さて、第3回TRPGFest!が終了して早くも半月以上が経過しようとしておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今回は特別レポートとして、全17卓の中で自分にとって一番興味がそそられた(受付の近くにあったので自然と様子をよく見ていたともいう)卓#14でセッションが行われたビギニングアイドル卓、通称「ビギニングどうでしょう!」の様子を簡単にまとめさせていただこうかと思います。

ちなみに自分はまったく卓に参加しておらず、セッション中に使われた資料をいただいただけで書くことになっているので、多分に想像で補いながらのレポートとなります。(これ、レポートか? ただの創作じゃない?)
ま、細かいことは気にせずにやってみよう!

How do you like Beginning?


サイコロの旅Fest
東京バナナブーメラン
~ひよこは博多のお菓子だよ 編~

9月某日 札幌
とある芸能事務所に明日のデビューを夢見るアイドル候補生たちが集められた。その顔触れはこんな感じ・・・
安田弥生(24才、女)クラス:コメディ
田中カトリーヌ(29才、女)クラス:ジーニアス
小鳥遊ナオ(24才、男)コメディ
山田なずな(25才、女)ほのぼの

平均年齢25.5才という若干旬を過ぎかけた彼らにヒゲ面のプロデューサー(以下、ヒゲP)から、今回彼らのデビューを賭けた企画とは、サイコロを使って行き先をランダムで決めて進みながら東京から札幌まで帰ってくるという、いわゆるサイコロの旅だった。
たぶん「ね? 面白いでしょ?」とまったく悪びれずにヒゲPは言ったに違いない。モデルがモデルだけに。
ヒゲPはさらに、この目玉企画に先駆けて、番組の広報活動諸々をまずしてもらいたいと一同に告げ、明日のデビューを夢見る候補生たちは、この悪魔の様なPの企画に乗らざるを得なかったのだった・・・。

サイコロの旅に出発する前、4人には一人3回ずつの予定を行うことになる(ゲームでいうところのドラマフェイズの2サイクルの行動が、今回は3サイクル行なったのかな?)。
その結果行われた仕事の内容は、
深夜バス3連発!・・・サイコロの旅の特訓かな?
コンビニ巡り(2回)!!・・・どんな仕事内容なのかわからん!
東京ウォーカー(2回)!!!・・・足が棒になるまで歩かされたんだろうね;
だるま屋ウィリー事件!!!!・・・ただの事故です!?

合計6回
12回のチャンスがあったのに、半分しか仕事をしていない様子。
半分はトレーニングや遊びをしていたかな、ま、駆け出しのアイドル達にはそうそう仕事の依頼も来ないし、急にやらされた仕事の内容に休養も必要だったのかも知れないね。

ともかく、そんな形で宣伝期間を経ていざ彼らのデビューを掛けたサイコロの旅の本番を迎えた。
放送形式としては、おそらく録画だめしたものを編集して放送し、後日の視聴率という形で目標ファン人数を獲得すればデビュー企画成功という扱いかな?(もう、想像するしかない)

さて、
1日目 18時 東京
スタート地点は東京駅かな? ちなみにゴールは札幌というのはお伝えしましたが、タイムリミットは4日間くらいの模様です。
不安しかない表情を浮かべた一行に提示したヒゲPが見せたボードは、以下の様なものだった。

KIMG0181
onちゃん可愛い♪
さっそくキングオブ深夜バス(6番の)がおられる!
14hとか現実味のない数字に、おののく候補生もいたのではないだろうか?
ま、TRPGゲーマーは6時間くらいは割と平気だが、リストの物はどれもそれを平然と越えるものばかりだった・・・。

記念すべき第1投の結果は・・・「1」!
「夕陽号」行き先 山形県酒田
リストのもの中では一番、楽なものとはいえそれでも行程8時間の深夜バスに乗せられた一行は、さっそく・・・

「尻の肉が削げ落ちる...夢」を見たとか見ないとか。

2日目 5時 酒田

しっかり眠ることはできたのだろうか?
寝ぼけまなこの一行とは対照的に元気いっぱいなヒゲPが、新たに提示したボードには以下のことが書かれていた。
KIMG0182

資料によると、安田・・・顕ではなく、「弥生さんリバース」となっているのは、
弥生さんがサイコロを振った結果のことなのか、それとも体調を崩したのか・・・?
いや、きっとサイコロの結果のことだと思いたい。
ということで、

ここでのサイコロの結果は、またしても「1」!
ANAで「東京」・・・弥生さんリバース!

2日目 8時 東京
8時間かけて移動した山形県は酒田から、3時間かけて飛行機で再び東京へ舞い戻ってきた一行。
すでに半日を移動に費やしておられるわけですが、そんな中でもまったく元気で笑い声が絶えないヒゲPがまた新たなボードを提示する。

KIMG0183

「今回は比較的楽な物を選んでみました!」とさも得意げな顔をしてヒゲPが言っていそう。
サイコロの結果は・・・「5」!
スカイマークで「鹿児島」へ!


2日目 12時 鹿児島

さあ、ゴールの札幌とは真逆へと移動させられた一行。
鹿児島(九州)といえば・・・ということで、ここでヒゲPとの白くま(というアイス)の早食い対決が勃発!

その結果は・・・ヒゲ、白クマ対決で敗北!

