2018年04月22日

第9節 vs 横浜FM戦

所用で試合終了後3時間後に見逃し配信で観戦。
前半の途中で3ー1になった時には、「なんか、マリノス戦じゃないみたいだなぁ」なんて
思ったりしましたが、後半になったら、やっぱりいつものマリノス戦でした。(笑)

・えーと、なんか最近こればっかりですが…分ける試合じゃ無いよなぁ、今回も。
 取りあえず、前半は3ー1で折り返すべき試合でしたね。
 少なくとも、相手の3点目は要らなかったし、あの場面はきっちりと守り切らなくては
 いけなかった。
 まあ、お陰で、ステバノヴィッチの2点目(実質3点目)が見られたとも言えますが…。
・前回の昇格時もそうでしたけど、J2では常にリードした状態で進む試合の方が多いため、
 J1に上がった直後くらいはリードされると焦ってしまうことが多いのですが、その後
 勝てない試合が続くと、今度は逆にリードした状態に慣れなくて、浮き足立ってすぐに
 失点してしまったりすることが多いんですよね。
 この試合の失点の仕方(特に相手の2点目と3点目)は、まさにそんなリードし慣れて
 いないことによるそれでした。
・つーか、そんな部分も含めて、なんかこんな試合前にも…と思ったら、2013年の開幕戦も
 こんな感じでしたね。
 あの時も同じアウェイのマリノス戦で、キリノのゴールで一度はリードを奪うも直後に
 逆転され結果は4ー2。
 ただ、あの時から比べると、4ー4で引き分けられるようになっただけ成長しているとも
 言えますけど。

・そんな訳で、守備はアレでしたが、その分攻撃は非常に良かった。
 なんせ、ここまでのリーグ戦の総得点が6点だったのに、それがいきなり1試合で4得点
 ですからね。
 奪った後にしっかり味方に繋ぎ、ラストパスを正確に出して、最後のシュートを落ち着いて
 撃てば、ちゃんと点は取れることがこれで改めて証明されました。
 って、それがなかなか出来ないから苦労しているんですが…。
・そして、その中でも特に、ステバノヴィッチが来日初ゴール、しかも複数得点してくれた。
 これは、今後に向けての好材料だと思います。
 GKとの1対1を2回も落ち着いて決めてくれましたし、そこに至るまでの抜け出しや
 ドリブルなどを見る限り、周りとの連係がさらに高まれば、チームにとってかなり大きな
 武器となりそうです。

・ただ、昨日の試合を観ていて気になったことが1つだけ。
 それは、今回もまた後半に入って一気に押し込まれる展開になってしまったこと。
 先日の広島戦のように、この辺は相手のスカウティングによる部分もそれなりにあるのかも
 知れませんが、とは言え、もう少し何とかしたいです。
 たいていは、後半の開始から一気にアグレッシブに来た相手に対して、こちらがそれを
 受けてしまって押し込まれるパターンが多いので、例え一度は受けてもそれを押し返して
 再び自分達がペースを握り返せるようになりたいですね。


#それにしても、ステバノヴィッチのハットトリックは惜しかったなぁ。
 確かにオウンゴールには違いないとは言え、もし達成していたら、ちょっとした伝説に
 なってたかも…。  
Posted by s_tanaka at 23:14Comments(0)Bellmare 

2018年04月21日

4ー4ドロー

結局、ただのバカ試合かぁ。
でも、取りあえず連敗は止められた。  
Posted by s_tanaka at 23:50Comments(0)Bellmare 

2018年04月20日

ルヴァンカップ  第4節 vs 鳥栖戦

この試合20時キックオフだったんですね。
「どうせリアルタイムでは観られないし」と思って、のんびり食事してたけど、それなら
とっとと帰宅するんだった。
あ、いや、別にリアルタイムで観たからって、結果が変わる訳では無いんですけど。

・この試合も、負ける…もとい、分ける試合じゃ無かったなぁ。
 って、毎回のように書いてますが…。
 でも、少なくとも、今回は先日の広島戦やその前の札幌戦よりも遙かに多くのチャンスが
 ありましたし、実際、勝てる可能性は十分にあったと思います。
 加えて、せっかく久々に無失点で抑え切ることも出来ただけに、何とか1点でも奪って
 勝ちたかったですね。

