバランスよく向きあっている会社

その②
社会性(ビジョンや哲学)と合理性(ビジネス)のバランスがいい会社

その③
コミュニティとして独自のカルチャーがあり、イキイキとしている人が多い会社


の3つを満たすような

自分が自信をもって、
私を活かす”ワクワク企業”だよと、おすすめできる会社さんです。

なお、紹介先は順次拡大しているので、
増え次第掲載させて頂きます。

(転職支援サービス自体が、キャリアビジョンの内省から、企業との縁結びまで伴走するので、
転職候補者さんのキャリアビジョンありきで、順次合いそうな企業に連絡させて頂いて、紹介先企業を増やしています。) 
*是非うちの会社をという経営者の方や人事責任者の方もご連絡歓迎です

【町塚がお繋ぎ出来る、私を社会を活かす企業まとめ】



save image

①リクルート住まいカンパニー
・町塚が新卒で入社して沢山の機会や学びを頂いた古巣
・住まいを中心とした暮らしの進化を追求し、幸せな個人や家族をもっと増やすというビジョンなので、暮らしや街作りに関わりたい人におすすめ
・自分が会社にいて体感しましたが、こんなに??と思うほど、人の成長にめっちゃコミットしてくれる方が多い環境でした
・2年目とかから、新規事業開発してた同期もいる等、能力や価値があれば、裁量もって仕掛けられる
・若手や学生にとっては、圧倒的当事者意識や、やり抜く力など、社会で活躍する汎用的なスタンスが身に着く


save image
②株式会社LIFULL(ライフル)
・代表の井上さんから初まり、プライベートでシェアメイトをしている谷吉まで、公私共々沢山のご縁がある
・代表の井上さんの「本気でやってみなはれ」精神が素敵で、今後10年で100社の子会社を作るなど、挑戦を応援する文化がある
・日本一働きたい会社を目指し、(株)リンクアンドモチベーション主催のベストモチベーションカンパニーアワード2017で第1位に輝く。社員の内発的な動機を最重要視し、様々な制度や動きが立ち上がっている


save image
③株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
・代表の奥本さんの人間性が本当にすごい。器の広さと知恵の深さ、温厚で穏やかな人柄にいつも感動する。
・人と組織を生かすをステートメントにし、そのためのソリューションが研修からサーベイから組織開発までめちゃくちゃ豊富にあるため、組織開発に関わりたい人におすすめ
・副業OKという制度だけでなく、奥本さん自身が課外活動をされているなど、制度と実態が伴っている会社


save image
④ヒトカラメディア
・代表の高井さんの本質の追及、価値の創出に対しての高いコミットメントの姿勢が素晴らしい
・”空間づくり”から会社を良くすることや、働き方のデザインに関わりたい人におすすめ
・地方にサテライトオフィスを持つなど、新しい働き方の体現に自らチャレンジしている


save image
⑤面白法人カヤック
・代表の柳澤さんに、学生時代からめちゃくちゃお世話になっている(いつも人生の大事な時にいろんな知恵や勇気をくださります)
・つくる人を増やすというめちゃくちゃ本質的な理念と事業内容
・面白いものを作りたい、IT系のクリエイターにおすすめ
・面白がって作る人はまず社内からという事で、人事や採用に関して社内で実験や思考をとことん突き詰められている
・ブレストという面白がって働くための独自の文化がある

save image
⑥株式会社ウツワ
・ハヤカワゴミさんという、クレバーで真面目な経営者
・ロリータ服にはまったら人生が変わったという自身の原体験から、プロダクトを通じて人の人生をデザインするという事を事業としている
・非常に合理的かつ、まだ少数かつ、本質に柔軟な会社なので、バリューさえ出せば、働き方などにおいても自由がある

save image
⑦株式会社FiNC
・採用の責任者が、町塚がR時代にお世話になっていた方
・ウェルネスという重要度の高い領域で、明確にグローバルを目指している会社
・組織がダイナミックに変化しているタイミングなので、起業家精神(ハングリーでリスク耐性がある)と経営者精神(リスクの察知、管理ができ、きっちり進められる)のバランスがいい方がお勧め

save image
⑧株式会社アカツキ
・代表取締役である塩田元規さんとは、2017年の2月に森での経営者合宿でご一緒させて頂いた以来、お世話になっていますが、少年のようなピュア感をお持ちになられながら、アスリートのようなストイックさをお持ちの、まさに(株)アカツキの文化を代表されてる方です。
・感情を報酬に発展する社会というビジョンに対する社員さんの共感、コミットメントが非常に高い
・業務委託で関わるプロフェッショナルが多いなど、創業期から柔軟な組織への関わり方がある


今はこちらで以上になります。
興味のある方、気軽にご連絡ください^^

また、単純に話す機会がない、知らないなどで
本当はいい会社なのに、ご紹介できてない会社さんがいっぱいあると思うので、
どんどんご縁を広げていきたいと思っています。

是非”いい会社”作ってるよというような経営者の方、人事責任者の方、ご連絡ください^^


↑このページのトップヘ