2005年09月30日

のまネコ、商標登録中止。

またさらに追記あり
“ネット上では”大騒ぎになったのまネコ問題。
avexが問題となった「米酒」の商標登録を中止しました。






エイベックスが「のまネコ」Flash収録を中止へ 商標登録も中止依頼

 「恋のマイアヒ」のキャラクター「のまネコ」をめぐる問題で、エイベックス・グループ・ホールディングスは9月30日、CDに収録されている特典 Flashムービーを今後は付けず、「のまネコ」の図形商標の登録出願を中止するよう、同キャラクターの著作権を持つ会社に依頼すると発表した。

 同社は「多くの方々が共有財産として楽しんでいる『モナー』等について、私たちが何らかの権利を持っているかのような誤解を完全に払拭できると考えたからです」と説明している。

 一方、問題をめぐって掲示板サイト「2ちゃんねる」に同社員に対する殺人予告が掲載されたため、警察に被害届を出すことも明らかにした。

 「のまネコ」問題をめぐっては、エイベックスが発売したCD「DISCO-ZONE〜恋のマイアヒ〜」が発端。9月、収録されたムービーに登場するキャラクターを「のまネコ」として、エイベックスネットワークスがキャラクターグッズの販売を始めた。同社サイトにはコピーライト表記もあったことから、「ネット上のキャラクターを改変して金儲けに使うのは納得できない」などとネットユーザーが反発した。

 同社によると、のまネコは「マイアヒ・フラッシュのイメージを残しつつ新たなオリジナリティを加えて別のキャラクターとして描き下ろされたものであり、もちろん『モナー』とは異なるものとして作っていただいたもの」だった。「まったく別物であり問題ないと考えていた」ため、海賊版対策として、のまネコの著作権を持つ会社に商標登録出願をしてもらった、という。

 同社は「アスキーアート文化をバック・グラウンドとしてもつマイアヒ・フラッシュの知名度が『のまネコ』グッズ販売の一助になると考えておりました」が、このために混乱を招いたとして、「直ちにマイアヒ・フラッシュの提供を中止し、図形商標の登録出願も取り下げることで、皆さんに安心していただこうと決心した次第です」と説明している。

 また同社によると、掲示板サイト「2ちゃんねる」に同社員に対する殺人予告が掲載されたという。これまでも同社や関係者に対して「嫌がらせまがいのことが行われてきた」が、「善意のファンや一般消費者の方々の声を真摯にうかがおうと思い」特段の措置はとらなかったが、殺人予告は明らかに反社会的であり、見過ごせないとして被害届を出すという。



商標登録を中止したとの事で、これで一安心ですね。
やはり、のまタコがきいたんでしょうか?





追記。
また後で…とかって書いておきながら、今頃になりました(汗)

とりあえず、関係各者の公式発表をざっと転載しておきましょう。
まずはavex。

■いわゆる「のまネコ」問題についての当グループの考え方

この度、私たちが販売しております「のまネコ」に関して、これまで皆様に混乱を招いたことを反省しつつ、「のまネコ」にかかわって今まで私たちがしてきたことをすべて見直しました。

結論から言いますと、現在CDに特典としてつけているマイアヒ・フラッシュを今後はもうつけないことにしようと思います。また、「のまネコ」の図形商標の登録出願を有限会社ゼンに中止してもらおうと思います。こうすれば、多くの方々が共有財産として楽しんでいる「モナー」等について、私たちが何らかの権利を持っているかのような誤解を完全に払拭できると考えたからです。

私たちは、昨年10月に、「恋のマイアヒ」の楽曲を使ってアスキーアート文化の影響を受けた映像と共に音楽を楽しむ面白いフラッシュを見つけました。そのフラッシュは、使用許諾なく楽曲を使用していましたが、「これは非常に面白いので、是非皆さんにも楽しんでもらおう」と思い、作者の方に私たち用に改めてフラッシュを作ってもらい、もちろん作家の許諾を取った上で、CDの特典映像としました。それがマイアヒ・フラッシュの始まりだったことは皆様ご存知のとおりです。

しかし、その後CDの売れ行きが予想もしないぐらい伸びたことを背景に、私たちはビジネスとして、ぬいぐるみ等の「のまネコグッズ」をオリジナル商品として出すことにしました。その商品は、マイアヒ・フラッシュのイメージを残しつつ新たなオリジナリティを加えて別のキャラクターとして描き下ろされたものであり、もちろん「モナー」とは異なるものとして作っていただいたものですが、皆様には、「のまネコ」は上記のような経緯で誕生したマイアヒ・フラッシュと同様のものであると受け取られ、「のまネコ」によって「モナー」等のアスキーアートの自由な使用が制限されるのではないかといった様々なご不満・お叱りをいただきました。

