~精巣腫瘍~ 2年ぶり再発!

2017年1月23日、ステージⅠのセミノーマ型の精巣腫瘍と診断される。 その2年間は定期検診(血液検査やCT検査)を欠かさず受け、寛解間近と思われる2019年5月18日のCT検査にて、リンパ節に再発している疑いが強く、PET検査を急遽実施し、6月8日の診断をもって、正式に再発と診断される。 2017年で終わりを迎えていたはずのこのブログですが、再び闘病記として、記録していきます!

2019年08月

こんばんは!また少し日が開いてしまいました。実は、本来なら今日退院!となる運びだったはずでしたが、本日の血液検査の結果、、、




白血球数が異常に低い!!!





1,160しかありませんでした。。。(正常値は3,800~9,800)ほか赤血球数、ヘモグロビン量、血小板数などの、いわゆる骨髄抑制にかかわる数値は軒並み「LL」(めっちゃLowやで、低いよ)を記録し、主治医に言われる前に僕も





「あ、先生。これは退院無理ですね」




と言っちゃいました!主治医も月曜日より、今週末には多分退院できるよと言ってくれた手前、少し苦笑いと申し訳なさと困惑が表情に出ていましたが、こればかりは仕方ない。体の中の出来事ですし、自覚症状は全くないですからね。



そして今日は案の定発熱。。。37.6度が昼から続き、異常に感染しやすい状態であることも考慮し、ラウンジに出ることもなく、一日中ベッドの上で過ごしておりました。これが上がるとマズイし、看護師さんも発熱を結構気にしているようです。



いやー、3割がたは退院できないだろうと想定はしていましたが、その通りになっちゃいました!仕方ないですね。よくよく考えてみると、まだ3クールの2週目も終わっていません。そう、抗がん剤が今まさに僕の体の中で効いている状態であり、副作用はまだ存在するのです。そしてこれは少なくとも3クールの終わりまで、つまり9月8日(日)までは続くでしょう。この間は「治療中」だと認識し、例えばマスクを常時するとか、治療中の身体として行動しなければならないってことだろうな。



逆に言えば早く退院し、発熱、何かに感染し、病院にとんぼ返り!なんてことにならなかっただけまだよかった。看護師さんに聞いてみると、抗がん剤治療を終えて退院したはいいけれど、すぐに戻ってきてまた入院になってしまったというケースはいくらかあるみたいです。



ということで少し退院時期は延期になります。しかし、慌てない。今は発熱し、体調は少し下降気味です。悪化しないように病院でおとなしくしています。


↓ポチッと押していただけると励みになります♪
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

今日は8月26日。7月8日に入院して、もう50日ですね。なんだか早いような長いような変な感覚!まだ総括は早いですが、今は点滴もしておらず、ゆっくりと時を過ごしています。




体調は昨日おとといに比べれば上向きで、もちろんまだ万全ではありませんが、食事も少しずつ摂れるようになりました!血液検査の結果ですが、白血球数は特に問題なく、ただ貧血気味でこの3日間食事がろくにとれなかったこともあり、体重はピーク時の-12kgと底値を記録。なるべく食事を摂るように心がけました!朝は8割がた摂取、昼は欠食でヨーグルトやゼリー、夜は奥さんに頼んで、血を造りたかったので、お惣菜のレバーを買ってきてもらい、こちらは完食。ハーゲンダッツのアイスクリーム、ピザにも挑戦しましたがこちらはひと切れが限界でしたwwww



本日主治医のK先生と話をしましたが、ここからはやはり骨髄抑制がどう表れるかを慎重に見ていかなければならず、しばらく様子を見て、おそらく週末に退院になると思うと言われました!よって月末か月をまたいで9月1日くらいでしょうか。いよいよGoalが見えてまいりました。入院生活はトータルで
55日前後になりそうです。



ゴールが見えると途端に焦るような感覚になるというか、体調も上向いていることも手伝って、一刻も早く退院したいという気持ちが強くなるものです!!人間の心理なのですかね?ですが人間の身体に絶対はありません。何が起こるのかがわからないのが人間の身体。やはりここは焦りは禁物。幸いにしてギターを弾いたり、本を読んだり勉強したりして時間が過ごせるようになったので、少しでも生産的に時間を使って過ごしていきたいと思います。



あと少しで日常生活に少しずつ戻れる!とりあえず失った体力を取り戻さないとなぁ。随分と体力や筋力が低下してしまいました。車も当然ですが運転する自信が今はありません。本当に少しずつリハビリ=社会復帰が必要です。まだ退院していないから気が早い話ですが、あと数日の入院生活を粛々と過ごしていきたいと思います。いつも支えてくださり、皆様ありがとうございます!


