2007年09月

2007年09月29日

相良子生まれ温泉会館3

打ちっぱなしの後、ちょっと足を伸ばして相良子生まれ温泉に行ってみた。
20時過ぎに着いたが、結構駐車場はいっぱいだった。雨模様の天気ですが、繁盛しているようです。
建物も新しく、こんな山の中では立派な施設です。建物は大きいですが、温泉施設はその一部って感じです。券売機で入浴券を購入し、窓口で渡す。3時間券と1日券があるようで、あと2時間弱しかないので3時間券の500円。帰りに半券を見せて下さいとのこと。
内湯はそれなりの広さがあり、洗い場の数もそれなりにある。お湯の色はお茶色って感じ。ほんの少しだけ濁り気味だが透明に近い黄緑色の湯です。ちょっと塩味で、湯口からは温めの湯が出ていた。湯口以外で加温循環していて、若干塩素臭がしている。それにしてもこんなに山の中で遅い時間だが結構混雑している。
露天風呂もあるが、結構人気で混雑状態だった。敷地の割にはお風呂の大きさが小さい。湧出量が少ないからか?もう少しお風呂を大きくしてくれるといいのだが...
1時間半ほど滞在し、帰宅した。

ゆらん温泉シールラリー2007-08 10湯目 現在、温泉序ノ口

さがら子生れ温泉会館
静岡県牧之原市西萩間676-1
TEL (0548)54-1126
人気ブログランキングへ

2007年09月22日

大沢温泉 かじかの湯3

石廊崎を出てそのまま戻るのもなんなので、海沿いを松崎方面へ向かう。海沿いではない道も多く走りながら見える景色はいまいちか?
松崎からは下田方面へ戻ることにした。少し行ったところに道の駅があったので一休み。
この道の駅には「大沢学校」とかいう古い建物が2つあり、見学できるようになっていた。
大沢学校1大沢学校2

そしてその横に、「ゆ」の文字が...
かじかの湯

かじかの湯とかいう小さな日帰り温泉施設があった。まだ3時半なので温泉に入る人が少ないせいか車は全然停まっていなかった。内湯のみの小さな施設っぽいが石廊崎の歩きで結構汗をかいたので、せっかくだから寄ってみた。
入口で靴を棚に入れ、券売機で入浴券を購入。窓口のおばさんに券を渡し、更衣室へ。ロッカーは100円が戻らないタイプだったのであきらめて100円入れる。内湯は岩風呂みたいになっていて、5,6人程度は普通に入れ、かけ流しされていた。少し熱めだが無色透明無味でわずかに温泉臭の残るあっさりした湯でした。大沢温泉の単純温泉と書いてあった。大沢温泉はここから少し山に入ったところにあり、そこから引き湯しているのか?
洗い場は片面に6ヶ所くらいだったか?まあ想像通りのコンパクトなつくりだった。とおもったら、外に出るドアと、そこから上に上がる階段が...外に出てみると半2階になっていて露天風呂があった。ちょっとびっくり。露天のほうがちょっと熱めであまり長湯はできないが、露天はうれしい。だれも先客がいなかったので、期待を裏切られたいい温泉です。
30分ほどのんびり入っていたが、がきどもや地元のじいさんたちが4時を過ぎたあたりからがんこ入ってきて大盛況になってしまった。けっきょく1時間ほどで退散する羽目になりましたが、立ち寄って正解でした。
お湯が熱かったので休憩所で30分ほど休ませて頂きましたが、近所のおばさん曰く、この近くの大沢温泉のほうが大きな露天風呂とかがあるそうですが、ここよりも熱くて長湯はできないと言ってました。ん〜ちょっと興味ありですが...
温泉を出て下田へ戻り、135号で北上。伊東の道の駅に立ち寄った。ここにも温泉があり、タオル貸し出しつきだったが値段が高かったので入るのをやめた。朝からろくに食べていなかったので、横の建物にあった食堂で近海寿司なるものを食べた。近海物のネタを使った寿司で、イセエビの味噌汁つきで2000円でした。ちょっと高かった気もするが...
あと帰り道に網代であじの干物を購入。熱函道路を抜けて、三島から1号で帰った。順調に11時前には帰り着いた、
まあのんびり旅でした。明日からは夕食は干物デーか。