私たちは、「のまネコ」は「モナー」とはまったく別物であり問題ないと考えていたからこそ、海賊版に対抗すること等を考えてごく普通に商標登録出願をしてもらったのですが、皆さんの気持ちの中では、「同じようなもの」というように捉えられたのだと思います。正直なところ、私たちは、別物ではあるものの、上記のとおりアスキーアート文化をバック・グラウンドとしてもつマイアヒ・フラッシュの知名度が「のまネコ」グッズ販売の一助になると考えておりました。

しかし、このことが原因で今回の混乱を招いた以上、直ちにマイアヒ・フラッシュの提供を中止し、「のまネコ」の図形商標の登録出願も取り下げることで、皆さんに安心していただこうと決心した次第です。

と、発表しようと思っていた矢先、本日未明、2ちゃんねるにエイベックス社員に対する殺人予告が載せられました。「のまネコ」問題が取りざたされるようになってから、今までも、一部の心ない方から嫌がらせまがいのことが私たち及び関係者に対して行われてきましたが、善意のファンや一般消費者の方々の声を真摯にうかがおうと思い、特段の措置はとりませんでした。しかし、今回のものは明らかに不法かつ著しく反社会的であって到底見過ごすことができるものではないので、警察に被害届けを出すことにしました。

この事件に接して、正直言って、冒頭からの発表文を出すことにややためらいを感じましたが皆様を信じて当初の予定通り発表させていただきます。

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 2005年9月30日


ほうほう、なるほど。
でも、ちょっと待ってください。
他のBlogでも取り上げられていますが、「思います」が多すぎないか?
いいんですかね、これで。下っ端が書いた文章をチェックせずに掲載しちゃった感が…(汗)
それから、
そのフラッシュは、使用許諾なく楽曲を使用していましたが、「これは非常に面白いので、是非皆さんにも楽しんでもらおう」と思い、作者の方に私たち用に改めてフラッシュを作ってもらい、もちろん作家の許諾を取った上で、…
とありますが、それって公表しちゃって良かったのかしら?(汗)
難しいところです。というのも、マイヤヒ・フラッシュが公開された当時、日本ではまだ「Dragostea Din Tei」はリリースされていなかったですからね。まぁ、だからって許される行為でないことは確かですけど。

では次に、有限会社ZEN。

お知らせ

本日、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社からの要請を受けまして、
「のまネコ」の図形商標の登録出願について、取り下げをすることにいたしました。

有限会社ゼン 2005年9月30日
出典:ZEN Website


お気づきですか?
そう、“「のまネコ」の図形商標の登録出願について、取り下げをすることにいたしました”とありますが、文字商標については現在も申請中で、グッズに関しては「(C)のまネコ製作委員会」のクレジットを付けずに製造、販売は継続していくんだそうですよ。
なんだかなぁ〜。
なお、有限会社ZENのサイトですが、びっくりするくらい簡単なページでした(汗)
トップページに『更新履歴』『業務内容』『お知らせ』『お問い合わせ』の項目があるだけ。ページは存在しなかったです(汗)
ん〜、これではavexが“のまネコ”問題を処理するためにでっち上げたと思われても仕方ないかもしれません。
ちなみに、有限会社ZENの業務内容は『著作権管理』『原盤制作』『広告代理』だそうです。
んで、有限会社ZENのサイトのアドレスに /i をつけると…→http://www.e-zen.info/i/


そして、のまネコの原作となった『マイヤヒ・フラッシュ』の作者、「電影駄目虫超」のわたさんのコメント。

「電影駄目虫超」にお越しくださった皆様へ

お世話になっております。「電影駄目虫超」管理人、わたです。
この度は、「のまネコ」の発売に際し、大きな騒動となってしまい、申し訳ありません。

遅くなりましたが、私の状況をご説明させていただきます。


7月27日時点で私の持っていた「のまネコ」の著作権は、全て有限会社ZENに譲渡されており、私は一切保有しておりません。

これにつきましては正式に譲渡の書類を交わしており、私は著作権を持っておりません。

また、「のまネコ」の著作権使用料としての収入は現時点で一切発生しておりません。
今後も「のまネコ」に関するお金は一切受け取りません。

著作権者としての権限はありませんので、今回のグッズに関して
関係各社に何かを強制することはできない状況です。


このような騒動の渦中にあった事を踏まえ、flash★bomb'05への参加はふさわしくないと判断し、お招きくださいましたMUZO様には大変申し訳ないと思いますが、辞退とさせていただきました。
楽しみにしてくださったお客様を裏切る行為となってしまいますこと、お許しください。


