めっきり秋らしくなってまいりましたね('ω')ノ

さて過去2回にわたって同じ県内のサンドビックツーリングサプライジャパン様の記事を載せさせて頂きました。

もちろん他にもたくさんのことを学ばせて頂きました。

つきましては、この見学で学んだことを従業員の皆さんに発表する予定でいます。
その模様については次回お話しできればと考えています('ω')ノ

期待しないで待っていてください(笑)



さて、それまでのつなぎとして、改善事例を報告致します(^^)/


下記はクリーンルーム内の清掃用の雑巾置き場です。

無題

普通の雑巾ではありません、埃が出ない雑巾です('ω')ノ

ただどうでしょう、見た目ぐちゃぐちゃで汚いですね。


なので改善しました↓

無題2

うん、きれい( *´艸`)
いいですね~!!

私はざっくりとした指示しかしません。
それを受けてどのようにするかは、ここを担当しているグループの方に任せています。
なので、そのグループのセンスが出てくるわけですが、非常にきれいに出来上がりましたね( *´艸`)


工夫ポイントは2つです。

①置き場所に番号を表示したこと
何枚の雑巾があるのが正しい姿なのか。前の状態では仮に1枚無くなったとしても気付くことはなかったでしょう。
番号を付けたことで、通常何枚あって、無くなったとしてもすぐ気付くことができます(^^)/


②雑巾をかける範囲に目印を付けたこと。
下の段を見て頂くと、間に二本のマーキングがしてあるのが分かると思います。
そこを境にして、ここには3枚の雑巾をかけるんですよ、ということを表しています(^^)/

仮に誰も気にせず重ねてかけてしまったりしたら、雑巾が渇く時間に差が出てしまいます。
また長い時間渇かないことで、菌が繁殖する可能性もあります。

そのためしっかりと区切りを表示して、その範囲にかけるという表示をしました。




ただここで終わりではありません。

次回以降は雑巾にもナンバリングをし、決まった場所に返すようにしたいと思っています。
これはゆくゆくの交換頻度に関係してきます。
返す時にバラバラに返してしまっては、どの雑巾が古くて、どの雑巾が新しいか分かりにくくなってしまいます(;´∀`)
クリーンルームですから、そもそもそんなにびっしり汚れるというわけではありませんので(;´∀`)



ということで、まだまだやることはあります。
一回やったから完成ではなく、次々とさらに良くしていくための努力をしていきましょう( *´艸`)



ではではさようなら('ω')ノ