メモ
  * ツイッター
  * LINEのおはなし(6/25更新)
  * 5月の収入と使い道報告



875 おとなのさんすう

「タカシくんは財布に8万円と、銀行口座に手付かずの先月分給料(26万円)をもっています。タカシくんは今どんな状態でしょうか?」
「無敵」


・今日のタカシは大きく見えるぜ…



874 人選ミス

「動くな!!こいつがどうなってもいいのか?」
「そ、その人は……人喰い(ひとぐい)の朱美!!!」
「とんでもないことになったぞ」


・いっそここで…



873 役割

ジャム「つ、ついにできたよバタコ!防水防カビ加工のアンパンマンの顔だよ!!」
バタコ「私の少ない露出時間がさらに…!?」


・仕事を奪わないで



872 記憶障害

「ぐっ…だめだ…なにも…なにも思い出せない…」
「がんばって!!」
「進研ゼミでやったとこなのに…!!」


・お母さんは退出を



871 方法

『…え…すか…聞こえま…か?今…あなたの頭の中に…直接話しかけています…』
「き、聞こえる!聞こえるぞ!あんたは誰なんだ!?」
『お…さんです…お母さんです…今後はこの連絡方法でいきます…』
「やめてくれーーーー!!!!!」


・学校の帰りに大根を買ってきてください…


870 程度

「…動くな」
「…」
「まさかこんなところまで侵入してやがるとはな…」
「…」
「…おい」
「…」
「…生きてる?」


・人ってこんなに動かないもの?



869 神龍

『貴様の願いを、ひとつだけ叶えてやろう…』
「では俺は貴様の願いを、16万個叶えてやろう!!!」
『16万個!?!?』
「そう、16万個だ。君は?」
『ひとつ…』


・まぁこういうのは数じゃなくて気持ちの問題だから(笑)



868 切腹

「一休よ、この屏風の中のトラを捕まえてみよ!」
「はいはい」
「はいは一回でしょ!!!!」
「将軍様、鏡をご覧ください。まるで “トラのような” 怒り顔ですよ」


・斬れ!!



867 泉の女神

『あなたが落としたのは、この金の斧ですか?銀の斧ですか?それとも普通の斧ですか?』
「私が落としたのは金の斧でも、銀の斧でもありません。ただ、普通の斧かと言われると、その普通とはいったいなんなのか。何を基準に普通というのか。そこから議論する必要があると思うのです。形状?材質?そこに主観はないのか。なにをもっ」
『あなたはめんどくさい人ですね』


・なにもあげません



866 上手

『お前の願いを、3つだけ叶えてやろう』
「え!?み、み、3つも!!?3つも叶えてくれるの!!!???」
『そうだ。嬉しいか』
「嬉しい!!!すっごく、すっごく嬉しい〜〜〜!!!!!」
『ふふふ…4つにしてあげようかな』


・7つくらいまで行けそう



865 顔を

「ま、待ってくれ!はなせばわかる!な?はなせばわかるから!!」
「いいえ、絶対にあなたよ隆之。許さないわ」
「離せばわかる!近い!近いから!人違いだから!!」


・ゼロ距離で



864 名前で呼んで

「ここにあるのは最強の矛!なんでも貫く最強の矛!そこにあるのは最強の盾!何物も通さない最強の盾!!」
「商人よ、その矛でその盾を突けば、どうなる?」
「…」
「商人よ」
「…」
「おい」
「…」
「……俊裕」
「はい///」


・いつもみたいに



863 5.1chホームシアター

「鏡よ鏡よ鏡さん、世界で一番美しいのは、だぁれ?」
鏡(5.1ch)『『『『それは、女王様です』』』』
「お腹に響くわぁ〜」


・聞き飽きた返答に彩りを



862 圧力

「アナタハ 神ヲ 信ジマスカ?」
神『……』
「あ…はい、信じます…」


・『俺のことは気にしなくていいから』



861 いつまでも子供

「くっ…か、からだが…からだが動かない…!!?」
「はーっはっは!!すごいだろう!俺のお母さんの力は!!」
母「じゃ、お母さん下にいるからね」


・仲よく遊んでね


860 水の泡

『ワ、レ…ワ、』
「う、宇宙人だ!!宇宙人が侵略に来たぞー!!!」
『Иш☆◎Юф!!(ミナゴロシダ!!)』


・めちゃくちゃ練習してこの場に挑んだのに!!!



