2018年09月18日

第26節 vs 鹿島戦

どうも今年は、リアルタイムで観るとあまり良い結果にならないような…。
そんな自分の首を絞めるようなジンクスは、作りたくないんだけどなぁ。
だから、これはジンクスではなく偶然!単なる偶然!(自己暗示)

・いやぁ、見事に前回対戦のリベンジをされちゃいました。
 ぶっちゃけ、今回の対戦は、あの試合後のウチの成長具合を知るという意味でも結構楽しみ
 だったんですが…。
 終わってみたら、世の中的には「順当な結果」みたいになっちゃたのが悔しいですね。

・取りあえず、試合開始直後から感じたのは、やはり相手の方が技術的に1枚上手なのかな、
 ということ。
 ここ何試合かではボールを奪えていたタイミングや状況でも、今回は奪いきれなかったり
 かわされたり…。
 もしくは、パスカットには成功してもそれがすぐまた相手に渡る、という場面が、特に
 前半の前半は多かった。
・もっとも、時間が経つにつれてこちらもある程度慣れたのか、その辺は次第に対応出来る
 ようにはなりました。
 それもあって、前半はスコアレスながら、一応合格点と言える内容で終えることが出来たと
 思ったんですが…。

・あの状態が後半も継続出来ないところが、ウチが今年イマイチ波に乗りきれない理由の
 1つですね。
 以前にも書いたように、例え前半上手くいったとしても相手もHTでしっかり対応、対策
 してきます。
 それがJ1だとは言え、そこですぐに失点してしまうのは、もう少し何とかしたいです。
・って言うか、そこも含めて今年は負けパターンが出来上がってしまっているように見える
 のがどうも…ね。
 今回も、後半開始直後と試合終了間際に失点して負けている。
 このパターンが、今年は本当に多いです。
 いや、もちろん、選手もそこは十分解っているんだとは思いますけど。
・ちなみに、1点目に関しては、普段だったら防げたような気もするんですよね。
 ただ、ああいうスクランブルの場面でさらにイレギュラー的と言うか、ひと工夫されると
 経験値の浅いウチはまだまだ脆いし、逆にアレが出来る相手はさすが試合巧者って感じです。
 2点目に関しては…まああんなもんでしょうね。(笑)
 J1であれば、あそこでフリーにクロスを上げさせたら高確度で決めてくるのは当然。
 そういう意味では、あの状況を作らせた段階で、既に勝負あったのかも知れません。
・でも、個人的には、終盤に押し込まれるようになった時に全体的に引いてしまったのが、
 実は一番の敗因のような気もしています。
 あの状態でも何とか踏ん張って、ラインを上げ続けることが出来れば良かったんですけど。
 さすがに、このクラスの相手だと、引いて最後まで守り切るのは難しい。
 そこが、ちょっと勿体なかったなぁと思います。

・それでも、先制されても追い付く所までは行けるようになった、と言うことも出来ます。
 問題は、そこからひっくり返すことが出来ないこと。
 なので、今シーズンの残りでは、特定の時間帯にこれ以上失点しないようにすることと、
 リードされてもそこから逆転出来るような力を付けること、この2つの課題の克服にぜひ
 注力して欲しいです。


#それにしても、ウチって何か特定の選手にやられすぎじゃないですかね?
 それとも、どこのチームも似たような物だったりするのかな?  
Posted by s_tanaka at 07:02Comments(0)Bellmare 

2018年09月14日

1ー2敗戦

どうも、今年は悪い癖がいつまで経っても直らない。  
Posted by s_tanaka at 21:01Comments(0)Bellmare 

2018年09月13日

ルヴァンカップ プライムステージ  第2戦 vs C大阪戦

今回もスカパー!オンデマンドで見逃し配信でしたけど、特に問題無く観られました。
やっぱり、試合当日は(?)ライブ配信専用と見逃し配信兼用の2つのリンクが用意されてる
みたいですね。

・前半が終了した段階で、既に2ー2。
 もう、このスコアを見ただけでも、同じ公式戦でも普段のリーグ戦とは全くの別モノだと
 いうのが分かるってもんです。
 なんせ、前半終了時点で2得点&2失点した試合なんて、今期はアウェイの横浜戦くらい
 ですからね。
 ホント、ルヴァンカップのプライムステージは…と言うか、このH&Aのレギュレーションは
 難しいですね。
・正直、25分に先制された時には、それこそ1stレグの試合直後からあれだけ選手も監督も
 意識したり注意していたにも関わらず、それでもこういう展開になってしまうのか…と
 思ったりもしました。
 ただ、あのプレーオフステージの2ndレグと違っていたのは、失点してもその後すぐに
 追いつくことが出来たこと。
 結果的には、これが本当に大きかったですね。

