2021年12月04日

0ー0ドローでJ1残留決定!

…ふう。

良かった…。  
Posted by s_tanaka at 16:12Comments(0)Bellmare 

2021年12月03日

2021 第37節 vs 徳島戦

今回のスタグルは、山田直輝プロデュースのトマトカレー。
トマトカレーと言いつつ、実は肉もたっぷり入っていて美味しかったです。

・今年も日程君の仕事ぶりについてあちこちで言われていますが、最初に日程表見た時から
 私もラスト3試合は残留争いの直接対決になる可能性が高そうだから、出来ればそれまでに
 決めておきたい、なんて思ってたんですけどね。
 やっぱり、こうなっちゃうのか…。
・本当は、今季はあのまま無敗で終えたかったんですが、現実はなかなか難しいっすね。
 結局、今年は最後まで連勝出来なかったなぁ。
 いや、そもそも、それが出来ていればこんな順位に…ってまた同じこと書いてますね。
 仮に原因や経緯が不可抗力によるものだったとしても、それでも負ければ単純に悔しい
 ですし、ましてや残留を決めるチャンスを逃したとなれば輪をかけて悔しい!

・試合全体としては、やはりちょっと元気が無かったかな?という印象です。
 厳密に言うと試合中はあまりそんな感じはしなかったんですが、終わってみると何となく
 そんな感じがするんですよね。
・確かに、特に前半はほぼウチのペースで、相手はDFラインから前にボールを送ることすら
 ままならない状態でした。
 もっとも、それも今にして思えば相手が半ば意図的にそうしていた可能性もありますけど。
 何れにせよ、攻めさせはしないものの、かと言ってこちらも攻撃に転じることは出来ず、
 たまに中盤で相手ボールを奪っても決定的なチャンスを作るまでには至りませんでした。
・そんな膠着状態のまま、互いに見せ場を作ること無く前半が終了。
 でも、これまでがそうだったようにこの試合もおそらくこのままでは終わらない、後半は
 必ず相手も攻めてくる…などと思っていた矢先の66分にセットプレーから失点…。
・ただ、これまでの経験もあったので、リードされることもそれなりに想定内でした。
 最近は先制されても追い付いたり逆転することが出来るようになってきましたし、失点に
 よって逆に硬さが取れてチャンスが生まれるようになるかも?なんてむしろ期待したりも
 していたんですが…。
 残念ながら、この試合ではある程度押し込むことは出来ても、最後までゴールを奪うことは
 出来ず、残留は最終節に持ち越しとなりました。

・正直、今回に関しては、いつも通りにプレーすること自体難しい状況だったと思いますし、
 この結果も致し方ない部分もあるのかも知れません。 
 とにもかくにも、これでウチがJ1に残留するためには基本的に勝つしかなくなった訳です。
 (実際にはそれ以外にも可能性はありますが)
 しかし、見方を変えれば、これはこれでやるべきことがシンプルになったとも考えられます。
 ウチは、これまでも同じような状況で何度も目標を達成してきましたし、今回も絶対勝てると
 信じて見守りたいと思います。

・最後に、オリベイラ選手のことについて。
 まずは、ここで改めて哀悼の意を表したいと思います。
 もちろん、初めて聞いた時は耳を疑いましたし、今でもちょっと信じられないくらいです。
・これで、去年のフットサルの久光重貴選手に続いて、1年も立たずに2人もクラブで闘う
 現役の選手を失うことになりました。
 さらに遡れば、息子の雄姿を観るためにブラジルから来られて、その来日中に逝去された
 アジエルのお父さんのこともありますし、個人的な話ながらサポーター仲間でも志半ばで
 旅立たれた方が何名かいらっしゃいました。
・こればかりは、いくら「2度とこのようなことが起きないように…」と言っても避ける
 ことが出来ないのが辛いところですが、それでも、こんなことはもうこれ以上起きて欲しく
 ないと祈らずにはいられません。

 オリベイラ選手、どうか安らかに…。


#それにしても、徳島とは変な因縁が出来ちゃったなぁ。
 個人的には、あんまりそういうのは嬉しくないんですけどね…。  
Posted by s_tanaka at 23:33Comments(0)Bellmare 

2021年11月27日

0ー1敗戦

なんだろ、Jリーグの神様の「消化試合は作らない!」という強い意志を感じた。  
Posted by s_tanaka at 17:17Comments(0)Bellmare 

2021年11月23日

2021 第36節 vs 仙台戦

今回もDAZN観戦。
っていうか、時間帯さえズレていれば、フットサルの方も観たかったんですけどね。
こちらも勝利&暫定首位、おめでとうございます!

