家事苦手主婦のblog

二世帯住宅で、義父母とパパ、娘3人(小学生)と私の7人一つ屋根の下で暮らしています。いろいろなエピソードを家事をとおして綴っていきたいと思っています。 ウェルスアンバサダー協会認定 認定証番号:C1117386865 http://dctrue.info/tst/blog2/ http://dctrue.info/mv/blog2/

2016年08月

ご来訪ありがとうございます。


リオオリンピック、終わりましたね。
全世界の選手の皆さん、 お疲れ様でした。
そして感動をありがとうございました。



そして、高校野球も終わりました。
リオオリンピックの報道の中、高校球児
の皆さん、誠心誠意を込めた闘い、
お疲れ様でした。


スポーツを観戦しているととてもすがすが
しく思うことが多いです。


それは、決められたルールの中で、自分
の出せるものすべてを出し切る、その
ピュアな思いがプレーに出てきて、時に
涙するほどに、感動する場面が生まれます。


そして、すべての選手は頂点を目指します。
そして全精力で戦います。


それは自分の「夢」を諦めない、「願い」を
持ち続け、どんな苦境にもめげず、諦め
ないときに、とてつもないパワーや感動
するような力を生み出します。

P1260188


これはスポーツ選手に限ったことでは
無いと思うのです。


あなたにもそういう感動を生み出すような
パワーが備わっているのです。これは
すべての人が同じく持っていると思うの
です。


だから、私は「夢」を諦めたくないし、
「願い」を持ち続けて、人から笑われても
けなされても、諦めたくないと思っています。


小さな夢でいいと思います。だれにも
言わない願いでいいと思います。


でも、苦境が必ず来ると思いますが、
負けないで、乗り越えた先に、あなたの
臨む地点が見えてきます。


私も負けないようにします。だからあなたも
諦めないでください(^^)


もし、良かったらコメントくださいね。
そんなあなたと交流できたら素敵だな、
って思いますので(^^)


それでは、今日はこの辺で失礼します。
ここまで読んでくださってありがとうございました。
 

ご来訪ありがとうございます。


先日、実父から「カタログギフトがあるけど、
何か欲しいものあれば頼めば」、、、と
言われて、ホームベーカリーを頼みました。


そして、昨日届いて、早速作ってみましたよ。


昨日はいつもの、週末ご飯の日。私のちょっと
苦手な「ハンバーグ」をチーズ入りで作り
義両親と食べました。


こんな感じでした。
P1260231



 
そして、その後後片付けをしてから、パン作り。
ホームベーカリーってタイマーセットして
朝食に間に合うように作れるんですね~

P1260237


初めて知りました!

出来立て、焼き立てのパンって美味しいんですね!
これまた初めて!

P1260234


う~ん、焼き立ては柔らかいから粗熱とってから
切って食べました!

今日は物凄い「台風9号」北上ですが、朝から
パンでは楽しめました!


ここまで読んでくださってありがとうございます! 

ご来訪ありがとうございます。


お盆時期はサラリーマンもお休みのところ
が多いですよね。

我が家のパパさんは製造業ということで、
工場を止めた後、再稼働するときに電力が
必要なんだそうで、なるべく休業をまとめたい
らしいんですよね。


その辺の都合もあり、基本的に国民の
祝日は出勤です( ゚Д゚)


ということで、主婦はとにかくお盆時期は
大忙し。


姉達が集まり、そのおぜん立てもある程度
頭に置いておかないと、、、、認知症の母
も自分自身での準備がだんだんと難しく
なっている様子だということもあり(泣)


食事のこと、寝るところ、お土産のことまで
しっかり自分で組み立てておかないとね。

P1260208



何かをうっかり忘れるだけで、私の
姉に対する態度に不満に思う義母が
いちいち口を出すこともありますので。

逆に言うと、そこさえしっかり押さえて
おけば難なくクリア~なんですよ。
ようやくこの15年かかってわかって
きました(≧▽≦)


