ゆるゆらと小さな存在(小説とか日記とか)

日記を書いたりアレゲな小説を置いたり誌を置いたりするとこです。また、アニメの感想も書きます。基本的にネタバレ全開な上、ネタバレ部分を反転文字にするようなこともしませんので、未視聴の方は読まない方がよろしいかと思います。誤って読んでしまっても、こちらでは責任を負いかねます。

オーディオレビュー:Ultimate Ears 500(UE500)

さて、Fiio D5に続いてUltimate Ears 500、略してUE500(以下、この略称を使用します)のレビューを致します。
このUE500なのですが、少し謎のある機種です。一説によれば日本のUE450の海外版という話ですが、2chのスレでは違うとも書かれており、真相は分からないままです。それに、Amazonでマーケットプレイスから並行輸入品を購入したのですが(4,000円程度でした)、販売者がコロコロと変わっており、それに対応して価格も変わっており、偽物を疑うほどです(実際、届くまで偽物ではないかと不安だった)
ですが、実際届いたものは米国UEサイトに書かれているものと同じ構成(付属品など)でしたし、箱にも(傷がついていること考えるとアウトレット品?)特に怪しいところはなく、何より音がしっかりしているので偽物という線は無いと思っています。

それで、本格的なレビューに入ります。まず付属品としてイヤーピースがついてきますが、これがやたら多い。XS~XLの5サイズに加え、コンプライのチップまで付属してきます。コンプライのチップがついてくるのはお得感がありますが、僕はコンプライをつけた時の音が大体どのイヤホンでも好きではないのでお察しください…
また、標準のイヤーピースもフィット感はあまりよくないように思います。余裕があれば、ソニーのノイズアイソレーションイヤーピースなどに変えてしまうのも手かと思います(付属品で不満がなければもちろんそのままでOK)

さて、肝心の音です。一言で言えば低音寄りドンシャリで、この価格帯にはよくある傾向の音かと思います。ただ、低価格帯の中では比較的高い部類に入るためか、分解能や音場感はなかなかに良いです。特に音場感は、以前使っていたHA-FXD80-Z(JVC)とは違った感じで良いです。FXD80は低音は下に、高音は上にといった具合に「縦に広い」のですが、UE500は「バッキングギターなど低音寄りの音は近く、ベースやバスドラムはより近く、ボーカルはやや遠め、ストリングスの高音部分やハイハットなどは遠い」といった感じの「横の広がり」があります。ただ、高級機のような広がりではなく…うーん…なんというか…独特の音場と言えるかもしれません。
ロック系はかなり合うのですが、ストリングス多用の曲(特にバラード系)は、ストリングスの伸びがやや悪いため得意とは言えないと思います。
しかし、そこがまた良いと僕は思うのです。確かにストリングスの伸びは良くないです。女性ボーカルも特に艶があるとか言えません(サ行の刺さりは意外と少ないですが)しかし、ここに独特の「かすれ」のようなものが感じられるのです。これは、苦手な人はとことんダメでしょう。ラジオのようだとまで思ってしまうかもしれません(いや、もちろんそこまでのかすれではありませんが、比喩として)が、僕はこれが気に入りました。好きな人は好きかと思います。ただ、1万円超えのイヤホンでこれをやられると怒ります(笑)あくまで4,000円程度という価格だから良いのです。

音については、大体このようなところでしょうか。最後に、タッチノイズは結構大きいです。「きしめんコード」で絡みにくいのは良いです。タッチノイズについては、SHURE掛けも「やってやれないことはない」ので一応対処可能です。

総論として、3,000~5,000円程度のイヤホンのうち、低音寄りドンシャリ、そしてやや独特な音を求める方にはおすすめできる機種かと思います。特に、打ち込みドラムは良い感じで鳴りますよ。