・試合内容も決して悪くはなかったと思います。
 レベルはともかく、両者の力が拮抗しているという点では観ていて楽しめました。
 何より、むしろ大野や端戸が浮いちゃうんじゃないか?と思ってしまうほどフレッシュな
 選手達が、それぞれ頑張っていてすごく良かったです。
・個人的に、特に良いと思った選手は、坂、石原、表原、山口。
 まずは、坂についてですが、彼はこの間の広島戦でかなり鮮烈な印象を残してくれたので、
 もはや細かい説明は不要かも知れません。(笑)
 (まあ、その前に出た神戸戦でも別の意味で印象を残してくれましたが…)
 松田と共に、今一番「もっと沢山プレーを観たい!」と思わせてくれる新人選手です。
・それから、石原と表原。
 彼らも、この試合では両サイドでかなりアグレッシブに動いていました。
 ボールを奪う、ドリブルでつっかける、ワンツーで抜け出す、守備の時には全速力で戻る。
 特に表原は、これまで出場した試合では、周囲との呼吸がイマイチ合っていないような
 部分もあったんですが、この試合ではそんなことはありませんでした。
・そして、最後に山口。
 スカパー!の中継の中でも「現役最小Jリーガー」と紹介され、ことある毎にその身長の
 ことに触れられていた彼ですけど、その小さい身体に似合わず、チャンスを虎視眈々と
 狙っている感じが好きで、以前から気になっている選手です。
 ぶっちゃけ、FWに関しては、現時点でまだまだどの選手にも出場するチャンスがあると
 思うので、ぜひ頑張って欲しいです。

・さて、次は再び中2日でリーグ戦。
 相手は、あまり相性が良くない横浜FMです。
 とは言え、順位も非常に近いということで、ここは最低でも勝ち点1は欲しいところなので、
 何とか粘り強く戦って欲しいと思います。


#それはそうと、ゴール脇に追加副審がいることによる安心感ハンパ無い。
 これ、出来ればリーグ戦でもやってくれないかなぁ?  
Posted by s_tanaka at 23:30Comments(0)Bellmare 

2018年04月18日

0ー0スコアレスドロー

しかしゴールが決まらないね…。  
Posted by s_tanaka at 23:55Comments(0)Bellmare 

2018年04月17日

第8節 vs 広島戦

今回のスタグルは、前回と同じく「なんどき牧場」さんのメンチカツサンドとガーリック
ポテトのセット。
この日はイマイチ腹が減っていなかったのと、一応、前回のゲン担ぎの意味もあってこれに
しました。
つか、ケバブはいつ食べられるんだろう?

・うーむ、終わってみれば順当な結果かぁ、チキショー…!
 実は今回も前節同様、前半の途中くらいで「この前半でこのまま1点も取れないと、多分
 この試合勝てないだろうなぁ」なんて予想してたんですが、図らずもまた当たってしまい
 ました。
・ただし、今回は、一応それなりに根拠はありました。
 要は、前半アレだけこちらに攻められれば、さすがに相手も後半は何かしらの対策を確実に
 打ってくるはずだから、後半は前半のようにはいかないだろうな、と。
・実際、後半になると展開がガラッと変わって、いきなり押し込まれるようになる試合は、
 これまでも何度も観てきましたし、ましてや、J1のチームはその辺の修正能力も長けて
 いますからね。
 で、残念ながら、結果は案の定…。
・結局、セットプレー2回で2失点。
 ここまで、名古屋戦を除く全試合で失点していますが、セットプレーに関しては長崎戦
 くらいで、他はそれなりに凌いでいたんですけどね。
 こっちは防げたけど、こっちでミスが…みたいな感じで、どんなに集中していても全てに
 於いてパーフェクトに守り切るのはなかなか難しいです。
 しかし、そこのスキや綻びを確実に仕留めてくるのがJ1で、ミスって見逃してくれるのが
 J2というのもまた事実。
 そこの違いにしっかり対応出来ないと、この先も厳しいことになります。