かじかの湯
静岡県賀茂郡松崎町大沢20-1
TEL (0558)42-3420
人気ブログランキングへ

石廊崎

ホテルでチェックアウト時に両親の分も支払いたい旨伝えてきたので精算しようとしたところ、カード決済ではだめと言われた。やられた。普段あまり現金を持ち歩いていないので払えない。とりあえず、自分の分だけカード決済し、もう1回戻ってくることにした。JRのチケットや宿のパンフレット、工程表に説明書きをつけて書留で郵送するためにまず伊東郵便局に向かった。時間外窓口で手続きを済ませ、帰り道のセブンイレブンで現金を下ろす。宿に戻る前に伊豆高原の駅前の駐車場に車を停め、宿で案内された伊豆急東海タクシーの営業所に立ち寄る。宿で紹介された旨伝えて観光タクシーを予約、お金を払う。紹介を伝えないと高くなるようです。駐車場には30分以内で戻ったので0円だった。ラッキー。宿に戻り宿泊料を先払いし、今回の目的は完了。
もう1時を過ぎてしまったが、せっかくだから少しだけ観光しよう。伊豆には何回も来ているが、石廊崎に行った記憶がなかったので、今回行ってみることにした。135号を南下。下田を抜けて県道で石廊崎へ。入口の港にある駐車場ではしっかり駐車料をとっていた。でもなんか寂れた感じで一世代前の観光地って感じ。遊覧船も出ていたが、この客の数だと商売にはならないのでは...駐車場で金なんか取ってるから観光客減ってしまうのでは。駐車場から石廊崎までは結構歩く。以前は観光客を運ぶ乗り物があったような古びた施設や建物などがあった。なかなか寂れ感がすごい。10分以上歩いたところで灯台に出たが灯台には登れないらしい。その先に神社の参道があり、灯台の下の崖の中に神社があった。一番先の岩場まで歩いていけるが、下には降りられない。岩場の下では遊漁船で運んでもらったのか釣り人が釣りをしていた。
まあとりあえず石廊崎へ来たということで終了。
石廊崎1石廊崎2

石廊崎3

人気ブログランキングへ

2007年09月21日

八幡野温泉郷 きらの里(海鮮料理 海つばき)

前回夕食は溶岩焼きの山ぼうしで頂きましたので、今回は海鮮料理の海つばきで頂きました。料理長はどうやらどちらも一緒のようです。
海つばき献立

両方を頂きましたが、個人的には溶岩焼きの山ぼうしのほうがお勧めです。両親にもこちらを勧めておきました。
食事の後また大浴場に行き、帰りは夜鳴きそばを頂く。
翌日も朝一に大浴場、その後朝食を頂く。のんびり里山を散歩し、チェックアウトはぎりぎりの11時でそれまでのんびりしていた。
里山風景小さなウサギ

人気ブログランキングへ

八幡野温泉郷 きらの里(貸切り風呂)

大浴場は今日も空いていた。まあ宿泊者の半分は夕食中なので、当然かもしれませんが。浴槽によってはかけ流しと循環があるが、別に塩素臭くはなく、循環のほうが加温循環されているので熱めではある。だた、いずれもかけ流しされ新鮮なお湯があふれているって感じです。アルカリ性が強いので、もう少しすべすべ感があってもと思うが、硫酸塩泉だとすべすべ感は少なくなるのか?まあ気持ちすべすべ感があるって感じなのがちょっと残念ではある。(贅沢言い過ぎですね)
前回少し蚊に食われたので、何か対策されているのかと思っていたら、露天風呂では電池式の蚊取り器が、内湯では蚊取り線香を焚いていた。行ったつもりはないが、期待したとおりになっていた。いいじゃないですか、すばらしい。
前回貸切り風呂は1人用の壱の湯しか入れなかったので、今回弐の湯と参の湯に入った。
まさに弐の湯は2人用、参の湯は3人というか4人用くらいか。まあどこに入ってもお湯は同じなんですが...ちょっと楽しませていただきました。
弐の湯竹仙参の湯岩座

人気ブログランキングへ

八幡野温泉郷 きらの里(旅籠八幡野)