オーディオレビュー :Fiio D5

久々のオーディオ機器レビューです。今回はFiio D5です。eイヤホンで4,380円でした。
公式サイトによればコストパフォーマンスが売りのUSBオーディオインターフェースということで、さすがに安いですね。種類的には、コアキシャル出力やLINE OUT出力、マイク入力も備えていますが、ヘッドホンを繋いだ場合はUSBDACとヘッドフォンアンプの複合機ということになるでしょう。
さて、確かにコストパフォーマンスに優れるといえる価格ではありますが、この製品にはライバル(と僕は思っている)機種が存在します。FOSTEX PC100USBです。実売5,500~7,000円程度と、一段高くはなるものの、この価格でこの音質か!となる音質です。確かに、解像度や音場感はそこまでは高くありませんが(あまり高かったらHP-A3など高級機の立つ瀬が無くなりますものね)フラットな音はさすがFOSTEXといったところです。
では、Fiio D5はPC100USBに劣る、買う価値の無い機種か?となると、そうではないと思います。
まず装備面。コアキシャル出力がついているのは大きいかと思います。ただ、僕は使わないと思いますが…(繋ぐ機器が無い) また、マイク入力もあります。おまけ程度ではなくきちんと機能するもので、本体にマイクミュートボタンが付いているのは何気に便利です。ヘッドフォンミュートボタンもあります。
ヘッドフォンアンプとして見た場合、明らかにフラットではありません。低音寄りで、中低音の量が多いです。ただ、無闇に多いわけでなく、質も結構高いと思うのでこの価格では健闘している方かと思います。高音がダメかと言われるとそうこともないですし(良いかと言われるとこれまたそうでもないと思いますが…)
ただ、これは使用イヤホン(Ultimate Ears 500)がもともと低音重視のドンシャリホンであることも大きいと思います。一度、安価なものでも良いのでフラットな機種で聴いてから再度評価したいものです。
今のところ出せる総論としては、フラットな音が好みで、かつハイインピーダンスなヘッドホンを使用せず、ヘッドホンとRCA出力でのスピーカー接続ができればよく、ボリューム調節機能を重視するのであればFOSTEX PC100USBとなり、やや低音寄りのややドンシャリな感じの音(要するにFiioによくある音ですよ)が好みで、マイク入力やミュートボタン、コアキシャル出力などが欲しい、という場合はFIio D5ということになると思います。
上で「ボリューム調節機能を重視するならPC100USB」書いたのは…Fiio D5にもボリュームボタンが付いているのですが、これが正直、実用に堪えないほど極端に調節するものだからです。一度ボリューム+ボタンを押すだけでかなりの大音量になってしまいます。場合によっては「耳がぁぁぁぁぁ」となってしまうこともありえます。ツマミで無段階(と思われる)に調節できるPC100USB(さすがボリュームコントローラーを公称するだけのことはある)とは大違いです。この点は注意が必要です。
以上、Fiio D5をFOSTEX PC100USBと比較したりしてのレビューでした。最後に写真を掲載しておきます。一緒に写っているのは目薬、そしてイヤホン(UE500)です。目薬と対比すれば小ささがわかるかと思います。Fiio_D5

今季視聴アニメ

えーと、とりあえず今季視聴するアニメを書いておきます。と言っても4本しかありませんが。
WHITE ALBUM 2 ←一番の注目アニメ。原作icやって、これからccもやる予定の人間としては観ないわけにはいきません。

ゴールデンタイム ←恋愛分補強用。とらドラ!原作者の新作ということですが、とらドラ!より(精神的に)大人向けな気がします。WA2とやや同じにおい。

蒼き鋼のアルペジオ ←二番目に注目のアニメ。誤解を恐れずに言えば、単純な面白さで言えばWA2より上です(深さや心に来る感じはWA2の方が遥かに上)

機巧少女は傷つかない ←厨二分補給用。やや「どっかで見た感じ」がしますが、主人公の言動などのカッコよさは特筆に値します。

以上の4本です。当方、地方在住のため、テレビでのリアルタイム視聴やそれに伴うTwitterでの実況などはできず、ニコニコチャンネルでの視聴となります。そのため、TV放送よりやや遅れての視聴となっており、放映されない作品もあります。その点は残念ですが、円盤を待つしかなかった昔に比べれば、随分良い時代になったと思います。

