トップページ » 301 - 400

391 - 400


400 シャイマン

男 「 うへへ。 誰も助けに来ないぜ。 」
女 「 いやー! 誰か助けてー! 」

『 まてーい!! 』

男 「 誰だっ!? 」
女 「 助けてー! 」
男 「 …。 」
女 「 …。 」
男 「 だ、誰なんだっ!? 」
女 「 出てきなさいよっ!! 」




399 費用

「 痛いの痛いの、飛んでいけー。 」
「 み、美千子さん、無理じゃ…。 早く…、きゅ、救急車を…。 」
「 …痛いのぉ。 」




398 問題

「 朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足の俺ってどーおだ? 」
「 いいと思うよ。 」
「 …ありがとう。 」




397 鯖

「 はい、こちらなんでも電話相談室です。 」
「 あのね、テニスの点数は、どうして 15・30・45 じゃなくて 15・30・40 なの? 」
「 それはね、45歳の女性に 今何歳?って聞くとわかるんだよ。 」




396 お風呂

「 パパと一緒にお風呂入ろうか? 」
「 えー? やだー。 」
「 うへへ。 恥かしいのかな? 」
「 人として。 」




395 ストライクゾーン

「 下は12歳から、上は70歳まで。 巨大なミットで待っています。 」
「 誰か、ボールを投げてください。 」




394 良い方に

「 先生、正直に言ってください! 私の病気は不治の病だけど
  数年前に病院を追放された凄腕男前先生が来週あたり急に戻ってきて
  法外な治療費の代わりに私との交際を要求。 その後奇跡のオペを
  繰り広げ、なんだかんだで完全治癒! そうなんでしょ、先生!! 」

「 末期です。 」




393 今の妻です

「 おばあさん、ここの席、どうぞ。 」
「 あら ありがとう。 でもね、次で降りるんですよ。 」
「 あ、僕も、次なんですよ。 」
「 あらら。 」
「 えへへ。 」




392 シンデレラ

『 ゴーン… ゴーン… ゴーン… 』

「 いけない! 12時が過ぎたら、魔法が解けてしまうわ!! 」
「 魔法? 」
「 …そう。 恋の、魔法が…。 」

『 …ゴーン… 』

「 は? 」




391 技師

「 メス。 」
「 はい。 」
「 メス。 」
「 はい。 」
「 メス。 」
「 はい。 」
「 オス。 」
「 はい。 」


381 - 390


390 恐い話

「 むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんと
  長期出張で家を空けがちな息子の嫁が、三人で暮らしていました。 」

子 「 こわいね。 」
母 「 ね。 」




389 バイト

「 くらえ! 忍法、影分身の術!! 」
「 し、しまった! 予定支払給与額が…。 」
「「「「「「「「 8人分いただくっ!! 」」」」」」」」




388 マジシャン

「 この中から、好きなカードを一枚、取ってください。 」
「 はい。 」
「 そのカードを、私に見えないように、消してください。 」
「 はい。 」
「 おー。 」




387 タレコミ

「 従業員が雑菌の塊に接触しているにもかかわらず、
  洗浄や着替えもせずに店内を出入りし、包装もせずに商品を運搬。
  通報の通り、食品衛生上由々しき問題です。
  よって、本日より一ヶ月の営業停止を言い渡します! 」
「 そ、そんな…。 」


カバ 「 助けてー! アーンパー…
バイ 「 無駄だね。 」




386 理論派

「 先生、どうして風が吹くと、桶屋が儲かるの? 」
「 風が吹いたら、お前、どうする? 」
「 桶で風を避けます。 」
「 な? 」




385 GW雑感

孫 「 おじいちゃんおばあちゃーん! ばいばーい! またねー!! 」
爺 「 気ぃつけて帰れよぉ〜。 」
婆 「 また遊びにおいでぇ〜。 」
爺 「 …。 」
婆 「 …。 」
爺 「 …ゴールデンじゃったなぁ。 」
婆 「 …ほんとに。 」




384 片道切符

「 あのね、ぼく、あしたからりょこうにいくんだ。 」
「 よかったわねぇ。 」
「 ママはさきにいって、ぼくをまってるんだ。 」
「 じゃあ、パパと一緒に行くのかな? 」
「 ううん。 ひとり。 」
「 パパ、お仕事? 」
「 まけたの。 」




383 新聞勧誘

「 ね! あと一ヶ月! あと一ヶ月でいいからさ、相手してよ!! 」
「 帰れよ!! 」




382 鬼

「 わーいわーい、クララが立ったー! クララが立ったわー!!
  よーし、クララ。 早速あの山まで競争よ! それー!! 」
「 ちょっ…!! 」




381 モノマネ誘拐

犯 「 娘は預った。 返して欲しければ6時までに2000万用意しろ。 」
父 「 た、頼む! 娘の…、娘の声を聞かせてくれ!! 」
『 パパ、タスケテ。 アタシ、マッテルワ。 』
父 「 に、似てるっ!! 」
犯 「 早くしろよっ! 」