来週、両親を旅行に招待する準備も兼ねて伊豆へ旅行に出かける。
金曜日に有休を取り、昼過ぎに出発。平日なので午前中散髪に出かけたが、いつも行っている店は予約でいっぱいだった。平日なのに、おいおい。
1号を東進、静清バイパスは混むので150号バイパスへ出て静岡ICへ向かう。
静岡ICから沼津ICまで高速利用、1号三島市内は混んでいるようだったので、南進してパス。大場駅前を抜けて熱函道路へ。熱海駅前の市営駐車場に車を停める。
熱海−伊豆高原間のチケットは1ヶ月前の発売日に手配。行きはリゾート踊り子の海側グリーン車、帰りはスーパービュー踊り子の先頭座席を確保。親にあげるにはもったいないくらいの席です。ただ京都−熱海間をこだまグリーン回数券で同時に買おうとしたら売ってくれなかった。こだまグリーン回数券は京都と熱海(発着駅)近辺でしか売ってくれないとのこと。JTBとかでもだめらしい。しょうがないので熱海駅に買いに来たって訳です。ついでに熱海観光に観光タクシーも手配しておこう。タクシー会社は何社かあるようですが、違いは???駐車場のすぐ前にあった伊豆箱根交通のタクシー会社があったのでそこでお金を先払いしお願いした。
のんびり来たのでもういい時間になってしまった。時間があったら温泉にでもと思っていたが無理だ。とっとと旅館に向かう。
今日の宿泊場所は「きらの里」、6月に着てから2回目になる。両親もこちらに招待する。9月までは宿泊料が安かったので...
135号を南下、伊東を抜け八幡野の信号を右、しばらく行ったところを右で到着。夕食準備とかで忙しいのか帳場前には誰もいないし、帳場には1人しかいなかった。さすがに6時前だったので、この時間にチェックインする人は少ないのだろう。最後だったのか、帳場前の空きスペースに車を停めさせてもらった。ラッキー。前回は個居うみ蛍だったが、今回は旅籠八幡野だった。違うところを手配してくれるとはありがたい。帳場より好みの作務衣か浴衣を選んで持って行く。八幡野は帳場の裏で、部屋は3階だった。
部屋の造りはうみ蛍とそんなに変わらないがベッドが2つあり、畳の間も6畳あり、火鉢がおいてあった。がこの時期は意味ないが。広さは倍近くあるかも。トイレはウォシュレットだが、風呂はなくシャワーのみ。まあ大浴場があるので、部屋には風呂はいらないですね。ベッドはダブルぐらいの広さがあり、ゆったり。
到着が6時前だったので、夕食は8時半からということだった。時間があるのでまずはひと風呂入りに行った。
旅籠八幡野1旅籠八幡野2


八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里
〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1326-5
TEL (0557)55-3311
人気ブログランキングへ

2007年09月16日

池田温泉 新館3

野間から内海へ戻り、車を出す。ゴルフ観戦中に電話があったみたいで、確認すると車の修理が終わったらしい。岐阜に取りに来いと。普通は俺ん宅に届けるのが普通だろ!って修理屋さんに言っても状況が分からないようだ。保険屋さん休みで確認できないので、代車をそちらに捨ててよいかだけ確認してもらい、OKが出たのでこれから取りに行くことにした。しまった、今日はテルメウツミに寄ろうと昨日行かずに取っておいたのに。武豊ICまで下道を走り、大府ICまで乗る。名古屋市内の渋滞を避け、競馬場の横を通り、22号で岐阜へ。清洲の立体でちょっと渋滞したが、それ以外は順調に岐阜にたどり着く。いやー1ヶ月ぶりのマイカー。1ヶ月もサニーに乗ってたので、座った感覚が変。せっかく岐阜まで来たので温泉にでも寄ってから帰ることにするか。
しか〜し、ナビがおかしい。ずっと走行中扱いになっていて、操作が出来ない。地デジも見れないし...これだから車を修理屋さんに出すのいやなんだよね。まあ今回の修理は相手方が100%悪かったので相手方に任せたこともあり、しょうがないけどね。
この辺で有名な日帰り温泉といえば池田温泉か。揖斐川には親戚がいてよく来ていたがその頃はなかった。21号を大垣方面へ。腹が減ったなぁと思ったら天下一品が...
迷わず入った。久しぶりのこってりはうまい。
大垣から揖斐川方面へ。この道は昔よく通った。懐かしい。池田町で左に曲がり、わりとすぐで到着。結構駐車場はいっぱい。池田温泉はふもと側に新館が山側に本館があるらしい。よく分からないので、新館に行く。
入口は駐車場からちょうど裏側にあり、入るとすごい人がいた。靴を靴箱に入れて券売機で入浴券を購入、受付で渡して更衣室へ入場する。ロッカーに着替えを入れ(100円バック式だっけ?)内湯へ。浴室は大混雑でイモ洗い状態。人気の高さが伺える。源泉口からはぬるめの湯が出ていて、循環で加温調整している感じ。うわさどおりのヌメヌメ感があり、お肌スベスベになりそう。お湯は無色透明に近く、無味無臭に近い。少し白っぽくて少し甘っぽい。良くあるアルカリ性のスベスベ炭酸水素塩泉って感じ。内湯ではあまり感じなかったが、露天風呂では少しだけカルキ臭がした。掛け流ししてなくて、これだけの客なら仕方ないかもしれないが、ちょっと残念。
他に歩行浴やジャグジーとかもあったが、あまりの人の多さにびっくりって感じ。イス以外にも座れるところはあったので1時間ほどくつろいだが、これならあらたまの湯のほうが空いてていいかなと思う。
次来るときは本館に行って見よう。
帰りは大垣から羽島、尾西に抜け、蟹江に下って23号で蒲郡まで出た。さすがに眠くなったので、竹島水族館の駐車場で朝まで寝てから、豊川-袋井をETC通勤割引を利用して帰った。でもこの行為が実は危険な行為だったと後で気づいた。
家に帰って、ナビの操作が出来ないのを直そうとコンソールを開けたら、ねじ緩ませっぱなし、アースが全然取れてないのが原因だった。ETCのアースもかろうじて触ってた程度。運が悪ければバー開かなかったかも。おー怖。配線を誤って切ってしまい直してあるのもあったし、コンソールカバーよく見れば割れているし...事故った時にノートパソコンがぶつかって割れたのかも...そうそうパソコンのパーツもいくつか飛んでたし、ヒンジも折れたし...やっぱ、こっちに車運んでもらってから直してもらえばよかった。地デジはアースを取ったら映ったが、異常に写りが悪い。アンテナ線にも問題ありかも。いろいろ配線を直したが、地デジの配線の問題は時間切れ、フロントカメラの配線も自分で直さんといけないし、こういうお金は保険から出ないんでしょうか?今度電話があった時に言って見よ。

