札幌市私立幼稚園PTA連合会

札幌市私立幼稚園PTA連合会 〒063-0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目 ちえりあ内 TEL.011-671-3590 FAX.011-671-3591

平成28年度 区別研修会報告≪豊平区 平岸幼稚園≫

 豊平区 平岸幼稚園より区別研修会の感想がとどきましたので、ご紹介致します。

 爽やかな秋晴れの10月14日金曜日、豊平区民センター2階ホールにて区別研修会が行われました。
 
 「たくましく、心豊かな子どもの育成のために」という主題のもとに「ZUMBAで心も身体もリフレッシュ!」するためフィットネスインストラクターの高田志保先生指導のもと、みんなで汗を流しました。
 
 ZUMBAという耳慣れない言葉と身体を動かすのは久しぶりという方が多かったせいか、始まるまでは緊張した雰囲気がありましたが、高田先生のカジュアルな表現と「自由に楽しんで」という言葉に励まされ、気が付くといつぶりかの大汗が、息切れが…。
 
 心地よい疲れにリフレッシュして自然にみんなの顔も明るく綻んでいました。
 
 また、高田先生の声掛けにより参加者みんなで手をつないで輪になったりと世代も幼稚園も越えてみんなで「一つになる」交流を持てて楽しむことができました。
 
 身体だけではなく心も軽くなったのは高田先生が端々でかけてくださる言葉のおかげかもしれません。
 
 自分が疲れているとついつい子どもに当たってしまい自責の念にかられることがあるもの、それでも「後で抱きしめて愛情を言葉で伝えてあげれば大丈夫」そう言われるだけで肩の荷が軽くなったのは私だけではなかったでしょう。
 
 さすが心理カウンセラーの資格をお持ちの先生だと思いました。
 
 高田先生をはじめ、準備に奔走していただいた役員の皆様には心より感謝申し上げます。
 
 また、このような楽しい時間を沢山の方と共有したいと思いました。ありがとうございました。



平岸幼稚園  栗原 知子

平成28年度 西区園紹介 ≪発寒にこりん子ども園≫

長い歴史を持ち、地域の人々からも愛され続けてきた発寒幼稚園は、2015(平成27)年4月から『学校法人近代学園 幼稚連携型認定こども園』となり、名前も『発寒にこりんこども園』として新たなスタートを切りました。そんなにこりんこども園は、毎日元気いっぱいの子ども達、先生達の笑顔で溢れています。
毎月のお誕生会をはじめ、遠足・登山・夏まり・生活発表会・クリスマス・もちつきなどの季節ごとのイベントや、お母さん達にも『お母さん先生』としてお手伝いしてもらい、いろいろな遊びや制作などを楽しむ『ステーション活動』(春・夏・秋・冬)など、常に子ども達がワクワク、ドキドキするような楽しい活動がいっぱいのにこりんこども園。
わたくしごとですが、今、年中の娘も、毎日笑顔でバスから降りてきて帰り道や家に着いてからも、「今日はあんなことをしたよ!こんなことをしたよ!楽しかったよ!」と、その日の園でのことを楽しそうに夢中で話してくれます。
これからも、そのキラキラした子ども達の笑顔がたくさん見れるよう、保護者と園が協力し合い助け合いながら、子も親も先生も心から楽しめる、そんな発寒にこりんこども園で有り続けてほしいと願っています。


発寒にこりんこども園 中田 加奈子
IMG_1381

平成28年度 厚別区園紹介 《厚別区 厚別幼稚園》

厚別区 厚別幼稚園より、園紹介の記事が届きましたので紹介いたします。

厚別幼稚園は安楽寺というお寺の隣にある仏教の幼稚園です。みんなのともだち。みんなのせんせい。みんなのようちえん。が保育理念の幼稚園です。姉妹園に第二厚別幼稚園があり園児達の交流も盛んです。

仏教の幼稚園なので、週に一回「仏参」という保育時間があり、命の大切さやお友達や家族への思いやりの心を子ども達にわかりやすく物語でお話してくれます。その為か優しい園児が多く感じられます。
縦割り保育ではないですが、年長さんや年中さんは、新しいお友達の年少さんのお手伝いにも行くので自然と兄弟の様な関係を園で作ることも出来ます。

入園して驚いたことが、担任の先生以外の名前の知らない先生に、今日の子どもの様子を話しかけらたことでした。先生方が園児全員のことを知っていて、こちらから聞かなくても子どもの園での様子を話してくれるので、安心して通わせることがてきるなと思いました。