・もっとも、試合内容、特に前半については、ハッキリ言って非常に良かったと思います。
 やや意外に思えたスタメンも今回は大正解でしたし、恐らく自分達がこの試合でやろうと
 していたことはほぼ全て出来ていたんじゃないでしょうか?
 ゴールすること以外は。
・少なくとも、前節のように奪ってもミスしてすぐに相手に奪い返されたりする回数はかなり
 減っていましたし、何よりこの試合では選手のプレーにも躍動感があって、観ていてとても
 楽しかったです。
・まだ試合によって波はあるものの、ボールを奪った後のミスが少しずつ減ってきたのは
 それだけチームが前進している証。
 もちろん、サッカーは点を取らなきゃ勝てないスポーツなので、いくらボールを運べても
 最終的にゴールに入れなければ意味が無いですが、だからと言って、全部がいっぺんに
 出来るようになる訳でもないですからね。
 去年もそうでしたけど、こうやって一歩ずつ出来ることを増やしていくのが、ウチのやり方
 だと思うので、そこはしっかりと見守っていきたいと思います。

#それにしても、坂は凄いなぁ。
 空中戦の強さもさることながら、フィードの精度もメッチャ高くてビックリした!
 松田と良い、今年も新人選手で楽しめるのは嬉しい限り。  
Posted by s_tanaka at 23:44Comments(0)

2018年04月15日

0ー2連敗

2点目はいらなかったな。  
Posted by s_tanaka at 17:55Comments(0)

2018年04月14日

第7節 vs 札幌戦

水曜日は飲み会だったので、帰宅後に見逃し配信で観戦。
せっかく、帰ってから観るのを楽しみにしてたんだけどなぁ。
これで、今年のアウェイの公式戦は1分け4敗、まだ勝ち点1しか取れてません…うーむ。

・繰り返しになりますが、負ける試合じゃ無かったな、と。
 とは言え、じゃあ勝てる試合だったか?というと、何度も決定的なチャンスがあった訳では
 無いのもまた事実で…。
 実は、前半半ばくらいで、これは後半の後半辺りに押されてるウチがポロッと1点取るか、
 逆に終了間際にやられるパターンかなぁ?と何となくその後の展開を読んだりしたんだけど、
 思いがけず当たってしまいました…悪い方に。

・前回「この勝利で自信と勢いが…」って書きましたが、そうは簡単にいかないのがJ1の
 厳しいところ。
 以前、川崎、名古屋と続けて引き分けた時は、2年前と違ってこういう試合でもしっかり
 勝ち点を拾えるようになったのかな?なんて思ったんですけどね。
 試合後の杉岡のコメントにもあったように、残念ながら、これで終了間際で勝ち点を落とす
 試合が2試合目になってしまいました。
 そういう意味では、まだまだホンモノにはなってないってことなんでしょうね。
・この試合間隔の短い中で連続して出ている選手もいますし、当然、長いシーズン中には
 こういうパフォーマンスがイマイチ低調な試合もあるのは仕方無い部分もあります。
 ただ、問題は如何にそういう試合でもしっかり帳尻を合わせられるか?
 結局、本当に強いチームになるためには、そういう逞しさや強かさも身に付けなければ
 いけないんだと思います。
・あとは、これもいつも言ってますが、やっぱり、もう少し攻撃力が欲しいですね。
 恐らく相手からしたら、こちらの攻撃に対してほとんど脅威や恐さは感じなかったのでは
 ないでしょうか?
 ビビるまではいかなくても、相手が慎重にならざるを得なくなるような恐さを持った攻撃を
 もっとしていけるようになりたいです。

・それにしても、どうも昔からアウェイの札幌戦は相性が悪い気がします。
 さらに言うと、対ペトロビッチ監督とはもっと相性が良くないです。
 …で、相性が良くない監督という点で言えば、対城福監督もなかなか勝てない印象が…。
 ただでさえ、現在首位独走中の広島ですし、正直、苦戦が予想されますが、それだけに
 勝てば再び鹿島戦のあの歓喜が体験出来ると思うので、なんとか粘り強く、最後まで集中
 して戦って欲しいです。


