札幌市私立幼稚園PTA連合会

札幌市私立幼稚園PTA連合会 〒063-0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目 ちえりあ内 TEL.011-671-3590 FAX.011-671-3591

平成28年度 手稲区園紹介《松葉幼稚園》

 松葉幼稚園は昭和58年に2クラス58名で開園しました。
〝いつも げんきで 明るい子 みんな なかよし すなおな子 「どうしてなんだろう」とかんがえる子〟を教育目標に約180名の子どもたちが毎日元気に過しています。
 自然とのふれあいを大切にしていて、春は公園、夏は水遊び、秋は紅葉狩り、冬は雪あそび、さまざまな園外活動があります。
 年長さんでは国語や算数、体育にメロディオンなどの活動も行うので小学校に向けての準備も万全です。
 自分で植えたじゃがいもやトマトを食べる時の喜び、夏には裸足で園庭の土や草を踏むと意外に冷たいという発見、英語で新しい言葉を覚えた時の嬉しさ、「おはようございます!」を大きな声で元気に言える気持ちよさ、短い幼稚園生活の中で様々な経験をする事ができます。
31565

平成28年度 東区園紹介《札幌大谷大学附属幼稚園》

東区 札幌大谷大学附属幼稚園より園紹介の記事が届きましたのでご紹介致します。

 札幌大谷大学附属幼稚園は、今年で61年目を迎えました。昨年は開園60周年、また本年は札幌大谷学園開学110周年という記念の年に通園出来た事をとても光栄に思います。
 子どもたちは仏様のことを「のの様」と呼び毎朝全園児で手を合わせてお参りします。また各教室には合掌人形が飾られていて仏様をとても身近な存在だと感じていると思います。
 お釈迦様のお誕生日である春の「花まつり」に始まり、「報恩講」「成道会」「ねはん会」といった仏教行事を園全体で行い、子どもたちは楽しく仏教について知る事が出来ていると思います。今まであまり聞いた事の無かった言葉、歌などを子どもから教わり私自身も多くを勉強させて頂いています。
 広いホールと広い園庭でのびのびと遊び、空き箱を使った工作では創造力と集中力を高め、グループ学習では子どもたちで話し合い協力しあいチームワークを学んでいます。子どもたちを見守り、指導してくださっている先生方には本当に感謝しています。
 毎月行われるお誕生会で園長先生は「お誕生日はお父さまお母さまから命をいただいて赤ちゃんになって生まれて来た日です。うれしいたのしいだけではなくお父さまお母さまに感謝する日ですよ。」とおっしゃいます。その言葉を聞いた息子が帰宅後「お母さんありがとう」と言ってくれた姿を見てここの幼稚園に通って本当に良かったと思いました。

札幌大谷大学附属幼稚園 浅田 知子
IMG_8005
IMG_8004

平成28年度 白石区園紹介《幌東幼稚園》

白石区 幌東幼稚園より園紹介の記事が届きましたのでご紹介致します。

幌東幼稚園は平成26年度から認定こども園として新たに歩んできました。昔からの伝統は引き継ぎ、新たな改革も試みながらこれからも進んでいきます。

園の行事は年間を通してあり、体育発表会・造形発表会・生活発表会と三大行事に加え、親子遠足・ふれあい農園・落ち葉拾いなどで四季折々を楽しめたり、体育遊びや英語であそぼなどもあり多方面からアプローチして子どもの心身の成長を促してくれています。

ふれあい農園は食育の一環として、北広島の農園で種まきから収穫までを体験します。我が子の今年の収穫は大根でした。「いちばん おっきいの とってきたよ!」と自慢気に語るその笑顔は私にとって何よりの収穫でした。
他に園内ではプランターで枝豆やラディッシュなどを育て、観察日記もお友達と日替りでつけていました。

そして、建物の中の二階に上がる踊り場には小鳥がいます。我が子が幌東幼稚園に決めた理由もこの小鳥でした。現在の小鳥は我が子が入園してから二代目になりますが、子ども達同様にすくすく育ち園児やたまに園へ行く私を癒してくれています。

園外活動も充実しており、英語教室・音楽教室・サッカー・スポーツがあります。
我が子も英語とサッカーに通っていますが、特にサッカーでは技術はもちろんのこと、挨拶・整列など集団生活に必要な規律も学べるので、そんな我が子の成長を近くで見届けることができ大変嬉しく思っています。
DSC_0036

この他にもPTA活動の一つとして園児のクリスマス会でハンドベルを演奏したり、有志による人形劇サークル『ぽこたん』も代々続いている活動です。

入園当初驚いたのは、我が子に対し「○○くん おはよう!」と担任以外の先生からも声をかけられることでした。他の子に対しても同じですが、園児が全先生から見守られているという安心感を覚えました。それを象徴するかのように、朝も帰りも園児と先生の笑い声が耐えません。これからもずっと笑い声のある幌東幼稚園であってほしいと思います。