・まあ、終わってみれば前回の教訓が活かされたってことになる訳ですが、そう言えるのも
 あそこでしっかりと金子と山が決めてくれたからこそ。
 実際、失点した直後辺りは、相手が勢いに乗って攻めてきたこともあって、こちらも多少
 バタついたり全体的に後ろに重い状態になりかけてましたからね。
・特に、金子のゴールは素晴らしかった!
 あの位置でのパスカットというのは、当然、これまでも何度もありましたけど、奪った後
 そのまま自分でゴール前まで持ち込み1人で決めきるというのは、ほとんど無かったと
 思います。
 しかも、ハーフウェーラインの手前でボールを引っ掛けて、そのまま一気に相手ペナルティ
 エリア内までドリブルで独走してシュート!
 チームが劣勢だっただけに、まさに値千金のゴールでした。
・それにしても、1stレグのゴールもそうでしたが、彼はシュートが上手い上にゴール前でも
 落ち着いていますね。
 2本ともそれなりに相手DFも寄せてはいるものの、それでもキッチリとコースを狙って
 決められる。
 これで公式戦3試合連続ゴールとなりましたけど、今後さらに増えそうな気がしますし、
 また、そうなることを期待します。

・さて、まだ先の話ですが、プライムステージ準決勝の相手は柏に決定しました。
 そして、今度は初めて1stレグがアウェイ戦になります。
 ホームとアウェイの違い、またその時のスコアなどによって状況が複雑に変化するこの
 レギュレーションにあっては、そこがどう影響するのか、私もまだよく分かりません。
・とにかく、現時点で1つだけ言えるのは、本来なら空きになるはずだった日程が公式戦で
 埋まり、週末のホームゲームが1試合追加になったのは、いろんな意味で非常に大きい
 ということです。
 せっかく手に入れたこのチャンス、絶対に勝ってファイナルまで行きましょう!


#でも、やっぱり、このレギュレーションは慣れないなぁ。(笑)  
Posted by s_tanaka at 12:14Comments(0)Bellmare 

2018年09月10日

「スタアには、なれない」〜チリアクターズ短編集1〜

9月7日、8日、9日の3日間、「湘南テアトロ☆デラルテ」の本拠地であるアトリエ湘南で、
小田原を拠点に活躍する劇団「チリアクターズ」の舞台、「スタアには、なれない」を観て
来ました。
今回の「スタアには、なれない」は短編集となっていて、20分程度の作品を毎回3本ずつ
上演するというもの。
また、3本のうちの1本はスペシャルゲスト枠とされ、チリアクターズの主宰である大島さんと
G/9プロジェクトの市原さんの2人による演劇ユニット「わるぢえ」、及び「湘南テアトロ☆
デラルテ」が参加するという、かなり豪華なプログラムです。
しかも、演目は日替わりなので、全作品を観ようと思うと劇場に複数回通う必要があるため、
結果、冒頭にも書いたように全4日間(6公演)のうち、3日間(3公演)に足を運ぶことに
なりました。(思う壺とも言う(笑))

※以下、今後もどこかで再演される可能性があるため、改ページ


#1作品約20分、全編通して観ても60〜70分程度だと気軽に観られて良いですね。
 でも、やっぱり、もうちょっと長く観たかったような気も…。

  続きを読む
Posted by s_tanaka at 23:01Comments(0)Play 

2018年09月09日

2ー2ドロー

どうせなら、勝って終わりたかったけど…。
贅沢かな?  
Posted by s_tanaka at 23:46Comments(0)Bellmare 

2018年09月08日

ルヴァンカップ プライムステージ  第1戦 vs C大阪戦

今回も、1時間遅れで観戦。
ところで、スカパー!オンデマンドって、ライブ配信用と追っかけ再生(見逃し配信)用で
分けたんですかね?
最初、観ようとしたら、ライブ配信しか観られなくて焦りました。
(ちょうど、ハーフタイムのCM中で助かった…)