#関係無いけど、最近はもうどこのスタジアムでも必ず水撒くんですね。  
Posted by s_tanaka at 22:35Comments(0)Bellmare 

2018年04月11日

0ー1敗戦…

ちっきしょー、負ける試合じゃ無いと思ったけどなぁ。  
Posted by s_tanaka at 23:33Comments(0)Bellmare 

2018年04月10日

第6節 vs 鹿島戦

今回は久々にフードパークを堪能。
迷った挙げ句、初めて焼豚丼(店名失念)に挑戦してみました。
焼豚の数も多いし、厚みもあって美味しかった!
ただ、タレはラー油が結構効いていて、見た目以上にピリ辛でした。
あと、私が並んだのはちょうど開門くらいの時間でしたけど、私が品物を受け取る時には
既に完売だったので、出来れば、次回はもう少し数を用意された方が良いかも…。
さらに、久しぶりだったので、なんどき牧場さんのメンチカツサンド+ガーリックポテトの
セットも購入したら、さすがにちょっと食べ過ぎました。(笑)

・まずは、連敗ストップ&開幕戦以来の勝利、おめでとうございます!
 この日は昼間クラカンに参加して、そこで今回のRIZAPの件について非常にポジティブな
 話を聞いた後だったので、「こりゃ、今日だけはなんとしても勝たなくちゃなぁ」と思って
 いました。
 結果的には、それが最高の形で実現することになって本当に良かったです。

・それにしても、毎回思いますが、サッカーは不思議ですね。
 今回のようにある程度実力差のある対戦(と敢えて書きますが)であっても、必ずしも
 その実力差通りの結果にはならない。
 この試合も、相手に同点にされた時にはいつまで追加点を奪われずに持ち堪えられるか?
 って感じでしたけど、その後、時間経過と共にだんだんとそれなりに戦えるようになって
 行きましたし。
 こちらが相手の技術やスピードに慣れてくるからなのか、向こうが「この相手ならいつでも
 点を取れる」と思ってしまうからなのか、それともその両方なのか…?
 いずれにしても、こうなると結構膠着状態になりがちで、その分、勝てる可能性も増して
 くるんですよね。

・とは言え、まさか、あんなにドラマチックな結果になるとは!(笑)
 結局、上のような展開になったのも、やはり先制出来たのが大きかったですね。
 この試合を観て、改めて先制点の重要さを思い知りました。
・そして、何と言っても山根の決勝ゴール!
 さすがは元前線の選手、ボールを奪ってからシュートまでのあの一連の動きは、まさに
 かつてのポジションのそれでした。
 もっとも、彼のシュートの上手さは(例の天皇杯のゴールで)ある意味我々が一番よく
 知っていますし、その点で言えば、あのくらいは出来ても全然不思議では無いですけどね。
・それから、個人的にはジョンヒョプが、開幕戦の頃の元気の良い状態に戻っていたのも
 嬉しかったです。
 最近は、何となくボールに触る回数も減ってるような印象があったので…。
 あとは、そろそろ2点目が欲しいので、シュートももっと積極的に撃って欲しいですね。

・何はともあれ、強豪相手に終了間際の劇的なゴールで勝てたのは本当に大きかった。
 こういう勝ち方は久しく観ていなかった(されることはありましたが)ですし、何より
 チームに自信と勢いをもたらしてくれるはず。
 ぜひ、これをきっかけにして、次節以降もしっかり勝ち点を積んで行きましょう。
 

#うーん、こんな試合になるならBSを録画しておくんだった。
 前にも書いたように、BSの中継がある時にあまり勝った印象が無かったので、今回は
 敢えて予約をしなかったんですが…。
 そのことだけが唯一の心残り。  
Posted by s_tanaka at 22:37Comments(0)Bellmare 

2018年04月07日

2ー1勝利!

やった!最高の形で連敗脱出!

