2015年09月19日

【12日目】EP取得&銀行口座開設


海外に来たらまずはVisaの取得ですが、
シンガポールの就労ビザはEmployment Pass(EP)と呼ばれています。

会社が全部申請やアポイントなどしてくれてたので、
指定された場所に写真、指紋を登録しに行って、
それから3日後くらいに会社に届きました。
着任から12日目に取得できたことになりますね。

カードが届いたのが金曜日の午前中でしたが、
当日中に銀行口座を開設しないと、今月のお給料をもらい損ねることが判明して
会社をぬけて大急ぎで銀行口座を開設してきました。
会社の近くのDBS、シンガポール政府系の銀行で一番利用者が多いらしいです。
利用者もATMの数も多いけど、ATMの行列も長くて嫌ってる人もいます。

待ち時間一時間、手続き30分くらいでさくっと口座開設完了。
こちらに住所があって、EPを取得してる人はDepositなしで口座がつくれます。
あと日本にはないJoint Accountっていうのもあって、複数人で共同名義の口座が作れます。

こちらは日本でいうデビットカード機能(NETS)がついたキャッシュカードが一般的で
スーパーやモールでは間違いなくこのNETSで買い物ができます。
まだお給料日になってなくてお金が入ってないので使えませんが…
お給料日以降はこのキャッシュカードでお買い物がはかどること間違いなしです。

いまは日本から持ってきた円を両替したものをほそぼそ使っています。
Plusマークのついたキャッシュカードで引き出しもできますが、
やっぱりレートがきになるので早くシンガポールドルのお給料をもらいたいです。

生活の話ばかりになってしまいましたが、職場の話などはまた後日!


2015年09月13日

【7日目】最初の週末


シンガポールにきて最初の週末は、
金曜日が選挙で祝日になったこともありいきなり3連休でした。
ただ土曜日がおうちに入居する日だったので、
あわただしく必要最低限の物の買い物などに費やしました。

さっそく、こっちで唯一の日本人の友達のKくんに
おうちに来てもらって、Petitハウスウォーミングもやりました。
家の向かいにあるTony's New york Pizzaという如何にもなお店で
巨大なピザとスーパーでチリワインを買ってきて乾杯。

シンガポールの物価は日本より確実に高いです。
おそらくお酒などの税金も高くて、ワインも同じ銘柄で比較して日本の1.5倍〜2倍の値段。
しかも夜1030以降は販売禁止などなど細かな規制がたくさんあります。
シンガポールは国際的で開放的なイメージがありますが、
こうみえて独裁政権で、検閲や情報統制も相当に厳しい国です。
これを皮肉っぽくハッピーな北朝鮮と呼ぶ人もいます。

うちから徒歩数分のところに、ちょっとイケてないけど大きめのモールがあって
電気屋さんやスーパー、フードコートも一通りそろっていて、そこでだいたい事足りています。
フードコートもあるので、そこだと単品だと5ドル(450円)くらいで晩御飯が食べれます。
Daisoは近所にはないんだけど、バスでわざわざいって50点ほど大人買いしました。
Daisoはこちらでは2ドル180~190円くらいだけど、
シンガポール物価からしたら激安で大賑わいです。

あとは必要なのは扇風機、掃除機、電子レンジくらいかな〜。
掃除機はもうすぐ帰る同期にもらおうとおもいます。アイロンはもうもらった!
2015年09月09日

【3日目】初出勤&お家探し

フライトした翌日、まだローカルスタッフがほとんど来ていない早朝に
会社に行って社長に挨拶に行きました。スーツ+タイで。

こちらの駐在員は国内営業出身の方がほとんどなので、
ローカルスタッフがどんなにゆる〜い恰好をしていても
社長以下、駐在員(ほぼ全員管理職)はみんなびしっスーツを着て
日本人感をモーレツにはなっています。