371 - 380


380 疑問

「 別れましょ。 」
「 どうして? 」
「 好きな人が出来たの。 」
「 どうして? 」
「 あなたが私を放っておくからよ。 」
「 どうして? 」
「 仕事が忙しいからなんでしょ。 」
「 どうして? 」
「 どうしてどうしてって…、
  私と結婚するために決まってるじゃない! ばか! 大好きっ!! 」

「 どうして? 」




379 教育

「 今回のテスト、98点だったそうね。 」
「 …うん。 」
「 どうして100点が取れないの? ママ悲しいわ。 歴史のテストなんて
  暗記すればいいだけでしょ? あなた一体今まで何をしてきたの?
  塾に行って家庭教師にも来てもらって、夜遅くまで勉強しても
  100点が取れないの? 簡単でしょ? 覚えるだけよ?
  それすらできないの? ほら、ママ聞いててあげるから、
  昨日勉強して覚えたことを順に言いなさい。 はいっ。 」
「 殺意。 」
「 おやつにしましょう。 」




378 言えない

「 あ、髪切った? 」
「 そうなのー。 わかるー? 」
「 わかるわかるー。 」
「 似合うー? 」
「 わかるわかるー。 」




377 婉曲

「 うむ、なかなかの壷じゃ。 褒美を取らせる。 」
「 有難き幸せ。 」
「 この壷をやろう。 」




376 秘めた想い

「 お義父さん、お嬢さんを僕にください! 」
「 だめだ。 」
「 なぜですか?! 」
「 そ、そんなの自分で考えなさいよっ!! …ばか。 」
「 …お義父さん。 」




375 盲点

「 おいお前! お前だよ、お前!! 」
「 …僕ですか? 」
「 お前以外に誰がいるんだよ!! 」
「 あなたがいるじゃないですか。 」
「 ほんとだ!! 」




374 浦島太郎

浦 「 こらー! その亀から離れなさーい!! 」
子 「「「 わー、逃ーげろー! 」」」
亀 『 …あ、ありがとうございます。 助けて頂いたお礼にいぃぃいーーー??? 』


喋る亀は そこそこの値段で売れました。




373 お茶のみズ博士

「 母さん、お茶。 二つ。 」
「 ご飯は? 」
「 要らん。 」




372 かおりちゃん

「 おっ。 これはパパの絵かな? うまいなー。 」
「 えへへー。 」
「 隣はママだね? 」
「 ううん。 」
「 ママだね? 」
「 ううん。 」




371 落武者狩り

「 王手。 」
「 …参りました。 」
「 許さん。 」


361 - 370


370 節約

「 みちこさん。 めしは まだかね。 」
「 先週食べたでしょ? 」
「 そうじゃった。 」




369 ハローワーク

「 課長、この書類に一度目を通して頂けませんか? 」
「 必要ない。 」
「 いや、この案には自信が…! 」
「 …クビだ。 」
「 えっ?! 」
「 クビだと言っとるんだ。 」
「 ………がんばってくださいね。 」
「 …うん。 」




368 正直

「 ワシントン。 この桜の枝を折ったのは誰かね。 」
「 はいお父さん。 その桜の枝を折ったのは僕ですが、
  僕をこんな子供に育てたのはお父さん、あなたです。 」
「 ごめんなさい。 」




367 宣教師

「 アナタハ、神ヲ、信ジマスカ? 」
「 信じます。 」
「 アンナニ、酷イコトヲ、サレタノニ? 」
「 ………信じます。 」




366 阿呆

「 ママ大好きー。 」
「 ママもパパのこと大好きよ。 」




365 のびるから

「 ただいまー。 」
「 お帰りなさいあなたー。 うどんにする? お風呂にする? それとも、わ・た・し? 」
「 うどん。 」
「 んもぅ。 」




364 晩ご飯

母 「 ほら、教えたでしょ? お箸は右、お茶碗は左。 」
子 「 おかずは? 」
母 「 欲張らないの。 」




363 王様ゲーム

「「「「「 王様だーれだっ?! 」」」」」
「 …あっ、はーい! じゃあねー、1番と4番が偵察! 残りは進軍ー!! 」


のちのナポレオンである。




362 告白

「 ちょっと、付き合ってくれないか? 」
「 何に? 」
「 俺の人生という名の、RPGに…。 」
「 一人用よ。 」




361 確認

「 この問題、わかる人。 」
「「「 はいっ! 」」」
「 うん。 じゃあこの問題、わかる人。 」
「「「 はいっ! 」」」
「 うん。 」


351 - 360


360 骨・送料負担

「 くっくっくっ…。 ここから生きて帰れると思うなよ…。 」
「 愛媛なんすけど。 」
「 半分出して。 」




359 修行

「 くそっ! どうしてお師匠様のように、うまく出来ないんだ…。 」
「 ふぉっふぉっふぉ。 お主には一つ、足りないものがあるのじゃ。 」
「 足りない…、はっ!! 静かなる心、ですね?! 」
「 頭じゃ。 」