パパのすぐ上の姉も時間があれば駆けつけ
てくれますが、仕事があるので、なかなか
難しくなってきました。


そうすると誰かが助けてくれるものですね。
パパさんが寝るところの準備を買って出て
くれました。


以前、布団のことで義母と私がトラブルを
起こしたこともあり、「自分がやらねば」と
思ってくれたようで(^^)


実際、緊張して臨みましたよね。やっぱり
本当の家族ではない嫁としては、失敗は
しない方が良いわけでして。


食事も余るほどあればいいということで
とにかく多めに作っておきました。


みんな楽しそうに過ごすことができたので
まずまずかな、と思います。

私自身も、自分で空いた時間にやりたいこと
をすることにして、気を紛らせたことも
良かったと思います。


去年は、お盆に頑張ってみたものの、
体調を崩して通院をしていましたので。


心と体のバランスをうまくとることが重要
って思います。


P1260188


「裏方」をする場合って、根詰めると、
最後に自分も「頑張ってよかった♡」と
思えないと、結局不満が残って、自分の
体調を崩すように思います。


だから、私のように未熟な人間の場合、
「裏方」もやるけど、「時間を見つけて
自分のしたいことをする」という所で
折り合いをつけようと思います。


長くなりそうです。上の姉と姪っ子たち
が帰ったあと、義両親と下の姉と私たち
で旅行することになりました。

その旅行についてはまた別記事で
お伝えします!

ここまで読んでいただいてありがとうございました。



 

ご来訪ありがとうございます!


昨日から今日にかけて、親戚が訪ねてきました。
親戚といっても、義両親の長女、次女と長女の
娘たちです。


だから、あまり気を遣うことない、というと大間違い
になるのです。


まず、姉たちもいろいろ仕事があったりして忙しい、
それは分かるのですが、一体何時に来るのか、
それもわからない。


だから、何もわからない中でお膳立てしなければ
ならない、その不遇ともいえる状況をすごした訳
でして。


でも、「嫁」として裏方に徹することが必要だと
思いました。食事の心配、寝るところ、お土産
のことまで。


それは、もうすでに「立場」としての役割だと
割り切って考えるってことでしょうか。


で、昨年まではとにかく、その「頭でわかっている
内容が、心ではわからず、体調を崩す。。。」という
ことになっていました。


しばらく、婦人科に通院しましたよ。。。


頭と心、二つの感じるポイントでそれぞれ違うこと
を感じ始めると、結局は体のバランスは崩れます。

P1260178


じゃあ、どうするればいいんだ!


そうなんです。自分でどうしたらいいのか真剣に
考える必要があります。


1.まずは、何をしなくてはならないのか?
2.それで、自分は納得がいくのか?
3.納得いかなければ、どうしたら自分の気持ちが
納得するのか?


私は、上記3つをしっかり考えないと、心と体の
バランスが乱れると思います。


特に、私のような状況で、義母さんが、細かいところ
をとても気にするようなタイプの場合、自分が、
気づかないところまで指摘されてキレられる、、、
ことも想定して、どうしたらよいか、シュミレーション
が必要ですよね。


まず、義母さんがキレて良いことがあるわけない
のですから。認知症で、自分でどうしたらよいか
わからなくなる不安感もあるでしょうし、誰かが
キレてしまうと、周りの雰囲気も最悪ですよね。


そのコントロールは「嫁」がすべてを握っている
訳なんですよね。

そうなんですよ。義母さんがうまく動けるように
コントロールするのは「嫁」がやっていけば
いいわけです。


「うまくやれて当たり前」なんて態度をとられると
腹も立ちますけどね(^^;)


その「嫁」ごと、その義母さんごとにやり方は
違えど、根本は「嫁」が存在を消して裏方に
徹することでその場を楽しいものにする、
その気持ちがあればよいのだと思います。