今回の騒動を受けまして、「電影駄目虫超」とリンクをしていた複数のサイト様や、
私自身と交流のありました方々に多大なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。


最後になりますが、今回の件で大変お世話になりました方々に深くお礼を申し上げます。

2005.09.14 「電影駄目虫超」わた


いやいや、あなたは悪くないと思うよ、私は。
あなたがあのフラッシュを創ってくださったから、私たちは大爆笑できたし、楽しい話のネタにできました。
あなたにはホントに感謝しています。



さてと、これで問題解決かと思いきや、実はまだ問題があるんです。
まずは次の2枚の画像をご覧下さい。

のまネコ
米酒

avexおよび、ZENのいう“「のまネコ」の図形商標の登録出願”ってどっちでしょう? 両方でしょうか?
どちらかというと、取り下げなければならないのは、名称でいえば“米酒”の方ですよね?(汗)

ん〜、この問題、まだ続きそうです。




10.05 追記。
「米酒」は取り下げられました。
「のまネコ」図形商標出願を取り下げ

 「のまネコ」問題で、同キャラクターの著作権を持つ「ゼン」は10月3日、エイベックス・グループ・ホールディングスの要請を受け、出願していた図形商標について取り下げの手続きをしたと発表した。

 取り下げたのは、7月28日付けで出願した「米酒」(商願2005-69972)。「米酒」のびんを持つ「のまネコ」を描いたもの。

 同時に出願した文字商標「のまネコ」(商願2005-69971)については取り下げる意向を示していない。エイベックスによると、既に製造販売している分のグッズについては従来通り「(c)のまネコ製作委員会」の表記が付くという。

 同問題をめぐっては、毎日新聞が10月2日付けで社説「知的財産権制度 創意工夫を促す制度に戻そう」に取り上げ、「知的財産権制度に対する不信は、知的な創造活動や発明を促すための仕組みだったものが、防衛的な手段に変わり、逆に創造活動の抑止につながっていることにある」と指摘した。


よかったよかった。
まずはね。

それより、いくらavexの対応がマズかったからといって、脅迫しちゃダメです。
今度は社長宅への放火予告があったそうです。
世間騒がせて楽しいですか? そんなコトしたって、何にもなりませんから。
やめましょうよ、そういうことするのは。


と・こ・ろ・で、マイヤヒ(すいません、マイアヒとは書きたくないんで)に使われた「Dragostea Din Tei/O-Zone」ですけど、本来はどんな歌だか、皆さんご存じですか?
国内版についている歌詞は、英訳されたものをさらに日本語訳しちゃったとかで本来の意味からずれてるんです。
のまのまイェイ! 実は失恋の歌。



関連記事:エイベックスが「のまネコ」商標登録取り下げ、CDの特典映像も収録中止

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/s_seto/50066289
この記事へのコメント
はじめまして。鉄人ママと申します。
2チャンネルを情報を得る程度にしか使ってないものですが、つまり、あんまり詳しくなかったんです…・
でも知れば知るほど、今回の件は2チャンネルの世界に限られた問題にしておくべきでないと思って記事にしました。(題名をマイヤヒ〜にするべきでしたね)

だいたいこの問題が世間で騒がれるのも遅すぎますよね。

トラバさせていただきました。私の記事にもトラバ返していただければ、読者の方も情報がたくさん得られると思いますので、
よろしくお願いします。
Posted by 鉄人ママ at 2005年10月05日 14:36
>鉄人ママさん
コメントありがとうございます

私も2ちゃんねるを多用しないので、話題には乗り遅れた感は否めません。
しかし、より多くの人にこの問題について知ってもらいたいと思って記事にしました。
この問題に関して、マスコミの報道にも偏りがあるようで、正確な情報はネットでしか得られないのかも知れません。