蒼き鋼のアルペジオ:4話感想

はい、はじめてのアニメ感想記事です。途中から書き始めたため、いきなり4話の感想からとなります。

余談ですが、僕はこのアニメのOPが大好きです。曲はそこまででもない(かっこいいとは思います)のですが、OPの「刃を振り下ろしていくんだ」に合わせて伊401号潜水艦の垂直浮上、そしてそれにオーバーレイする形での「Arpeggio of Blue Steel」で精神を持っていかれます。その後は、特にヌルヌル動くわけでもなく、割と静止画的なものが多いのですが、OP終盤の夕焼けの水平線からの艦上のイオナによるフィールド(?)展開、主砲一斉発射、水中での全魚雷管、砲など全ての発射にまたしても心奪われ、その後の各話の(内容を見ていないと分からないと思われる)ダイジェスト的映像。動きよりも勢いを重視したOPと思います。大好きです。

さて、4話では大戦艦ハルナ、キリシマ(金剛型を大戦艦って言っちゃっていいのだろうか…大戦艦と呼ぶなら長門型や大和型(扶桑型は微妙)だと思うのだけど、まぁアニメだし、長門型とか出てくるかどうか怪しいですしね)の2隻を同時に相手にすることになります。いくら伊401が強力な潜水艦といえども、重巡洋艦タカオにすら苦戦するレベル、更には魚雷の残りも少ないとあっては…勝てる!アニメだし。
ただ、今回については戦闘についてはあえてあまり述べません。ネタバレを防ぐ目的ではなく(既にネタバレしてますし)、一つは戦闘について述べていると長くなってしまうこと、二つは戦闘よりも大切な要素があったことが要因です。水没した三笠公園の戦艦三笠を伊401と誤認させたり、キリシマ・ハルナが合体しちゃったり、最後に三笠の影に敷設したキャニスタからの侵食魚雷から攻撃した際の主人公の台詞などは特筆に値すると思いますが。

さて、戦闘よりも重要な要素とは何か。まずはハルナとイオナとの会話です。なぜ人間側についたのか。霧の艦隊は既に完璧なはず、特にメンタルモデルのある艦は。なぜ人間のクルーが必要なのか。人間を乗せることで何か得るものはあるのか。つまり「人間とはなんなのか」を問うているわけだと思うのです。海面上昇は人間の招いたもの。霧の大艦隊の出現もそれに関係している可能性がある。この点は、核戦争によって放射能で汚染された地球を浄化するためにイスカンダルまでコスモクリーナーを取りにいかなければならなくなった宇宙戦艦ヤマトと通じるものがあるかと思います。
そして「私は千早群像の船だから」イオナは、メンタルモデルであることもあろうけど、群像を全面的に信頼している。群像もイオナ、即ち伊401そのもの、それからクルーを全面的に信頼している。艦とはそういうものではないだろうか。艦を信頼し、乗員を信頼する。それが艦長というものではないだろうか。などと考えました。が、これはアルペジオと直接関係無いですね、すみません。
そして、感想は一気に4話終盤に飛びます。ハルナは「言葉集め」が好きなようで、人間の発する言葉を蒐集してはアーカイブしている。その中には「死にたくない」とか「後悔」があり、なぜ人間はそのような言葉を使うのだろう、と疑問に思っている。しかし、最後の最後、合体した状態で侵食魚雷を命中させられ、通常弾頭で撃沈される。そのときにキリシマが発した言葉。ハルナが思った言葉。それは、人間が発する言葉で、ハルナもキリシマも疑問に思っていた言葉、そのものだった。この構成は、美しい。上手いのではなく、美しい、そう思いました。

感想は大体以上です。あと一つ言うならば、最後のシーン、あれはサービスカットでしょうか(笑)

詩:酔生夢死

酔ったように生き、夢のように死ぬ
なんと甘美な響きか!
しかし、他人(ひと)からすれば滑稽なこと、道化の所業
さらば、道化にもなれぬ僕はどうすればいい?
ああ、酔っている。ああ、夢を見ている。
今、死ねば道化にはなれるか?
否、それは道化ですらない、犬死に他ならぬ!!
僕は生きねばならぬ。富豪としてでもいい、偉人としてでもいい、只の人としてでもいい、それがいい。道化でもいい!!
生きねばならぬ…たとえ夕には白骨となりても
生きねばならぬ…道化としてでも

この恐怖は僕を喰らい尽くすかもしれないが…生きねばならぬ。
酔ったように、生きねばならぬ。
死ぬまで、生きねば、ならぬ…!
ランキング
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