・しかし、グループステージ最終節の長崎戦が2ー0、続く仙台とのプレーオフステージの
 1戦目が3ー0と来て、今回もまた3ー0。
 なんか、ホームゲームはルヴァンカップの方が良い試合が多いような…。(笑)
 でも、実際、当時今シーズンのベストゲームだと思った、あの仙台戦と同じくらい素晴らしい
 試合でした。
・とにかく、久々に一般的に言われている意味での「湘南スタイル」が全開になった試合を
 観た気がします。
 縦パスがどんどん入って、それがスイッチとなり選手達がゴール前に一気になだれ込んで
 いく、あの感じ。
 ちょっと、14年〜15年辺りのサッカーを思い出しましたね。

・特にこの日は、いつものサイド攻撃だけでなく、中央突破もかなり効いてました。
 その最たるものが、松田の1点目。
 ぶっちゃけ、毎回このくらい簡単に点が決まると苦労しないんですが…。(笑)
 そのくらいシンプルに、ひたすらパスを縦に縦に繋げて行った結果のゴールでした。
 ついでに、ペナルティエリア外からのシュートが決まったのもかなり久し振りでしたね。
・その前の22分にも似たような中央突破のシーンがありましたけど、でも、これが出来るって
 一見簡単そうに見えて実は結構凄いことなのでは?
 人とボールが、ほとんどオートマチックに動いていて、相手DFに考えたり判断させる
 時間を与えない。
 まさに練習の賜物って感じです。
・あと、オートマチックと言えば、2点目の松田、岡本、梅崎の一連の動きも気持ち良かった。
 試合後のコメントにもあったように、松田にボールが渡った瞬間、既に岡本は走り出して
 いて、その岡本の動きに応じて梅崎も並走を始めている。
 先日の長崎戦の3点目、齊藤がスペースへ出したボールへの岡本の反応もそうですけど、
 この辺の出し手と受け手の動きは、もう完全に形が出来上がっているみたいですね。
・他にも、これまでなかなか得点に結び付かなかった山根のドリブルが、ようやくアシストに
 繋がった3点目も良かったですし、何より石原や松田、金子といった若手選手達がそれぞれ
 自信を持ってプレイしていて、その躍動感が本当に観ていて楽しかったです。

・そんな訳で、結局、先日の長崎戦に続く公式戦2試合連続の3得点。
 ちなみに、15年はリーグ戦とカップ戦(天皇杯除く)で3得点以上したのは4試合でした。
 それが今年は早くもこれで6試合目。
 試合数が違うとは言え、ひょっとして、攻撃力は当時よりもアップしている…?
・もっとも、スコアを含めた結果から非常に良かった試合内容まで、今のところプレーオフ
 ステージの1戦目終了時とほぼ一緒なんですよね。
 まあ、だからこそ、みんな口を揃えてプレーオフの2戦目みたいにならないように…って
 言っていますし、そこは大丈夫だとは思いますが…。
 なんにせよ、今度こそスッキリと決めましょう!


#前にも書いた気がしますけど、佐藤悠介が解説の時はなぜか勝率良いような…。  
Posted by s_tanaka at 08:06Comments(0)Bellmare 

2018年09月05日

3ー0勝利!

IMG_4183

とりあえず、無失点で終えて良かった。

  
Posted by s_tanaka at 22:07Comments(0)Bellmare 

2018年09月04日

第25節 vs 長崎戦

いろいろあって、今回はリアルタイムで観戦出来ました。
金曜開催だと他に試合が無いので、途中で止まることも無く快適に観られるのが良いですね。

・ご存知のように、今期はこれでなんと5度目となる対長崎戦。
 さすがに、新鮮さは無いと言うか、それこそお互い手の内はもう知り尽くした上での対戦
 でした。
 結果は、3ー1と久々の複数得点&ひと月振りの勝利!
 今期の長崎との対戦成績は試合前の時点で3勝1敗だったとは言え、リーグ戦は目下5試合
 勝利から遠ざかっており、ここで敗れると残留争いに本格的に巻き込まれる可能性もあった
 だけに、まずは勝てて本当に良かったです。

