今週のフェブラリーSを始まりにこれから徐々に春のGⅠシーズンに入っていくということで、批判もあるかと思いますが個人的な意見をちょろっと記しときますね。

競馬歴も長いともうかれこれ300頭ぐらいはGⅠを勝つ瞬間を見てきていて、もちろんGⅠの格にもよるし一概に言えないところはあるんですが、GⅠを勝つ馬というのは何かしら他と違うという、一目見て何かを感じさてくれるものを持っている馬ばかりだと感じるわけです。特に何個も何個もGⅠのタイトルを獲るような馬は歩く姿も纏う雰囲気も他とは全然違って見えるわけですね。最近で言えばアーモンドアイもオルフェーヴルもディープインパクトもゴールドシップも。いろいろ言われてきたキタサンブラックだってそうです。皆これぞGⅠ馬という凄いものを感じさせる馬でした。沢山タイトルを獲ってなくても一度きりしか勝っていない馬も名馬と同じような雰囲気を纏っているGⅠ馬は数多くいて、GⅠを勝つ馬にはGⅠを勝つに足る何かを持っているということがやはり重要なんだと思ったりもしています。

そんな名馬達のことを考えながら、失礼な話だと思いつつもGⅠ馬だけどGⅠ馬の格に足りてない馬がどれぐらいいるのかなとふと思ったりしてしまったので、比較的最近の馬達で当時馬体をしっかり見ていて馬体をそこそこ覚えている馬の中からああこの馬は足りてないよなという馬達を挙げてみるとこんな感じ。ファンの方からは批判もあるかな。気分悪くされたら申し訳ないです。上から見ていったので多分賞金順です。

ラブリーデイ
トーセンジョーダン
マイネルキッツ
アサクサキングス
ジャガーメイル
オフサイドトラップ
デルタブルース
ヒルノダムール
キャプテントゥーレ
ショウワモダン
ビートブラック
ジョーカプチーノ
ジュールポレール
ウメノファイバー
セイウンワンダー
ティコティコタック
シンボリインディ
クラリティスカイ
ソングオブウインド
テイエムプリキュア
スリーロールス
マイネルホウオウ
クィーンスプマンテ
アローキャリー
タムロチェリー
ゴスホークケン

一番上のラブリーデイとか2勝してるしGⅠの超常連だけど他の世代と比べると格はどうしても足りてないと思ってしまうんです。今となっては知る由もない議論ですが。他の面々を見ても春天、菊花賞、2歳時(旧3歳時)、あとは荒れると言われているGⅠと荒れたGⅠ、オフサイドトラップはまあしょうがないとして。それで、これを挙げて何を感じたのかと言えば、さらっと流し見しながらの抜粋なので抜けてるのも結構いそうですが、それを含めても該当するような馬が案外少ないなということ。となるとやっぱりGⅠを勝った馬はGⅠ馬足るものを持っていてそう認識させてくれてるんですね。それらが最初から格を持ってGⅠに出て来たのか、そのGⅠを勝ったからこそその格を得たのかは1頭1頭記憶から取り出していかないとわかりませんが、まあ多分多くの場合でGⅠを獲る格を有していたんだと思います。


その格というのが分かり易く言えば最初に言ったような他と違ったオーラを纏った雰囲気だったり、GⅠタイトルを獲るべく素質を伸ばされ造られた馬体であったり、見た目で分かるものが多いですね。もちろん走らせてみて初めて見える馬もいますが。


春のGⅠシーズンが間近で今週がフェブラリーSということでこんな意味があるのかないのか分からないことを考えたりしていたわけですが、春のクラシックは多分GⅠの格を既に持った馬が全部掻っ攫っていくと思います。牡馬も牝馬も。問題はそれ以外のGⅠですね。高松宮もNHKやヴィクトリアMも。それと今週のフェブラリーもです。この辺りのGⅠを勝つのにGⅠの格を持っている必要があるかと言われれば必ずしも必要だとは言い切れませんからね。とはいえ弱い馬には勝ってもらいたくない。強い馬が強い競馬をして勝つところが見たい。競馬ファンですから。馬券が当たれば何でもいい。まあそう言わずに。

そんなこんなで少しずつ予想を進めていこうと思っていますが、まずは長ったらしく前述したGⅠの格という部分です。どうせなのだからフェブラリーSもしっかりGⅠ馬たる格を持っている馬から買いたい。とりあえず登録馬にGⅠ馬は何頭だろうか。JRAダートに絞れば3頭なのかな。一応これらは格を有しているということにしておきたい。1頭怪しいのもいますが。それよか問題は他のGⅠ未勝利馬ですよね。人気になる馬もいます。別の意味で注目されている馬もいます。

これまでGⅠ馬を何百頭も見てきてる目でしっかり走りを見定めて現段階でGⅠの格に足りていないと見える馬はもう頭では買わないという判断でいいと思うんです。もちろんさっき名前をズラッと並べたように足りない馬が走るケースは多々あるのは承知です。でも自身の眼は自身が一番信用しています。四の五の言わずに走ると思っている馬から買うべきでしょう。

で、GⅠ馬もGⅠ未勝利馬の中でもGⅠ馬の格を持った馬がいれば買う方に入れ、足りないと思えば頭には入れない。そういう目で見ていくとこのフェブラリーSの登録馬、断然の格を持った馬がいる。そしてGⅠの格を持っているように見せかけている馬もいます。あくまで個人的な意見なので失礼は承知、まったく別の意見があるのも当然、信じてくれるもよし、バカにするのもよしです。実際にそう見えているのだからしょうがない。馬名はそれぞれ記しておきますよ。


断然のGⅠ馬たる格を持った馬をここへ(A)

最強競馬ブログランキングへ

本物の格が今のところ見えてこない人気馬をここへ(B)

中央競馬ランキングへ

下の限定公開ページでは配信メールの保存と限定記事を日によって更新しています。
最強バナ4

最強ブログランキングのブログ紹介文で囲まれた位置にある数字が限定記事に入る為の毎度のパスワードになってます。半角数字で入力してください。続きを読むから入れます。(パスワード入力時にニックネームを入れるようになってますが何か文字を入れておけばいいようです。「あ」でも「い」でも何かアルファベットや数字でも大丈夫です。いつも日が変わる0時頃に新しいパスワードに変更しています。)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。