ゆらん温泉シールラリー2007-08 9湯目 現在、温泉序ノ口

池田温泉 新館
岐阜県揖斐郡池田町片山1970-1
TEL (0585)45-0261
人気ブログランキングへ

2007年度 マンシングウェアレディース東海クラシック 3日目

7時前にはホテルを出発、昨日のことがあったので、直接内海駅へ直行する。天気は雨、途中降ったり止んだりを繰り返すが、結構激しい雨も降る。強雨は大丈夫かなぁ。河和駅前の駐車場の看板は今日はゴルフ場ではなく、師崎方面へ向いていた。南知多ICの前までは案内看板を見かけたが、途中雨もすごくて看板を見過ごす。停めるつもりもなかったが、ギャラリー駐車場がどこだったかは不明のまま。7時半過ぎには内海駅に着いた。昨日は喫茶店の人が駐車代を取っていたが、さすがにこの時間はいない。昨日と同じ場所に、昨日から停まってたかのごとく停めておく。急行で野間に向かう。駅を降りちょうどバスが来て乗れた。ただ、バスはゴルフ場の下で降ろされた。選手や関係者の入場が終わるまではバスは上に入れないのかも。何で今日は下と文句言ってた客もいた。
結構歩きゴルフ場に到着。今日は前半は日下部さんとやっちゃんの組に付くことにする。あと一人の高橋プロも含め、2日目を終わって+2、33位タイでみんなシードまであと少し(日下部さんだけはまだまだ遠いですが...)なので、ここでアンダーパーをマークして上位進出してもらいたいと思う。
1〜3番は昨日行かなかったので初めて見る。2番で智子ちゃんが幸先よくバーディ、こりゃいいぞ、と思ったが、天気が悪くその後はスコアが伸びない。3人とも5mくらいのチャンスははずすものの、何とかパーをキープ。このままいくかと思ったが、智子ちゃんが8番9番で連続ボギー、この雨の中ショットは良かったのにパットがねぇ。FAMILYパスをつけた智子ちゃんの両親?親戚?も応援されてたみたいなので、がんばって欲しいですが...
でもやっちゃんは9番でバーディー、お客の多いホールで魅せるとはやるねぇ、やっちゃん。
9番から10番は観客が多い割りにギャラリーのスペースが狭いので移動が大変。インはすぐスタートしたようなので、付いていけなかった。ら、情報によると10番ティーショットで智子ちゃん痛恨の左OB、トリプルだったらしい。俺が見に行かなかったから?(そんなことないですね。)
インはどこかの組には付かず、15番へ直行した。グリーン近くの土手のイスを確保、全組が通過するのを見守ることにした。
さすがに15番はサービスホールで、2オンイーグルを狙う人もいて、結構見ごたえがある。飛ばない人は2打目をアイアンで安全なところに置いて3打目で勝負するが、安全に行き過ぎると2パットのパー。でも飛ばない辛荽周とかは、2打目をすぐ池が横の狭いフェアウエーにウッドで持ってきて、そこに運ぶのもすごいが、そこから50ヤードほどのショットをピンにぴたりでバーディーってのもすごかった。
ティーショット一番飛んでたのは、福嶋晃子か地元新人の服部真夕だった。この二人はたぶんアイアンでセカンドを打ち、楽々2オン。イーグルはならなかったが2パットのバーディ。この2人にはパー4みたいなもの、池は関係ないらしい。しかし新人の服部真夕の飛距離には驚いた。今年のトップ合格だけはある。絶対ブレークするので一押マークを付けておかないと。
微妙に飛ぶ人にとって、ここはサービスホールでもあり、魔のホールでもある。背の低い肥後プロは果敢に2オンを狙い花道に持ってきて、見事バーディを取ると歓声が上がっていた。我が智子ちゃんも狭いフェアウェイまで上手に運び見事バーディ、よくやった。他にも3オンがべたピンのバーディは結構いた。しか〜し、成績が下でイーグル狙いの池ぽちゃならまだいいが、上位スコアの大事な場面で調子に乗って2オン狙いで池ぽちゃも続出。
手始めはしのぶちゃん。池のはるか左に打ち込み、転がって池へ。打った方向はお話にならない。まあ左足下がり斜面からよく寄せてボギーに下のはさすがですが...
今日スコアを崩してしまった茜ちゃんも、ぎりぎりを狙って転がって池ぽちゃ。ましてや単独首位だった桃子ちゃんまで同じように池ぽちゃ。おいおい。2人ともボギーで済ませたのは立派だが、桃子ちゃんは尾を引いたのか、次の16番ショートでグリーンオーバーで万事休す。せっかくの優勝のチャンスを逃してしまった。
優勝したのは中国の藍ちゃんことチャンナ。チャンナは15番でもセカンドを狭いフェアウェイに運び、べたピンで楽々バーディだった。17番でもバーディを取ったらしく桃子ちゃんとは対照的だった。
最後桃子ちゃんがセカンド打ち終わった後、コースを後にし、バスは少し並んだが少しの待ち時間でわりとすんなり乗れた。
今回は2日とも天気が悪く、駐車場にも苦労させられ、散々なツアー観戦だった。来年もここでやるの?
人気ブログランキングへ