IMG_3808

  
Posted by s_tanaka at 23:36Comments(0)Bellmare 

2018年04月06日

ルヴァンカップ  第3節 vs 神戸戦

平日のナイトゲームでこの結果なら行かなくて良かった?
いや、例えこの結果でも、やっぱり出来ることなら現地参戦したいっす。
ホント、今年は水曜日はムリだからなぁ。

・こちらはチャンスは作るけど最後の精度で決めきれず、逆に警戒していたはずの相手の
 エースに確実に決められて敗れてしまう…。
 これまで幾度となく繰り返されて来たJ1での歴史が、今年も繰り返されてるような気が
 どうしてもしてしまうんですよね。
・もちろん、シュート精度なんて一朝一夕で改善されるものではないので、それならばと
 頑張ってリズムを作って、1回で決められないなら2回、3回とチャンスも作って…って
 やろうとするんですけど、結局2回、3回と行く前に相手に一発で決められてリードを
 奪われてしまうのがJ1だったりするのが、何とも歯がゆい。
・結局、そんなことを繰り返している内に、少しずつ選手達も自信を失っていってるようにも
 見えました。
 やっぱり成功体験が無いとなかなか難しいのかも知れません。
 若い選手達は特に…。

・さらに後半に入ると、前半ほどにはチャンスも作れませんでした。
 2点リードして相手に余裕が生まれたことに加え、こちらは焦りもあったのか攻撃がイマイチ
 雑になってしまったような…。
・それでも、セットプレーの数だけはいつになく多かったので、そういう時に1点でも取れて
 いれば、また雰囲気も変わったんですが…。
 あれだけ機会があったのに1点も奪えなかったのは、ちょっと残念でした。

・とにかく、ボールを前に運ぶことは何とか出来るので、あとはクロスやラストパスの精度と
 フィニッシュを決めきること。
 これもJ1に上がる度に何度も書いていることですが、でも、本当にそこだけなんですよね。
・「負けたけど自分達のやりたいことは出来ている」と見るか、それとも「やりたいことは
 出来ているのに負けている」と見るか?
 個人的には、クラブとして前者のフェイズは既に終わったと思っています。
 もっとも、チョウさんも今回のコメントで「内容の良い悪いという見方はもうしないように
 しようと思っている」と言っているので、その部分での心配は無用だとも思いますけどね。
 なんにせよ、まずは連敗ストップを!


#なお、ライザップ云々の件については今回は特に触れませんので、あしからず…。(笑)  
Posted by s_tanaka at 22:16Comments(0)Bellmare 

2018年04月04日

0ー3敗戦

公式戦4連敗…というよりも、なんか元気が無いのが気になる。  
Posted by s_tanaka at 21:44Comments(0)Bellmare 

2018年04月02日

第5節 vs C大阪戦

前回、ピッチレポーターが高木さんだと…って話を書きましたが、BSで中継がある時も
勝てたことがほとんど無いような…。
…え、次節も中継あるの?(汗)

・うーん、過去何度もJ1昇格とJ2降格を繰り返してきた経験から敢えて言わせて貰うと、
 ぶっちゃけ、ここまでの試合内容と結果は、どちらかと言うとマズいパターンのような
 気がしないでもないです。
 取りあえず、リーグ戦5試合+ルヴァンカップ2試合を観て感じるのは、思ってたよりも
 出来てないなぁ、ということ。
 決して、戦えていない訳ではないですけど、そこも含めて何となく2年前を繰り返してる
 ようにも思えて…。

・前半、まるでチャンスの無かったウチが1チャンスで1点取れたのに対し、逆に後半は
 ウチの方がペースを握れているのに追加点が奪えなかったので、実は、ちょっと嫌な予感が
 したんですよね。
 結局、決勝点を奪われる直前、相手のミスパスをフリーで受けてるのに、そこでしっかり
 味方に渡せず、再び相手ボールにしてしまったのが…。
 そういうスキを見せたら、J1では確実に勝ち点を失います。
・まあ、これも昇格する度に毎回痛感するんですが、やっぱり、J2との一番の違いは相手の
 ミスの数。
 生半可のプレスではミスを誘うどころか余裕でかわされますし、チャンスは確実に物にする
 という意味では、シュート精度が高いこともミスが少ないことと同義と言えます。
・正直、去年辺りはウチもかなりミスが減ったなぁなんて思ったりもしましたけど、それと
 比べても(相手のカテゴリが違うとは言え)今年は多いように感じます。
 ただでさえ、相手はパス回しが上手くてなかなかこちらにボールを渡してくれないのに、
 やっと奪ったボールをミスから簡単にプレゼントしてしまうのは本当にもったいないし、
 相手にとったらこんなに楽なことは無いですからね。