↓ポチッと押していただけると励みになります♪
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

8月25日もひたすらに副作用との闘いでした!それでも24日よりはほんのちょっとマシになりました。あとどれだけこの辛さが続くかわかりませんが、日にち薬だと思って頑張って耐えようと思います!



昨日の24日、僕が副作用のピークでほとんど寝ているときに、相部屋の方が退院されました。その方が僕が眠っている間にこんな書置きを残してくださったのです。


69052715_1375210489297118_618134673947623424_n


これには衝撃でした。なんというお優しい。うれしすぎました。僕はグロッキーで何も挨拶ができませんでした。退院されることはわかっていましたが、体調的に声をかける余裕がなかったのです。僕のしんどさを察してか、そっと書置きをしてくださり、短くも暖かなメッセージに感動を覚えました。なんという素敵なお方だと。



この方も5日ばかりの入院生活でした。決して楽な入院生活ではなかったはずです。手術の後遺症で頭痛がひどく、基本的には寝ていることを強いられた入院生活だったはずで、本当に辛く大変なものだったはずです。自分自身が大変だったのに、赤の他人の僕に対してこんなに気遣ってくださるとは。人の温かさに触れて大いに感動した出来事でありました。



この方の奥様も、少し前にどこかのガンで闘病生活を強いられていました。少しお話をしましたが、ステージ4に近く、今は奇跡的に復活され、僕の闘病生活を奥様も励ましてくださいました。この私のように日常生活に戻れますよと。



僕もがんサバイバーとして、これから生きていく上で、残念ながら病気になってしまった方々や家族に対して、何か発信することで、少しでも力になれたら、そんなふうに思いました。こんな世の中ですが捨てたものではありません。もう一度もしお会いできたらしっかりとお礼を伝えたい!


↓ポチッと押していただけると励みになります♪
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

8月23日金曜日に、ようやくすべての抗がん剤投与を終えることができました!3クール目はEP療法でブレオマイシンがないため、1クール目と2クール目のように9日目と16日目の投与がありません。そして体調は今絶不調。正直かなり辛い(-_-;)副作用は今MAXでしょうね。油断すると吐きそうですし、気持ち悪さMAX、胃の痛みMAX、食欲不振MAX、匂いもきつい、体重は底値まで下がり、栄養がたりません。本当に食べ物が入っていかんのですね。また食事後が一番辛い。



8月24日㈯はほとんど寝ていました。ギターを弾く元気もほとんどなく、ひたすらにベッドの上でした。ということで今は変な時間に起きてしまっていますが、ちょっと眠れないので更新しています。



この抗がん剤治療による副作用との闘いは、がん患者にとっては宿命ですね。避けては通れない道!言いようのない倦怠感に襲われ、時に眠れぬ夜を過ごし、何とも言えない不快感と闘う。それがいつまで続くかわからないし、まさに自分との闘いです!Drや看護師さんや薬剤師さんに「痛い、辛い、助けて」と訴えたところで、マジックのようにすぐに痛みや辛さをパッと消してくれるわけでもありません。投薬してもすぐに効果が出るかどうかわからない。ある程度辛さや不快感や痛みと闘わなくてはならない。それは結構孤独な闘いで、どのがん患者さんも程度の差はあれど一生懸命に闘っておられるのでしょう。



入院してもう1か月半以上経ちますが、振り返るとあっという間ですが、1日1日は結構長い!特に今日のように副作用がMAXで辛いと余計に長く感じます。今午前2時ですが、このまま眠れぬ夜を過ごすのか。あともう少しで退院だ!と自分を奮い立たせても、どこか弱気な気持ちが顔をのぞかせることもたくさんあります。特にシスプラチンの影響は甚大で、これは日にち薬でだんだん辛さは緩和されていきますが、やはり辛いものは辛い。正直早くこの辛さがパッと消えてくれという気持ちは強いですね。