幌東幼稚園 芦名 葵
1480953936840

平成28年度 中央区園紹介《宮の森幼稚園》

中央区 宮の森幼稚園より園紹介の記事が届きましたのでご紹介致します。

宮の森幼稚園は、大倉山ジャンプ場の麓にあり自然豊かな環境にあります。
お天気の良い日の外遊びの時間は、遊具での遊びはもちろんですが、園庭には森の散策路があり、子どもたちは元気に走りまわり、春夏は虫取り、お花を摘み、秋は落ち葉、どんぐり拾い、冬は雪遊びをして、全身で自然を感じることができます。
家庭ではなかなかできない畑での野菜作りをして、収穫し、イチゴジャム、人参ホットケーキ、いももち、ピザ等みんなで調理し食べるという、食への感謝の気持ちを育むという大切な教育があります。
敬老の日は地域の高齢者をお招きして、昔ながらの遊びを教えてもらったり、近隣の中学生の体験学習など受け入れて、地域の幅広い年齢の方々との交流もあります。
四季折々の行事、日本ならではの行事(七夕まつり、クリスマス会、おもちつき会等)
園外保育(海水浴、登山等)お泊まり会と様々な体験をとおし、子どもたちは、心も体も豊かに、いつもキラキラと素敵な笑顔を見せてくれます。そしてのびのびと成長しています。 
 園長先生はじめ先生方が細やかなご配慮と、各家庭との連携を大事にしてくださるおかげで、子どもたちは元気に楽しく登園しています。
PTA活動の中に家庭教育学級があり、様々な分野の講師をお招きして、講義や物作り等、お母様方の交流の場もあります。
このように、親も子も素敵な楽しい時間を過ごせる、宮の森幼稚園に一度遊びに来てください。

 宮の森幼稚園 中澤るみ

平成28年度 豊平区園紹介≪札幌ゆたか幼稚園≫

 豊平区 札幌ゆたか幼稚園より園紹介の記事が届きましたのでご紹介致します。


 今年50周年を迎えた札幌ゆたか幼稚園は、ゆたかなこころ、たくましいからだ、正しい考えを身につけるべく子どもたち一人ひとりが持つ良さや可能性に働きかけながら、自分らしさその子らしさを存分に発揮し、一人ひとりに寄り添った保育をしています。

 結果が全てではなく過程を大切にし、全力で遊び込める環境作りに力を入れ、やってみたい遊びを試行錯誤し気が済むまでとことんやらせてくれる、そんな幼稚園です。

 春は虫探し、夏は水遊びやどろんこ遊び、秋は公園へ風物詩を探しに園外活動、冬は雪遊びと、四季折々の遊びを楽しみます。

 設定活動と自由活動のバランスを大切にしているのも、大きな特徴の一つです。

 園舎内の温水プールでは有資格者で専属の先生のご指導のもと、水中での全身運動を楽しみ、この活動を通して心肺機能と持久力を高め丈夫な体を作るだけでなく、プールの中でもお友達とのかかわりや自分を表現することを大切にしています。
 
 また、自園給食で出来立ての安心安全温かな食事を提供してくれ、食育にも力を入れています。

 幼稚園三大行事であるゆたかまつりでは、園と皆が繋がる一大イベントで毎年賑やかで思い出に残るひとときを送ることができ、運動会では、子どもたち一人ひとりが自分なりの目標に向かって取り組み、大きく成長した姿を見ることができます。
 
 教育発表会では、日頃のムーブメント活動を通して育まれた豊かな感性と表現力を十分に発揮し、子ども達も達成感と充実感に満ち溢れています。

 園舎3Fに併設されたライオン小児矯正歯科クリニックでは、年に3回歯磨き指導が行われ、希望者には定期的に検診や治療も受けることができます。
 それも保育時間内に行われる為、お友達と一緒にできる心強さや安心感を得ることができ、歯医者さんへの恐怖を抱かずにすみます。

 伝統を守りつつも今の時代に合った進化し続ける幼稚園、それがゆたか幼稚園です。


札幌ゆたか幼稚園  佐藤 博美
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • ふれあい交流会に参加して
  • ふれあい交流会に参加して
  • ふれあい交流会に参加して 南区
  • ふれあい交流会に参加して 南区
  • ふれあい交流会 厚別区
  • ふれあい交流会感想《白石区しろいし幼稚園》
  • 「ふれあい交流会が終わって」
  • 平成28年度 卒園に寄せて《手稲区星の子幼稚園》
  • 平成28年度 卒園に寄せて《東区  幼保連携型認定こども園 せいめいのもり》