2007年09月15日

JAあぐりタウン げんきの郷 めぐみの湯3

今日泊まるホテルは温泉でなないので、夕食も兼ねて温泉に入りに出かけた。半田のコロナワールドは行ったことがあるので、他にはごんぎつねの湯ってのがあった。評判は良さそうでしたが、シャンプーが置いてないとか書いてあったし、シールラリーの対象ではなかったので、またの機会に。ということで、JAあぐりタウンにあるめぐみの湯に行くことにする。
半田より方角的には真北、代車に乗っているいまいちなナビで適当に北上、意外と迷わず到着する。駐車場はJAあぐりタウンとしてあるようで結構広いが、20時半を過ぎたこの時間は温泉客の車だけで、手前に集中して停まっていた。
施設は立派で、エスカレーターで2Fに上がります。靴箱(100円バックのやつだったかな?)に靴を入れ、券売機で入浴券を購入、券と靴箱の鍵を受付で渡して、更衣室の鍵を受け取る。フロアにはレストランや売店などもあった。更衣室で着替え内風呂へ。ここは洋風風呂と、和風風呂の2種類があり、週交代制だそうです。今日は和風風呂でした。内湯は4区画に別れていて、左側から日替わり風呂(この日はコラーゲン風呂とかになっていた。入ってみたが良く分からず。)、普通の温泉風呂、ジェットバスとかのある深い温泉風呂、ただの深い風呂?(入らなかったのでよく分からなかったが、気泡風呂らしい)と並んでいた。時間が遅いせいか、これから帰る人が多いようで、レストランや休憩所とかは人が多かったが、内湯は結構空いていた。温泉は、少しスベスベで、チョ〜塩辛い温泉だった。あまりマイルドさはなく、まさに塩味のみって感じでした。ちょっとスベスベ感はいいです。塩辛さ以外は、無色透明に近く、ほぼ無臭でした。洗い場も十分な数があり、サウナもありました。
左から露天に抜ける出口があり、出た正面には一段上がったところに壷風呂がずらっと並んでいました。さすがに常滑焼の地元ならではかも。左の2つが湯呑(?)の形で、急須というか鉄瓶(陶器製ですが)の口からお湯が注がれています。次の2つはお釜のデザイン(でも陶器)になっていて、かえる(かっぱ?)の口からお湯が注がれていました。いずれも温泉が贅沢に使われていました。そしてその奥に、もっと大きな湯呑の風呂がありました。でかっって感じ。数人でも入れそう。
階段を下りたところは、露天岩風呂になっていて、細長くて、それなりの広さがある。一番奥には中途半端な寝湯があった。もともと打たせ湯か?
露天はいずれも温泉が使われていた。反対側には大きな滝があったが、人が入らないように柵がしてあった。水風呂代わりに入る人でもいたんでしょうか?
閉館間際だったからか、空いていて広々していて、閉館までの1時間半ほど滞在した。少し値段は高いが、なかなか良かった。
帰り半田に戻って、入ったことのなさそうなラーメン屋を選んで夕食を食べた。入ってから気がついたのだが、店はしなとらだった。入ったことあるって。しまった。

