5Sの視察でオグラ金属様に行ってきました

IMG_0657 - コピー皆さん、いかがお過ごしでしょうか?こんにちは、Kです。

弊社では以前から5Sに取り組んできたのですが、なかなか継続するのが難しく、最近はオフィス、工場ともに雑然としてきたので、今年から改めて会社として5Sに取り組むことにしました。

5Sとは、整理(Seiri)・整頓(Seiton)・清掃(Seisou)・清潔(Seiketsu)・しつけ(Sitsuke)を通じて、作業や在庫の無駄を減らし、最終的には企業の利益向上を目指す活動です。

5Sを再開するにあたり、本物の5Sを見たほうが良いと、色々と探している中、今回の5S視察を受け入れていただいた栃木県にあるオグラ金属様を見つけたのでした。

当日は8名という大所帯で車で伺ったのですが、まず玄関で社員の皆さんの気持ちいい挨拶に迎えられ、また案内された会議室には人数分の保護帽子やパンフレット等が整然と用意されていました。
5Sとは直接関係ないのかもしれませんが、このようなことが当たり前にできていることに感心させられました。

工場の中を見せていただくと、入り口はジャングルをイメージした飾りがされており、工場の中は、壁中に「見える化」のための工夫が数多く貼ってありました。
例としては、
 ●「基本動作タクトタイム」を写真付きで解説
 ●「気づきメモ」で不便なことやちょっとした気づきを自由に貼れるボード
 ●各工程ごとに「保護具着用基準」が着用写真付きで説明
等、いずれも社員の顔写真が貼ってあったり、文化祭のような飾りがあったりで、大変刺激を受けることばかりでした。

消耗品のストックの仕方も、コンビニの陳列方法も参考にされているということで、見た目がスッキリしていると同時に、それぞれに単価が表示されている等、コスト意識も徹底されているように見受けられました。

工場視察のあと、取締役の小倉様にお話を伺うと、すでに10年以上足利流5Sを推進されていて、今は特に全社統一ルールのようなものはなく、各部署の自主性に任せているということで、継続していくにはあまり型にはめずに少しづつ前進する気持ちのほうがいいのではとアドバイスをいただきました。

当社としては、全社ルールをどう作成するか、各部期限を決めて整理を行う等検討していたので、小倉様の説明に驚くとともに、続ける極意のようなものを伺った気がしました。

また、マネジメントは、社員を怒らず、ほめて自主性を引き出す努力をされているということで、私自身少し反省しつつ、大きな感銘をうけました。

小倉様、そして一連の説明をいただきました営業の岡田様、貴重なお時間を費やしていただき、本当にありがとうございまいた。

当社も、当社なりの方法で、少しづつでも5Sを推進していこうと思います。

【オグラ金属様HP】
http://www.ogura-gr.co.jp/

Comments(0) |  │   (09:56)