2012年02月12日

SiriusCompで比較明合成

前々からやってみようと思ってた星空写真の比較明合成写真と微速度動画、作ってみるかなと思いたち、星ナビで取り上げられていたフリーソフト、「SiriusComp」を使ってみました。

このSiriusCompが非常に有能で、

 ・簡単に比較明合成が出来る
 ・AVI形式の動画を作成出来る
  (残像感も出せる)
 ・ダーク演算が可能

と、自分が求めていた機能がコンパクトにまとまっている素敵フリーソフトです。


■準備編

なにはともあれ、素材写真を準備します。
比較明合成と微速度動画を作るのに共通して必要な素材が、一定間隔で撮影した星空写真。
戦場ヶ原で撮ってきました。

IMG_0004


▼撮影データ
 ・Canon EOS60D
 ・Canon EF-S18-55 → 18mm
 ・ISO:6400
 ・露出:15秒
 ・F値:F4.5

こんな感じの写真を、撮影と撮影のインターバルを5秒ほど撮って、いい感じに100枚程度撮影します。

無題


露出時間をなるべく少なくしてより枚数を多く撮るためにISOを6400まで上げてみましたが、ノイズが酷いです。

手持ちのPhotoshopCS5でバッチ処理をおりゃっとやればもう少しまともな見栄えになりそうですが、今回は比較明合成と微速度動画を作ることが目的なので、あまり細かいことを考えずにこの写真をそのまま使うことにします。

バッチ処理はまた今度やってみよう。

 
■比較明合成写真の作成

1.SiriusCompをおもむろに起動します。
無題


2. 銑を入力します。ダーク演算用の写真はひとまずレンズキャップかぶせて同じ設定で撮影した画像を選択。
無題01


3.い波羈嗅盛臉したい写真を選びます。当然複数枚選ぶことになるので、ShiftかCtrl押しながら良い感じに100枚ぐらいの写真を選択します。
無題02


この時ポイント(だと勝手に思っている)のが、時々車のヘッドライトなどで前景が明るく照らされている写真を、取り込むか取りこまないかの選択。

これを敢えて入れることで前景を明るくするのも手ですし、敢えて入れないでおくのも手です。
個人的には、比較明合成写真を作成する時は入れた方が星の軌跡が切れなくて綺麗ですし、微速度動画を作成する時は入れない方が、目がチカチカしなくて良いかなぁ、と思います。

4.3項で写真を選ぶと、自動的に比較明合成写真の作成が始まります。がんばれー。
無題03


5.と言うことで、出来上がり。
hikakumei


おおお!こんなに簡単に比較明合成写真が出来ました。

感動だ。


■微速度動画の作成

1.比較明合成写真の作成で入力側の設定は終わっているので、出力側の設定をするだけです。「動画作成」タブで「動画をついでに作成する」を選択し、入力するだけです。

無題04


2.と言うことで、出来上がり。
動画もアップロードしようと思ったのですが、そういえばYouTubeのアカウントどうしたっけな、と思ったので、面倒なのでやめます。
まあ、良い感じに微速度動画です。


では、今回のまとめ。

■まとめ

・SiriusCompは、比較明合成写真や微速度動画が超簡単に作成できる素敵ソフト!
・PhotoshopCS5などの画像処理ソフトやWindowsムービーメーカーなどの簡易動画編集ソフトの併用で、もっと表現の幅が広がりそう!
・比較明合成写真は思った以上にインパクトのある仕上がりになるので、背景や前景を変えてみると色々な写真を楽しめそう!

s_trance at 17:56│Comments(1) 天体写真 

この記事へのコメント

1. Posted by モリタ セイジ   2018年10月22日 12:18
ありがとうございました。参考になりました。 
なお、私にPCはWindows10ですが、この作業を行うに、問題はないでしょうか。 勝手なお願いですが、ご返答いただければ幸いです。
 連絡先
Eメイル
  morichan@kde.biglobe.ne.jp
  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■月齢■