社長からは、ずいぶん若いやつがきたな、高校生に見える、
酒飲みに行くのにIDが必要だなんだといきなり酷評されましたが、
本社で言われていたほど狂犬な雰囲気の方ではなく安心もしました。
海外販社の社長を10年以上やっているだけあって、
60近い年齢とは思えない、漲るエネルギーとナイスミドルなオーラが印象的です。

出勤初日なので、人事から一通りの説明を受けて、午後は不動産エージェントとおうち探し。
エージェントの営業さん(シンガポリアンらしからぬイケメン)が、
会社の条件にあった物件を3件車で見せて回ってくれました。

会社からの指定は結構細かくてBudgetが決まってるのは当然ですが、
エリアも指定のStreet沿いしかだめで、会社指定の家具家電一式がそろった部屋で
しかも今回僕は単身なので1bed roomのレイアウトの物件しか選べません。

一日目に見た三軒は新しいけど、狭すぎるか、道路に面していてうるさすぎるかで
とてもゆっくり過ごせそうにない部屋だったので全部NGをだしました。
会社に戻って人事にどれも気に入りませんでしたと報告すると、
人事はさっさと決めてほしいからでしょうが、シンガポールに静かな部屋なんてないわよ!と
威圧されましたが、気に入らないものはしょうがないので翌日再チャレンジすることになりました。

僕が一日目に相当うるさく、あーだこーだ言ったためか、
二日目にエージェントが探してきた3軒はどれも一日目より良くて
そのなかでも内装がキレイで、角部屋で窓が多くて明るい、
レイアウトも使いやすい部屋がとっても気に入って、一安心。
一日目のあのひどい部屋たちと同じ値段だなんて信じられない…。

部屋のオーナーは、いかにもお金持ちな感じのインド系シンガポリアン。
家具も賃貸の場合大抵やすっぽいIKEAなんですが、ソファもカーテンも
IKEAではなくて高級感があって気に入ってます。テレビは小さいですが。

月曜日にシンガポールにきて、水曜日におうちを決めて、入居は土曜日です。
2015年09月07日

【初日】Hello! Singapore!


渡航日の前日は、いつものようにパートナーと近所の六義園を散歩して、
最後のPackingなどをしながらのんびり過ごして
夜はこの日のためにとっておいたBOLLINGERのシャンパンで最後の夜をお祝いしました。

別れ際はとっても寂しくて、今でも思い出すと3秒で涙がでますけど
二人で時間をかけて相談して決めたことなので、もう言い訳しません。

フライトはシンガポール航空の片道チケット。
エコノミーだけどとっても快適でした。Inside Outみてまた泣きました。
フライト時間が8時間を超える海外赴任だとビジネスになるようで
インドや欧米の人はビジネスクラスでリッチに赴任してるようです。
シンガポールは7時間程度なので惜しかったですね・・・。

到着したら空港で、前任者の同期の女の子と上司がお出迎え。
上司からは、車の中でいきなりプライベートな事情を根掘り葉掘り聞かれタジタジ。

海外赴任の駐在員人間関係はとっても小さな村社会なので
東京の本社のようにドライな仕事のお付きあいだけという訳にはいきません。
また、家族形態によって福利厚生が大きく変わるので、
その辺も間違いがないように気を使って聞いてくれたようです。
とっても気の利く上司。

前任者は任期満了ではなく、赴任中にそのまま寿退社するという事情があって
しかも旦那さんはアメリカ在住の台湾人。なのに僕の婚約者も台湾人で、
まだ籍を入れてなくて、東京においてきたというなんともデジャブな条件に、
隠し切れない衝撃をうけたようで、シンガポールの社長に即報告したようですw

結局、僕の設定は、婚約者は年上の台湾人で東京で仕事していて
一緒に買った持家に住んでいて、仕事があるので当面はシンガポールに来ない。
・・・ということになりました。