859 言い張る

「ぐっ…!!き、貴様…裏切ったな…!!」
「くっくっく…裏切ってない…」
「きさ…え?裏切ってないの?」
「くっくっく…」
「刺さってるのに??」
「裏切ってない…」


・ほんとほんと



858 強気

「手を挙げろ。動けばぶつ」
「まさかのグー」


・すごく痛いぞ



857 初対面

『ワレワレハ ウチュウジンダ』
「う、宇宙人!?」
『ハジメテノヒトニ アッタトキハ サキニ ジコショウカイ スルヨウ ハハニ イワレテイマス』
「いいお母さん!!」


・申し遅れました



856 理由

「桜はどうして散ってしまうの?」
「散らなかったら、見に来ないでしょう?」


・閉店商法



855 2人は経済的に厳しいので

おばあさんが川で洗濯をしていると、川上から大きな桃がドンブラコ、ドンブラコと流れてきましたが、先週同じような桃を拾ったばかりのおばあさんは見て見ぬふりをしました。


・月3くらいの頻度で



854 精密機械と恐れられた男

「くっくっく…一度見た技は私には効かないが、角度、速さ、強さ、その他もろもろの条件が前回と全て一致していない場合は、別の技とみなされます」
「精密機械…!!」


・恐ろしい男だぜ



853 退路

「おっと、ここは通さないぜ!!」
「……」
「おっと、ここは通さないぜ!!」
「……」
「おっと、ここは通さないぜ!!」
「……帰り道がどんどん閉ざされていく……」


・先に進みな!!



852 無作為

「ねぇねぇ君、芸能界に興味ない?」
「え?私?まぁ、ないこともない…かな?」
「興味あり…っと。ご協力ありがとうございまーす」


・アンケートにご協力ください



851 説得

「バカなことはやめるんだ!死んでなんになる!!」
「バカかどうかは自分自身が決める!俺は俺を信じてる!あと死んでなんになるとか、ならないとか、そういう目先のことじゃないんだ!俺はそういう、短期的な見通しで人を判断するお前たちみたいな―――――
「すみませんでした…」


・ご自由に


850 阻む

「クケケケケケ!ここを通すわけにはいかねぇ〜なぁ〜!!」
「なぜだ!なぜ邪魔をする!!」
「なぜかってぇ〜?お前を通さないことで俺は給料をもらいぃ〜その金で嫁と子どもを食わせているからに決まってんだろぉ〜」
「まっとうな理由」


・下の子が来月誕生日なんだぜぇ〜



849 女王の力

「鏡よ鏡、世界で一番美しいのは、だぁれ?」
『はい、それは女王様です』
「どうして?」
『え?』
「どうしてと聞いているの」
『いや、どうしてと言われましても…私がそう思っているからとしか…』
「私が聞きたいのは、主観じゃないの」


・出直してきなさい



848 2 vs 1

魔王1『くっくっく…一度見た技は私には効かないがこいつには効くので、全体魔法はできるだけ避けてほしい…』
魔王2『よろしくお願いいたします…』


・配慮を



847 爪

「女の人は、どうして爪を長くするの?」
「しがみつきやすくするためよ」
「何に?」
「若さよ」


・傷つき、剥がれ落ちようとも



846 ルール

「とうふ」
「ふ…フライドポテト」
「トマト」
「と、と、とりにく」
「クリ」
「りんご」
「ごま」
「ま、まるた」
「たね」
「ねんど」
「どかん…あっ!」
「はい負けー!じゃあ今出たものを鍋に入れます」
「やめてー!!」


・そういうルールなので



845 予想外

「き…貴様…!このミカンの缶詰の残りシロップに…何を入れた…!!?」
「くっくっく…毒を入れたが、まさか飲むとは思わなかった」


・たまにちょっと飲みたくなるでしょ…!!!