・まずは、完封勝利おめでとうございます。
 いつ以来かと思って調べたら、13節の5月9日ホーム大分戦以来でした。
 厳密に言うと、公式記録上は18節のアウェイ浦和戦の3ー0になるんですが、あの試合は
 まあ、その…ね。
・しかも、J1でのアウェイ仙台戦は、なんと初勝利!
 確かに試合数自体が少ないとは言え、だいぶ時間がかかりました。
 J2時代を含めても勝った試合は数えるほどだっただけに、そんな相手にシーズン2連勝
 出来たことは感慨深いですし、何より残留争いという点で大きかったです。

・内容的には、試合後の監督コメントにあった「90分を通してパーフェクトな試合」という
 言葉が全てですね。
 複数得点かつ無失点、得点した時間帯もベストでしたし、守備でも押し込まれることは
 あっても決定的なピンチはほとんど無く、選手交代で試合の流れも変えたりと、本当に
 どれも文句無しの内容でした。
・もちろん、相手のあることなのでこの試合だけでは強くなったかどうかは分かりませんが、
 ここ5試合では2勝3分けと負けていないことを考えても、少なくとも、チームが良い
 方向に進んでいること、そして、その中で選手達にも自信が芽生えつつあることは間違い
 無いと思います。

・もっとも、では具体的に山口監督になってどこが変わったのかと言われると、実は私も
 まだ明確な答えを持ち合わせてはいないのですが…。
 ただ、素人目ながら観ていて思うのは、パス回しのスピード上がったこと。
 言うまでも無く、ボールを保持しながらパス回しで崩すこと自体は浮嶋監督の時から既に
 行って来ていましたが、山口監督になってそこにスピードが加わった印象です。
・実際、時々メッチャ速く繋いでいくことがあって、驚くことがあります。
 ただし、「おおっ!」とは思うものの、スピードに精度が追い付かなくてシュートまで
 いけないことも多いんですけど…。
 でも、もしあのスピードに精度が伴い、確実にフィニッシュまで行けるようになったら、
 新たな湘南スタイルの一つとして大きな武器になるとも思うので、そこはぜひこれからも
 突き詰めていって欲しいと思います。

・さて、次節はいよいよホーム最終戦にして、残留をかけた大一番。
 あちこちで言われているように、おそらく相手の徳島は2年前のリベンジも含めて相当な
 意志と覚悟で臨んでくると思います。
 しかし、我々も残留を達成すると同時に、シーズン前の順位予想でそんな徳島より下に
 したり、降格圏にしたり、あまつさえ最下位にした人達を見返さなくてはいけません。
 とにかく、現時点ではまだ何も成し遂げていないので、最後までしっかりと闘いましょう!


#まるで関係無いけど、どうやら「感謝の集い」の抽選に当たったらしい。
 私物サインの抽選は2回とも外れたので、ちょっと安心。
 いや、そもそも応募者が少なかったって可能性もあるけど…。(笑)  
Posted by s_tanaka at 10:17Comments(0)Bellmare 

2021年11月20日

2ー0完封勝利!

文句無しの結果でした。
IMG_6591
  
Posted by s_tanaka at 16:12Comments(0)Bellmare 

2021年11月13日

2021 第35節 vs 広島戦

今回のスタグルは、初挑戦の「Shallow Bee」さんのチーズステーキ。
ホットドッグ用のパンの間に牛肉とタマネギがギッシリ詰まっていて、そこにたっぷりの
チーズがかかってる。
意外とボリューミーで美味しかったです。

・開始19分でいきなり相手選手が一発レッド。
 まだ、前半の飲水タイムにもならない段階で相手選手が10人になるという展開は、さすがに
 予想外でした。
 当然、これで俄然有利にはなったんですが、ただ、私の周りの席からは「これで、かえって
 難しくなったかも」という声が聞こえてきたのも事実だったり…。
 私自身もそう思いましたし、実際、そういう展開になってしまいました。