籍を入れない事情は???ってなってるみたいですが、
前任者の同期も籍をいれず婚約状態で数年間シンガポール勤務してたので、
家族計画に関して、ジェネレーションギャップがあるのかなぁ、
と無理やり自分を納得させたようです。

初日は韓国焼肉を課長部長と同期と4人で軽くいただいて、
いい時間だったのでそのまま仮住まいのホテルに帰って休みました。
2015年09月05日

【渡航2日前】東京の台湾好朋友

東京最後のFriday Nightは、
東京で一番仲良しの台湾の友人たちとのFarewell夜遊びでした。
いつものようにバカ騒ぎしながら、大久保のほうで韓国料理をがっつり食べ、
まっこりを薬缶でがぶがぶ飲み、新宿で楽しい夜を過ごしました。

社会人になってからは、通勤が山手線の右側だったので、
丸の内〜有楽町〜新橋あたりで過ごすことが多くなりましたが、
学生時代の思い出は、もっぱら高田馬場〜新大久保〜新宿エリアです。
昨日も学生時代に戻ったような気分ではしゃいでしましました。

台湾のイメージが強い僕ですが、学生時代一番長く留学していたのは香港で、
台湾は複数回に分けてトータルでも半年くらいの滞在だったかなと思います。
香港の友達って正直多くないのですが、台湾の人とは公私問わず縁があり、
東京に住んでても、仲良しの友人は日本人と台湾人が同数くらいだと思います。
仕事で仲良くなった人もたくさんいますし、台湾人の魅力は、
なんといってもあの独特の人懐っこさ・純朴さですね。


もう社会人生活も長くなってきて、学生時代のころに比べると
いろんな価値観を吸収する柔軟性が薄れてきたかなと、自分でも思うけど
今回久しぶりにまた海外、(またアジアだけど)、シンガポールにいって
少し凝り固まった考え方をリセットできればいいなと思います。

東京〜香港〜台北〜シンガポールとアジアの都市を順番に制覇中ですねw
2015年09月03日

【渡航4日前】赴任前研修

初めての海外赴任だからといって、
特別専門のトレーニングが事前にあるわけではないのですが、
今回はタイミングよく2つの研修に参加することができました。

 ̄儻譽優乾轡─璽轡腑2days
赴任前異文化コミュニケーション1day

 ̄儻譽優乾轡─璽轡腑鵑蓮
文字通り英語でのネゴを実践的に訓練するコース
参加資格は社内のTOEIC800点以上で業務上英語で交渉事を行っている人。
カナダ人講師と自分を含めて6人の生徒で2日間みっちり、
交渉の段取りの組み方、フェーズごとの常用フレーズを集中的に覚えました。

大学卒業以来、まともに英語を使っていない(という言い訳が今後通用しない)ので
若干、勇気を振り絞って参加した研修でしたが、とても実用的でした。
そして自分の発話力の低さに愕然としたのでした。精進します・・・・。


赴任前位文化コミュニケーションは、
こちら外部の研修@銀座の会議スペースで、他社の方も一緒の楽しい研修でした。
これまた偶然ですがこちらの講師も2人ともカナダ出身の方でしたね。
受講者は8人位で、タイ・ブラジル・中国・フランス等へ赴任する方と様々でした。

この研修の目的は、異文化をどのように理解するかではなく、
自分がこれまで経験してきた◆教育◆意思疎通◆企業組織が
グローバルに考えた時に、どんな位置づけにあるかを理解するためのものでした。

 ◆教育については、アジア圏に多い先生絶対主義の孔子型、
 欧米で主流の生徒参加型のソクラテス型があるんだよっていうのと、

 ◆意思の疎通は、ざっくりLow-context文化、High-context文化があって、
 日本やタイでは阿吽の呼吸、空気を重視するHigh-context文化で
 すべてを文字通り言葉にしなくても意思の疎通がはかれたりしますが、
 オーストラリアやアメリカなどのLow-context文化は、
 たとえお互いよく知った話題であっても主語、目的語、結論まで
 一言一句ことばにしないと、コミュニケーションが成立しませんよというお話。