844 男

「一休よ、この屏風の中のトラが夜な夜な出てきては暴れまわって困っておる!!」
「そっか…大変だったね」
「困っておるのだぞ!!」
「わかる。その気持ちすっごくよく分るよ」
「一休ぅ〜〜」


・話を聞いてあげるだけで安心するものなのです



843 優良企業

『ワレワレハ ウチュウジンダ』
「う、宇宙人?!?!」
『シンネンノ シンリャクハ 1ガツ12ニチ カラト ナッテオリマス』
「い、1月12日から?!?!?!?!」


・オヤスミヲ イタダイテ オリマス



842 溺愛

「一休よ。この屏風の中の一休よ。あぁ一休よ…一休ぅ〜一休ぅうぅ〜」
「将軍様…そろそろお休みになられた方が…」


・本物は呼んでも来なくなりました。



841 罠

「かっ…体が…!!体が動かない…!!?」
「くっくっく…かかったな…」
「それなのに…心はときめいている…??!」
「それが、恋だ」
「これが…!!」


・地球存亡を賭けた戦い中


840 理由

「お母さん、戦争はどうしてなくならないの?」
「そんなことよりお買い物いこっか?」
「よくわかったよ」


・納得



839 まさか

「動くな」
「…」
「まさかお前が、スパイだったとはな…林田…林田、スパイ太郎…」
「ばれるとはな…」
「一周回って絶対ないと思ってたよ…」


・本名



838 アピール

「きれいな顔、してるだろ?双子なんだぜ、俺」
「グイグイ来るな」


・同じ顔なんだぜ、俺



837 泉の女神

『………これを…落としたのは…あなた?』
「完全にキレている」


・生理なので



836 新しい

「おっと!へっへっへ、ここは通さねぇぜ…」
「くけけけ…いやいや通っちまうぜ…」
「ザコ同士のパターン」


・勝てるかもしれない



835 依頼

「一休よ、この屏風の中のトラが夜な夜な抜けだしては町を襲い、この1週間で死者6名、重軽傷者37名の事態となっておる。なんとかせよ!!」
「呼ぶやつ考えろよ」


・とんちでなんとか!



834 真実

「マサシ」
「タカシだよ」
「タカシ。お前ももう、18になる」
「16だよ」
「2年後に、18になる。真実を知ってもいい年だ。よく聞け。お前は父さんの、本当の子供じゃないんだ」
「逆に安心したよ」


・マサシ…



833 泉の女神

『あなたが落としたのは、金の単位ですか?銀の単位ですか?それとも必修の単位ですか?』
「ひ、必修の単位です!!」
『あなたは正直者ですね。そんなだから落とすのです』


・もっとずる賢く



832 想像にお任せします

『このはしわたるべからず』

「一休さん…どうしましょう…」
「この目の前にあるもの、これはなんですか?」
「…橋ですけど」
「ではここをこうやって…こうやったら、どうですか?」
「!!?団子…どうこからどう見ても巨大な団子です!!」
「行きましょうか」


・さすが一休さん



831 用意

「おとなしく武器を捨てて投降するんだ!」
「うるせぇ!!そんなことよりヘリはどうした!?ヘリだ!!早くしろ!!」
「ヘリは準備できない。その代り、竜を用意した」
「竜?!」
「竜だ」
「竜を用意したの?!!」


・さあどうぞ


830 3回目

「アナタハ カミヲ シンジマスカ?」
神『絶対…絶対もう浮気しないから!!』
神の嫁『信じらんないよ!!』


・アーメン



829 苦情

「一休よ、この屏風の中の鳥が夜な夜な羽ばたいては羽毛をまき散らして困っておる!なんとかせよ!」
「よくないすか」


・ほら!雑菌とか!