・さすがに相手にあれだけ引かれてゴール前を固められると飛び出す裏のスペースも無い
 ですし、ボールを持たれることもほとんど無いので、中盤で奪ってカウンター、みたいな
 ことも出来ません。
 結果的に、相手が1人減ったことでうちのストロングも同時に消されることになったと
 考えると、レッドカードはこちらとしても決して望ましい物では無かったかな、と。
・もちろん、それによって戦い方や準備してきたことを少なからず変えなければならないのは
 うちも充分分かっていて、それこそ主審がレッドカードを提示する前から山口監督と谷や
 石原広がピッチ脇で打合せをしたり、全員で輪になって声を掛け合ったりしていたんです
 けどね。
・やはり、こういう試合の時は出来るだけ早い段階、理想を言えばレッドカードのファウルで
 得たFKで点を取るくらいでないといけないんだと思います。
 1点でもリード出来れば相手も引いてばかりいられなくなり、その分こちらも追加点を
 奪うチャンスが生まれてより楽な展開にもっていけるはずですし。
 逆に、なかなかゴールが生まれず時間だけが過ぎていくと、次第に相手も10人の戦い方に
 慣れて来て、1人少ないのに同数の試合とあまり変わらなくなるという、天皇杯の初戦の
 ような展開になりがちです。
・あとは、セットプレーの回数を多くすることも大事ですかね。
 人数差のアドバンテージが一番得られるのがセットプレーだと思うので。
 この試合でもCKだけで5回ありましたけど、結局活かし切れませんでした。
 前にも書きましたが、セットプレーからの得点率はもっと上げたいところです。

・もっとも、こういう試合でしっかり得点して勝つことが出来るなら、そもそもこの順位には
 いないと言うか…。
 他所の試合結果も含めて、やはりリーグ戦の順位というのは嘘をつかないなぁと改めて
 思いました。
 この結果を敢えてポジティブに捉えるなら、中途半端に下と勝ち点差が開いて変な油断が
 生まれるよりは、緊張感を維持したまま6ポイントマッチの連戦に臨める方が良いような
 気もします。
 上手くすれば、ホーム最終戦で残留を決めることも出来るので、次節こそはしっかりと
 勝ち点3を取って戻って来て欲しいと思います。


#来場者ポイントを交換したら、クリアファイルを大量に貰ってしまった。
 ぶっちゃけ、クリアファイルって割とあちこちで貰うんだけど、意外と丈夫だし基本的に
 ドンドン溜まっていくんですよね。
 さて、どうしたもんか…。(笑)  
Posted by s_tanaka at 17:13Comments(0)Bellmare 

2021年11月07日

0ー0ドロー

うーん、スコアレスドローは予想外だった。  
Posted by s_tanaka at 17:46Comments(0)Bellmare 

2021年11月06日

2021 第34節 vs 札幌戦

今回のアウェイ戦は、無事にリアルタイムでDAZN観戦。
しかし、今更だけど、DAZNも安定して観られるようになったなぁ。
キックオフは1時間ずつシフトしていたとは言え、J1、J2全試合同日開催にも関わらず
特にストレス無く観られましたからね。

・ハッキリ言って勝ちたかったし、実際その可能性もあったと思います。
 ただ、その一方で、前半の不調振りを見るとこの結果に納得出来る部分もあって…。
 もともと、あまり相性が良くない相手(とその監督さん)でもあり、ましてや残留争いの
 ライバル達が軒並み勝ち点を積めなかったことを考えると、まあ御の字だったのかな、と。
・この試合、前半はほとんど良いところ無し。
 前線からのプレスがイマイチ緩めだったのが意図したものだったのか、それとも何となく
 そうなってしまったのかは不明ですが、相手に主導権を握られた一因だったのはおそらく
 間違い無いと思います。
 確かに、相手のDF裏を狙った攻撃は正確で脅威でしたけど、それを差し引いてもちょっと
 同じ形でやられ過ぎでした。