と資料にあるので、どうやら候補生たちがチーム力?で勝利を収めた模様です。
負けてもあまり悔しそうじゃないヒゲPが実に楽しそうにボードに新たな目的地を記入する。
ドン!
KIMG0184

ここでの結果は「4」!
JALで名古屋へ!

2日目 16時 名古屋

資料に「ナオ君もリバース...」とあるので、さっきの弥生さんも・・・そういうことだったんだね、と推察できますね。
おそるべきサイコロの旅・・・!

「やあ、アイドルなのにリバースするとは情けないですなぁ~」と人ごとの様なヒゲPは、無情にも次の目的地を提示する。
ドン!
KIMG0185
サイコロの結果は・・・「5」!
新幹線で再びのスタートの地の東京へ!

資料には、「ナオ君2回目のリバース」とあります・・・。
お察し下さい。

2日目 18時 東京

「さあ、順調に舞い戻ってきましたよぉ。2回もリバースした人がいるので、ここで一気に帰るというのもありかなということで・・・」とヒゲP。
ドン!
KIMG0187

ヒゲPの温情もあって、ついに「6」に北海道行きの目的地が追加されるようになりました。
が、サイコロの結果は・・・おしくも「5」!
スターフライヤーで博多へ!
再び九州へ逆戻りです。

博多の思い出は・・・?

「さて、快適に一泊できるかもサイコロに掛かっていますよぉ」
とヒゲPが、ドン!

KIMG0189

結果は、「2」!
やった一泊だー!

と、候補生とヒゲPはサイコロの結果に歓喜したことでしょう。
このときの彼らは一体化したのでした。

2日目 21時 博多
さすがにヒゲPにも疲れの色が見えてきたのか、博多で一泊を明かすことになりました。

博多の夜に乾杯(完敗)・・・1泊ヒゲ撃退成功

と資料になりますが、何をしたんだヒゲP?

3日目 6時 博多
さあ、順調に3日目に突入、まだ慌てるような時間ではありませんが。一日の移動で候補生たちの疲労の色は隠せるものではありません。

「おはようございます! さあ、仕切り直しですよぉ皆さん。もうここは九州ですから、あとは北上するだけです。ね、ということで今回の目的地の一覧はこちら~!」


KIMG0191

おいおい! 奄美ってなんだよ~!?
と、その場にもじゃもじゃ頭の方がおられたら叫んだことでしょうね。

サイコロの結果目的地は・・・、
日本トランスオーシャン航空で奄美大島に決定!

資料に、「寝顔見られて、ファンが減る」とありますが・・・一体誰の寝顔が見られたのでしょうか?

3日目 8時 奄美大島

「やあ、奄美大島まできちゃいましたねぇ。こんどこそ、仕切り直ししましょう!」
ドン!
KIMG0192

那覇って!
ここまできたらいっそ那覇もありかなぁ~って気もしてきますが。
サイコロの結果は・・・、
JALで東京!
なんとか仕切り直しです。

クラスJでパラダイスJということなので、ひと時の安息を得ることができたのかな?

3日目 12時 東京
再び東京へやってきました。
時間的にも余裕はあります。

「もうそろそろ帰りましょう皆さん」
といいながらヒゲPが、ドン!

KIMG0193

帰す気あんまり感じないなぁ~。

サイコロの結果は、ひがり号 大阪!

姉さんリバース...

姉さんというのは、田中カトリーヌさんかな・・・? 合掌。

3日目 15時 大阪
「移動手段もマンネリ化してきたので、今回は趣向を凝らしてみましたよぉ」
ドン!

KIMG0194

ある意味、深夜バスよりもえぐい。
5、6振ったら今日が終わるなぁ~なんてことを思っていたら、サイコロの結果は・・・。

さんふらわあ 志布志!w

再び九州へ舞い戻ってしまったの!?

部屋履きをお土産に貰う・・・らしいけど、対価が釣り合っていないような・・・。

4日目 9時 志布志

さあ、移動している間に日が変わってしまいましたよ。
「もう、残すところ1日となってしまいましたねぇ。今日中に帰らないとタイムアップで挑戦失敗ですからね! お願いしますよ!」
ドドン!
KIMG0196
いや、待て!?
1/2の確率でGAME OVERじゃないか!?

ここでサイコロを振るのは責任重大ですね!

手に汗を握って、サイコロを振る!

結果は・・・!


「5」!


鹿児島移動⇒マルエーフェリーで、奄美大島!

14時間の旅...に決定!

卓の全員の悲鳴が湧きおこりました!

こうして、今回のアイドル候補生たちのサイコロの旅チャレンジは形としては失敗。
フェリーの移動中に、4日目の23時を迎えてしまい奄美大島に到着と同時に、

タイムアップ
奄美の海に消ゆ・・・


という結果になってしまったのでした。
しかし、この収録が放送された結果、チャレンジは失敗した者のなかなかの高視聴率を稼いだことによって、アイドル候補生たちは無事デビュー戦を飾ることはでき、次へとつなぐことはできたようです。

「なかなか骨のある連中だ。次は、もっとひどい企画に連れ出してやろうかなぁ、ハッハッハ・・・!」
結果は残した候補生たちに満足げなヒゲPは、実に楽しそうに次のトンデモ企画を考え始めるのでした・・・。

どんな企画になるのか、
今回の企画を通して成長し、候補生とのバッチが取れたアイドルたちはヒゲPの魔の手からまた生還することができるのでしょうか?

だが、それはまた別の話・・・。