 ◆組織については、アメーバ型とピラミッド型があって、
 日本に多いのはアメーバ型、個人の業務分担が曖昧でチームで相互補完しながら
 仕事を進めていくやり方。逆に世界の大半の国で主流なのはピラミット型。
 こちらは個人の業務分担が明確で、担当業務以外は一切やらない。
 担当業務のアウトプットのみでパフォーマンスを評価するという考え方。

以上、簡単ですが、この3つの点について、英/日バイリンガル授業で
他の受講者人たちと面白おかしく学んだ一日でした。

シンガポールオフィスでは上司は主に日本人、同僚はほぼシンガポール人。
シンガポール人は中華系が大半だそうで、中国語を使う機会が多々ありそうです。
ただし、シンガポールはアジア拠点なので、傘下の国々とは完全に英語ですね。

言葉だけでなく、早く国ごとの仕事習慣やマナー、
タブー等学んでいかないと痛い目を見そうです。
2015年09月02日

【渡航5日前】柄になく感激の壮行会

8月30日(月)が東京での最終出勤日でした。
最終出勤日は午前中に後任者に最後の引き継ぎをして、午後は挨拶まわり。
用意したバームクーヘンは数が足りなくて、後半は挨拶だけになりましたが…。

夜は部の若手総勢18人(出席率100%)が大集合して走行会を開いてくれました。
海外赴任に行く人全員がこんなに盛大に送り出してもらえるわけでないことは、
これまでの経験上わかってるので、柄になく感激してしまいました。
やっぱり最終出勤日までの一ヶ月は、仕事の引き継ぎもあったし
飲み会もいつになく多かったので疲れがでたのか、今週は風邪気味です。

さてさて、明日は引っ越しの荷物引取の日なので、
パッキングのラストスパート今日一日頑張ります。




2015年08月30日

【渡航8日前】辞令は突然に


突然ですが、シンガポールに行くことになりました。初の海外赴任です。

東京でのOL生活も6年目になり、
一昨年購入したマイホームでの生活にも慣れ、
幸せ120%で暮らしている最中に急転直下で降ってきた辞令。

独身の頃のように、精神的にも、物理的にも身軽でないので、
上司から内示を告げられた時は、その場で行きますと即答できませんでしたが、
結局は自分のシンガポールで働いてみたいという気持ちが勝って、
ただいま赴任準備の真っ最中です。

!Singapore!

ひと通りの送別会やら壮行会やらも終わり、
明日8月31日(月)は東京オフィスでの最終出勤日です。
職場での異動のあいさつ回りの為にJUCHHEIMのバームクーヘンを買いました。
社会人になってからは2回目の異動、一回目は4年前、震災の直前でした。

入社してしばらくは、精神的に落ち込んだ時期が続きましたが、
2年目に台湾の取引先との調達業務をやり始めてからは仕事が楽しくなりました。
以前はたくさんいたベテランの爺さんや、意地悪のお局さんたちは
ここ数年でみなさん引退されたり、異動したりでいなくなったので
最近はすっかり自分がお局にでもなったように、ストレスなく過ごしています。
もっとちゃんと指導してあげればよかったと(今更ながら)思いますが、
可愛い後輩もたくさんできました。

最終出勤日の明日は、職場の若手だけの壮行会があります。
ちょっと風邪気味ですが、最後なのでいい顔してきます。

!Singapore!

渡航日は9/7(月)仕事はもう明日で終わりですので、
ビザや予防接種などはもうすべて終わったので、あとは荷物の整理と心の準備をするだけです。
シンガポールにいってからは当面は、大学生以来の一人暮らしです。
寂しくなってまたブログにいろいろ書きたくなると思います。

写真はFacebook、Instagram、LINEで共有しますので、
ブログは文字ばっかりになるとおもいますが、お付き合い下さい!