ゆらん温泉シールラリー2007-08 8湯目 現在、温泉序ノ口

JAあぐりタウン げんきの郷 めぐみの湯
愛知県大府市吉田町正右エ門新田1-1
TEL (0562)45-4080
人気ブログランキングへ

サンポートホテル ミズホ

今回知多半島で1泊を予定しましたが、どこに泊まるかで迷いました。土曜泊なので、温泉旅館やリゾートホテルは高く×。ビジネスホテルで温泉付とかも特になく、空港近くにはビジネスホテルがたくさん出来ているが、駐車場が有料だったりして却下。で、今回泊まるサンポートホテルミズホは朝食付で4800円と格安。評判も良さそうですし、無線LANも使えて駐車場も無料。ということでここにした。
南知多から、内海、野間と抜け、武豊ICの前を抜けて半田に入った。ホテルの場所は駅から離れているが、車では結構判りやすいところにあった。
駐車場は何ヶ所かあるようですが、ホテルの南側に車を停め、チェックイン。一休みした後、日帰り温泉と夕食を食べに出かけた。
部屋はごく普通のビジネスホテルって感じ。建物は古いかもしれないですが、きれいにしてありました。フロアにはミネラルウォーターのタンクがあり、なんか外国みたい。あとちゃんとウォシュレットも付いていた。
翌日の朝食はトースト、ゆで卵、サラダとドリンクバーで、十分とはいえないが、まあ満足。
値段の割には十分のサービスではないかと思う。また機会が在ったら泊まる。

サンポートホテル ミズホ
〒475-0828 愛知県半田市瑞穂町9-3-1
TEL (0569)23-7777
人気ブログランキングへ

南知多温泉 うめ乃湯4

ゴルフ場から駅行きのバスにはあまり待たずに乗れた。
野間駅から内海駅に戻り、車でぐるっと知多半島を一周してみることにする。
内海から河和に出て247号を南下、魚太郎というお店に入った。うまそうな干物とかがたくさん売っていたが、まだ帰るまで一日あるので、干物はやめておく。このあたり海老せんべいとか有名であるが、いろんなせんべいが入った袋詰めがあったので、お土産に買う。表で遅い昼食で海鮮丼を食べた。
魚太郎から海岸線を南下、知多湾は内海だけれど風が強いからか少し荒れていた。師崎の手前でまた事故に遭うところだった。右から軽トラが一旦停止もせず右折してきた。ありえない。しかも自分の5mくらい前に。クラクション鳴らそうが気づく気配なし。ブレーキ踏んだって絶対当たる。たまたま左側がコンビニでハンドル切ってコンビニの駐車場に突っ込んだ。急ブレーキ掛けながら電信柱と軽トラの間をうまくすり抜けて突っ込んだ感じ。冷や汗どころではない。止まった時は軽トラの前に出ていたが、軽トラのじじいはまったく気がつかず、そのまま走り去った。シンジラレナイ。事故に巻き込まれて代車中でまた事故に遭ったら洒落なんない。なんでこんなに運が悪いんでしょう。国道に戻ったら軽トラに追いついたが、何事もなかったように漁港のほうに曲がっていった。
師崎を抜けると伊勢湾側に出るが、こちらのほうが荒れていた。しばらく行ったところにまるは食堂旅館という大きな建物があり、その手前に「南知多温泉 うめ乃湯」という日帰り温泉施設が併設されていた。
結構汗もかいていたので、立ち寄ることにする。
駐車場には宿泊者や食事をする方の車も含めて結構停まっていた。
日帰り客用の入口を入り、券売機で入浴券を購入。靴を持って受付で券を渡すと、靴箱とロッカー用の鍵を渡された。1つの鍵で靴箱とロッカーが共用とはいい方法。靴箱は入口すぐ前にあり、1Fはテレビとちょっとした待合室になっている。ホテルともつながっていて、宿泊客はそのまま建屋に入れるようになっていました。更衣室には宿泊者用着替えのかごもありました。更衣室に入ってロッカーに着替えを入れ、内湯へ。ここは露天とかはなく、大きめの浴槽に、源泉ががばがば掛け流しされていた。色は土色って感じで透明感がない。味はこの辺特有の塩辛い温泉だが、だし汁に塩を入れすぎた感じの結構マイルドなお味ではある。他にジェットバス、打たせ湯もあった。サウナらしき入り口もあったが入らなかった。結構利用者は多く、洗い場は20くらいあったが、盛況な状況でした。値段も500円なので結構地元客も居られた感じでした。お湯は成分が濃いせいか結構温まります。出来れば露天や涼めるところがあれば言うことなしなんですがねぇ。
涼むところがないので、30分くらいで上がりましたが、上がった後も汗だーだーでした。2Fに休憩所がありましたので、一休みしていました。ベランダにも出られるようになっていましたが、風が強くて...露天風呂造ったえらいことになるか。でもこの広さもったいない。ここに半露天の施設とか作ってくれるといいのになぁ。
熱くて長湯は出来ませんでしたが、いいお湯でした。

