8月25日もひたすらに副作用との闘いでした!それでも24日よりはほんのちょっとマシになりました。あとどれだけこの辛さが続くかわかりませんが、日にち薬だと思って頑張って耐えようと思います!



昨日の24日、僕が副作用のピークでほとんど寝ているときに、相部屋の方が退院されました。その方が僕が眠っている間にこんな書置きを残してくださったのです。


69052715_1375210489297118_618134673947623424_n


これには衝撃でした。なんというお優しい。うれしすぎました。僕はグロッキーで何も挨拶ができませんでした。退院されることはわかっていましたが、体調的に声をかける余裕がなかったのです。僕のしんどさを察してか、そっと書置きをしてくださり、短くも暖かなメッセージに感動を覚えました。なんという素敵なお方だと。



この方も5日ばかりの入院生活でした。決して楽な入院生活ではなかったはずです。手術の後遺症で頭痛がひどく、基本的には寝ていることを強いられた入院生活だったはずで、本当に辛く大変なものだったはずです。自分自身が大変だったのに、赤の他人の僕に対してこんなに気遣ってくださるとは。人の温かさに触れて大いに感動した出来事でありました。



この方の奥様も、少し前にどこかのガンで闘病生活を強いられていました。少しお話をしましたが、ステージ4に近く、今は奇跡的に復活され、僕の闘病生活を奥様も励ましてくださいました。この私のように日常生活に戻れますよと。



僕もがんサバイバーとして、これから生きていく上で、残念ながら病気になってしまった方々や家族に対して、何か発信することで、少しでも力になれたら、そんなふうに思いました。こんな世の中ですが捨てたものではありません。もう一度もしお会いできたらしっかりとお礼を伝えたい!


↓ポチッと押していただけると励みになります♪
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村