今回の騒ぎが著作権をはじめとする、権利問題を考えるきっかけになればと思います。
Posted by 瀬戸 昴(管理人) at 2005年10月09日 00:36




この記事へのトラックバック
俺のサイトを大幅改装中で暇なのでネットニュースを見ようと、 つい先ほど、Yahooのトップニュースで嬉しいタイトル。 「のまネコ」商標登録など中止 ・・・キタコレ!!!が、販売中止とは書かれていないゾ・・・ 更に記事内容がどうしても納得がいかないのは俺だけかな?? ...
のまネコ問題終結!?【Freaky Days...】at 2005年09月30日 22:08
みんな騙されるな、エイベックスは何ひとつ取り下げちゃ居ねえ avexが言ってる「のまネコ」の商標登録とはこれの事。 ttp://www.bmybox.com/%7Estudio_u/nomaneko/img/s35.jpg 取り下げてもらわなきゃいけないのは、こっち。(米酒!) ttp://www.bmybox.com/%7Estudio_...
のまタコ AVEXに殺人予告??【Dejavu】at 2005年10月01日 00:57
みんな騙されるな、エイベックスは何ひとつ取り下げちゃ居ねえ avexが言ってる「のまネコ」の商標登録とはこれの事。 取り下げてもらわなきゃいけないのは、こっち。(米酒!) 「米酒」の方はあヴぇx社員は情報が入ってないって言ってます。 つまり「のまネコ」の...
のまタコ ほんとに解決??【Dejavu】at 2005年10月01日 01:32
「恋のマイヤヒ」のキャラクター「のまネコ」をめぐる問題で、エイベックス・グループ・ホールディングスは9月30日、CDに収録されている特典Flashムービーを今後は付けず、「のまネコ」の図形商標の登録出願を中止するよう、同キャラクターの著作権を持つ会社に依頼すると発...
「のまネコ」商標登録中止!!と思ったら…【すべった(☆∀☆)2人のネタブログ】at 2005年10月01日 03:03
エイベックスが「のまネコ」Flash収録を中止へ商標登録も中止依頼出た当初から反発の多かったのまネコですが、ようやくエイベックスも2chユーザーを敵に回すと大変だ!!ってことに気が付いたようですね。商標登録も中止ってことは、以前紹介されてた人形も撤去になるので...
のまネコ問題解決か?【トウゴウの裏】at 2005年10月01日 07:22
まだ何一つ問題は解決してないですね・・・。 エイベックス著作権違反疑惑「のまネコ問題」のまとめ ■のまタコについての公開質問状■ うぉ・・・急展開。と思いきや、また騙しでした。↓ avex■いわゆる「のまネコ」問題についての当グループの考え方 ↓エイベックス側...
のまネコ問題 終結じゃなく白紙に戻る【noharmのおうち】at 2005年10月01日 23:48
やっぱりそうだったのか・・・これはこれは乙です。 俺の予想通り、工作員の仕業だったようですね。 その事についてはまとめサイトに掲載されています。 ↓ここから引用です↓  HN:モナーそして全てのAAを愛する者  Domain Information: [ドメイン情報]  a. [ドメ....
殺人予告は"USEN"社員!?【Freaky Days...】at 2005年10月02日 19:50
「のまネコ問題」 2チャンネル掲示板には、エイベックスから発売されたCD「恋のマイアヒ」の宣伝などに使用されている猫のキャラクター「のまネコ」が、2ちゃんねるに登場するキャラクターに酷似していると指摘する書き込みが集まっていた。同社が「のまネコ」について商...
マイアヒー【鉄人ママの社長ブログ】at 2005年10月05日 14:37
えー、本日私かねてから申していましたように、JAROへ電話させていただきました。時間が無かったので休憩時間中にこっそりと携帯から。以下、大体のログ。 JARO「はい、JAROでございます。苦情ですか?」俺「あ、もしもし。あのー、9月30日にAVEXが発表した...
戦え高校生!【TO THE FREEDOM UNIVERS】at 2005年10月06日 17:57
今日の不快なニュース。松浦君がのまネコパクリ問題について謝罪。今日のトップニュースはこれだろうなぁ。みんなどう考えてるのかしらないけど、私が思うに。
エイベックス松浦君がのまネコパクリ問題について謝罪。。なわけがない【デジタル家電ナビ 購入ガイドと詳細レビュー】at 2005年10月07日 18:32
AVEXの販売促進イベントでしょうか? タイトープロペ(042-929-8737)埼玉県所沢市日吉町4−3 郭ビル1F http://www.taito.co.jp/shisetsu/space/61.html そういえば、最近「光」のほうがADSLよりも通信料金が安いのでビックリした。
「のまネコ」が所沢プロペ通り商店街のタイトー(ゲームセンター)に到来【所沢日記 】at 2005年10月31日 14:36