・もっとも、前節のこともあり、後半流れを変えることが出来れば…と思っていたのも事実。
 まあ、結果的に逆転勝ちまではいけませんでしたが、それでも完全に相手のペースだった
 試合をHTで修正して主導権を奪い返すことが出来た、そして何より先制された試合で
 追い付けたことは評価出来ると思います。
 同点にした後の試合運びも比較的安定していましたし、一時期は最後の最後で失点して
 勝ち点を落としていたことを思えば、状態は良くなって来ていると言えそうです。
・追い付けた要因は幾つかあると思いますが、まずは、やはり交代策が上手く行ったこと。
 交代選手が活躍出来るということは、それだけベンチも含めた選手達の調子が良いという
 ことでもあるので、いよいよJ1残留への正念場を迎えるにあたってはポジティブな要素
 かも知れません。
・あと、攻撃面に関して言えば、自らアクションを起こし、形を作ってフィニッシュまで
 行けるようになったことも引き分けに持ち込めた理由の1つだと思います。
 敢えて欲を言えば、決定力はもう少し欲しいですけどね。
 特に今回はCKで再三チャンスが生まれていただけに、1点くらいは決めたかったです。

・それにしても、貴重な勝ち点1をもたらした平岡の同点ゴールは見事でした。
 彼はその成長が観ているこちらにも実感出来るくらい、試合に出る度に良くなっていく
 印象です。
 実は、少し前まで試合を観ながら「田中聡がもう一人いたら…」なんて思うことがしばしば
 あったんですけど、平岡はタイプは微妙に異なるものの、いろんな意味で「持って」いたり
 試合に関われるという点で、まさに第2のサトシになりそうな気がするんですよね。
 この2人が中心となって活躍するチームを早く観てみたいです。


#まるで関係無いですが、ルヴァンカップの名古屋と言い今回の川崎と言い、優勝したのに
 メディアの扱い小さくないですか?
 なんなら、残留争いの方が注目されてるように見えるくらいで…。
 他人事ながら、ちょっと気の毒に思ったりする今日この頃。  
Posted by s_tanaka at 11:42Comments(0)Bellmare 

2021年11月03日

1ー1ドロー

まあ、最低限の結果って感じでしょうか。  
Posted by s_tanaka at 18:23Comments(0)Bellmare 

2021年10月31日

2021 第33節 vs 横浜FC戦

今回のスタグルは、ビーバスさんのリングイッササンド。
本当はシェラスコ丼が良かったんだけど、売り切れてたので…。
でも、こっちもシンプルながらとても美味しかったです。
つーか、新たなゲン担ぎメシ誕生か?

・まずは、7試合振りの勝利&山口監督初勝利、おめでとうございます!
 ホームでの勝利に至っては、いつ以来かも覚えていない(実際は、5月9日の大分戦以来)
 ほどでした。
 ついでに、アウェイ戦のリベンジが出来て、今期の横浜FCとのリーグ戦の対戦成績を
 五分に出来たことも嬉しかったです。

・前半はずっと押し気味だったにも関わらずゴールを奪えず、後半に入ってから1回のミスで
 いきなり失点。
 ぶっちゃけ、ここまではこれまで再三観てきた展開でした。
 でも、この試合ではそこからが違っていた…。
・逆転勝ち出来た理由は幾つか考えられますが、まず、先制された時間帯が後半とは言え
 比較的早く、まだ充分時間が残っていたこと。
 特に、飲水タイムの前だったのは意外と大きかったかも知れません。
 加えて、後半に入ってからのチームのパフォーマンスが、今までの試合と比べてそこまで
 落ちなかったのもあると思います。
・あとは、何と言っても、先制してから相手が守りに入ってくれたこと。
 実は、この辺の相手の試合の進め方を観ながら、何となくこれまでのウチのようだなぁと
 感じていたので、逆にこれはひっくり返すチャンスがあるかも?と思っていたんですよね。
 実際、その後の展開は、まさに今年のウチが散々やられた形となりました。