こんな状態なのに、今日もまた奥さんと娘が来てくれて、2時間ほど一緒に寄り添ってくれました。たまに背中をさすってくれたり、僕が今日は全く動けなかったので食事の準備やら身の回りの世話をしてくれたり。娘を抱っこしようとしましたが、体力がなく、10秒ほどで奥さんにバトンタッチしました。育児に全く協力できていない負い目も感じ、僕は奥さんの前で情けなくて今までに3回病室で涙を流しました。育児のワンオペで負担をかけ、申し訳なさと無力感に襲われ、副作用の辛さで心をやられてしまっていました。



本当に自分は一人では生きていけないことを実感しております。そして周りの人たちの支えがどれだけ強力か。月並みですが本当にそう思いますね。特に奥さんと娘には感謝です。いつもパワーをもらっています。退院したらいろいろと恩返しをしたい。



あともう少しです。この辛い副作用との闘いに打ち勝てば、念願の日常生活が待っている。美味しく食事をしたい、湯船に入りたい、ソファでギターを弾きたい、車を少しずつ運転したい、仕事復帰の準備をしたい、奥さんと娘を連れて散歩に行きたい、勉強したい、当たり前の生活に戻りたい。またまとまりのない文章になってしまいましたが、今日も読んでいただき、ありがとうございました!


↓ポチッと押していただけると励みになります♪
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

こんばんは!ガンに対する殴り書き、思ったよりも反響があってびっくりしました。PVがいつもより倍でした(笑)読んでいただいてありがとうございます。闘病生活を送ってきたからこその生の意見というのもたまに発信していけたらよいなと思いました!



今日は3クール4日目、無事にエドポシドとシスプラチン投与も終わりました!やはり特にシスプラチンの影響が強く、吐き気MAX、気持ち悪さMAX、胃のムカムカ、何とも言えない倦怠感、食欲不振MAXと体調は不調でしたが、まだ1クールや2クールの時よりはマシかもしれません。というのも絶食ではなく、夕食は何とか茶わん蒸しが食べれましたし、3割がたは食べれました。ブレオ投与がないのと、明日で実質抗がん剤はラストであるというゴール感がそうさせているのかもしれません。いずれにしても明日がラスト!!!頑張ります!



今日は写真がありませんが、シスプラチン投与が終わった後の16時から18時くらいまでナースステーション前のずっとラウンジでギターを弾いておりました♪最初は一人で黙々と弾いておりましたが、そのうち看護師さんが透析の患者さんを車いすでラウンジに連れてきてくださり、看護師さんと患者さんの前で何曲か懐メロを弾きました。



幸いにしてブレオマイシン投与をしておらず、声もだいぶ出るようになったので、マスク越しの小さな声で「青い山脈」やら「旅の夜風」やら「上を向いて歩こう」やらを歌いました!また「禁じられた遊び」や「大きな古時計」も弾いたかな!とても喜んでくださり、昭和10年生まれの男性の患者さんは目に涙をうっすらと溜めておられました。



その様子を見た主治医のK先生にも「なんかコンサートやってたね」と言われ、単調な病院生活にギターの癒しがあって患者さんが少しでも心の癒しになっていることがとてもありがたいと感謝されました。看護師さんにも感謝されました。ここにきて自分の特技が最大限に活かされた瞬間でした。もちろんちょっと静かにして!と言われたらすぐにやめるつもりでしたが、幸いにして歓迎されました。自分自身の気分転換にもなりましたし、とても良い時間でした。



その後も一人で弾いていたら、患者さんの家族の方が入れ代わり立ち代わり座って、この間弾けるようになったBeatlesのYesterdayやら歌のないソロギターを何曲弾いて聞いてくださり、感謝の言葉を投げかけられました。体調は悪かったですが、とても良い時間を過ごせて幸せでした!残り少ない入院生活、また機会を作って迷惑でなければラウンジでギターを弾いてみたいと思います!


↓ ポチッと押していただけると励みになります♪

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

このページのトップヘ