相模工場の岩崎です。
今回は安全について書いてみたいと思います。


5S活動は安全対策の上でも、非常に重要なことです。
例えば、整理・整頓・清掃を徹底し清潔に保つことは、
作業場での滑りや躓きによる転倒事故の防止や避難経路の確保に繋がります。
また、躾の観点としては、危険物の取扱基準等が守られないと、
ケガや火災といった危険に繋がります。
5S活動は、労働災害や火災等に繋がる危険の芽を摘む活動でもあり、安全の基本となるものです。

保管スペースを広く必要とする大型の型が相模にもあり、立て掛けたりし転倒防止の対策が成されていませんでした。



改善前は壁に立てかけ保管し不安定な状態で保管されていました。
IMG_2098




改善後
壁に転倒防止用のチェーンを取り付け、何かあった場合でも倒れないように改善しました。
IMG_2413




リスクと言うのは、もしかしたら起きるかもしれないこと。
そういうことは、できれば避けたいですよね。
避けられないなら、なるべく悪影響を小さくしたい。
それも無理なら備えや覚悟を決めておきたい。
そういう具合に、リスクをコントロールしようと言う行動を『リスクマネジメント』言います。

リスクアセスメントというのは、リスクマネジメントの中に含まれる、
重要なプロセスの一つで、考えられるリスクを洗い出し分析し、リスクを事前に低減させること


以上 相模工場でした。