358 催眠術

「 あなたはだんだん、眠くな〜る、眠くな〜る。 」
「 …。 」
「 眠くな〜る、眠くな〜る。 」
「 …。 」
「 どう? 」
「 眠くなりました。 」
「 でしょ? 」




357 身内

実況 「 やりました! 日本、優勝ー!! この喜びを、どなたに伝えたいですか?! 」
解説 「 実家の、母に。 」
実況 「 聞いてますかー?! 」
解説 「 お母さーん!! 」




356 当たり

「 きゃー! 美形の痴漢よー!! 」
「 魅せちゃうぞー。 」




355 つるの恩返し

「 夜の間、この部屋を、絶対に覗いてはなりません。 」
「 わしの家なのに? 」
「 なりません。 」




354 別窓

「 ヤッホー。 」
『 ヤッホー… 』
「 ヤッホー。 」
『 ヤッホー… 』
「 ヤッホー。 」
『 先週さー… 』
「 ??? 」
『 誤爆… 』




353 すくう

「 信じて信じて信じ抜いても、すくわれるのは足元だけ…。 もう、嫌…。 」
「 大丈夫! これからは、俺がいつでも一緒にいるから!! 」
「 …巣食われるわ。 」




352 自転車練習

「 だめだからね! 絶対離しちゃだめだからね! 」
「 はははは。 大丈夫、離さないよ。 」
「 ほんとにだめだからね! 」
「 大丈夫だよ。 つかんでるよ。 」
「 ほんとにほんとに、だめだからね!! 」
「 だーいじょうぶだよ。 ずっと掴んでるってー…


子 「 父さん、ちょっとこのビデオ、見てくれない? 」
父 「 …ダチョウ倶楽部? 」




351 語源蒼白

「 バレンタインのお返し、なにがいい? 」
「 んっとねー、コーチのバッグかー、グッチのー…、あれ? 顔色悪いよ? 」
「 …吐きそう。 」


341 - 350


350 反面教師

「 先生。 ここ、わかんないんですけど。 」
「 どこ? 」
「 ここ。 」
「 ん? 」
「 ここ。 」
「 んー??? 」
「 だからー、こーこ!! 」
「 …あー。 」
「 わかった? 」
「 わかりました。 」
「 他には? 」




349 趣旨

「 ねぇ、どっちが似合う? 」
「 うーん…、こっちかな。 」
「 …。 」
「 …こっち? 」
「 …。 」
「 …あー、両方? 」
「 正解ー。 」




348 居酒屋

『 飲み物、先によろしいですか? 』
「 えー…、とりあえずビールで。 」
「 じゃあ俺は…、新・とりあえずビールで。 」
『 はい! とり一丁! 新・とり一丁! 』
「 ちょ…、お、俺も新!! 」




347 飼う

「 …という段取りでやれば…。 」
「 くくく…。 そちも悪よのう…。 」
『 ゴソゴソ…。 』
「 !!! 」
「 な、なに奴?! 」
『 (し、しまった…!)………にゃー。 』
「 ね、猫だっ!! 」
「 逃がすな! 生け捕りにしろっ!! 」




346 諸症状

「 一休。 この屏風の虎を捕まえてみよ。 」
「 その前に将軍様、朝ごはんは何を食べましたか? 」
「 食べとらん。 」
「 昨日の夜は? 」
「 食べとらん。 」




345 変換

「 ねえ、私のこと、好き? 」
「 うん。 」
「 うんじゃなくて、ちゃんと言ってよー。 」
「 うん。 」
「 だからー、私のこと、好き? 」
「 un。 」
「 もー。 」




344 心意気

「 お願いします、弟子にしてください!!
  僕…、弟子になるためだったら何でもします!! 」
「 …そこまで言うなら仕方がない。 弟子にしてやろう。 」
「 やったー! 」
「 そのかわり…。 」
「 あ、もう、弟子なんで。 」
「 えー。 」




343 教習所

「 この、サイドブレーキの横にあるのは? 」
「 ロマンチック。 」
「 ロマンチック? 」
「 ロマンチック・ブレーキ。 」
「 止まるんすか? 」
「 止まらんよ。 」




342 博士と助手

「 は、博士、これは…。 」
「 …うむ。 新種、しかもかなり凶悪な 病原菌じゃ…。 」
「 !!! 」
「 ワクチンのない今、もしもこの病原菌が広まれば、日本、いや、地球は…。 」
「 ま、まさか…、滅…亡…? 」
「 ………まではいかないけどー。 」
「 もー。 」
「 えへへー。 」




341 自転車

「 さ、そろそろ補助輪をはずしてみようか。 」
「 えー?! こわいよー。 」
「 情けないなぁ。 それでも父さんの子か? 」
「 母さんに聞いてよ。 」