こんにちわ。

東北工場の佐藤です。


前回相模工場で階段の話をされていたので、うちも(笑)



東北工場の階段は二つに分かれておりません。
そのため、上りも下りも区別なく使っていたのですが、今までは上る人と下る人で、あの現象がよく起きていました。

道で人とすれ違う時に、右に避けようとしたら相手も右側に動いて、今度左に避けようとしたら相手も左に動いて、あっあっあっ!ってなるあの現象です(笑)


まぁ、そのくらいならと考える方もいるかもしれませんが、階段の場合そうはいきません。



例えば下る人が荷物を抱えていたとしたら・・・。

同じタイミングで下から上がって来る人が見えない可能性があります。

上に上がる人はそもそも見えていませんから、事故につながりかねないということです。



ということで、以前階段を二つに分けて上り下りを分けたのですが、どうも浸透しておりませんでした( ・´ー・`)

まぁ、今までそんなこと無視して上り下りしていたわけですから、急に変えてと言われても難しいのかもしれません。



そこで、今回は改良ということで、階段の床に矢印を付けました(^^♪

ビフォー
無題2


アフター
無題3
以前も階段の横の壁には矢印を付けていたのですが、やはり視界に入らないということもあり、効果が薄かったようです。

今回はその改良として、床面に矢印を書いて、必ず視界に入るようにしました(^◇^)




こうやって色々と失敗もしながら工夫や改良を続けることで、いつしか創和オリジナルの完璧な5Sになることを夢見ております(^^)/



以上、東北からでした。





あ、ちなみに今月は5S活動の第5ステージがスタートします(^^♪

第5ステージも意欲的に取り組んでいきましょう!