家事苦手主婦のblog

二世帯住宅で、義父母とパパ、娘3人(小学生)と私の7人一つ屋根の下で暮らしています。いろいろなエピソードを家事をとおして綴っていきたいと思っています。 ウェルスアンバサダー協会認定 認定証番号:C1117386865 http://dctrue.info/tst/blog2/ http://dctrue.info/mv/blog2/

2017年03月

ご来訪ありがとうございます。


よく考えるのですが、物事って何でも二面性が
あると思うんです。


一つのことが「良く」も「悪く」もとれるって
ことなんです。


たとえば、人間って「忘れる動物」っていい
ますよね。これってすごい才能だと思うんです。
だって、全部覚えていたら、嫌なことを忘れ
られず、死んでしまいます( ゚Д゚)


でも、明けない夜はないし、止まない雨はない、
って言いますけど、忘れていくんです。何かの
はずみに思い出したりしますが。


その反面、「覚えておきたいこと」は復習して
頭に刷り込んでいけばしっかり定着します。


だから、「わすれてしまう」特徴は「良く」も
とれるし「悪く」もとれますね。


これは一つのたとえですが、これってどこでも
どんなときも、応用できると思うんです。


私の場合、もともとブログの名前にもしてます
けれど、家事は やらなくてよければやらないで
おきたいんです。


でも、家事ってほおっておくと生活できなく
なりますし、人間として生きられないというか。。


一つ一つの作業は単純でも、家事の種類と内容
は豊富です。それをすべて満点でこなそうとする
と無理が出ます。


主婦をしている人それぞれの考え方で「楽しめる」
範囲でやっていけるのが一番だとおもいます。


「少し埃があるけど、死なないから気にしない」

と割り切るのもいいと思います。


ポイントは「良い嫁」「良い母」「良い妻」を
目指さないことだと思います。人の目はきにせず、
自分がどうしたいか?を考えたら、家事の中でも
「ここは外せない」ポイントがあると思います。


そこだけ、一生懸命にやって、あとは適当にして
置くだけでもいいと思います。すべて適当という
考え方はやめた方がいいと思います。


なぜか?


それは自分の「達成感」や「満足感」がいつまでも
得られないので、自分に自信がなくなるからです。
結婚していても、いなくても家事はだれかがすべき
ものです。 


それなら、自発的に、できるところで、「楽しむ」
方向に持っていくべきです。


物事は二面性があります。家事が嫌いでも好きでも
義務となると楽しくなくなります。


その「楽しくない」ものでも「楽しむ」にはとらえ
方一つです。


自分の「達成感」や「満足感」を得られるなら、
そこだけやってみてもいいと思いませんか?
その他は、誰かの手を借りる、諦める、割り切る、
いろいろ方法があると思いますから。


Facebookにもちょっと違った視点で投稿しています。
よかったらのぞいて見てくださいね^^

こんな記事書いてます^^

ご来訪ありがとうございます。


昨日もお仕事行ってまいりました。
日々、お客様のところで、家事代行の
サービスをし、自宅でも家事をしてみる
といろいろなことに気づきます。


最初に結論をいうと、、、
作業効率を上げるには、
1.良い機械(家電)をつかう。
2.きちんとメンテナンスをする。
ということだと思います。時間をかけなく
ても、効率さえ上がれば、結果は必ず
良くなります!


 
もう1か月ほど前でしょうか、我が家の
掃除機「Dyson」が壊れました。
私がこのDysonを使うのは3世代目で
どうもDysonが好きなんですよね。


いろいろ理由があるのですが、作業効率
がよいから、、、なんです。


でも、ヘッドが壊れ、ローラーが回らず、
カーペットの髪の毛を取れなくなって
しまいました。


それと、手もとの電源スイッチやブラシ
起動スイッチなどが壊れてしまって('◇')ゞ


なので、ダイソン社に頼んでみたら、保証
期間中で無料で修理をしてもらえました!


修理中、国産のサイクロン掃除機を使いました
10年ほど前に買って壊れていないので、物置に
いれていたものですが、今回その掃除機で掃除
してみました。


でも、吸引力が違うんですよね。埃はとれた
のですが、、、、


修理から戻ってきた「Dyson」はパワフルかつ
スイッチも動き、快活に働いてくれました。


同じ時間、掃除機をかけるのにかけているなら、
キレイになったほうがいいですよね。


当然のことなんですが、お客様のお宅も同じ
なんです。Dysonの掃除機なんですが、調子が
わるくて、吸わないんですね。


スタッフの私から言えないので、担当営業さん
からお客様に言ってもらうようにしました。


やっぱり、お客様にとっても作業効率が悪い
ことはよくないと思うんです。


せっかくダイソンなのに、、、っていうことも
ありますしね^^


まず、作業効率をよくすることで、結果がだいぶ
変わってきますから、このばあい「どこの掃除機
を使うか」が非常に大事な事なんですよね。


今回のことで、私自身、どんなに良いものでも、
「良さを発揮できない状態」だと結果も悪いと
言うことを思い知らされました( ゚Д゚)


よかったら参考にしていただければ、、、と思い
ます。


ここまで読んでいただいて、ありがとうございます!
 