828 要治療

「先生…マサシは…マサシは大丈夫なんですか!?」
「大丈夫とは?」
「え…?いや…怪我は大丈夫かなって…」
「ああ、怪我は大丈夫です」
「それ以外は…それ以外は大丈夫じゃないんですか!?」


・いいとこ紹介しますよ



827 愛妻

「おかえりなさいあなたー。ごはんでする?お風呂でする?そ・れ・で・も・す・る?」
「なにを?」


・する?



826 じょうじ

医者「ふふ…君のココ、もうこんなにぐちょぐちょになってるよ…」
患者「全身麻酔にしてもらえますか」


・今夜は帰さない(入院なので)



825 驚嘆

「一休よ、この屏風の中のトラが夜な夜な出てきて暴れまわっては困っておる。なんとかせよ」
「死傷者は出てないのですか?」
「今のところな」
「逆にすごくないすか」


・4、5人死んでてもおかしくないすよ



824 よくあるやつ

「なっ…!!か、体が…体が動かない…!!?」
「くっくっく…それだけかな…?」
「!?か、体が動かないのに…まぶたがめっちゃピクピクする!!?」
「十分に睡眠をとらないからだ…」


・今夜は早く寝るように



823 実力者

「王様、こちら、馬鹿には見えない服でございます」
王「…ほほぅ」
大臣「(こいつ…馬鹿には見えない王に…!?)」


・馬鹿ではないだけで特に良いわけではない



822 神龍

『さぁ、願いを言え…どんな願いもひちょ…ひとちゅだけ叶えてやろう…』
「(噛んだ!!)」
『…忘れてくれ…』
「その願いは私の力を超えている」


・さらばだ



821 立ちはだかる

「おっと、ここを通りたければ俺を倒してからにするんだな」
「いやいや、こいつを倒したければ俺を倒してからにするんだな」
「ダメよ、この二人を倒したければ、私を倒してからにするのね」
「「ヘレン!?」」

「もういいすか」


・自分、急ぐんで


820 傾向

「裁判長!異議あり!今の発言は本件とは…」
「却下します」
「さいばんちょ!異議あり!」
「異議を認めます」
「裁判長!!」
「却下します」
「さいばんちょ!!」
「認めます」


・見抜くのだ



819 顔

『顔がぬれて…力が出ない…』
「アンパンマン!新しい顔よ!!」
顔役「君がアンパンマン君かね?ひとつよろしく頼むよ」
『…ち…力が…』
「アンパンマン!返事!!」


・これからお世話になるのよ!!



818 先を見通す目

「シンデレラ、12時の鐘が鳴り終わるまでに、必ず戻るのですよ?」
「どうしてですか?」
「明日5時起きで掃除でしょう?」


・ちゃんと考えなさい



817 父の言葉

「タカシ…父さんな、会社辞めてぇ〜会社辞めてぇ〜」
「心の叫び」


・展望なし



816 お持ち帰り料金

「高校球児はどうして負けると土を持って帰るの?」
「部費に含まれてるからよ」


・お得なパックになってます



815 お盆

「ご先祖様は馬に乗って早くやってきて、牛に乗ってゆっくり帰っていくのよ」
「飲み会に行く時のお父さんみたいね」
「ね」


・足取り重く



814 理由

「山本君、マレーシアの子会社に出向が決まったよ」
「…それって、左遷ですよね?どうして…どうして私がマレーシアなんかに!?どうして私が左遷されないといけないんですか!!ところでマレーシアってどこにあるんですか!!四国!!?」
「そういうとこだよ」


・いってらっしゃい



813 カミ

「アナタハ カミヲ シンジマスカ?」
「いいえ」
「イイエト コタエタ アナタハ アマエンボナ ウサチャンタイプ!!」
「うさちゃんタイプ」


・マタキテネ



812 欲望

『力が…力がほしいか…』
「ほ、ほしい!!力がほしい!!」
「私はお金がほしい!!」
「俺はモテモテになりたい!!」
「ちょっと待てよ俺だって!!」
「わたしもー!わたしもー!!」