でも、そんな簡単に裏方に徹することって
出来ないんですよね。


去年までは私も不可能でした。

P1260184

でも、今年は私も考え方を変えました。
私は、「嫁」としての裏方をしながら、
スキマで空いた時間に「自分」の時間を
過ごすことを考えたのです。


そして、皆の為の料理をするとき、片付け
をするとき、ちょっとずつ自分の時間を
もつことで、心が安定しました。


すべて人のために尽くす、っていうことが
まだまだできないので、尽くしていると、
力がすべて取られてしまって、私の中の
「エゴ」が「やってらんない!」と頭を
持ち上げてくるのです。


だから、心と体のバランスが崩れるの
ですが、バランスを保つためにも、自分
へのご褒美時間を「今回は5分」とか
「今回は10分」とかもつことで、家事
でも奉仕でもない「自分の時間」に
身を置いてリフレッシュしていったわけ
なんです。


これってどんな時も必要なことだと思い
ます。


人間生きていると本当に「頭と心」の思いが
一致しないと、辛い立場に立つ場面って
意外と多いと思うからです。


頑張らないで、まず、頭で考えましょう。
そして心でも考えましょう。そして頭と心を
同じにしましょう。


そうやって分けて考えて、行動することで
問題が解決することって多いのです。


人が沢山集まる夏休み、そしてお盆の時期
楽しい反面、辛くなる時はこの考え方で
乗り切ってみてくださいね。


ここまで読んでくださってありがとうございます!





 

ご来訪ありがとうございます!


オリンピック、日本でも湧いていますね!
テレビで連日報道され、メダルの数も増えて
います。


メダルを獲得した選手の皆さま、本当に
おめでとうございます!


そして、メダルには到達しなくても、日本の
代表としてリオで戦った選手の皆さま、
本当にお疲れ様でした。


まだまだ、後半戦もありますね。私も自分の
なかでテンション上がっています!


やっぱり、スポーツって「決まったルールに
のっとって自分を出し切る」姿に本当に
感動しますよね。


特に今回思うのは、柔道の選手たちの
背負った期待が大きくて、本当に本当に
たいへんなプレッシャーの中で戦って
いることを彼らのコメントから思った次第
です。


メダルをとれなかった選手が、、、
「本当に応援してくれた方々に申し訳ない」
そういって涙する選手たちを見て思います。

「いやいや、世界中で10位以内に入って
いること自体すごいことですよ!」 


って。


でも、力を出し切っても、期待に沿えなかった
自分の結果に対して、素直に謝ることが
できるというのは素晴らしいことだと思いました。


自分に置き換えて考えると、そうやって素直に
謝れるか??そう思ったんです。


日々、義両親と暮らす中で、勘違いしたり、
勘違いからの行動で「しまった!間違えた」
ということも多いです。


また子供たちに対しても、勘違いなどから
叱ってしまったり。


そんな時に、私はあえてしっかり謝るように
しています。


P1260185


それはなぜか???



私は、人間の心の中には自分の思う方向に
行こうとする素直な心と、自分の思う方向から
離れさせようとする邪心があると思っています。


なるべくその「邪心」をふりはらうことで、日々
私は自分の思う方向に行けると思います。




その「邪心」を無くし、振り払うために
良いのが「自分の非を素直に認める」こと
なのです。


それは、私も実生活の中で、毎日のように
試しています。


一番簡単な方法は、間違ったと思った時
素直に相手に「ごめんなさい」ということです。


そうやって、私は「義両親ともうまく過ごして
行きたい」という願いが少しずつかなって
いると思います。


実際に義母の認知症からくる「ものが無くなる」
ことに対しても、責め立ててこなくなったし、
非常に温和に過ごせるようになってきました。


これって私にとっては大きな進歩なんです。


だからこれからも「謝る」そして「ごめんなさい」
を大切に生きていくつもりです。


これは娘たちにも教えたいのですが、この
ようなことは言葉で言って教えられるものでは
無いと思います。だからこそ、私が毎日毎日
やっていくことを見れば娘たちも自然と
わかっていくのではないかと思います。


ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。
 

このページのトップヘ