ご来訪ありがとうございます。


このブログの更新を週2~3記事にしようと
思っています。


今、どうしても成し遂げたい「目標」がでて
来て、そこに向かっていこうと思うように
なりました。


お仕事も含めて、それを形にしていけたらと
思っています。


そうすると、「すべきこと」が後から後から
出てきます。その雨後の竹の子のような、
「すべきこと」をそのまま頭に置いておくのは
無理です。


なので、「棚卸」と呼びますが、一度整理して
「すべきこと」
「したいこと」
「しなくてよいこと」
を全部書き出してみるのです。


いろいろ勉強をしたり、新しいことを始めて
いくと、その時その時でいろいろな気持ちになり
「あっちもこっちも」
と興味の矛先がいろいろな方向に向かいます。


そうなってくると、やることが増え、やることに
集中できなくなり、結局「できなかった」という
ことになりかねません。


人間、「この時」という正念場が必ず何回かあり、
その時にしっかり決められた人のみが結果をだして
行けると思うのです。


チャンスはそうそんなに数があるわけではないです。
だからこそ「この時」のチャンスをしっかりつかむ
ことが本当に大事になってきます。


その自分にとっての「チャンス」をつかむには
集中力も必要になってきます。そのためには、
「無駄なこと」をどんどん省いて、頭を「チャンス」
に集中させます。


その時に必要なのが、棚卸です。
とにかく、すべきことを書き出してください。
私の場合、

・日々の家事
・今年度の自治会の会計業務の引き継ぎ資料作成
・来年度のPTA会計引き継ぎ準備
・家事代行の仕事の整理
・ 勉強を始めたことの整理

この項目に分かれますが、この項目ごとに細かい
レベルまで作業を分解します。

・日々の家事
→洗濯、衣類干し、衣類取り込み、衣類畳み、
 衣類しまう、パパYシャツアイロンがけ。。
→週の献立作り、買い物、日々の料理、食材の管理
 食器洗い。。。
→掃除、掃除機掛け、各部屋の整理、電化製品の
 埃とり、棚の埃拭き。。。
→日々のゴミ出し


項目ごとだとこのくらいになりますが、もっと
細かくなると思います。ただ、棚卸だと、項目
を書き出すことで「要、不要」の判断ができる
ので、これ以上の分解は必要ないです。


それから「今後やりたいこと」を書き出します。
・仕事
・PTA
・勉強


それぞれ、現時点でわかっている「やりたいこと」
の中で自分が「すること」を書き出していきます。


ここでいかに細かく書き出せるか!で「やりたいこと」
の時間枠を取ることができ、自分で「やらなくて
よいこと」を探すことができるんです。


今、色々なことを抱え込んでいませんか?


「やりたくないこと」を書き出してみましょう。

・探し物の時間
・片付けの時間
・家事全般(笑)
・ 義両親との定型的な「お茶の時間」


その中で、「誰かがやればよいもの」を探して
みましょう。


本当にあなたがしなくてはいけないのでしょうか?
ご主人ではだめでしょうか?
お子さんはお手伝いできますか?
ご両親に手伝ってもらうことできますか?
便利な家電があったら解決しますか?


そうやって一つ一つ考えてみます。そうすることで
自分のやることをスリム化し、書き出して整理して
おくと、「そこを見ればよい」ということで頭が
整理されて「本当に必要なこと」を考える頭の空き地
ができます。


そこがポイントです。まず、あなたの頭の中に空き地
を作ってください。


そうすると、いろいろなことが俯瞰的にみえて、
「これは子供に手伝ってもらえばいい!」
とか
「これはパパさんにやってもらおう」
とか
「近所のママさんにお願いしよう」
と、いろいろ自分がもっとスリムになる方法が見つかる
のです。


そうやって、自分の頭に空き地を作り、覚えていなくて
良いことはノートに整理し、すべきことを5分単位くらい
でまとめておくと、「すべきこと」×作業単位で時間を
見積もることができます。


近い将来の時間を見積もることはとっても有意義です。


今、5分時間が空いたから〇〇をしよう。
今日はパパさんが宴会出席で帰宅が遅い分時間があるから
〇〇までできる。
出かけるまでにすべきことが終わり、5分時間があるから
〇〇ができる。


そうやって一つずつ「すべきこと」を終わらせます。
そうすることで、「自分ができる」を確信していく
ことができます。


「自分はできる」という小さな自信を積み重ねること
はとってもとっても大事なんです。


一緒に頑張っていきましょう。

今日は長くなりました。お付き合いありがとうございます^^
 

ご来訪ありがとうございます。


昨日は雨降りの中、お仕事に行ってきました。
ちょっと、プライベートなことで、心配だったり、
気になっていたりしていたことを引きずっての
お仕事でした。


そういう時に限って、「うまくいかない!」って
ことありません?