南知多温泉 うめ乃湯
愛知県知多郡南知多町豊浜字峠8
TEL (0569)65-1315
人気ブログランキングへ

2007年度 マンシングウェアレディース東海クラシック 2日目

昨日より女子プロゴルフのマンシングウェアが始まっている。毎年見に行ってるが、今回から知多半島の美浜で行われる。前回までの涼仙はギャラリー駐車場がゴルフ場の前にあり、ちょっと歩くが結構便利だったので残念。家からはちょっと近くなったので良しとするか。
早く起きて下道で出かけようかと思ったが、結局起きられず6時半出発になったので、音羽蒲郡ICまで高速を使う。少し1号を走ってちょこっと山を越え、幸田で23号バイパスに乗る。西尾東ICから県道で碧南方面へ。途中から247号となり、衣浦トンネルを抜けて半田へ。湾岸沿いの道で武豊町内をパスし、247号で河和へ。河和から野間へ抜ける県道に入りゴルフ場へ向かう。駐車場がどこにあるか分からないが、とりあえず看板はあった。後数キロのところで大渋滞。ちょうど知多半島道路の美浜ICから出てきた道と交差したところだった。まったく動きそうもないので、美浜IC方面へ曲がる。こっちの道もかなりの渋滞、どないなってるねん。何とか野間の街中に出たが、しまむらの裏にあった駐車場は満車、駅前も停めさせてくれず、行き先の分からない車があふれていた。見た感じ駅からのバスは順調のようだ。話を聞くとどうやら南知多ICの近くにもギャラリー駐車場があるらしいが、たぶんあの大渋滞の道をバスが走るのでどうなるの?
選択肢は電車しかないと判断し、帰りの電車の混雑も考え、名古屋方面とは反対の1つ先の内海駅へ向かう。駅前には駐車場があった。喫茶店のおばちゃんに駐車代金600円取られたが良しとする。野間駅まで1駅だが250円って高っ!ちょうど出発のベルが。ダッシュしたが登ったところでドアが閉まった。がくっ。って思ったら車掌さんがドアを開けてくれた。乗り遅れていたら20分待ちだった。名鉄最高、ありがとう!!
野間駅でバスに乗るのに5分ほど待ったが座れた。ラッキー。ゴルフ場の入口は駅から見えるところにあった。近っ。でも反対側の道は大渋滞。1台1台に駐車場を案内しているようだ。そら渋滞するわ。いったいどこに停めさせるつもりだったの?
入口からゴルフ場までは結構あった。途中会員用駐車場はあったが、ギャラリー用はほとんどなさそう。涼仙とは違う。やっぱ事前にちゃんと案内しないと。こんなんじゃ涼仙に戻せ!!
ゴルフ場に入ったのは9時半を軽く回っていた。でもまだゴルフ場にたどりつけていない人はたくさんいると思う。早く着いたらインスタートの飛ばし屋新人真夕ちゃんと去年合格の委世子ちゃんの組に付こうかと思っていたが、話にならない時間になってしまった。着いた時にちょうど雨がぱらついた。苦労して来てこの雨か。1番ティではあかねちゃんの組がティーショットを打っていた。狭苦しいところにティーグラウンドがあるので人があふれている。とりあえず、4番グリーンまで行ってみることにする。
4番グリーンにはあすみんがいた。石野のときにサインもらったが、今は出場資格がないので推薦枠とかでたまにしか出れない。上位に入ってシード権を取って欲しい。同じ組には一押しの高校生アマの森田理香子と佐伯三貴という若手コンビだった。なかなか面白そうな組だったが、雨も降っているし、次のホールまでまた結構歩くのでちょっと一休み。そうそう後から聞いた話ではあすみんのキャディは古屋京子ちゃんだったらしい。気がつかんかった。