・久々と言えば、7月22日の第17節アウェイ神戸戦以来となる3得点も嬉しかった。
 なんせ8月に入ってからは、試合の度に得点力不足の話を書いていましたからね。
 加えて、3つそれぞれの得点パターンが全て異なっていたのも良かったです。
・具体的に言うと、まず1点目は、シュートに至るまで実に10本以上のパスを繋いだ言わば
 ポゼッションからの得点。
 2点目は、これも最近イマイチ決めきれなかったセットプレーからの得点。
 そして、3点目は、1度相手に渡ったこちらのゴールキックのボールを高い位置で奪い返し、
 そこからのショートカウンターで決めた得点。
・特に3点目などは、ある意味ウチにとっての理想型の1つなのかな?と。
 齊藤(たぶん)が球際の勝負で勝ってボールを奪い、その後はシンプルに縦へのパス1本。
 それを岡本がドリブルで持ち込んで決めるという、実にシンプルかつ効率的な攻撃でした。
・でも、今回それ以上に印象に残ったのが、1点目。
 これまでもサイドを突破してクロスを上げるところまでは出来ていましたけど、それが
 得点に結び付かなかった理由が、この梅崎のゴールを観て何となく分かった気がしました。
 結局、クロスを入れる方だけじゃなくて、それを中で受けてシュートに持ち込む方にも
 もっと工夫やアイデアが必要だったってことなんでしょうね。
 (まあ、実際は選手達もそんなことは十分分かっていて、それでもなかなか決まらないから
  難しいんでしょうけど)

・もっとも、その一方で、あと2、3点は取れるチャンスがあったのと、出来れば無失点で
 終えたかったのも事実。
 やはり、得失点差は多いに越したことは無いですし、ましてや今年のJ1は例年以上に
 混戦状態で、中位〜下位辺りは勝ち点も非常に詰まっていますからね。
 勝ち点を積み上げることが最優先なのは言うまでも無いですが、今後は同時に得失点差も
 大事にしていって欲しいです。


#…にしても、岡本のゴール後のガッツポーズも今やすっかり様になってきましたね。
 2年前のアウェイ川崎戦の時は、何となくぎこちなかったですけど…。(笑)  
Posted by s_tanaka at 17:02Comments(0)Bellmare 

2018年08月31日

3ー1勝利!

IMG_4162

出来れば無失点で終えたかったんだけど…。
まあ、あんまり贅沢を言ってもね。(笑)
  
Posted by s_tanaka at 21:30Comments(0)Bellmare 

2018年08月29日

第24節 vs FC東京戦

とにかく、この日は暑かった!
ということで、今回のスタグルは軽めに「MOON KEBAB」さんのケバブサンドと「小田原牧場
アイス工房」さんのジェラート(ブルーベリー味)。
「小田原牧場アイス工房」さんは初めて食べましたが、シングルにしたのを後悔したくらい
美味しかったです。
次回はダブルにして、他の味もぜひ楽しんでみます。

・なんせ、リーグ戦3連敗、天皇杯も含めると公式戦4連敗中なので、今回は担げるゲンは
 可能な限り担いでみましたけど、結果は…。
 何と言うか、いかにも調子がイマイチなチーム同士の対戦って感じでしたね。(笑)
 互いに決定力が無くて、頭を抱えたりホッとしたり。
 もちろん、裏を返せば、どちらもGKを中心に最後まで集中して守れていたということでも
 あるんですが。
・そんな試合だったので、このスコアレスドローという結果については、満足は出来ませんが
 納得はしています。
 取りあえず、今の最優先課題は連敗を止めることであり、そのために一番手っ取り早い方法は
 90分間を無失点で終えること。
 そういう意味では、最低限のノルマは達成出来たと思います。

・もっとも、連敗を止めるだけならそれで良いですが、勝ち点3を得るためには少なくとも
 1点は取らなくてはいけない訳で…。
 前にも触れましたけど、リーグ戦に限って言えば、ここ5試合で得点は僅かに3。
 しかも、全てPKとオウンゴールで、それ以外での得点となると19節の柏戦の1点目まで
 遡ることになります。
・まあ、その得点力不足の原因はフィニッシュとその1つ前の精度にあるのでは?というのも
 以前からここで書いてきましたが、それに加えて、今回はポゼッションした状態から相手の
 最終ラインを突破するアイデアもやや乏しかったように見えました。
 調子の良い時は、サイドを突破するにしてもアイデアやパスコースが複数あって、観ている
 こちらも意表を突かれたりするんですけどね。
・あと、ちょっと気になったのが、山をまだ周囲の選手達がイマイチ活かし切れていないの
 ではないか?ということ。
 相変わらずのフィット振りを見せている山ですが、今の状況は、何となくウェリントンの
 1年目と似てる気がするんですよね。
 つまり、ウェリントンが2年目でブレイクしたように、彼も上手く活用すればもっともっと
 チームの武器になると思うのです。