『秩序がほしい…』


・だれか…



811 王妃による内紛の発端

「王様ゲーーーム!!」
「「「「「いえーい!!」」」」」
「「「「「王様だーれだ!?」」」」」


王妃「なによ…なによ王様ばっかり!!!」


・世に言う王様遊戯の乱である


810 要求

「動くな」
「!?」
「両手を挙げて、後ろを向け。そうだ、そのまま壁に手をつくんだ。足を肩幅に広げろ。両膝も壁につけろ。かかとは上げるな。両手を付けたまま徐々に下し、膝と肘をくっつけろ。その体勢のまま両足を後ろに伸ばせ。目いっぱいだ。体をまっすぐに。まだかかとは地面にくっつけたままだ。それから…」
「次は?」
「すげぇ…」


・負けたよ



809 おわり

「俺たち、もう、終わりにしよう」
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「え?!?!」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


・顔と名前も一致しないし



808 お師匠様

「くそぅ…!!なぜだ!なぜ飛天剛龍波が撃てないんだ!!?」
「ふぉっふぉっふぉ、悩んでおるようじゃな…」
「お師匠様!!」
「恋に部活に」
「恋に部活に」


・今しかない青春を



807 格差

悪魔『お前の魂と引き換えに、お前の願いを一つだけ叶えてやろう…』
男「魂…!?」
女「私は?!」
悪魔『おっぱいを触らせてくれたら三つ叶えてやろう…』
女「おっぱい…!?」


・なんておそろしい



806 システム化2

『ここを通りたければ1を、通りたくなければ2を押してください』
「1」
『通る人数と#を押してください』
「1#」
『オペレーターにおつなぎします』
「がーっはっは!お待たせしました!ここを通りたければ俺を倒してからにしてください!!」


・もう一度、最初からやり直してください



805 魔法の鏡

「鏡よ鏡、世界で一番美しいのは、だぁれ?」
『そんなことより女王様、お耳を…ゴニョゴニョゴニョ…
「え!?」
ゴニョゴニョゴニョ…
「うっそ!?」


・何でも知っている



804 システム化

『あなたが落としたモノを、以下からお選びください』
 1.金の斧
 2.銀の斧
 3.鉄の斧
 4.その他(       )※できるだけ詳しく

「女神すら出てこねぇ…」


・書き終わったら箱に入れてください



803 数度

『くっくっく…一度見た技は、私には効かぬ…』

バシュッ!!!

『効かぬと言うのがわからぬか…?』
「ふっふっふ…一度聞いただけでは、私は内容を理解できない…」


・もう一度、大きな声で



802 勇気

『この剣を引き抜きし者、伝説の勇者である……この剣を引き抜けなかった者、口だけのクズ野郎であり、この先一生恥辱に塗れた人生を歩むであろう……』
「抜けなかった場合のリスクがすごい」


・さあどうぞ!



801 ゲーム性

「王様ゲーーーム!!」
「「「「「いえーい!!」」」」」
「「「「「王様だーれだ!?」」」」」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「(…どいつだ…どいつが王様なんだ…)」
「(くそっ…全然わかんねぇ…)」


・1ゲーム2時間かかります


701 - 800



601 - 700



501 - 600



401 - 500



301 - 400



201 - 300



101 - 200



001 - 100



000 ショートニング

精製した動植物油脂のみで作った、バター状のもの。
口当たりを軽くするために加える油脂製品。 ショートニング。



901 - 999



801 - 900



701 - 800



601 - 700



501 - 600



401 - 500



301 - 400



201 - 300



101 - 200



001 - 100



000 ショートニング

精製した動植物油脂のみで作った、バター状のもの。
口当たりを軽くするために加える油脂製品。 ショートニング。