・得点は2つともファインゴールと言うよりはむしろ泥くさい感じ。
 けど、その分気持ちがこもったゴールでした。
 ずっと欲しかった、試合終盤にパワーと勢いで奪うような得点をここに来てようやく取れる
 ようになったのは、ちょっと嬉しいです。
・ちなみに、前節の町野に続いて、今節は大橋がゴール。
 これで2人とも今期4点目で再び並びました。
 決勝点の山田も5点目でウェリントンと並んでチーム得点王ですし、いつの間にかFWや
 10番が点を取るチームになっていたんですね。
 (そもそもの絶対数が少ないというのは、いったん置いといて…)

・まあ、言うまでも無く、1つ勝ったところで残留争いの真っ只中にいることにはなんら
 変わりはありません。
 もしも、この後の試合で連敗するようなことがあれば、結局元の木阿弥ですからね。
 残留が確定するまでは、とにかく目の前の試合を1つずつ勝って行くしか無いです。


#ところで、リングイッササンドを買うためにビーバスさんに並んでいた時、ふと後ろを
 振り返ったら、なんと「やべスタ」の黒木さんがスタッフさん達と一緒にいて、ビックリ。  
Posted by s_tanaka at 08:37Comments(0)Bellmare 

2021年10月23日

2ー1勝利!

長かった…。

IMG_6562
  
Posted by s_tanaka at 17:00Comments(0)Bellmare 

2021年10月20日

2021 第32節 vs 鳥栖戦

約2週間振りということで、この試合はかなり楽しみにしていました、が…。

・うーん、正直、結果も内容もイマイチだったかなぁ?
 個人的には、この試合はある意味次の横浜FC戦より大事だと思っていました。
 なぜなら、もしここで勝てれば、ある程度気持ちに余裕がある状態でいわゆる6ポイント
 マッチに臨めるから。
 でも、ドローで終わったことで、山口監督の初勝利もお預けのまま次節を迎えることに
 なってしまいました。

・全体的には、自分達のストロングポイントをほとんど出せなかった、もしくは出させて
 貰えなかったなぁという印象です。
 そういう意味では、どちらかと言うと観ていてストレスが溜まる試合でもありました。
 前節の横浜FMやその前の川崎のように、相手関係無しに自分達の戦い方で押してくる
 相手にはそれなりに良い試合が出来るんですが、巧みに相手の良さを消してくるチームには
 苦戦しがちですね。
・もっとも、そこを差し引いても、この試合に関してはこちらのパフォーマンスもイマイチ
 良くなかったような…。
 パスが繋がらない場面も目立ちましたし、なによりセカンドボールがあれだけ拾えないと
 やはり苦しいです。
 クリアボールがそのまま相手に渡ることも多くて、攻めの形を作ることが出来ていない
 ように見えました。
 相手が繋いでくるチームで、ボールを持たれるのは想定内だったにせよ、ちょっと渡し
 過ぎかなぁ、と。

・とは言え、そんな中でも先制は出来ました。
 ゴールは、綺麗にパスが繋がったシンプルなショートカウンターから。
 ああいう形の得点がコンスタントに取れるようになると、かなり楽になるんですけどね。
 ノールックでラストパスを出した平岡は言うまでも無いですが、相手のパスを引っ掛けて
 その平岡に繋いだ田中の股抜きパスも見事でした。
・守備についても、失点以外は危ないシーンはほとんど無かったですし、その点で言えば
 勝てる可能性も充分あったと思います。
 それだけに、毎回相手の数少ないチャンスを決められて勝ち点を失っているのが、本当に
 もったいない…。
・この日も、後半はチャンスらしいチャンスが作れなかったことでも分かるように、課題が
 ここにあるのはもはや明らかなので、まずは先制すること、そして出来るだけ早く追加点を
 奪うことを目指して、しっかり準備して欲しいです。
 次こそは複数得点を!