・なんにせよ、各選手がそれぞれ成長しているのは観ていても分かりますし、シーズン終盤に
 なるにつれてチームの完成度が高まっていくのも、毎年実感しています。
 ただ、上の山の件も含めて、それが残留争いに巻き込まれてからだったり、ましてや
 降格が決まった後では遅いので、そうなる前に何とか結果を出して欲しいです。


#ところで、近々BMWスタのゴール裏立ち見席の一部をイス席に改修するとか。
 あの悪名高いゴール裏の観戦環境が、少しでも改善されるのは喜ばしいことだと思います。
 (なお、イメージ図を見て「勝利のダンスは踊っても大丈夫なのかな?」とか「コレオに
  影響しそう」とか思ったのはナイショ)  
Posted by s_tanaka at 01:15Comments(0)Bellmare 

2018年08月26日

0ー0スコアレスドロー

取り敢えず、連敗派止まったけど…。  
Posted by s_tanaka at 20:58Comments(0)Bellmare 

2018年08月21日

第23節 vs 神戸戦

今回のスタグルは、肉祭りに積極的に参加しました。
まず手始めに「ROCKET CHICKEN」さんのロケットチキン2ピース。
続いて、「蛸やん」さんの牛肩ロースステーキ弁当。
さらに、「ビーバス」さんでスペシャルミックス串(?名前失念)も追加。
どれもとっても美味しかったです。
なんせ、次のホームゲームでは、食べたい物を確実に入手出来る可能性は極めて低いので…。
食べるなら今週だと思って、ちょっと贅沢しました。(笑)

・前回も書いたように、この日は試合前の時点で既にチケットは完売。
 その結果、入場者数は湘南ベルマーレとなってからは最多となる15351人でした。
 ちなみに、BMWスタ(平塚競技場)での最多入場者数記録は、94年1stステージ第2節、
 すなわちスタジアムのこけら落としの試合の16131人。
 現在の公称収容人数が15732人なので、少なくとも、現状ではこの記録を更新することは
 不可能ってことになります。
 (あ、ひょっとすると、暴れん坊シートを増やせば可能なのかも…?)

・何と言うか、どうにも似たような展開の試合が続きますね。
 それにしても、失点シーン以外は特段問題が無いというのも困ったもんです。
 相変わらず、自分達がやろうとしていること、プレスで相手ボールを奪ってそこからの縦に
 速い攻めだったり、後ろで回しつつ機を見て縦パスを入れチャンスを作る、といったことは
 出来ている、それは間違い無いと思います。
・でも、それがなかなか得点に結び付かず、逆に相手には数少ないチャンスを決められて、
 結果、負けてしまう…。
 もちろん、その数少ない相手のチャンスも防ぎきらなければ勝ち点を取れないのがJ1だと
 言われれば、その通りなんですけど。
 それでも、甘いかも知れませんが、1失点は仕方無い部分もあると思うんですよね。
・となれば、やはり攻撃にもっとパワーが欲しいな、と。
 1点先に取られてもすぐに取り返して同点に出来る、もしくは1点取られて逆にスイッチが
 入り、かえって相手が萎縮してしまうような…。
 そのためには、もう少し相手の最終ラインを崩すアイデアやその後のフィニッシュの精度が
 必要です。
 なんにせよ、枠に飛ばなきゃ点は入らないし、枠内に飛んでもGKの守備範囲ではやっぱり
 入らないですからね。
・あと、今回はセットプレーのチャンスも割とありました。
 特にペナルティエリア付近でのFKは、最近の試合では珍しいと感じるくらい多かったと
 思いますが、結局、それを活かすことが出来なかった。
 W杯を例に挙げるまでも無く、得点力を上げようと思ったらセットプレーは必須ですし、
 一番手っ取り早いので、特に今は大事にして欲しいです。

・そんな訳で、終わってみれば、お盆休み中の3試合で3連敗。
 ホントは夏場に走力で上回って勝ち点を稼ぐはずだったんですが…。
 なかなか思惑通りには行かないですね。
 まあ、当然ながら、不調な時や苦しい時はどんなシーズンでも必ず来ます。
 大事なのは、それを1節でも早く終わらせること。
 まずは、ドローでも良いので次こそ連敗を止めましょう。


#それでも、なんだかんだ言って今後齊藤が代表や海外移籍等で注目されるようになれば、
 その時にはおそらく今回の件もポジティブなエピソードとして紹介されるんじゃない?  
Posted by s_tanaka at 23:31Comments(0)Bellmare 

