相模工場の岩崎です。


今回は区画線について調べて見ました。

『区画線』って何の意味があるの?


目的から考えて見ましょう。

まず1つ目
・最適な置く場所が動いてしまわない。
作業しやすい置き場を決めたら置き場線で囲って表示することで移動しても迷わず戻せます。

次に2つ目
・「置き場」で量のコントロールをすること
置き場線を引いて表示することでこの量を越えたらダメという現場で見えるルールができます。

そして3つ目
・通路を確保する。
5S活動でまずやるべきことは、通路、作業区域、保管区域を明確にすることです。
通路が無いと運搬に支障をきたし、いざというときの避難経路も確保できません。

最後に4つ目です。
・探す/迷うムダを減らす。
置き場を決めて表示すればどこに置くか迷うことや間違えることがなくなりますね。


#奥が深い
#区画線 
#色で識別も出来る
#作業区域 保管区域 安全通路
#5Sの進化と真価


以上、相模工場からでした。