#中継を観ていたら、ウチの選手のプレーに拍手が起きていて一瞬「なんで?」って思って
 しまった。
 そのくらい、アウェイ応援の無い試合に体が慣れちゃったんだなぁ。  
Posted by s_tanaka at 20:32Comments(0)Bellmare 

2021年10月16日

1ー1ドロー

取りあえず、連敗は止まったけど、もはやそれでは喜べないのが正直なところ。  
Posted by s_tanaka at 16:29Comments(0)Bellmare 

2021年10月04日

2021 第31節 vs 横浜FM戦

床屋に行っていたら遅くなったので、スタグルは無し。
味噌豚の串焼き食べたかった…。

・えーと、すみません、あまりに負け方のパターンがいつも同じなので、ついに書くことが
 無くなってしまいました。(笑)
 ついでに言うと、「失点したあの場面だけが…」とか「あそこを決めていれば…」という
 展開も、もはやお約束になりつつあります。
・せめてリードされた後の戦い方でもう少し何とか出来るようになれば、また結果も多少は
 変わってくると思うんですけどね。
 焦るのも分かりますが、それによってサッカーが雑になったらそれこそ相手の思う壺。
 そんなプレーで逆転出来るほどJ1は甘くないっす。

・ここ何試合かで書いてきた通り、確かに攻撃のバリエーションは増えました。
 そこはもう充分に分かったので、出来れば、そろそろその次の段階を観てみたいところ
 なんですが…。
 なまじ、ボールを奪ってからの展開がスピーディーでパスも綺麗に繋がっていくように
 なったので、余計に良い試合をしているように見えてしまうのが何とも歯がゆい。
・っていうか、「善戦」って言葉そのものも見直さないといけないのかも知れません。
 これも繰り返しになりますが、幾ら善戦を重ねても試合に敗れていたら勝ち点は0のまま
 ですし、その点で言えば善戦自体に意味はありません。
 同様に、攻撃の形は作れていると言っても、結果的に点が入らなければ意味はありません。
・言い換えれば、ゴールが決まって初めて攻撃として完成するのであり、勝ち点を獲得して
 初めて良い試合が出来たと言えるんだと思います。
 これまではともかく、残り7試合となった今、そこだけは絶対に勘違いしないようにしたい
 ですね。
 もっとも、試合後のコメントを読んだら、当然ですがそんなことは監督や選手も分かって
 いるようなので、これ以上の心配はしませんけど。

・まあ、あんまり書くと単なる愚痴になりそうなのでこの辺で止めておきますが、とにかく、
 今は結果だけを求めてやり続けるしか無いと思います。
 全部終わった時に、決して後悔だけはしないようにしたいですね。


#こう言っちゃ何ですが、虹が出た試合って勝率低いんだよなぁ…。  
Posted by s_tanaka at 23:29Comments(0)Bellmare 

2021年10月01日

0ー1連敗

何かが足りないんだよな。  
Posted by s_tanaka at 20:58Comments(0)Bellmare 

2021年09月30日

2021 第30節 vs 川崎戦

まあ、どんなに善戦したところで、負けてしまえば「順位通り」とか「横綱相撲」みたいな
言われ方をされちゃうんですよね。
やっぱり、少なくとも勝ち点を取らないと、ね。

・うーん、結果的に今期の対川崎戦は2試合とも終了間際の失点で勝ち点を落としてるのか…。
 もう少しだけ頑張れば、あと勝ち点3つは積めていたかも知れないのに…もったいないな。
 実力差と言われれば、その通りなんですけどね。

・終わってみれば、この日も後半から相手に主導権を握られて、ひっくり返される展開。
 いくら先制しても、これだけ逆転負けが多いと順位も厳しくなりますね。
 せめて、先制した試合は確実に勝ち点が取れるようになって欲しいんですが…。
・もちろん、相手はJ1のチームですから、例え前半が上手く行かなくても後半はしっかり
 対処してくるくらいのことは当たり前なんだとは思います。
 なので、問題はそんな相手の戦術変更に対して対応出来ないことと、何より後半途中から
 足が止まって前半の強度が続かないことなんですよね。
・実際、前半は非常に良かったですし、特に攻撃の形に関しては以前よりバリエーションが
 増えてかなり得点の匂いがするようにはなりました。
 あとは、本当に決めきるだけ。
 今回は後半にチャンスらしいチャンスが作れなかったことを考えても、やはり取れる時に
 確実に取れるようになりたいですね。
 もっとも、何度も言ってる通り、最後の精度についてはもう、やり続けて少しずつ上げて
 行くしかないんですが。