まさに、うまくいかなかったです。お洗濯も依頼
内容に入っているので、まとまっていた衣類の山
を洗濯機に入れたんですね。


一つ一つ洗濯物の内容を確認すべきなんだと思います。
クリーニング店だと、一つ一つポケットの中とか、
衣類の状況とか把握しますよね。


ただ、限られた時間で最大限お仕事をするうえで、
一つ一つ見る限界があるのも事実ではあります。


これを踏まえたうえで、昨日選択しあがった衣類
の中にカシミヤのセーターが入っていました。
セーター自体の型崩れはなかったのですが、とても
小さくて、最初お嬢様のセーターかと思いました。


でも、「もしかして縮んだ?」という可能性が
ありますよね。


今回の選択で縮んだとしたら、私が普通洗いして
しまったせいだと思います。


通常お客様は普通の洗濯のものとおしゃれ着洗い
のものを分けてくださるので、あまり考えずに
いたので。


でも、明らかに小さくて、お客様が着れないかも、
っていうくらいだったので、「ミスはミス」と
思い、会社に連絡。


結局、会社から「人間だからミスはあるので、
気を落とさないように、ということと、営業から
お客様にお話しして、弁償するのかどうするかを
話してもらう」と言われました。


ご不在のお客様の場合は、サービス内容の記録や
伝言等のやり取りのためサービスレポートを書いて
いますが、そこにも記載しておくことと、お客様
は別棟でお仕事をしていらっしゃるので、話が
できそうだったら、帰りがけに一言お詫びしようと
思いました。


サービスレポートに書き、帰りがけ、お客様には
会えませんでしたが、お詫びの気持ちを持ちつつ
帰途に就きました。


やはりこういうミスは「集中力」が欠けてしまうと
起こります。私も今日はちょっと意識が心配事に
行ってしまったところがありました。


でも、「自分のミス」と認めて腹をくくって、
悪いところも明らかにし、良い応対ができるよう
考えていたら、プライベートの心配事もものすごく
ギリギリのところで、何とかなりました。


本当にそうやって、「自分のミスや非をしっかり
認め、責任を取る」ということが、結局は自分が
良い結果を得ることができるんだと思います。


今後も今回の気持ちを忘れずに行きたいと思いました。


今回はこの辺で。今日も読んでいただき、感謝です^^ 

ご来訪ありがとうございます。


今、お客様のお宅で、家事代行サービスをさせて
頂いていますが、とてもお忙しいお客様で、全部
自分でやらなくてはならないんですね。お仕事も
家庭のことも。


だから、お客様も「家事はお金を出して代行して
もらう」そう決めたんだそうです。


3時間という時間の間、「あれもやってほしい、
これもやってほしい」っていうところがあります。


でも、できるところで最大限やってもらったら、
あとはお任せでうるさいことは言わない。


そんな、竹で割ったようなさっぱりしたお客様で、
私としてはそういう考え方は好きなので、逆に

「やってほしいことを全部やって差し上げます!」

って思っちゃうんですね~(笑)


そうなると、3時間の間に、基本のお掃除に加えて
ご依頼のプラスアルファのご要望に応える時間を
捻出する必要があります。


考えてみてください。使える時間は限られています。
でも要望はいろいろある。


あなたならどうしますか?


私は、今やっていることに加えて、その他のこと
でできることがないか、常に探すようにしています。


本当に、お客様のご自宅に入って、お客さまは
事前にレポート(会社が用意したお客さまと
スタッフとのやりとりノート)に書いておいて
くださるので、そのご要望をまずみること。


そして、その日の3時間の中で、どうやったら
その要望に応えられるか考えます。


全体把握をして、作業ベースで負担の大きいところ
から終わらせていきます。もちろん洗濯機などの
家電を使って、同時に作業を進めることはしっかり
やります。


洗濯機を使う場合は、それこそ、最初に洗濯もの
をまとめるところからがスタートですよね。


それを全体把握することで、作業順序をきめて
行くのです。


そうやって、自分が動かないとできないところは、
自分にとって時間がかかりそうなところと、楽に
できるところとを交えながら作業を進めます。


一つ一つの作業に「ちょっとの欲」を出して、
作業スピードが落ちてしまうと、次の作業の時間
が取れないので、「諦め」も必要になります。


家事代行サービスというお仕事は、思ったより
頭と体を使うので、本当に勉強になります。


他のスタッフさんと話す機会があると、いろいろ
裏技を聞いたりして情報交換をします。自分では
思いつかないような裏技を持っているスタッフ
さんもいらっしゃいます。


とにかく、一度に一つのことしかしないのでは、
やりきれないです。効率よくするには、やはり
頭と手足、体全部を使っていくことが必要だと
思います。


それでは今日はこの辺で失礼します。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

このページのトップヘ