次の組には森美穂ちゃんがいた。なんと14歳らしい。もし予選通過なら宮里藍の予選通過最年少記録を更新するらしい。でもファーストパットは大ショート。どうやらグリーンは相当水が浮いているみたい。同組の前田プロは協議員を呼んでローラーで排水させた。それが実ってかバーディ。さすがベテラン。美穂ちゃんも排水してもらい、長いパーパットを沈めた。よかったよかった。がんばって予選通過して!(欲しかったが、1打足りず予選落ちだったそうな。残念!)
4番は200ヤードの谷越ショートなので、この後も結構苦労している選手が多かった。後ろも詰まっているせいか、3人がグリーンオンで次の組を打たせていた。次の組を打たせるなんてはじめて見た。プロの試合でもそんなことするんですね。次を打たせるくらい時間がかかるってことは難しいということで、中田美枝の組は全員ボギーだったし、ホステスプロの瑠衣ちゃんは見てたすぐ前の林の方に打ち込み、左足下がりの斜面から寄せられずボギー。次の組のしのぶちゃんも林のほうに打ち込んだが、何とかパーでしのいでいた。
次の組は大山プロ、斉藤プロと桃子ちゃんという面白い組み合わせだった。今日はこの組に付くことにする。大山プロは2番3番と連続バーディーだったらしく、-4に伸ばしていた。桃子は1つ落として-1だったが、ここではスーパーショット、ボールがピンに直接当たった。びっくり!!この天気の中、200ヤードという長いショートでピンに当てるとは...あわやホールインワンかって感じ。60ヤードくらいのショートなら自分でもピンに何回か当てたり、ホールインワンしたりしたことはあるが、200ヤードですからねぇ。シンジラレナイ!!
ここから5番へは山を1つ越える道が待っていた。正直疲れる。あんまり観戦向きのコースではないように思う。ここはロングホールだが桃子はセカンドでグリーンのすぐ手前まで持って来ていた。そして楽々バーディ。自分が見てから連続バーディ。調子に乗ってきたようだ。6番から9番までは志保ちゃん桃子ちゃんともパーが続く。
インに入ってセカンド地点で騒いでいた。一組前の三塚プロのボールがOBゾーンに落ちたため、確認前にギャラリーが拾っちゃった。そこまでしてボール拾わんでも...
なんて言っていたら志保ちゃんもおんなじところに打ち込んだ。やれやれ。そういえばこのコース部分的に狭く、結構OB多いような気がする。このあと志保ちゃんはロングでバーディとボギーをたたき、スコアを伸ばせなかった。逆に桃子ちゃんは飛距離を生かしロングで2つバーディ、スコア的には好調のように見えるが、後半はことごとくパットがショート、バーディはショットによるOKバーディで、パットは最悪だった。パットが普通なら後3つは伸ばせてたと思う。ちょっとは志保ちゃんの強気パットを見習って欲しい。とはいえ-5で2位タイ、優勝を狙うには上出来の位置ではある。
首位に躍り出たのは3週連続優勝を狙う茜ちゃんだった。ボギーなしの-5は立派。先週まで首位争いを繰り広げていたさくらちゃんは体調不良で急遽出場辞退だそうだ。茜ちゃんも疲れているのではと思うが、優勝していると気分的に違うのかも。今回は妹の遥ちゃんがキャディをやっていた。なかなかの美人姉妹です。
クラブハウス前でチャリティをやっていたが、もう片付けているところだった。またあすみんがいた。あとは頓所さんもいた。
雨は最初のうちだけで、後は少し日も差し、ちょっと焼けた。初めてのコースだったので見るポイントがまだ良く分かっていないが、OBゾーンとか結構多くて難しそうな印象を受けた。土曜日で朝は雨だったもののギャラリーは結構多かったように思います。(ただコースが狭いから多く感じるだけかも。)
明日も天気と駐車場が心配ですが、前売り券を持っているので、明日も来ます。
人気ブログランキングへ

Google
最新記事
QRコード
QRコード
リンク
旅休ドットコム