ご来訪ありがとうございます。

数年前、義両親との関わりで悩んだ時に見つけた
一冊の本

「いいこと!がつぎつぎ起こる心の魔法」

このサイトの右上にリンクが貼ってあります。
この本との出会いによって、どれだけ心が救われたか
分かりません。

何度も読み直し、気になったところに線を引き、
忘れないように内容をメモ帳に書き写して、苦しい
時に読み直したりしていました。


そうすることで、「苦しい」という思いからかなり
解放された感覚があります。


その著者のウェイン・W・ダイアー博士はすでに
亡くなっています。


でも、今回ふとしたところからアンソニー・ロビンズ
というコーチングのプロを知ることになりました。


まずは、「ユダヤ人 大富豪の教え」の本田健氏訳の
本を2冊手に取ってみました。


そうしたら本当に面白いし、自分との対話、対峙が
必要なんだと思いました。


さらにもう一冊、クリス岡崎氏翻訳の
「アンソニー・ロビンズの『成功哲学』」

を手に取ってみたら、さまざまな知恵がちりばめて
あって、どこからでもいつからでも「できるかも」
というところからスタートできるアイデアが本当に
沢山あったので、感動しました^^


実際、家事代行の仕事をしていく中で、お客様との
関わりが長くなり、半年を過ぎようとしていますが、
最近、お客様からいろいろご意見をいただくように
なりました。


正直、「言い方に問題ありでしょ」と思うような
言い方をされることがあり、対策を考えながらも、
完全にテンションが下がっている時でした。


「あれ、お客様が喜んでお金を払いたいと思って
いないんじゃないかな?」


そう思えるようになりました。


そういう自分の発見があり、またこのアンソニー・
ロビンズ氏の著書のなかで、私が救われた本を書いた
「ウェイン・W・ダイアー氏」に会って直接言葉を
もらった、というようなことが書いてありました。


「つながった!」

そう思った瞬間でした。


「自分を成長させること」がとても喜びとなっています。
そのためには少し苦しくても、その苦しさがあってこそ
の「成長」だと思っています。


今まで家事代行のお仕事をしていても、どうもお客様
からは「奥歯にものが詰まったような言い方」を
されるような気がしてなんだかもやもやした気持ち
でした。


そういう状態から一歩抜け出して、お客様もどうやら
ストレスフルな開業医さんなので、大変なんだと
思いやる気持ちが出てきたのと、お客様の言うことを
感情的に受け止めない、ということをできるように
なりそうです。


このアンソニー・ロビンズ氏の本3冊によって急激に
考え方が変わったような気がして嬉しく思って、
共有できたらいいな、と思いました。


「出会い」がないと人は変わりません。

書籍との出会いでも、考え方は変わりますが、本当に
変わりたいのであれば、その著者と直接会って話す
事が一番良いのではないかと思います。


ウェイン・W・ダイアー氏はすでに故人なので、
会うことができませんが、もしかしたらアンソニー・
ロビンズ氏には合うことができるかもしれません。


そういう意味でも、とても希望的です。

「失敗って、何もしないこと」ってきいたことが
あります。何かをして「失敗した」と思うことが
あるかもしれません。でも何かして想定外の悪い
結果があったとしたらそれは進展しているのです。


本当の失敗というのは、何もしないで、何も進展
しないこと、現状維持するだけの状態だと思います。


だから、私もこの本との出会い、もしかしたら、
このアンソニー・ロビンズ氏ではなく、訳者は
日本人なので、アンソニー・ロビンズ氏に直接
会っているその人たちに会えるかもしれない。


それだけでワクワクしてきます^^


今日は長くなりました。ここまで読んでいただいて
本当にありがとうございました。