2018年08月19日

0ー2で3連敗

似たような展開の試合が続くなぁ。  
Posted by s_tanaka at 23:34Comments(0)Bellmare 

2018年08月18日

第22節 vs 仙台戦

今回はDAZNが良く止まったなぁ。
例によって、こちらの環境のせいもあるんだとは思うけど、お陰で余計にイライラが…。
つーか、リアルタイムで観るよりも、追っかけとか見逃し配信で観る方が勝率が良いような
気がしなくもない。

・今期初の逆転負けですかね。
 先制したから、少なくとも勝ち点はいけると思ったんだけどなぁ。
 チョウさんや選手達も言っているように、試合の入り方はかなり良かったと思います。
 実際、何度か得点チャンスもあって、「この流れの内に決めておかないとまた押してる方が
 ワンチャンスを決められて…ってパターンになりそう」と思ってたら、オウンゴールながら
 先制することも出来ましたし…。
・ただ、そこで一安心しちゃったのか、その数分後に失点。
 やっぱり、この失点で握れそうだった試合の主導権を相手に渡しちゃいましたね。
 この得点直後に失点するパターン、今年はホントに多いです。
・その後は逆に相手ペースとなり、後半以降は追加点を奪われるに従って向こうに上手く
 試合をコントロールされてしまいました。
 たぶん、相手にとっては割と楽な試合になっちゃったのではないか、と。

・なにより、一時期無失点が続いてたのに、ここに来てまた徐々に失点が増えて来たのが
 気になります。
 しかも、今回の場合、結果として同一チームに対し4試合で計10失点。
 さすがに、これはちょっと問題です。
・もっとも、攻撃の方もチャンスを作れているとは言え、得点自体はイマイチ。
 ここ4試合で5得点ですが、その内4点はPKとオウンゴールが各2点ですからね。
 確かに、先制する前のように、流れの良い時はこぼれ球も拾えるしDFラインで弾いた
 ボールも味方に渡ってそこから前に運べるけど、それがひと度悪くなると、なぜか急に
 セカンドボールが相手に渡ったりパスが繋がらなくなったり…。
・結局、現状はキックオフから前半の半ば過ぎくらいまで、極論すれば最初の決定的な場面で
 決められるかどうかでその試合の勝ち点が決まる感じです。
 逆にそれ以降の時間帯、すなわち相手がこちらのサッカーに慣れてしまった後だと、まだ
 得点するのはなかなか難しいのかも知れません。

・まあ、そんな訳で久々に完敗と言えるような試合になってしまいましたが、既に8月の
 過密日程は始まっていて、明日はもう次節です。
 なんでも、既にチケットは完売ということで、例の選手が関東初…というかアウェイ初見参
 というのも含めて、ある意味今期最も注目されるホームゲームとなりそうです。
・相手は、ただでさえ強力な外国人選手を多数擁する上に、先月ホームで敗れたリベンジを
 期して乗り込んで来るはず。
 当然、スタートから苛烈な攻撃を受けることが予想されますが、それに怯んだりせずに
 得られたチャンスを確実にモノにするように集中して戦って欲しいです。
 少なくとも、今回のようなミスは決して繰り返さないようにしましょう!


#にしても、前売り段階で完売なんていつ以来だろう?
 前々節はぶっちゃけアウェイ側の動員力も大きかったけど、さすがに今回はホーム側の
 サポの方が圧倒的に多いはず…多いよね?
 (た、例え、それが相手側選手目当ての動員だったとしても…)  
Posted by s_tanaka at 23:12Comments(0)Bellmare 

2018年08月15日

1ー4敗戦

いやぁ、久々に完敗だったなぁ。
はい、次、つぎ!  
Posted by s_tanaka at 21:08Comments(0)Bellmare 

2018年08月13日

第21節 vs 横浜FM戦

ひっさびさに生で現地観戦。
スタグルも久々ということで、今回は初挑戦のお店を中心に「Yaad Food」さんのジャーク
チキン丼と「anos coffee」さんのアイスコーヒーをブラックで。
さらに、毎度お馴染み「なんどき牧場」さんのスパイシーチキンも頂きました。
どれも美味しかったです。
ただ、早く着きすぎたため、先行入場まで30分も待つことになってしまい、暑いわ、荷物
多いわで、そこはちょっと失敗だった。
まあ、お陰で開場直後の通り雨には濡れずに済んだけどね。