・もちろん、前にも書いたように、去年だって最初からミスなく出来ていた訳ではなくて、
 そこに至るまでには相応の時間を要しました。
 ただ、J2であればその間もそれなりに勝てたり引き分けたりして、ある程度勝ち点も
 稼げますけど、J1ではそれが勝ち点0になってしまうのが厳しい…。
 しかも、試合数も少ないので、時間的余裕も余りありません。
 ハッキリ言って、難易度の高いミッションではありますが、それもまたJ1故ですからね。
 何とか、踏ん張って勝ち点を積み上げていって欲しいです。


#でもね…。
 その昔、J2時代真っ只中だった頃は、BSで中継して貰えるなんてホント夢のまた夢
 だったんだよなぁ。(遠い目)  
Posted by s_tanaka at 21:25Comments(0)Bellmare 

2018年03月31日

1ー2連敗…

もったいないなぁ。
やはり、ここで勝ち点1を持ち帰れるようにならないと。  
Posted by s_tanaka at 21:36Comments(0)Bellmare 

2018年03月26日

「即興仙人 〜キャリーオーバーあり〜」

一昨日は、「湘南テアトロ☆デラルテ」の月イチ公演、マンスリーシアターを観てきました。
今月の演目は、1月に引き続き「即興仙人」で、サブタイは「キャリーオーバーあり」。
例によって、サブタイに意味は無い…いや、今回はあったのかな?(笑)

「即興仙人とはなんぞや?」については、1月公演時のエントリを参照下さい。

ちなみに、今回のお客さんからのお題のテーマは「単語を2つ使った言葉」(「○○の○○」
とか「××な××」とか)でした。
実は観に行く前に「お花見」というお題を考えていたものの、上のような縛りがあったため
急遽そこにもう1つ単語を加えることになったんですが、これが意外と思いつかず…。
まあ、結構悩んだ割には、採用には至りませんでしたけどね。(笑)

以降は、改ページ後に…。


#今回は、所用で2日間ある公演のうちの1日目しか観られませんでした。
 仕方無いとは言え、即興劇は見逃したらもうその話は未来永劫観ることは不可能ですからね。
 その点だけが心残り…。

  続きを読む
Posted by s_tanaka at 23:09Comments(0)Play 

2018年03月21日

第4節 vs FC東京戦

ピッチレポーターが高木聖佳さんの時にはほとんど勝った記憶が無いんだけど、気のせい
ですかね?

・試合を見終えて、「やっぱり、我々はチャレンジャーなんだよな」と改めて思いました。
 別に、舐めていてたとか、甘く見ていたとは言いませんが、何となくチャレンジャーで
 あること、チャレンジし続けなければ勝てないことに対する意識が弱くなっていたようにも
 感じます。

・まず、失点した時間帯が良くなかったですね。
 先週のルヴァンカップの長崎戦は先制した直後でしたけど、今回は後半開始早々。
 言うまでも無く、一番注意すべき時間帯であり、ある意味基本的なことだとも言えるだけに
 そこでの失点が重なっているのが気になります。
・また、確かに、失点自体は相手選手の個の力による所も大きかったとは言え、その後の
 展開もイマイチと言うか、やや自滅気味でした。
 焦りからか、それとも相手が先制したことでギアが一段上がったからか、とにかく前半に
 比べてミスも多く、相手にボールを奪われては押し込まれ、フィニッシュまで行かれるの
 繰り返しになってしまった。
 残念ながら、あそこから再び勢いを取り戻し、試合のペースを奪い返すところまでの力は
 今はまだ無いと言わざるを得ません。

