911 - 920

メモ
  * ツイッター
  * LINEのおはなし(6/30 更新)
  * 9月の収入と使い道報告



*** 宣伝

このブログの電子書籍、なんと4冊目も出ています。
Kindleなくてもスマホがあれば読めますので。なにとぞ。ここまできたら5も出したいので。なにとぞ。




・通常更新はこの下です



918 ネーミング

『ふはははははは!我が名は魔王!そしてここは魔王城!!』
「田中さんと田中さんちみたいな感じですね」


・わかりやすさ第一



917 しはん

「お願いします!弟子にしてください!」
「ふむ……一つ聞こう。数ある流派の中から、我が道場を選んだ理由は?」
「師範がめっっっっっちゃ可愛かったからです!!」
「そ、その根性、我が道場で叩き直してくれるわ!!!」


・合格!!



916 凶器

「おっと、動くんじゃない。こいつが見えないのか?」
「そ、それは……!」
「動かない人には見えない銃だ」
「どうしろと」


・からだのうしろで小指をちょっと動かすなどして



915 候補者

「奥さん……俺もうがまんできない!!」
「だ、だめよ!私には愛する夫と子ども!愛する夫と子どもがいるのです!」


・俺の清き一票を



914 課長の条件

「うぅ〜……飲み過ぎた〜……」
「課長!しっかりしてくださいよ!」
「もうダメだ〜あとよろしく……」
「ちょっと課長!なに言ってるんですか!課長!」

取引先「では、契約書にサインを」


・なんでも飲みます



913 二度と立ち上がれないように

「……ぐふっ……!!くくく……これで、勝ったと思うなよ……我が消えようとも……悪が絶えることはな
「いやいやいや、負けでしょ。他の悪が出てきてもキミは死ぬわけだし、他の悪とキミは他人だよね?そんなこと言ったら俺が死んでもキミの勝ちじゃなくない?なに言ってんの(笑)」
「   」


・返事がない。ただの屍のようだ



912 わからない

「うぅ……ここはどこ……私は誰……?」
「お!気づいた?気づいちゃった感じ〜!?よかったじゃ〜ん!え?記憶ないの?うっそ〜ん!でも俺っちのことはわかるっしょ!ね?わかるっしょ俺っちのことはさ〜!!」
「あなたは嫌い」


・それだけはわかる



911 こだわり

「くっくっく……どうだ?信じていた仲間に裏切られた気分は」
「くそぅ……最悪だよ。例えるなら夕立……いや、稲妻の……違うな……もっとこう……」
「そういうのよくない?」


・待って。いいの出てきそうだから






コメントを書く

name

url

情報を記憶: 評価:  顔   星