・ただ、それでも例えば田中のゴールは、今後にかなり期待出来るモノだったと思います。
 自分が奪って大橋に預けたボールを最後は自らゴール前まで上がって行って決める。
 ああいう得点がコンスタントに生まれるようになると、だいぶ状況も変わると思うんです
 けど…。
・そんな、もはや「19歳なのに」なんて枕詞も不要なくらいの活躍を毎試合見せている田中
 ですが、個人的に最近は彼のパス成功率に注目しています。
 特にこの試合では、パスを受けてから出すまでの時間が非常に短いことが印象的でした。
 パスを出すまでの時間が短いのは受け手を探す時間が短いためであり、それだけ受ける前に
 周囲の状況が把握出来ているということ。
 周りが見えている分、より確実にパスを通せるんだと思います。
・ちなみに、DAZNのスタッツによればこの試合の彼のパス成功率は86%、前半終了時は
 96%でした。
 実は後半に入って何本かミスがあり、そのために90分での数字がやや悪くなってはいますが、
 そのミスも大抵は通ればチャンス、という縦パス。
 そういう意味では、相手にカットされてもリスクが高いパスを出し続けられるメンタルの
 強さも彼の武器であり、魅力の1つだったりします。

・それにしても、今年は勝負弱さがハッキリと結果に現れますね。
 まあ、それを言ったら去年や一昨年の後半も似たようなものでしたが…。
 とは言え、そんな去年でも1度は3連勝もしている訳で、そういう試合が今年も出来るか
 どうかが、これから先の鍵になりそうです。


#終盤、ウチがクリアボールを上手く味方に繋げず、すぐに相手ボールになった時、解説の
 水沼氏が舌打ちしたのを私は聞き逃さなかった。(笑)
 そこまで、ウチの事を気にしてくれているのは嬉しい限り!  
Posted by s_tanaka at 23:55Comments(0)Bellmare 

2021年09月26日

1ー2敗戦

終わってみれば、力負けかぁ。  
Posted by s_tanaka at 19:08Comments(0)Bellmare 

2021年09月21日

2021 第29節 vs 福岡戦

しっかし、試合開始と同時にピタッと止み、試合終了と同時に土砂降りとか…もうね。
いや、ATに入る頃ににわかに風が出て来て嫌な予感はしたんだけど…。
それはそうと、試合内容に不満があるのは分かるが、その文句をアゴマスクで言い続けるのは
勘弁してね。
そうじゃ無くても、最近「ファールだろ!」とか「カード出せ」とか叫んでる人が目立つのに。

・DAZNのスタッツを見たら、ボール支配率が60%超え。
 パス数に至っては、ランキングに相手選手が1人だけというかなりレアなものが観られた
 試合でした。

・ぶっちゃけ、現地で観ている時はイマイチかなぁ?って感じだったんですよね。
 理由はいつもの通り、良いところまでボールは運ぶもののラストパスが通らなかったり、
 シュートが(枠内率は高かったですが)正面だったりしていたので。
 まあ、この辺は監督コメントにもあったように、少しずつ改善していくしか無いんですが。
・でも、帰宅後にDAZNで見直してみると、そこまで悪いという印象は受けませんでした。
 確かに、最後の精度の問題はあるにせよ、そこに至るまでのバリエーションはある程度
 増えた気がします。
 もっとも、あのまま1ー0で終わっていたら、それもあまり意味の無いものになっていた
 ところですけどね。

・それだけに、最後のワンプレーでドローに持ち込めたことは、本当に大きかった。
 勝ち点的に降格圏から1つ離れることが出来たことももちろんですが、何より終了間際の
 ゴールで勝ち点を奪えたのが良かったです。
 なんせ、今年のウチはこういう得点が全く無くて、リードされるとそのまま逃げ切られる
 ことがほとんどでしたから。
・しかも、それを決めたのが大橋だったのも嬉しかった。
 彼はハーフタイムの練習時も良い感じのシュートを幾つも決めていたので、何となく予感は
 あったんですよね。
 結果的に決めたのは頭でしたが、それでも最近のパフォーマンスを見ていると徐々に良く
 なっているは確かだと思うので、今後の更なる量産にも期待したいです。