・それと、これも繰り返しになりますが、J1レベルで見た時にやはり攻撃面での恐さが
 足らないですね。
 考えてみれば、今シーズンここまで先制したのは開幕の長崎戦とルヴァンカップ初戦の
 鳥栖戦だけ。
 複数得点出来たのも、今のところ同じ昇格組の長崎に対してだけです。
・一応、これまで観た限りでは、どの選手もウチのやり方は既に理解出来ているようですし、
 その点に関して不満は無いですけど、それでもまだ今は自分のタスクを全うすることで
 精一杯って印象を受けます。
 今年もメンバーがそれなりに変わって、若い選手達も増えたことを考えれば、チームの
 完成度はこの時期にしてはかなり高いとは思いますけど、それでも、そんな今年の選手達の
 特長を活かした効果的な攻めが出来るようになるには、もうしばらくかかりそうです。

・そんな訳で、これでリーグ戦初黒星、公式戦は2連敗となりました。
 決して崩されている訳ではないし、失点のところ以外は良かった…なんて思っていたら、
 いつの間にか連敗してたりする…J1はそこが一番怖いところ。
 そういう意味では、ここが最初の踏ん張りどころかも知れません。
 幸い、ここで2週間試合が空くので、このチャンスを利用して上手く立て直しを図って
 欲しいところです。


#つーか、今年のDAZNの中継では、ハーフタイムにJリーグのレジェンド選手達への
 インタビューが放送されるんだけど、よりによって今回はエドゥーで、しかも横浜F戦で
 決められた超ロングFKまで放送されて…。
 その直後にあのゴールですよ。
 もう、今からエムボマの回(あるのか知らないけど)が恐すぎる…。  
Posted by s_tanaka at 00:40Comments(0)Bellmare 

2018年03月18日

0ー1敗戦

まあ、さすがにJ1だと無敗もJ2の時のようには続かないよね。  
Posted by s_tanaka at 20:45Comments(0)Bellmare 

2018年03月17日

ルヴァンカップ  第2節 vs 長崎戦

今回もスカパー!でオンデマンド観戦。
その昔、まだナビスコカップだった頃、スカパー!ですら一部の試合しか生中継が無かった
時代から比べれば、タイムシフトで観ることまで可能になったのは本当に有り難いです。
まあ、正直、料金はお高いですけどね。

・で、これで勝ってればいうこと無かったんですが…。
 それでも、後半途中までは、それなりに面白かったです。
 まあ、川崎戦や名古屋戦に比べたら、ぶっちゃけ質の部分ではかなり落ちちゃいました
 けど、良くも悪くも双方のレベル差があまり感じられなかったので、そういう意味では
 拮抗した試合になってましたから。
・先制したところまでは良かったと思います。
 ただ、ちょっと、時間帯が早過ぎたかも知れませんね。
 それで、これはいけるぞ、となったところですぐに追い着かれてしまった。
 やはり、ここの失点がこの試合の流れを決めた最初のポイントでしょうね。
・その後は、どっちつかずの展開のまま何となく時間が過ぎていく感じになっちゃった訳
 ですが、観ながら1つだけ不安に思うことがありました。
 それは、鳥栖戦に続いてこの試合もこれまでほとんど出場機会が無かったり、あっても
 90分間通して出るのは初めての選手ばかりだったため、果たして最後まで走りきれるのか?
 ということ。
・実際、後半の途中から次第に出足が鈍くなり、コンパクトさが失われてオープンな展開に
 なってしまいましたし、お互い疲労もあってかミスも増えて結果的に大味な試合になって
 しまった気がします。
 結局、若い選手が多いと勢いがある反面、上手く行かなくなった時に気持ちや雰囲気を
 立て直したり、ミスをフォローしてくれる選手がいないのが難しところなんですよね。

