家事苦手主婦のblog

二世帯住宅で、義父母とパパ、娘3人(小学生)と私の7人一つ屋根の下で暮らしています。いろいろなエピソードを家事をとおして綴っていきたいと思っています。 ウェルスアンバサダー協会認定 認定証番号:C1117386865 http://dctrue.info/tst/blog2/ http://dctrue.info/mv/blog2/

2017年05月

ご来訪ありがとうございます。

私は一週間に一度、食品の買い出しをする、
と決めていて、そのために一週間分の献立を
まとめて作ります。


その一週間分の献立を作るにはコツが要る!
と思っているのですが、今日はそのコツについて
考えてみたいと思います。


1日3食というご家庭が多いと思います。我が家
も1日3食にしています。そうすると一週間は7日
ですから、1週間21食ということになります。

この21食を一度に考えるの??

と思いますが、私はこの21食を分けて考えて
います。

例えば、
朝ごはん×7食
昼ごはん×7食
晩ごはん×7食

このようにすると、大くくりで朝、昼、晩の3くくり
となります。

それで、「朝ごはん固定化!」という考え方をお勧め
します。

理由は?
1.朝は起きたばかりなので、頭が働かない分、 
  朝ごはんの内容を決めておくと迷わない。
2.朝ごはんを決めておくと、買い物も楽。

だからです。どうしても固定化に抵抗があるなら、
マンネリ化を避けるためには家族が休日の時に
変化を付けるようにする。

など、自分のなかで、無理のない決まりを作ると良い
と思います^^

この「朝ごはん固定化」は家族の了解を得ないと
成り立たないということもありますから、固定化する
内容もご家族と考えてみるといいと思います^^


次に、「昼ごはんは適当」

ご主人がサラリーマン、お子さんが学校という場合
のみ成り立つかもしれません。
我が家の場合、主人はお弁当を持ちたがらず、子供も
学校の給食なので、今のところこの方針です。
週末だけお昼を決めます。自分のお昼も適当になって
しまいがちなので、お昼きちんととれなかった場合は
夜にきちんととるようにしています。

そうすると、「昼ごはんは週末の2食のみ」考える
ということになります。その時、普段の朝はパン、
夕飯はごはんが多いので、休日お昼は麺類を中心
にしています。スパゲッティ、そば、うどん、ラーメン
など、買っておいて、その時々で考えています^^


最後に「夜ご飯の1食は豪華そしてカレーライスも」
夜ご飯は7食しっかり考えておくようにします。ただ、
その時にポイントになる日にちを決めます。


我が家の場合、週末義両親を呼んでご飯にするため、
1かいは豪華ご飯にします。
その他子供達の要望でカレーライスを1回。
そうすると、あと5回分を考えることになります。
自分が「これは簡単にできる」というメニューを2つ
考えておきます。

この「簡単にできる」というのは、調理しているとき、
最後まで張り付かず、途中で止めて置けるポイント
がわかるようになる、習慣化したメニューを2つもつ
ということです。

そうすると、7かいの晩御飯のうち、4回のメニューが
決まってきます。そうするとあと3回決めればいいだけ
ですね。

私がよくやるのは「残り物野菜炒め」です。とにかく、
この野菜炒めはちょっとずつ余った野菜や余った肉類、
余ったきのこ類などを一緒に炒めるだけでおかずになる
というわけです。時間がない、献立を考える時間がない
時などは行き当たりばったりで野菜を多く買っておくと
「残り物野菜炒め」ができます。

冬場はこの「残り物野菜炒め」が「残り物お鍋」になる
事もあります。どちらにしても、あまり考えずに、
バランスよくおかずができるように考えています。


私の場合、ちょっと家事に時間が十分とれなくなってきた
こともあり、買い物から日々の料理にかける時間を意識的
に短縮しようと考えていて、その結果このような献立を
作る時のポイントを押さえて、買い物をまとめ、さらに
無駄にすることなく、使い切れるように考えています。


参考になったり、何らかの気づきがあったとしたら、私と
してもうれしく思います^^


ここまで読んでいただいてありがとうございました^^

ご来訪ありがとうございます。

ブログの更新が遅くなってしまい、申し訳ありません。
遊んでいたわけではないのですが、いろいろ勉強を
しておりました^^


このところ、お仕事も慣れてきて、何をするとどの位
時間がかかっているのか、3時間という限られた時間で
絶対にしなくてはならないことと、プラスアルファで
しておくことを適宜考えるわけです。


それをずっと頭を働かせてやる、というのはちょっと
効率が悪いんです。


それならどうしたらよいか?どうすれば効率よいのか?


この3か月ほど同じお宅に伺っていますと、自分の動き
が把握できてきます。体が条件反射のように動く、
これが一番効率的だと思います。


それにはやはり、時間もかかりますし、自分でも効率
良い動き方を工夫して、身に着けることが必要になります。


ここさえ間違わなければ、このお仕事は効率よく動き、
サクサクとお仕事が進みます。


ただ、この後なのですが、私も最近慣れてきて、サクサク
体が動き、すべきことを頭の中で整理して、優先度の高い
ものからこなしていくのですが、「慣れ」が怖いですね。


「慣れ」ることで時間が短縮できることが多くなり、早く
終わるようになりました。そうしたら、もっと多くの仕事
ができるようになり、多くの仕事を片付けておくのがプロ
ですよね。

でも、間違ってしまった私は「早く帰ろう」という考えに
とらわれてしまいました。

きっかり3時間で終わらせて帰る。


しばらくそうやっているうちに、


「お客様に喜んでもらう家事」


を忘れていることに気づきました。怖いことです。昔から
「初心忘るべからず」

といいますが、本当になれてくると初心を忘れるものです。


何事も3か月やると慣れてきて、自分で考えなくても体が
動くものです。そうなったら、今度はもう一度頭を働かせる
ことで、

「今の自分のやり方で本当にいいんだっけ?」


と振り返る必要があるんだと思います。そうやって何度も
何度も振り返ることができれば、初心をもう一度見直すこと
ができると思います。


自分の気持ちは態度に現れます。気づかないのは自分だけ。
そういうことが多いと思います。自分のことにいち早く
気づく自分になる!今回本当にそう思いました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

このページのトップヘ