・で、試合の方ですが…。
 うーん、負ける試合じゃ無かったなぁ、というのが正直なところ。
 まあ、ひと言で言えば、いわゆる「チャンスに決めておかないと…」っていう試合では
 あるんですが、少なくとも、あの失点シーンを除けば内容は良かったですし、そういう
 意味では、イマイチ敗因が分かり難いというか…。
・もっとも、そのたった1つのミスが命取りになるのがJ1なんですけどね。
 それに、取られた時間帯も…なぁ。
 どうも、今年は後半開始早々の失点が多いように思います。
 集中力の問題と言ってしまえばそれまでですが、それにしても繰り返すのはよろしくない。

・あと、前回の対戦時から相手の戦術も洗練されたからか、相手ボールを引っ掛けて裏返す
 ことが思ってたほど出来なかったな、という印象です。
 もちろん、プレスをかけるのは、ボールを奪うだけじゃ無くて相手のパスコースを限定
 させて後ろの守備をしやすくする目的もあるので、そのこと自体はそれ程問題ではない
 ですが…。
・で、ああいう試合、特に後半のような展開の時に、セットプレーや遠目からのシュートで
 点が取れると一気に流れが変わるんですけど、そういうのが今年はちょっと少ないですね。
 実際、CKは9本もあったので、せめてその内の1つくらいは決めておきたかったですし、
 ミドルシュートも梅崎や秋野辺りはもっと積極的に狙って欲しいな、と。
 って言うか、秋野については、そもそも得点自体がいまだに無いのはかなり問題なので、
 そろそろ決めて下さい!

・ただ、準備が整った状態の相手守備に対して、それを突破するためのアイデアは以前よりも
 だいぶ増えたような気がします。
 例えば単にサイドを変えるとかだけではなく、同サイドでの崩しでもコンビネーションの
 パターンがいくつかあって、観ていて面白かったです。
 今までは、サイドを突破しようとしても相手に蓋をされるとそこで膠着してしまうことが
 多かったりしましたからね。
 そこだけ観ても成長してるなぁ、と感じます。
・いずれにせよ、明らかにこちらが劣っていて負けたという敗戦ではありませんでした。
 しかし、それでも結果的に勝ち点を取れなかったことは課題であり、反省点でもあるので、
 そこはしっかりと振り返りつつ、次節のアウェイ仙台戦に臨みましょう!


#そう言えば、通り雨とは言え試合前にあれだけ降ったのに、ウォーミングアップ前には
 いつも通りピッチに水を撒いてたんだけど…そういうものなんですかね?(笑)  
Posted by s_tanaka at 16:16Comments(0)Bellmare 

2018年08月11日

0ー1敗戦

うーん、久々に完封負けか…。
やっぱり、先制されるとダメだなぁ。  
Posted by s_tanaka at 21:42Comments(0)Bellmare 

2018年08月09日

第20節 vs 広島戦

今回も2時間遅れで観戦。
ただ、多少良いこともあって、例えば試合を見終える頃には既に選手や監督のコメントが
アップされてたりするので、試合後すぐに読めるのはメリットかな?と思ったりもします。
でも、やっぱりそろそろ生で試合が観たいなぁ。

・うーむ、やっぱり、褒めるとダメなんですかね?(笑)
 前回、「3試合で1失点しかしていなくて、守備が安定してきた」と書いたらいきなり
 2失点だし、「苦しい時間帯でも耐えられるようになった」と書いたとたんに耐え切れず
 追加点を奪われるし…。
 もっとも、他のチームならいざ知らず、首位を相手にあれだけ長時間攻め続けられれば、
 失点しても不思議じゃ無いですけどね。

・それでも、前半はセカンドボールを拾うことも相手ボールを奪うことも出来ていて、奪った
 後も巧みにパスを繋ぎながら前にボールを運んでいました。
 さらに、相手DFの裏へ抜け出す山や小川に対して、スルーパスを何度も通すような
 どちらかと言うとこれまであまり見られなかった場面もあって、観ていて楽しかったです。
・守備に関しても、前線からのプレスとラインコントロールによって、相手の強力なFWを
 封じることに成功。
 とにかく、全体的に選手もボールも良く動いていて、試合後のチョウさんのコメントにも
 あったように、前半はほぼパーフェクトの出来だったと思います。