・もっとも、だからと言って悪い面ばかりだったかと言うと決してそうでも無く、例えば
 プロ入り初ゴールを(ようやく)決めた齊藤を始め、良かった点も沢山ありました。
 個人的にも、これまで公式戦で一度観てみたいと思っていた選手達のプレーが観られた
 ことは嬉しい収穫でしたし。
 何より、当の選手達がそんな公式戦の経験を積むことが出来た。
 もちろん、内容的にはいろいろと課題も多かったですが、それらを本人達が感じられた
 ことも含めて、経験出来たことは大きかったと思います。
・あとは、これを今後にどう生かすのか?
 今年の日程を観る限り、少なくともルヴァンカップのグループステージは全て水曜開催
 みたいですから、今回出場した選手達には今後もチャンスが十分あるはず。
 その時には、今回よりもさらに成長した姿をぜひ見せて欲しいと思います。


#つーか、そうか、グループステージが全て水曜開催ということは、もし予選敗退して
 しまうと、私は今年のルヴァンカップは1試合も生で観られないということになるのか⋯。  
Posted by s_tanaka at 11:52Comments(0)Bellmare 

2018年03月14日

1ー2敗戦

勝てない試合ではなかったと思うけど⋯。  
Posted by s_tanaka at 23:31Comments(0)Bellmare 

2018年03月13日

第3節 vs 名古屋戦

スタジアムまでの渋滞で遅くなり、15時過ぎにやっと着いた頃には既にお目当てのスタグルは
どこも売り切れ…。
結局、今回は久々にローストビーフ丼になりました。
相変わらず、美味しい…けど、ウォーミングアップが始まると客席もだいぶ埋まって来るので、
あまり落ち着いて食べられないですね。

・いや、前節の川崎戦同様、今回も面白い試合だったと思います。
 と言うか、先に川崎と戦っていたことが今回多少なりとも活きたようにも感じました。
 いずれにせよ、あの強力な攻撃陣を完封した(しかも、特に前半辺りはほとんど仕事を
 させなかった)のは評価して良いんじゃないでしょうか。
 ここまで、ルヴァンカップも含めて公式戦4試合で失点2。
 もちろん、これからどうなるかは分かりませんけど、少なくともここまでは、去年の粘り
 強い守備がJ1でもある程度通用していると言っても良さそうです。

・ただ、その分やっぱり攻撃が…。
 ドローという結果は決して悪くはないですし、アウェイなら十分OKだったかも知れない
 ですけど、今回はホームだったんで出来れば勝っておきたかったのが正直なところ。
 ただ、じゃあ実際に勝てた試合だったのかと言われると、決定的な場面はそれほど多くは
 無かったのもまた事実で…。
・取りあえず、まだまだ奪った後の最初のパスでミスが多いですね。
 その点に関して言えば、さすが、名古屋や川崎はほとんどミスが無かった。
 まあ、だからと言って一朝一夕で改善されるようなものでもないし、それが出来るなら
 苦労はしないですけど。
 特にコンビネーションとかアイデアについては時間が解決する部分も大きいと思うので、
 少しずつ良くしていくしかないでしょうね。
・あと、今回は、序盤からイが相手DFの裏を突くシーンが多くて「チームとしての狙い
 なのかな?」と思いながら観ていたんですが、試合後の山根のコメントを読むと、どうやら
 そうでもなかったみたいで、彼自身はもう少し繋ぐべきだったと感じてたようです。
 もっとも、結果的にオフサイドになることの方が多かったものの、通っていればビッグ
 チャンスになっていたという意味でも、可能性は十分に感じました。
 結局、これもあとはタイミングの問題だけだと思うので、そこが合ってくれば大きな武器に
 なるかも知れません。

・ところで、チョウさんの試合後のコメントは今回も色々と興味深かったです。
 中でも、今年は16年と比べてインポゼッションでの走行距離が5キロ〜6キロ伸びている
 という話が面白かった。
 以前は、ボールを持つ相手に対して走らされて走行距離が伸びていたけど、今年は全体の
 距離自体は多少落ちていても、その中身や質の部分ではむしろ向上していると。
 なんか、こういうコメントを読むと、次の試合もとても楽しみになります。
 とにかく、この調子を出来るだけ維持しつつ、このまま行けるところまで行って欲しい
 ですね。


#まるで関係無いけど、最近、ふと気付くとなぜか山根のチャントを口ずさんでる。
 そして、最後に「ハッ!」って入れたくなる。(笑)  
Posted by s_tanaka at 23:32Comments(0)Bellmare