特許クロス(シールドプロテクター)eWS工法で電磁波問題を解決

電磁波によって引き起こされるさまざまな現象の解説とその防護策についてのブログです。

電磁波による健康被害

2011年5月31日、WHOの専門組織「国際がん研究機関(IARC)」は「無線の電磁波によるがん発症の可能性」に関する報告書を公表しました。

 
評価グループの委員長は、根拠となる各種データを検討した末、発がん性リスクの度合いが5段階中3番目の「2B」に相当するとして、携帯電話とがん発症の因果関係について今後も注意深く見ていくと語りました。ただ、「2B」は発がん可能性があるという分類の中では根拠が弱いレベルで、物質のほか、職業としても消防士やドライクリーニングの従業員などがこの分類に指定されています。

 
また、携帯電話の電磁波と電子レンジの電磁波は非常に近い周波数帯であり、長時間耳のそばに携帯電話を持って通話を行うことは脳の体温を上昇させ易く、人体への影響が出る可能性もあるそうです。

メールなどの文字を打つ形での携帯電話の使用は、発がん性との関連はないそうですが、音声通話の際は長期的な人体への影響を考えるならば、イヤホンを使うなどの予防策を取ったほうが良いそうです。長時間の通話にはくれぐれも注意が必要です。

 
人は強い電磁波をあびたり、長時間弱い電磁波をあびることで「電磁波過敏症」にかかるケースや小児白血病や脳腫瘍のリスクが高まる事がわかってきました。
又、携帯電話のハイパワー化や携帯電話基地局、高圧電線塔など各種電磁波による健康障害のケースも増加しています。
 
身近な問題として「電磁波と健康」について感心をもって対応していかなければならない環境に変わりつつあります。

電磁波による情報漏洩

シールド測定058

社会問題にもなっている電磁波は、多様な情報通信機器・移動体通信基地局・送電線・工場施設・鉄道トラックの違法CB無線などから、目に見えない形で飛び交っています。
電磁波は、電子機器・医療機器・制御機器・工作機械などに誤作動や無線機器の混信を起こしたり、コンピューターシステムや無線機器などからの電磁波の漏れで傍受・盗聴することが可能(テンペストと呼ばれる技術)で、それにより個人情報などのデーターの漏えいや重要書類の改ざんにつながり、大きな事故に発展する可能性があります。
このような危機管理の観点から情報化社会の問題となっている電磁波の侵入や放出を防止する必要があります。
電磁波障害対策が必要な場所としてコンピュータ室やサーバー室、病院の集中医療室や手術室、無線LAN施設、防衛・空港・放送施設などがあり、機器とシステムの誤動作防止やデーターの盗聴・改ざん防止を施す必要があります。

電磁波による盗聴について

電磁波セキュリティの業界団体である新情報セキュリティ技術研究会(IST)は2004年11月24日、公開セミナーを開催し、PC微弱電波による情報漏洩の公開実験を実施いたしました。

市販されている10万円程度の受信機を利用するだけで、パソコンモニタに表示されている映像を隣のパソコンで”盗聴”できることが参加者に示されました。

電磁波による情報漏洩は、パソコン本体と配線、入出力機器などから漏洩している微弱な電磁波が傍受され、ディスプレー上の表示や、キーボードに入力した内容などを盗まれてしまうというもの。入出力の内容の大半が再現されてしまうため、暗号化やパスワードなどは全く意味をなさなくなります。

こういった電磁波による情報漏洩は電磁波防護の内装工事を行うことである程度防ぐことができます。

工事に関してのお問い合わせはこちらまで。
プロフィール

s_protect

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