年間の一般的な行事の他に「お店やさんごっこ」や「雪中ゲーム大会」、園主体の「盆踊り」父母会の活動も活発で「バザー」などの行事が盛んな幼稚園でもあります。
中でも「お店やさんごっこ」では子ども達が廃材を使って色々なものを作成し、売ったり買ったりするのを楽しみます。レストランやオシャレやさん、今年はオバケ屋敷もあり、何を作るかも子ども達の意見をたくさん取り入れられていて、子ども達の自主性も大切にされています。紙のお金を握りしめて何を買うか迷う姿や、同じものを2つ買う子ども達など、普段の参観日とは違う子ども達の様子を見ることが出来ます。

預かり保育では月に2回程度お楽しみ会があり、園外保育やクッキングなどをします。園外保育ではイチゴ狩に出かけたり、ファンタジーキッズリゾートに行ったり、子ども達も楽しみな時間です。この日はお迎えも遅くて良いので、お母さん方はゆっくりお買い物をしたり、美容室に行ったりとお母さん方のリフレッシュができる日でもあります。

未就園児の園開放も月に1度開催されてますので、厚別幼稚園ののびのびとした子ども達に会いにぜひ遊びに来てください。

厚別幼稚園 千葉和美
1481110862006

平成28年度 卒園によせて《南区 札幌わかくさ幼稚園》

南区 札幌わかくさ幼稚園より卒園に寄せての記事が届きましたのでご紹介致します。

 年長児のみなさん、ご卒園おめでとうございます。お父様、お母様にとっても卒園の日を迎えられることは感慨深いことと思います。
 私事ですが、このたび、次女が卒園いたします。入園式の日、まだ肌寒い中、おしゃれをして幼稚園の前で家族写真を撮ったことが昨日のことのように思い出されます。次の日からは泣きながらバスに乗り、バスの窓から濡れた目でじっと私を見ていました。そんな姿に後ろ髪を引かれる思いや、行っておいでと背中を押す思いで見送っていたのを思い出します。
 おもらしをして帰ってきたこともあります。熱を出して呼び出されたこともあります。参観日で顔を出せば、嬉しそうにニコニコと笑って、手を振ってきました。個人面談では家とは違う幼稚園での様子を伺い、成長を感じました。たくさんの行事を家族で楽しみました。初めての社会生活で、お友達と遊んだり、言い争いをしたり、泣いたり、笑ったり、怒られたり、どうしたらいいのかと考え、協力して絆を深めていったのだと思います。一つ一つの出来事を通じて、入園の時には手を放すことも不安だった子どもたちが年長さんとなり、小学生になろうとしています。
 この幼稚園時代の経験は人として根を育んでくれたことと思います。その経験を土台に、小学校を楽しんでほしいと思います。

札幌わかくさ幼稚園  舩木綾乃

IMG_0301

平成28年度 南区園紹介《文教大付属幼稚園》

南区 文教大付属幼稚園より園紹介の記事が届きましたのでご紹介致します

文教大学附属幼稚園は、国道から少し入った丘の上にあり、周りは自然林に囲まれ四季の変化が見られる、静かな環境にあります。
自然豊かな環境を生かした、季節毎の活動が多いのが魅力的な幼稚園です。
春は園庭の奥に続いている、とても広い『冒険広場』には、自然に囲まれた中に遊具もあり、園児達はお友達・先生と様々な春を見つけたり、探したり、ワクワクドキドキする事が一杯です。そして、とても広い場所を生かして毎朝ランニングも行なっています。
園庭の一画には、野菜を育てています。園児達は野菜の成長を楽しみにしながら、お水をあげたり、話しかけたりしています。
(夏から秋の収穫には園児達みんなでクッキングをしたりして、美味しく頂いています)
夏休み明けには運動会の練習が始まり、園全体で先生を交えたお店屋さんごっこや、遊び祭りなど、園児同士で遊ぶごっことは少し違う、本格的な遊びもしています。
秋には春に植えた野菜を使ってのクッキングやぶどう狩り、発表会、冬には餅つきや園庭での雪遊びはもちろん、スノーフェスティバル、スキー学習(年長のみ)と、季節に合わせた行事が沢山あるので、常に園児達の明るい声がたえません。
毎週木曜日以外は給食で、木曜日はお弁当です。園児達は週一回のお弁当を楽しみにしています。
自然に囲まれた、のびのびと明るい園児達がいる幼稚園に、ぜひ遊びに来てみて下さい。

文教大付属幼稚園 平塚あや子

image2


image1

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • ふれあい交流会に参加して
  • ふれあい交流会に参加して
  • ふれあい交流会に参加して 南区
  • ふれあい交流会に参加して 南区
  • ふれあい交流会 厚別区
  • ふれあい交流会感想《白石区しろいし幼稚園》
  • 「ふれあい交流会が終わって」
  • 平成28年度 卒園に寄せて《手稲区星の子幼稚園》
  • 平成28年度 卒園に寄せて《東区  幼保連携型認定こども園 せいめいのもり》