・ただ、ひとつ気になるのは、後半の入り方が毎回良くないこと。
 後半に入って、相手の最初の攻撃でいきなりゴール前まで運ばれ、そのまま押し込まれて
 ペースを握られる(そして、時にはそのままゴールを奪われる)試合が、今年は非常に
 多いです。
 実際、この試合でもあわやという場面がありましたし、ここは今からでもぜひ手を打って
 欲しいですね。
・いずれせよ、何とかドローに持ち込んだとは言っても、勝った訳では無いのも事実。
 結局、今期の対福岡戦は1分け1敗で負け越してますから、あまり手放しで喜んだりも
 出来ません。
 とにかく、大事なのは次の試合!
 正直、この後のリーグ戦は上位対決が続きますけど、何とか1点でも多く勝ち点を積める
 ようにこの流れを活かしていきたいです。


#それにしても、この試合の中継では、八塚・柱谷コンビに何か悪いことしたかな?って
 くらい、特に前半はウチについて触れてくれなかったなぁ。
 強いのは事実だから相手の選手を褒めるのは別に構わないんだけど、せめて話題くらい
 にはして欲しかったなぁ。
 一応、ホームゲームだしね。  
Posted by s_tanaka at 23:23Comments(0)Bellmare 

2021年09月18日

1ー1ドロー

辛うじて…。  
Posted by s_tanaka at 20:05Comments(0)Bellmare 

2021年09月15日

2021 第28節 vs 大分戦

今回は都合で見逃し配信で観戦。
しかも、見始めたのは夜中過ぎでした。
最初、DAZNのトップメニューにこの試合が見つからず、なぜかJ1のメニュー内でも
見当たらなくて、結局、番組表から探してようやく発見。
こんなこと初めてだったので、もしかしたら、何かの事情で中止にでもなったか?なんて
思ったりもしましたが、かと言ってネットで調べようとすると先に試合結果を知ることにも
なりかねないので結構焦りました。

・うーん、0ー2…。
 今季ホームでの大分戦は逆のスコアで勝っているので、しっかり借りを返された形ですね。
 まあ、以前から大分に対しては決して相性が良い方ではなかったのも事実ですが、それでも
 確実に勝ち点を持ち帰りたい試合だっただけに少々ショックでした。
・ついでに言うと、ウチがシーズン中に監督交代した場合、その新監督が初戦で勝った記憶も
 あまり無いんですよね。
 (シーズン中の交代自体そんなに経験が無いので、もし違ってたらスミマセン)
 いずれにせよ、監督が変わったからと言って最初から上手くはいかないですし、ましてや
 そこから急に勝ち始めることも無いだろうとは思っていました。
 ただ、そうは言っても、2点とも防げた失点だっただけにもったいないなかった…。

・正直、前半を観ている時は、対戦カード的にも監督交代はこのタイミングで正解だったの
 かも、と思いました。
 それは、相手が下位だからとかではなく、川崎や横浜FMのような圧倒的な力を持った
 チームが相手だと、自分達のやりたいこと、やろうとしていることの確認が充分出来ないと
 思ったから。
・でも、途中から考えを改めました。
 確かに、そういう面もあるものの、一方で今回の大分のようにこちらのやり方を冷静に
 受け止めてしっかり対処してくる相手だと、いろいろ再構築中のウチはかえって組み易く
 なってしまったかも知れません。
 ひょっとしたら、ボールポゼッション率が相手を上回っていた時点で、想定とはやや違う
 状況になっていた可能性もありそうです。

・とは言え、そんな中でも山口監督のやり方はそれなりに垣間見えた気がします。
 まだ、具体的にどこがどう変わったとまでは言えないのですが、取りあえず、ボールの
 進み具合は以前よりも良くなったような…。
 当然、まだまだこれから改善していかないといけないと思われる部分も結構ありましたし、
 この辺は何となくシーズン開幕当初の試合を観ているようにも感じました。
・もっとも、現実的には今は開幕直後ではなく残り後10試合という状況ですから、少しずつ
 良くしていくような悠長なことを言っていられないのも確かなんですけどね。


#関係無いけど、「縦パスをつけられないボランチは本当に意味がない」ってコメントは
 カッコ良いなぁ。  
Posted by s_tanaka at 04:57Comments(0)Bellmare