・ただ、前節もそうでしたけど、後半に入ると主導権を握られて逆に防戦一方な展開に。
 言うまでも無く、前半こちらに勢いがあれば、当然相手もハーフタイムにしっかりと対策
 してきますし、ましてやJ1のチームともなればその辺の修正力も高いですからね。
 結果、78分には逆転を許してしまいます。
 しかし、この前半は良いのに後半押し込まれるパターンも以前からありますが、なかなか
 改善するのは難しいですね。
・あと、改善点と言えばもう1つ、前半終了間際のPK、あれは勿体なかった。
 まあ、正直、私もどの辺がファウルだったのかイマイチ分かりませんでしたが、それでも
 主審が笛を吹けばPKですからね。
 ああいう失点は、ホント無くしていきたいです。

・それでも、首位広島に対してあそこまで戦えるようになった。
 そして、アウェイで勝ち点1を、しかもオウンゴールとは言え土壇場で追いついて獲得する
 ことが出来た。
 これは素直に評価して良いと思います。
 実際、前半などは観ていても普通に「ウチの選手も上手くなったなぁ」と感じましたしね。
・なので、着実に力を付けているのは確かだと思います。
 あとは、この勝ち点1をいかに勝ち点3に出来るようにするか?
 少なくとも、リーグ戦では今年も広島には勝てなかった訳で、そこの宿題を終わらすためにも
 必ずJ1には残留しなくてはいけません。


#それにしても、先制するとホント負けないなぁ。
 さすがに、今回は途切れるかな?とも思ったけど…。  
Posted by s_tanaka at 12:32Comments(0)Bellmare 

2018年08月06日

2ー2ドロー

さすがに、今回は文字通り勝ち点1を拾ったって感じだなぁ。  
Posted by s_tanaka at 00:56Comments(0)Bellmare 

2018年08月04日

第19節 vs 柏戦

例によって、この日もDAZN観戦。
もはや、こちらの方がデフォになりつつある感じです。
今回はアウェイ戦でしたけど、先日試しに調べてみたら、今期既に行われたホームの公式戦
15試合中、現地参戦出来たのは7試合しかありませんでした。
うーん、これは、かなり由々しき問題だなぁ。(笑)

・まずは、2試合連続の複数得点&無失点勝利、おめでとうございます!
 特に失点については、再開後のリーグ戦に限れば3試合で僅かに1失点と、一時期に比べて
 かなり安定して来たように思います。
 複数失点が続いていた頃は、「やはり、去年のような堅くて粘り強い守備は、J1では
 難しいのかな?」と思ったりもしたんですが…。
 選手も慣れて来たからなのか、ここに来てむしろJ1仕様に進化した感がありますね。
・もっとも、今回に関しては、正直、相手の不調に助けられた部分も少なからずあったのは
 認めざるを得ないところ。
 実際、チャンス自体はサイドから再三作られていましたし、枠に飛んでいれば決まってた、
 という決定的な場面も結構ありました。
 そういう意味では、結果的にクリーンシートに出来たのは運もあったのかな、と。

・一方の攻撃についても、今回は悪くはないけど良くもない、という印象。
 ある程度予想していたとは言え、相手の巧みなパスワークもあって、思うようにこちらの
 プレスがハマらず、なかなかボールが奪えませんでした。
 ようやく奪えても、直後のパスで引っかかり再び奪われるという、ウチの悪い時のクセが
 出ることもしばしば…。
・もちろん、やりたいこと、やろうとしてることは見えていて、その中には綺麗な連係や
 「おおっ」っと思うようなアイデアもあるんですが、これが通れば…という要のパスが
 届かなかったりカットされたりで、観ていてもどかしかったです。
 可能性は、非常に感じるんですけどね。

・でも、だからこそ、最初のチャンスを確実に仕留めて先制出来たのは本当に大きかった。
 そして、それを決めた山の存在感も…。
 前節のアシストに続いてこの日も2得点と、いきなり結果を出しているのもさることながら、
 それ以外の部分でもしっかりとタスクをこなしているのが素晴らしいです。
・あと、ここまで観てきて感じるのは、これまでのJ1昇格時と比べて全体的にロバストネスが
 だいぶ高くなったということ。
 少しずつ逞しくなって来たというか、少なくとも相手がどこであってもそれなりに戦えて、
 苦しい時間帯でも何とか耐えられるようになって来た気がします。
 まあ、次の相手は首位の広島ですし、あんまり書くとまた…なんてことになりかねないので、
 このくらいにしておきますが…。(笑)


#ところで、最近、チョウさんが褒めることが多くなったように思うのは気のせい?
 果たして、チョウさんが変わったのか、それとも本当に怒る必要が無くなって来たのか…?  
Posted by s_tanaka at 18:06Comments(0)Bellmare